★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画をメインにちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

2008年06月05日 | ★★★★

ハムナプトラ
【THE MUMMY】
1999/06公開
製作国:アメリカ
監督:スティーヴン・ソマーズ
出演:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、アーノルド・ヴォスルー、ジョン・ハナー、パトリシア・ヴェラスケス、オデッド・フェール

“世界を翔けるI.L.M.最新SFX! 砂は立ち上がり、天は裂ける! いま、恐るべき力が甦る…”

動くミイラとゾンビは紙一重?

 

*****


STORY:
紀元前1290年、国王の愛人と禁断の恋に落ちた高僧イムホテップは、死者の都ハムナプトラで生きたままミイラ化されるという究極の刑“ホムダイ”に処される。彼の怨念は再びその棺が開けられる時まで、神殿の地中深く眠ることになったのだ……。それから3000年の月日が流れた今、伝説と化したハムナプトラを目指す人々の姿があった。ある者は古代エジプトの秘宝のため、ある者は学術的調査のために、この失われた砂漠の都に向かっていたのだ。だが彼らは知らない。そこに悪鬼と化したイムホテップが眠る事を。そして3000年の呪いが解き放たれた時、エジプトは10の災いと共に魔都と化すのであった……。(allcinemaONLINEより)

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」が発売ってことで観てみました(笑)
いやいや先日「ハムナプトラ3呪われた皇帝の秘宝」の予告編を見て、2作目を観ていないことに気づき最初から観てみようと思ったわけです。
しかし・・・この1作目、全然記憶がないんですよねぇ。困ったもんだ。

監督と脚本は「ヴァン・ヘルシング」のスティーヴン・ソマーズ。3作目では製作のみのようですね。
“世界を翔けるI.L.M.最新SFX!”・・・今ではもっと進化を遂げてますなぁ。ナショナル~よりずっと面白いですねぇ。

そろそろインディ・ジョーンズの最新作も公開だし、まぁ及ばないとしても今観ても面白いです。

最初から手を出さなければ死人は出なかったのに・・・

アドベンチャーものにつきものの余計な好奇心。だから面白いんですが、スカラベの大群には参りました。虫は大嫌いなので、いかにもCGだとわかっててもあの一つ一つの動きにトリハダがたちます。しかも・・・喰うんでしょ、う゛ぎゃっ。

お話はいたってシンプル、わかりやすいのがいいですね。
余計な呪文を唱えちゃったために、ゾンビ・・・いやイムホテップが目覚めてしまいました。完璧な姿になるまでは、どうみてもゾンビだって(笑)
同じく甦った人たちの動きもゾンビ。クルクルクルとまわってやられちゃうトコはツボでした。

キャラクターも個性的で人数が多くても誰が誰だとわかるのは記憶力に乏しい私にとってはうれしいです。エヴァリンのお兄さんのキャラは好き。
エヴァリンて本棚を倒しちゃうほどドジな人なのに、考古学者なのは怖すぎ。しかしハムナプトラにきたら象形文字なんかもスラスラ~と読めちゃうし、ドジなこともしてないのは不思議。

絶対主役の3人は助かるのはわかっているのに、結構ドキドキしますねぇ。
秘宝とかの冒険ものはワクワクドキドキして好きです。

結局イムホテップの復活はなんだったんだー(笑)
現代人に甦らせてもらったのに、悪さして結局は・・・ま、国王の愛人に手を出したのがそもそも悪いのだがね。イムホテップ役の俳優さんは良かった。なんか見覚えが・・・と思ったら「死亡特急」や「ブラッド・ダイヤモンド」、「エージェント・コーディ」にも出てるらしい。

申し訳ないがブレンダン・フレイザーは・・・もうちょっと顔がすっきりしてたら良かったんですがねー。好みはいまひとつでした、ハハハーッ。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

*映画鑑賞★日記・・・より転載 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ANOTHER アナザー | トップ | ブラック・フライデー »

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事