☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
今年は15周年year★最近はゆる~く更新中。

殿、利息でござる!

2016年05月24日 | ★★★++2005-2019

2016/05/14公開 日本 129分
監督:中村義洋
出演:阿部サダヲ 、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、
橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、羽生結弦

これも
世の貯め、
人の貯め。

STORY:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく... (シネマトゥデイより)


『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を映画化した痛快人情時代劇コメディ。江戸時代に、貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人のおはなし。監督は『残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-』『予告犯』の中村義洋。

殿様にお金を貸して利息をもらう...なんてすごい考えだ!!
そのお金集めがものすごーーーーく大変なんだけど、面白く楽しく描かれているのが良かったです。破産や夜逃げ...って現代にもある話だし、お上が何かをしてくれるのを待ってるだけでは何も変わらないわけで、だったら町の人たちが何か起こさないと!...いうところは現代にも通じるところがあるように思えました。

パッと見はコメディでしたけど、じーんとくる人情ものでとっても良いお話でした。町の人たちがみんな良い人ばかりで少しばかり都合が良いかなと思うところもありましたが、個性的な俳優さんたちが多く笑って泣けて楽しめる作品でした。

このお話が実話というから驚き。どこまでがそうなのかわかりませんが、よほど良い人たちが集まってないと無理ですもんね。誰もが自分のためだけじゃなく町のため人のために頑張ったわけですね...感動します。それと当時のお金の単位がピンとこなかったのですが、千両が今の3億円...というように解説があるので分かりやすかったです。濱田岳くんのナレーションもぴったり!!

すでに予告編で出演してるのはわかってたけれど、フィギュアスケーターの羽生結弦くんが殿様役で出てましたね。なかなか殿様姿も似合っていたし台詞はあまりないのかなと思ってたら結構あって、演技も自然でなかなか上手でした。

山崎努さんて最初と最後くらいにしか出てこないのに...あの存在感はすごい。最初の亀に小銭をためてる顔を見た時はああいう展開になるとは思わなかったな。

★★★.8
鑑賞日:2016/05/22
※TOHO cinemas free passport #10

 

殿、利息でござる! [DVD]
阿部サダヲ,瑛太,妻夫木聡,竹内結子,寺脇康文
松竹

 

無私の日本人 (文春文庫)
磯田 道史
文藝春秋

 


コメント (8)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« ヘイル、シーザー! | トップ | デッドプール »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2016-05-25 06:20:25
まずはこれが実話だというのに驚きましたね♪
殿様にお金を貸すという発想、なかなか思いつかないような気がする…。

もっとコメディ要素が強いのかな?と思っていましたが、
至って大真面目な作品で、時折ホロッとするようなエピソードもあって、なかなか良かったです。
泣きました (ノルウェーまだ~む)
2016-05-27 01:24:37
yukarinさん☆
一人では出来ない大事業を、みんなで力を合わせてやるって、本当にこんな人たちがいたのですね~~
ビックリ!!
見習わなくては~~とシミジミ。
後半はとにかく泣きました!
BROOKさんへ (yukarin)
2016-05-30 23:00:43
こんばんは。
はるか昔にこんな発想を思いつく人がいたとは驚きです。
わりとコミカルな感じでしたが、ちゃんと泣かせる所を作ってあるのもうまいですね。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2016-06-02 17:35:48
これが実話だというから驚きです。
今の時代にも通じるような気がします。
後半は良い話でうるうるしてしまいました。
Unknown (ふじき78)
2016-06-29 01:32:07
山崎努が見た目通りの役じゃなくって良かった。
こんばんは^^ (みすず)
2016-06-30 18:45:10
とっても良かったです^^
コメディだと思い込んでいたから、まさか泣くことになるとは・・・
濱田岳さんのナレーションもあってた。
出るのかな~って思って出ないのがすごい(笑)
ふじき78さんへ (yukarin)
2016-07-05 12:39:26
はじめに出てきた時と最後ではかなり印象が違いましたね!
みすずさんへ (yukarin)
2016-07-05 12:59:51
こんにちは。
笑って泣けてのバランスの良いお話でした。
私もずっとコメディな感じでいくのだと思ってましたよ。
濱田岳さんの出番はなかったけどナレーションもハマってましたね~

コメントを投稿

★★★++2005-2019」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

殿、利息でござる!★★★★ (パピとママ映画のblog)
『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売...
殿、利息でござる! (映画と本の『たんぽぽ館』)
無私の心 * * * * * * * * * * 江戸中期、仙台藩で実際にあったことを元にしたストーリーです。 寂れた宿場町の吉岡宿。 ここでは、お上の物資を隣の宿場から受け取り、次の宿場へ運ぶ 「伝馬(てんま)役」が課せられていました。 このための馬...
殿、利息でござる! (勝手に映画評)
江戸時代中期の1770年代に仙台藩の吉岡宿の領民が、仙台藩に1000両という大金を貸し付けて、その利息を持って宿場の繁栄を目指したという事実に基づく作品。 正直、あんまり期待しないで見に行ったんですが、いい意味で期待を外されました。意外に良かったし、勉強になり...
殿、利息でござる! (だらだら無気力ブログ!)
まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。
劇場鑑賞「殿、利息でござる!」 (日々“是”精進! ver.F)
無私の心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605150000/ 無私の日本人【電子書籍】[ 磯田道史 ]価格:630円 殿、かねささでござる!価格:540円(税込、送料別)
殿、利息でござる! (映画好きパパの鑑賞日記)
 笑って泣けて、感動できる素晴らしい作品。これが実話だということで、日本のこの美しい心を、今に伝えたいという気持ちにかられました。お金の勉強にもなるし、お勧めです。  作品情報 2016年日本映画 監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ、瑛太、山崎努 上映時間:...
殿、利息でござる! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 泣いて笑って最後はハッピーエンド!まさかこの映画で泣けるとは
「殿、利息でござる!」 (2016 松竹) (事務職員へのこの1冊)
このタイトルで、主演が阿部サダヲなのだから、歴然としたコメディだと誰だって予想する。イメージとしては「超高速!参勤交代」あたりかな。でもちょっと肌合いは違った。いやもちろんコメディ色はかなり強いんだけど、実は感動大作でした。大作、は言いすぎか。でもわ...
殿、利息でござる!  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 サダヲ  瑛太  寺脇 康文  妻夫木 聡 【ストーリー】 江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎と同志たちは、藩に金...
「殿、利息でござる!」こんな映画やったんや! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[殿、利息でござる!] ブログ村キーワード  実話がベースの歴史物。「殿、利息でござる!」(松竹)。さして予備知識も入れずに、『コメディっぽいのかな~』ぐらいの軽~い気持ちで見に行ったのですが、なんとこれが!驚きの映画でございました。  江戸時代中期の...
[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。
殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ...
殿、利息でござる! (映画的・絵画的・音楽的)
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、貨幣を壺の中に投げ入れてニタっと笑い、次い...
「殿、利息でござる!」 つつしみの掟 (はらやんの映画徒然草)
タイトルからもっとコメディ色が強い作品かと思っていたのですが、どちらかといえば泣
「殿、利息でござる!」:コメディじゃなくて残念 (大江戸時夫の東京温度)
映画『殿、利息でござる!』は、広告のトーンや予告編の感じからして『超高速!参勤交
『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★全力の善良】 とてもいい美談。 そうそう、美談ってついつい警戒してしまうけど、基本的には好きなのだ。 やはり、こういう「人の為に耐え忍んで、それを ....
殿、利息でござる! (みすずりんりん放送局)
 『殿、利息でござる!』を観た。  【あらすじ】  江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮...
ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。~「殿、利息でござる」~ (ペパーミントの魔術師)
このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。...
殿、利息でござる! (2016) (のほほん便り)
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャ......
殿、利息でござる! (2016) (のほほん便り)
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャ......