自然に恋して

春は山菜採り、夏秋はキノコ採り、春夏秋は山登り、冬はスキー、自然に恋する男がひとり

ミツモチ山を散策

2018年05月14日 | 日記
平成30年5月2日(水)曇り

今日は、当社は連休中であるが、矢板市に仕事の用事が
午前10時からあったので、用事を済ませてから、手ごろな山を
散策した。


<コースタイム>
大間々駐車場11:20・・・(青空コース)・・・ミツモチ山山頂12:20-25・・・(やしおコース)
・・・大間々駐車場13:25

アカヤシがきれいだった。トウゴクミツバツツジもきれいに咲いていた。
木々の芽吹きが始まった状態である。


では、写真をどうぞ!!

大間々駐車場は、連休中とあって、県外の車を含めてたくさんの車が止まっている。


案内板。


青空コースを登る。


カラマツの新緑が濃い緑できれい。


トウゴクミツバツツジはまだ蕾。


オオカメノキの白い花が早春を告げる。この辺はまだ早春。


やっと芽吹き始める。


カエデの新緑も緑が鮮やか。カエデも早い芽吹きだ。

これから、アカヤシオのオンパレード。解説なしで・・・・


















そろそろ飽きたでしょうから、

山頂付近のトウゴクミツバツツジの鮮やかな赤紫。


蕾と花の共演、花が輝いている。


展望台だが、残念ながらガスで何も見えない。


山ツツジはまだ固い蕾。


やしおコースを下る。樹林帯を行く。


約1時間で分岐まで下りてきた。


13時25分。駐車場の車は少なくなっていた。


登り1時間、下り1時間の山行で、これだけのアカヤシオを見られてうれしい。
スキーが終わって久しぶりの山行を楽しんだ。

今回はこれでおしまい。


↓弊社のホームページも是非ご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加