矢嶋武弘の部屋

灼熱地獄の東京五輪を“ボイコット”する外国人選手が増えるぞ!!
それで良いのですか? 何か手を打たねば?

〈復刻〉 日本の右傾化、戦前回帰の危険な流れ

2018年08月19日 15時00分49秒 | 政治・外交・防衛
<昨年3月に書いた以下の記事を復刻します。> 1) 森友学園疑惑はもちろん重大な問題だが、われわれは最近の日本の動きを真剣に検証してみる必要があるのではないか。かく言う私も現象面にとらわれ過ぎて、根本的な問題をおろそかにしているのではと反省している。それは森友疑惑で露見したと言ってよいが、最近の日本は明らかに“右傾化”している。これは森友学園の問題だけでなく、その背後に大 . . . 本文を読む
コメント

反動的で時代錯誤だ! 自民党の憲法“改悪”草案

2018年08月18日 18時20分11秒 | 政治・外交・防衛
<「日本会議」という極右・反動の団体がのさばってきたので、あえて以下の記事を復刻します。> 自民党は2012年4月に「日本国憲法改正草案」を発表したが、根本的な立法精神が完全に間違っている。末尾にその草案をリンクしておくが、主権在民・国民主権の精神が完全に失われている。 要するに、民主主義を否定する“反動右翼”そのものの憲法草案なのだ。21世紀に、こんな反動的な草案が出て . . . 本文を読む
コメント

日本が、もし戦争に勝っていたら・・・

2018年08月15日 06時17分44秒 | 政治・外交・防衛
<2015年1月に書いた以下の記事を復刻します。> 今年は戦後70周年だが、もし日本があの戦争に勝っていたらどうなっていただろう。そう想像するのは難しいが、少なくとも“引き分け”だったらどうなっていただろう。引き分けでも、たぶん「勝った、勝った」とお祭り騒ぎをして、ますます戦争の道を進んでいったに違いない。軍国主義がますます徹底し、戦線を拡大していっただろう。軍部はさらに . . . 本文を読む
コメント (2)

<資料3> 昭和天皇 終戦の詔書

2018年08月15日 06時17分16秒 | 政治・外交・防衛
昭和天皇 終戦の詔書(昭和20年8月14日) <現代語意訳文> 私(昭和天皇)は、深く世界情勢と日本国の現状とを考慮して、非常の措置によって事態を収拾しようと考えて、ここに、忠良なあなた方日本国民に訴える。私は、日本国政府に、アメリカ、イギリス、中国、ソ連に対し、その共同宣言(ポツダム宣言)を受諾する旨を通告させた。 日本国民の平和と安寧をはかり、世界との共栄を喜びとすることは、代々の天皇の遺 . . . 本文を読む
コメント

<資料2> ポツダム宣言

2018年08月15日 06時16分51秒 | 政治・外交・防衛
日本の降伏のための定義および規約1945年7月26日、ポツダムにおける宣言 1. 我々、アメリカ合衆国大統領、中華民国主席とイギリス首相は、我々の数億の国民を代表して協議した結果、この戦争終結の機会を日本に与えることで意見が一致した。2. アメリカ、イギリス、そして中国の陸海空軍は、何度も陸軍、航空編隊の増強を受けて巨大になっており、日本に対して最後の一撃を加える体制が整っている。この軍事力は、 . . . 本文を読む
コメント

40周年を迎えた「日中平和友好条約」

2018年08月13日 10時31分35秒 | 政治・外交・防衛
(今年は「日中平和友好条約」40周年に当たる。以下の記事は2010年9月21日に書いたものですが、そのまま復刻します。) 今月7日、尖閣諸島の沖合で中国の漁船が海上保安庁の巡視船と衝突し、船長らが公務執行妨害で海保に逮捕されるという事件が起きた。この事件はその後、日中間で大きな問題となり、船長の釈放や裁判などをめぐり両国関係が悪化している。日中両国の交流や経済面にも影響が出ており、いま最も憂慮す . . . 本文を読む
コメント

フィリピンで日本兵が最も多く“犠牲”になった!

2018年07月24日 14時30分36秒 | 政治・外交・防衛
<以下の文を一部修正して復刻します。> 第2次世界大戦で日本兵が最も多く“犠牲”になったのは、中国本土だとばかりに私は思い込んでいた。ところが、それは間違いである。フィリピンだった。それを知ったのは数年前だったが、今回、レイテ島が台風の大被害に遭って思い出したのだ。ちなみに、レイテ島は日米両軍が死闘を繰り広げた所だが、先の大戦で日本兵は約50万人以上がフィリピンで亡くなっ . . . 本文を読む
コメント (5)

中国初の核実験は「東京五輪」の真っ最中だった!

2018年07月16日 11時13分19秒 | 政治・外交・防衛
<以下の記事を復刻します。> 古い話を思い出したが、中国初の原爆実験が東京オリンピックの真っ最中だったことを覚えているだろうか。1964年(昭和39年)の10月10日、東京オリンピックは華やかに開幕した。今でもよく覚えている。ところが、この東京五輪はいろいろな出来事が起きたことでも有名だ。特にソ連のフルシチョフ首相が解任された政変は有名だが、中国が初の原爆実験に成功したことも大きなニュースになっ . . . 本文を読む
コメント

“親バカ”共産主義者・金日成! スターリンや毛沢東との大きな違い

2018年07月11日 05時56分05秒 | 政治・外交・防衛
<2004年5月に書いた以下の記事を復刻します。> 1) 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の建国者・金日成(キムイルソン)のことに触れたい。 と言っても、ここで彼の足跡や業績などを述べるのではない。私がここで指摘したいのは、金日成の「共産主義者」にあるまじきネポチズム(縁者びいき)のことである。そう言うと、勘の良い人はすぐにピンと来るだろう。息子の金正日(キムジョンイル)が国家権力の継承者となっ . . . 本文を読む
コメント

日米安保条約の変質

2018年07月09日 09時31分15秒 | 政治・外交・防衛
☆ 2012年12月7日に書いた以下の記事を復刻します。 日米安保条約(いわゆる「60年安保条約」)が締結されて今年で52年になるが、その間に、安保条約の“位置づけ”が大きく変化したようである。 実は、あいば達也氏のブログを読んで気がついたのだが、もともとの日米安保は、ソ連などの共産主義国家に対抗して、極東の平和と安全、とりわけ日本の平和と安全を守るために締結されたもので . . . 本文を読む
コメント

国民主権の「新憲法」草案・骨子

2018年07月08日 13時01分14秒 | 政治・外交・防衛
新憲法の草案・骨子 第1章「国民主権」を高らかに謳うこと。☆ 現行の憲法は第1章で「天皇の地位」「天皇の国事行為」などについて記しているが、これは民主主義、主権在民の精神に反する。天皇に関する条項はもっと下に記す。 日本国の元首は、国民から直接 選ばれた大統領とする。第2章「戦争の放棄」 「永久平和主義」・・・現行憲法の第9条を遵守する。 自衛隊は「国土警備隊」か「国土防衛隊」とする。第3章「基 . . . 本文を読む
コメント (30)

日本人、琉球人、アイヌ人etc.・・・日本にも民族問題はある!

2018年06月29日 09時40分18秒 | 政治・外交・防衛
<以前 書いた記事ですが、一部修正して復刻します。> 1) 以前(調べてみたら、1993年だった)、NHKテレビの大河ドラマ「琉球の風」(原作は陳舜臣さん)を見た時に、私は強烈な衝撃を受けたことを覚えている。 もとより私は、沖縄(琉球)の歴史については素人であり、知っていないことが多い。  しかし、かつてそこに「琉球王国」があったことぐらいは知っていた。 その「琉球王国」が17世紀初頭(江戸時 . . . 本文を読む
コメント (2)

最低・最悪の小選挙区制・・・ こんなものは早く潰れろ!

2018年06月27日 05時29分50秒 | 政治・外交・防衛
<少し古いですが、以下の記事を復刻します。> 1) 以前の衆院選(総選挙)は中選挙区制だったので、候補者が多い時は10人ぐらい出たりして選択肢の幅がずいぶんあったと思う。ところが、小選挙区制になって候補者はずいぶん減った。それは当然で、1つの選挙区から1人を選ぶのだから、有力な政党ぐらいしか候補者を立てられない。選択肢が非常に狭まるのだ。中選挙区制の時は、例えば5人区で自民党は3~4人、旧社会党 . . . 本文を読む
コメント

石橋湛山元首相を讃える

2018年06月18日 05時40分39秒 | 政治・外交・防衛
<以下の文を復刻します。> 戦前、日本の帝国主義や軍部の拡大主義に反対した石橋湛山(元首相)のことをよく知らなかったが、以下のドキュメンタリーで少しは分かったつもりである。石橋は経済ジャーナリストとして出発したが弾圧を受け、戦後は政界に転身してGHQに対しても毅然とした態度を堅持した。まことに天晴れである。そして、首相にまで上り詰めたが、突然の病いで在任期間わずか65日で退陣を余儀なくされた。し . . . 本文を読む
コメント

石橋政嗣さんのこと

2018年06月17日 07時22分43秒 | 政治・外交・防衛
<以下の記事は2014年12月に書いたものですが、そのまま復刻します。> 先日、総選挙の関連で昔の日本社会党(以下、社会党と記す)を調べていたら、元委員長の石橋政嗣(まさし)さんのことが分かった。満90歳だがご健在だという。懐かしくなって、昔のテレビ局記者時代のことを思い出した。私が社会党など野党の担当をしていたころ、石橋さんに何度か取材したことがあるのだ。石橋政嗣さんと言っても、今の人はほとん . . . 本文を読む
コメント