矢嶋武弘の部屋

われ記す者なり われ戦う 故に われあり!

インフレの方がデフレよりずっと怖い!

読売新聞の販売部数が激減!

2014年07月30日 10時01分38秒 | メディア
安部政権にベッタリの読売新聞の販売部数が、昨年11月から72万7685部も減った。これは東京新聞の発行部数52万部余りに、神奈川新聞の20万部余りを足したものに匹敵するもので、恐るべき激減ぶりである。読者離れがどんどん進んでいるようだ。詳しいことは、以下の記事を読んでもらいたい。 http://kuroyabu.sakura.ne.jp/%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E3%81%AE%E . . . 本文を読む
コメント

少子化は当たり前だ! 少ない子供を大切に育てる

2014年07月26日 09時34分12秒 | 社会・事件・事故
全国知事会が今月15日「少子化非常事態宣言」を採択したが、少子化で日本の人口が減っていくのは当然である。今さら非常事態宣言を発したからといってどうなるのか。国や地方は本当に少子化対策をとっているのか!? あやしいものだ。例えば第2子から30万円、第3子からは50万円、第4子以降は年間100万円の補助を行なうなど、思い切った対策をとる覚悟はできているのか! そういう具体的な方策もなく、ただ少子化は良 . . . 本文を読む
コメント

閑さや岩にしみ入る蝉の声

2014年07月12日 14時40分25秒 | 文学・小説・戯曲・エッセーなど
朝テレビを見ていたら、予備校の有名な林先生が松尾芭蕉の俳句について語っていた。面白そうなので聞いていたら、『奥の細道』の名句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」について語っている。私は俳句に興味がなく批判的だが、この句が山形市の立石寺(りっしゃくじ)で詠まれたことは知っている。というのは53年前、学生時代に東北地方を旅行した時に立石寺に立ち寄ったからだ。そこで、がぜん興味がわいて話に聞き入ったが、面白かっ . . . 本文を読む
コメント (2)

第1次世界大戦から100年

2014年07月01日 08時19分43秒 | 歴史
テレビでサラエヴォ銃撃事件から100年という放送をしていた。1914年6月28日、今のボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォで、時のオーストリア・ハンガリー帝国のフランツ・フェルディナント大公夫妻が暗殺された。あまりにも有名な事件なので説明を省くが、これが第1次世界大戦の発端になったものである。銃撃事件から1ヶ月あまりで、あれよあれよという間にヨーロッパ中が戦争の渦中に引きずり込まれた。大公夫妻 . . . 本文を読む
コメント