今、和知野で起きていること

KRG(REIWAリゾートグループ)は人騒がせな会社だと軽く見ていたら、とんでもない会社でした。

懲りない面々

2020-02-12 10:02:46 | 日記
 う~ん・・・・・。
日本のカレーライスは恐らく世界一美味しい料理じゃないでしょうか。

 ・・・・と全然関係ない話題から導入致しましたが、このブログには怒りばかり書き込まれている傾向にありますので、たまにはほっこりとした話題も入れておきたいなぁという、管理人のちょっとした気まぐれです。
 さて、このブログの読者から和知野自治会に対して封書が届けられました。
かなり分厚い封書の中には、大公法律事務所(E-ジャスティス)の前責任者である蓮見和也弁護士が、どういったことで懲戒免職を喰らったのかと言う内容が、記事やブログから判りやすく綴られておりました。
 私自身はこれらの経緯について、全く知らなかったのですが、簡単に説明しますと、ダイエットの試用品を頼んだら、頼んでいない商品が大量に送られてきて、代金を請求。追い打ちを掛けるように弁護士を語るE-ジャスティスから「訴訟・差し押さえ」などの脅しが来たと言うのです。手口としては我々がKRGから受けている管理請求と全く同じですね。そしてこの架空請求事件で蓮見弁護士は晴れて懲戒免職と成り果てた訳ですが、その事務所の名を変えて経営を引き継いだ梶山弁護士が、全くもって駄目ですね。前任が残した教訓を全然理解せずに全く同じ事をやっている。
さも「こうやれば儲かる」と言う事しか教えて貰わなかったかのように。
 この弁護士事務所には、殆ど指定暴力団らしき顧客しか出入りしていなかったとも書かれてありましたので、きっとその方法しか生き残る術は無かったのかとも思います。
それならば、潔く廃業という手段も有ったわけです。
 様は自分が犠牲になるか、人を犠牲にするかという選択です。
 ですが、わたしは思うのです。
弁護士という職業は決して人を犠牲にして自分が助かる仕事では無いと信じています。
もし、その様に考えるなら、弁護士の看板をさっさと下ろして「暴力団」と名乗る方が、
まだ世間的に判りやすいし正直だと言えます。
コメント (1)

次の一手

2020-02-04 23:23:15 | 日記
 以前からブログで書かせて頂いている通り、和知野ではKRG(REIWAリゾートグループ)に対して温泉水、水道料金の支払いをプールしていますが、こちらの要求に対して、明確な返答をしないまま3年程度の時間が流れています。無視していただく事はすなわち、プールしている温泉・水道料金の請求を放棄していると見なし、これを時効の援用する事にいたしました。水道法がこの4月から変わり、水道料金の時効が現行の2年から5年となる為、これに間に合わせるタイミングで時効援用する旨を先方に伝えたら、これまで幾ら催促しても逃げ回っていたくせに、大慌てで協議に応じますと言ってきた。時効の対象となる金額はおよそ800万円。プール金を精算する為には、こちらが要求している8つの項目をクリアする必要があり、その項目についての回答を文書にて送ってきた訳ですが、まともな回答になっていないどころか、笑ってしまうのは5つの項目については、プール金を頂いた後に速やかに実行しますと書かれてある。それじゃあ何のために支払いをプールしているのか、本末転倒の事を平然と言ってのけるのは、頭がおかしいのか、はたまた人を馬鹿にしているのか。
・・・と、その様な返事をしたら、協議会の約束(1月20日)をあっさりすっぽかされましたw  まあ和泉一氏も800万円を諦める方が、8項目の要求を飲むより簡単だった様です。ちなみに和知野がKRG(REIWAリゾートグループ)に対して出している8項目の要求とは次の通りです。
➀温泉水道料金の現金徴収の再開
➁送金手数料の無い送金方法の導入
③温泉水の定期検査、タンクの定期清掃
④装置の老朽化による外灯不点灯箇所のLED化
⑤道路危険箇所、破損箇所の補修
⑥違法な管理請求を繰り返したことへの謝罪文、今後おこなわないことの誓約書
⑦2014年以降の収支報告書の提出
⑧協議会の定期開催
なお、和泉氏の返答はというと、③④⑤についてはプール金引き渡し後に実施する。⑥⑦についてはプール金を引き渡した後に提出する書類の内容と提出時期を協議して決める  ・・・・そうです。 相手が普通の人でも約束が守られるかどうか、疑わしい事をこの詐欺集団の言葉を鵜呑みに出来ないでしょうよ・・・普通
ちなみに、この書類に書かれてあったのは、この8項目に対する回答だけではなく、(実質回答にはなっていない訳ですが・・・)REIWAリゾートからの逆質問とこのブログを即刻閉鎖せよ、でないと名誉毀損と営業妨害で訴えると書かれてある。
E-ジャスティスの梶山弁護士もそんなこと言っていた様な・・・・。弁護士がやれないことをあんた達が出来るものならやってみぃ。装飾や詭弁で固めたあんた達のチラシの方が法律違反だと思ってます。このブログには真実しか書かれていてません。(まあその真実が君たちには響くのでしょうね) 
文末に。
 1月20日に協議会が開かれていたら、もちっと違う記事が書けたとは思いますが、日を追うごとにどんどん信用度のバロメーターが下がってしまうREIWAリゾートグループ。



コメント (1)

ふたつのお話し

2020-01-31 12:03:34 | 日記
 ある新興住宅地にある商店街の商店に、ある日突然人相の悪い連中がやって来て、「みなさんの安全と安心を守る為、うちの組がこのシマを守る事になりましたのでよろしく! つきましてはみかじめ料として年間幾ばくかの金銭を納めて貰いますので、よろしく!」と金を支払うまで店先に居座り、商売の邪魔をするなど、散々嫌がらせをしました。

 ある古くから有る住宅地に、ある日突然人相の悪い連中がやって来まして、「皆さんの生活の安心と安全を守るため、うちの管理会社がこの団地を管理することになりましたので、よろしく! つきましては管理料として年間幾ばくかの金銭を納めて頂きますのでよろしく!」と支払うまで請求書を送り付け、支払わないなら水を止めて生活出来んようにするぞと脅してきます。

この二つのお話し。違う所といえば、「商店街と団地」 「みかじめ料と管理費」
残りの部分に関しては、全く違いはございません。
しかしこの時代においては、「みかじめ料」という言葉は指定暴力団の衰退によってすでに風化し始めている状況で、時代錯誤も甚だしいわけですが、「○○組」という看板を「管理会社」と付け替えているだけで、同じ事をやっているのだと言う事を、行政や司法もいい加減気がついてくれても良いのにと、常々考える次第です。
この管理会社のタチが悪いのは、嫌がらせの裏にまだもう一つの仕掛けがあり、嫌がらせを続けることで、嫌気をさした住人が出て行くことを狙っての行動だということです。それを安く買いたたき、再開発の名を借りて高く売りつけるという、まさに「地上げ屋」がバブルの時期にやっていたことを、堂々とおこなっていると言うところが許せません。これは紛れもなく「犯罪」なのです。



コメント (2)

今回のチラシで許せない部分

2020-01-17 12:19:55 | 日記


美味しい話ですが、ここに書かれていない事があります。
まさにやっている事と言っていることが正反対。
この様にオーナーが亡くなった後の事を心配して購入に対して躊躇するのはごもっともで、それだけ気を遣ってくれる会社であれば、現在の所有者から「名義書換料」等という意味不明の取り立てを強要しないようにしてくださいませ。
もっと酷いのは、自分で売った物件を「負動産」と言い換えて安く買いたたく会社が、この様な見え透いた嘘を並べる事が許せません。
とても同じ口から出ているとは思えませんが? KRGがREIWAリゾートと名前を変えても所詮中身は同じだと、被害者は良く判っていますよ。
それとも名前を変える事で心機一転心を入れ替えると宣言するのであれば、この様な嘘を並べたチラシを発行するより「これまでの所業についてのお詫び」と言うチラシを発行するべきです。
最後に、昨年作られた豪華なパンフレットや、今回のチラシ。
どのような思いで我々被害者は手に取り、眺めているか少しでも考えたことがあるのでしょうか? 
おそらく莫大な金額を掛けて作っているほどの費用対効果は得られていませんよ?
私などは鼻先で「ふんっ」と言うだけで、このブログのネタになりそうな部分だけ熱心に読むだけです。いつまでこの様な詐欺商法を続けるつもりなのでしょうか・・・。
コメント (2)

ハートランド、海の冒険島大々的に売り出し

2020-01-17 11:27:10 | 日記
悪名高い詐欺グループKRGがREIWAリゾートと名前を変えて、南伊勢パールランドも最高裁に於いて汚点を残したのを隠すためなのかこちらもハートランドと名前を変えて売り出しを開始しました。第7期(最終)分譲となっていますが、売れ残れば最終ではなくなります・・・・。中古住宅現金特価398万円? 関わっている我々は「只で手に入れた物件だから398万円まるまる儲けだな」と勘ぐってしまいます。もしかしたら、どうしてもKRGと縁を切りたい一心で、手放したい人から手数料を取っている事も大いに考えられるので、それ以上の収益かもしれません。
安い価格につらされて決して手を出さない方が良いですよ
1度捕まったら逃げ出すことが出来ないラビリンスが仕組まれています。
仮に土地を購入したら2.3年後その所有者に対してその土地を購入した事を後悔させる「あの手この手の嫌がらせ」が始まります。「執拗な管理費請求」や「土地を売りませんかの電話攻勢」そして最悪は土地の価格が買ったときより下がるのは実績が物語っています。
とは言え、これだけの宣伝費はどこから捻出しているのでしょうかね。
岐阜で折り込みが入っていましたと報告がありましたが、この三重県でも入っていました。
みなさん各地の新聞折り込みに入っていたか教えて貰えませんか?
コメント

昨年の分と比較検討

2020-01-12 11:56:15 | 日記
 皆様お待ちかねの「受益者負担金請求ハガキ」が届く時期がやって参りました。
今回は昨年送られて参りました同様のハガキと比較いたしまして、解説を交えて楽しんでみようと思います。
 まず1番目に挙げるべきはやはり、「令和元年も残すところあとわずかになりました」の文章ですね。年が明けてから届いたのはやはり少し残念です。こういった請求書の類いは、締め切り日がある以上、期日がせまればその分当事者に迷惑が掛かってしまう事も有り、可能な限り早い目に出してあげましょうね。
支払う気は有りませんが・・・・・。
 次に、昨年ありましたが今年は無くなった3つの「主要義務」これって文章が無くなっただけではなくて、元々無かったものですよね? 昨年は調子に乗って書いてしまったが、今年の分はそれに気がついて削除したとか?
特に3番の「自然災害時のトラブル対策」ってやつ。少なくともこの団地で起こった自然災害は、KRGの土地にある木が倒れて自己負担で家屋を修繕したこと、一生言われ続けますよ。また、白浜だかどこだか知らないが、「あなたの分担所有している民泊が台風で被害を受けましたので、修繕費をご負担願います」と結局は管理費使わない方向を向いているじゃないですか。まあ今年は削除しているから改心したのでしょう。
次に、昨年も48年 1年後の今年も48年。何のことかと読者は思われるでしょうが、「分譲開始から約48年」となっている部分です。これって元はと言えば開発業者がそれぞれバラバラで、分譲開始時期もそれぞれ違うと思う訳です。最長の所で48年かもしれませんが、うちの団地は多分其処までは行ってません。それよりなにより、去年で48年今年も48年は変でしょ? 一年間何をしていたの?と言いたくなります。
国税局の査察で、パニクっているのかな?
コメント (4)

凄くタイミング良く重要な情報が寄せられました。大公法律事務所のずさん管理とその処置

2020-01-08 12:39:22 | 日記
本日匿名の方から封書が速達で届けられました。
現在このタイミングというのは、東京弁護士会から、大公法律事務所(梶山弁護士)の懲戒請求に対して、詳しい事情を聞きたいと依頼があり、KRG対策委員会の事務局長が来週東京へ出向かんとしている瞬間だった訳です。
大公法律事務所(E-ジャスティス)の弁護士らしからぬ恐喝・詐欺行為にとどまらず、KRGの悪行全てを、洗いざらい東京弁護士会へぶちまける意気込みで、来京に備えているタイミングなのです。そこに届いた一通の匿名封書。

 実はこの手紙に書かれてあった事実について、恥ずかしながら私自身全くの初耳でした。
こんなことが有ったのか、また何故それを当事者である我々が知らされていないのか、と言う事が不思議を通り越して、司法を生業としている弁護士の取る処置として有り得ない事だと感じました。
また梶山弁護士のことを書くと名誉毀損だとか、営業妨害だとか「ほざく」だろう事はこの際全面的に許します。あんたのやってることはどうなの?と言えるからいくらでもほざいてろ!
この記事を読んでいる皆さんもきっと驚かれるとは思いますが、大公法律事務所の「特定クライアントの受託依頼情報」がハッキングによって抜き取られていた、すなわち情報漏洩していたと言うのです。匿名氏曰く最近原野商法のダイレクトメールや電話がやたら多くなったと感じるのはもしかしたらこのせいなのかもしれないと。
大公法律事務所のホームページで一時この謝罪文が掲載されていたそうですが、ホームページを見ない人には当然行き渡らないでしょうし、その事件後、管理費請求は送っても情報漏洩についての謝罪文などは送ってこない。
まあ、梶山弁護士とはこんな人です。以上

コメント

今回は「赤」ですか・・・。

2019-12-06 11:29:18 | KRG
 以前送られてきました管理費請求の「赤封筒」を、このブログで人間の心理を突いた絶妙の作戦で来ましたねぇとかなんとか、褒めたのを結構真に受けたのかどうかはさておき、今回も「赤」できましたねぇ。前回のは褒めたのでは無く、「流石詐欺だけに色々考えてきますね」とか言った様な皮肉のつもりで書いた記憶があるのですが、細かい文章まではっきり覚えていませんが、書いた本人はそんなつもりでした。
 まあ、書いたのは去年だったかな・・・「花見の会」の自民党みたいにデータは削除していないので、少し調べれば記録が残っていますが、もうこれに関連した事をいちいち書くのもはっきり言って飽きてきました。・・・と言うか読んでる読者の方達も、いまさら言わば「死語」になりつつある「受益者負担金」、そして完全な「死語」となってしまった「管理費」を、払ってみようかしらなんて思う人は、殆ど居なくなっていると解釈していますので、これについては注意喚起の必要性をあまり感じなくなっています。
 でもたまに今でも時々はいらっしゃるみたいなので、一応ご注意させていただきます。
くどいようですが「受益者負担金」・「管理費」はケーアージーが新たなカモ獲得のために必要な資金源です。
 それを使って管理しているのは今から売り出そうとしている所や、ケーアールジーにとって何らかのメリットが有る場合のみです。特にこのハガキ3番に書かれてある「自然災害等のトラブル対策」なんかはどの口がそんなことを言わしめているのかと思うばかりです。以前にも書きましたが、昨年の台風でKRG所有の土地にある杉が住宅を直撃、それにたいして一切知らん顔です。1のインフラ施設はこの団地にはありませんし、2の道路補修は市と自治会が管理し、補修している状態です。でも、この請求書だけは欠かさず送られてきます。請求書送る手間で、たまには自分が管理している所を見回れよ、と言いたいところですが今となってはヘタに見回りに来るより、一切関わりを絶っていただいたほうが気分が良いでしょうね。
コメント (11)

このブログは中傷・デマだから信用しない様に from KRG(REIWA リゾート)

2019-11-08 11:09:12 | KRG
 前回の記事に「侍」さんからのコメントが付きまして、最近全関連元社員からの手紙が届き、中には内容証明付きのコピーが同封され、このブログが中傷デマだから信用するな云々が記載され、事実無根なので説明をしたいから相談をして下さいと、さも親切よがりの手紙が届いたそうです。
 このコメントを見て、先ずは素直に嬉しく感じました。
 このブログが皆様の役に立っているのだと痛感した次第です。
◎KRGがここまでやらなくてはならないほど、あちらにとって悪い影響が出ている証しで有ること。 
 (経営になんら影響がないなら、デンと腰を据えていればいいのであって、アタフタしているのは何らかの影響が出ている証拠です。)
◎こちらがネットを使って広く訴えている反面、あちらはネットで反論出来ない事。
 (嘘やデマがネットに書かれたところで、それに対してコメントで反論すればいいだけのこと。反論が正しければ嘘やデマがやり玉に挙がり、嘘・デマを書いた人が立場を逆に悪者になるだけ。最終的には読者が個々に自分で判断される訳です。その土俵へ上がることもなく、コソコソと「あれに書かれてあるのは嘘っぱちです」と触れ回るしか手が打てない所に悲壮感さえ覗えます。ここの記事が嘘だと言い切れるなら、その根拠を示すコメントを堂々と書き込んでください。残念なことにこのブログのコメント欄には被害者の声しか届いていません。加害者からの反論も是非頂きたいものです) 炎上覚悟で御願い致します。
◎このブログの存在を知らない方にも、この存在を知らしめる事を自ら気がつかずにやらかしていること。
 (インターネットを通じてしかお知らせできないのが、ブログの弱点でもあります。それをKRGはインターネットで、中傷・デマが流されていますがあれは嘘ですと、わざわざその存在を自白し、皆の興味をそちらに向ける行為をしています。アホです)
以上。 これは和知野自治会の指示や意見に関係の無い、個人の意思・感想・所見であります。(この様に書いておかないと自治会と個人をはき違えて東京弁護士会へ提出する懲戒請求反論文へ書き込む道徳心の欠如した弁護士がいるみたいなので・・・)

コメント (3)

管理費請求もグッと迫力が無くなりましたね・・・・。

2019-11-06 22:36:57 | KRG

当然皆さんの所にも届いているかと思いますが、和知野ではワンテンポ遅れて届きます。
どうしたのでしょう?大公の梶山弁護士さん今回は干されてますね。
弁護士の名を騙って脅迫しても成果に結びつかない事が判明したので首になったのでしょうか? それとも如何に弁護士といえど、法律の素人に対して、さも法律ではこの様に謳ってますと、嘘を送りつけるのは弁護士全体の名を汚すと、東京弁護士会からのお叱りを受けたのでしょうか? まあ、いずれにせよ静かになるのは誠に結構なことです。
とは言え、このブログの記事にするにはいささか物足りない気もします・・・・。
 以前のように「裁判所から貴殿の就業場所や取引銀行に裁判所類が送達される場合がございます」なんてまことしやかな嘘が書いてないとつまらない。
 弁護士としてこんな大嘘を書いていて恥ずかしくないのかな、と思いつつブログ更新に努めている私の身になってください。
差し押さえの判決が出てからならいざ知らず、身元がわかっている場合は、裁判所が職場や銀行へ連絡を入れる道理がない。
あろうことか弁護士を仕事としている輩が、こんな子ども欺しな嘘をついて、誇大妄想的に恐怖を感じてしまうお年寄りなどを相手に、金をだまし取ろうだなんてね。
誰だ? こんな奴に弁護士の資格を与えたのは。 
試験だけで弁護士に成らせるからこんな詐欺師弁護士が出来てしまうのです。
試験と同時に道徳の講義も受けさせないと。
煽り運転で2名を殺害した輩もそうだけど、試験だけで免許証を与える事自体がなんか間違ってる様に思えてきた今日この頃です。
首になったのにまだブログネタにされているのも可愛そうですが、それだけ罪が深いのですよ、あなた。
きっとこれも名誉毀損に値するのでしょうね。 
コメント (4)