天空のガーデンDiary

車山高原の天空のガーデンは標高1500メートル。清々しい空気の中で、植物達は生き生きと育っています。

窓辺の植物

2019-01-15 14:18:16 | 日記
お正月明けのお休みをいただいて、
お休みの日の朝焼けはまた格別です。。



朝食をいただきながら家族で眺めて、
あいぼうに言わせたら、この色はユメカワ色でユニコーンカラーなのだそうです。
夢みたいに可愛い色って事なのか?
でも、わからなくもない。

みんなが出かけた後もゆっくりとして、、



窓辺の植物を眺めたり、枯れた庭を眺めたり、お水をあげたり、



窓辺のねこや



気持ちよさそうなねこ

冬は、窓辺の植物たちが主役で、
それにしても、風にも当てないでいると色々と問題が出てきます。
ちょっとあったかい日は少しだけ外に出してあげたいけれど、
取り込むのを忘れた日には、サヨウナラとなってしまうので、
しばしの我慢です。
私は絶対に忘れてしまうという自信がありますから。。

松本へお茶の調達にでかけて、、
運転が好きなので、
程よいドライブもリフレッシュとなります。



いつものカフェタイム
充電されたぞ。







コメント

あしあと

2019-01-13 22:34:47 | 日記
お山は今年は雪が少ないです。
これから降ってくれるのでしょうか?

今朝は霧氷がとってもきれいで、霧の中の霧氷はほんとうに幻想的でした。
運転中で、写真が撮れなくて残念。。



松も美味しそうに凍っていた。



ガーデンには少し雪が積もっています。



サンクチュアリになんだかいっぱいの足跡が見えたので、
近くまで見にきてみたら。。



すべて動物の足跡だった。。
うさぎや、タヌキやら。。
いっぱいの足跡が交差していて、なんだか楽しそうに見える。



八ヶ岳も冬山の景色で毎日とても美しいです。



自宅のローズマリーが花を咲かせて、
冬に咲かせるこの青い花を見ると、なんともうれしい気持ちになります。


コメント

ホワイトなクリスマス

2018-12-23 14:27:18 | 日記
今日はクリスマス。

11月につくったモミのクリスマスの飾りも、一ヶ月以上経つとさすがに色あせてきます。
この間ホテルはほとんど休館で、、
やっと冬シーズンの始まりです。



お庭のインフォメーションコーナーも
古材を白くペイントし直して、冬っぽい飾りにしてみました。



ラウンジでは暖かい暖炉とトムテさんが迎えてくれます。



自宅の小屋に。
さんざん作ったリースたちのさいごの素材で。
新年の飾りも兼ねて。

天然の雪はゲレンデにはまだほとんど降ってないけれど、
八ヶ岳は降ってます。
空気も澄んできて、とってもきれいな冬山。



自宅からの八ヶ岳。
真っ白



真っ白なケーキ
中にはガトーショコラ。
あいぼうと作りました。
クリスマス前にインフルにかかったあいぼうは、
病みあがりだけど、とっても楽しみにしていたクリスマスだったので、
地味にパーティを。
パーティーでもそうじゃなくても、テーブルにワイングラスや
フォークを並べると、ニャーオーと低く鳴きながら
隠れてしまううちのむぎおくん。
その昔、クラッカーを鳴らしてしまったのが相当トラウマのようです。



メリークリスマス むぎちゃん






コメント

絵になってる?

2018-12-02 15:15:14 | 日記
お山の庭仕事もほとんど終わらせました。

一方自宅の庭はぼちぼちやってます。
だいたいが枯れて、いまだ元気なのは、、



ハニーサックルやハーブたち。



パセリやルッコラがまだ元気なうちに、、



干し柿もいい感じに干されてきたので、とりこみました。
紙袋に保管して、毎朝外の風を袋の中に入れてあげます。
そうするうちに白い粉をまとってきます。
たのしみ。



絵になる?かわいい大根。
大きなダイコンは漬けたり干したり。。



そんな合間に、、
近ごろナンバーワンのソフトを食べに



夏は激混みのファームさん。
さすがに空いていた。
癒されるお味。

コメント

心おちつく時間

2018-11-28 13:08:40 | 日記
こないだ八ヶ岳には雪が降って



けれど、また暖かい毎日です。
昨日は、春のようだったなぁ。。
お休みだったので、お家のことをいろいろとやれて。。
キッチンをきれいにしたり、小屋を片付けたり、、
いただいたお野菜を貯蔵するための準備やら、、
お家のことがたっぷり出来ると、すごく満たされます。

今日は立科に用があったので、
久しぶりに Yushi cafeへ。





おっきな薪ストーブがあって、お店の中はポカポカです。
地元の人たちが、ひっきりなしに出入りしている喫茶店。
相変わらず、心落ち着きます。


コメント