Landscape diary ランスケ・ ダイアリー

ランドスケープ ・ダイアリー。
山の風景、野の風景、街の風景そして心象風景…
視線の先にあるの風景の記憶を綴ります。

天狗岳燃える

2010-10-12 | 風景
 
 一閃の昇陽が世界を一変させた。
 どよめきとシャッター音が静寂を破り連続する。
 赤々と燃え上がる天狗岳が薄明の境界を越えて、昏い夜の縁(ふち)から競り上がるように屹立する。

 
 
 

 夜半、天幕を打つ音に幾度も目覚め、浅い眠りを繰り返した。
 前日の午後から山を覆った霧が、夜露となって深夜降りて来た。
 そして谷から吹き上げる風が梢を揺らし、雨のように天幕に降り注ぐ。
 午前1時過ぎ、山上の気温は2℃まで下がった。
 そのたっぷり水気を含んだ樹々が朝陽を浴びて
 常にも増して艶やかに光り輝いた。

 
 
 
 
 
 
 
 溢れる人波に揺らぐように、沢山の旧知の人たちと出会い旧交を温めた。
 秋の石鎚は懐かしい人との再会の場でもある。
 
 そして朝の光に包まれた天狗尾根から墓場尾根を辿った。
 空は抜けるような紺青の深みをたたえ、
 長く背負ってきた屈託を忘れさせてくれる、のびやかな秋の一日だった。

 墓場尾根の紅葉は例年になく葉っぱの傷みが少ない。
 この先、15日から今週末あたりのピーク時には、どんな鮮やかな彩りに覆われるか?
 そんな期待感を抱かせる紅葉の進み具合でした。

 母の胃ろうの手術が決まった。
 私に残された山の時間は、この秋いっぱいかもしれない。




 
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 山頂からの紅葉便り、第3便 | トップ | 柱状尾根の光と影 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
錦秋の石鎚山 (スカーレット)
2010-10-13 10:09:24
朝陽に輝く天狗岳
燃える天狗岳
神秘の世界
見事な石鎚山を見せて頂き、ありがとうございました。

お母様、どうぞお大事に。
お母様とランスケさんの大切な時間が、静かに優しく穏やかに続きますように。
久し振りの一泊山行 (ランスケ)
2010-10-13 19:34:40
スカーレットさん、ありがとうございます。

やっぱり山は朝陽が昇る、この瞬間ですね。
それまでの風景が見事に一変する、あの魔法のような時間。
また、このマジックアワー(本来の映画用語の意味とは違いますが)
の虜(とりこ)になりそうです。

そのためには山上で一泊しなければなりません。
母が完全看護で比較的安定している、この時期が唯一のチャンス。
そして手術予定の11月までがリミットです。
秋限定の撮影行…短期集中で、しっかり愉しんでおきますね。
石鎚山へ (マロン)
2010-10-13 20:30:27
12日の石鎚は前日と違い、静かな山でした。
開門を待ってスカイラインを走り、まだ十分余裕がある駐車場へ車を止めました。
東稜の分岐あたりから、沢山のカメラヤさん達とすれ違いました。皆さん土居さん同様、日の出の舞台を終えての下山、良いお顔をされていました。
天気に恵まれ、山頂の紅葉を満喫することができました。二の森への北斜面の紅葉がきれいに見えていましたが、今回は時間の都合で断念しました。残念!です。
一日違いで大違い (ランスケ)
2010-10-13 23:47:41
マロンさんお疲れ様。

石鎚の短い紅葉シーズン、そして連休唯一の晴天。
11日は予想通りの大混雑でした。
それでも今年のような、それなりに美しい紅葉ならば救われます。
昨年のピーク寸前の強い風雨による落葉に当たってしまうと悲惨です。

比較的当たり外れのない初夏の新緑と違い、
秋の紅葉や春のアケボノツツジは自然条件に大きく左右されます。
そして毎年、その展開に一喜一憂させられます。

マロンさん、私の場合はHP「石鎚山の四季」で本名を明記しているので
問題ありませんがインターネット上では、それぞれがHN(ハンドルネーム)
を建前としているので気をつけましょうね(苦笑)


あっ! (マロン)
2010-10-14 09:11:12
本当に失礼しました。
ご忠告をありがとうございます。

短い山の秋を楽しもうとすると、休日(私の場合、ほとんど平日)が晴れることを祈る思いで天気予報とニラメッコしています。

墓場尾根の撮影予定日も晴れるとよいですね。
鳥羽口のためらい (ランスケ)
2010-10-14 15:14:35
それぞれの世界にはそれぞれのルールが
あって、私たちは何時もその鳥羽口で、
戸惑ってしまいますよね。

近頃、自発的に書き込みをしてくれる
マロンさんにとても感謝しています。
これに懲りないで、また気に入った記事が
あったらコメントくださいね。
御心痛はいかばかりか (kyo-chan)
2010-10-15 22:11:28
せめて、自分の舌で食べ物を味わいたいもの。お母様もその欲望が満たすことができなくなりましたか。

ご心痛お察しいたします。伯母も嚥下障害が出てきましたので、その辛さを感じていました。

急に弱ってくるものです。十分にお話をしてあげてください。息子が好きな山の話をするだけで心の中は元気になると思います。
感動とお見舞い (鬼城)
2010-10-16 07:21:16
 改めてランスケさんの詩的なセンスと写真のシャッターを切る技術(技術というのか、粘り、チャンス?)に敬服します。「天狗岳燃える!」というタイトルも素晴らしい。

 一方ではお母さん、ご心配ですね。お見舞い申し上げます。看病されているランスケさんの健康も心配です。無理をされないように・・・
延命治療なのか? (ランスケ)
2010-10-16 07:38:46
kyoichさん、おはようございます。

実は今でも悩み続けています。
ネットで「胃ろう」を検索しても色々な意見があります。
主治医は手術を終えリハビリ後、退院できると楽観的な発言をします。
でも、それからの介護が長くて辛い日々になりそうです。

病院に行っても、ほとんど反応を示さない母ですが、
たまに本当に囁くように意志を表す時の、哀しそうな表情が、
切なくて母を愛おしむ想いが込み上げてきます。
これを生きる証と取るか?
もう死なせてほしいという意志と取るか?

確かに痴呆と老衰による嚥下障害(口から食事や水分の摂取が出来ない)
からの「胃ろう手術」は延命治療なのかもしれません。
でも、やっぱり私には血色も良くなった母の命を
私自身の手で絶つことは出来ません。

母との残された時間を思うと辛い分、
現在は山へと逃避しています。
今日も石鎚へ一泊山行です。


デジ一効果 (ランスケ)
2010-10-16 10:03:13
鬼城さん、お忙しいのに何時もコメントありがとうございます。

ブログの方も快調ですね。
意外に?(失礼)繊細な日常に対する目線に、
否、心配りの館長さんらしい目線ですね(微笑)
何時も新鮮な気持ちにさせられます。

さて石鎚紅葉の主役「天狗岳の朝焼け」
皆さんの写真を観ると、赤く燃える紅葉写真は空の茜色が飛んでしまい、
空の茜色が綺麗だと紅葉は黒く影に沈んでしまっています。

この両方を表現するために、今まで随分試行錯してきました。
それがデジタル一眼レフカメラの登場で可能になりました。
撮影のその都度、画像を確認できるデジカメは、
撮影現場での露出調整が出来ます。
なんとかこの秋の天狗岳の朝焼け写真は合格範囲です。

また逆光撮影のゴーストを極端に嫌う人もいますが、
人間の瞳の虹彩自体が強い日光に晒されるとハレーションを起こす
のですから、この画像の光線に連なるゴーストは私にとって
許容範囲内です。

夕映えの墓場尾根の撮影とは云え、
すいぶんゆっくりしてしまいました。
それでは石鎚へ行ってきます。
結果をお愉しみに(笑)

コメントを投稿

関連するみんなの記事