★tomoe-母のクモ膜下出血闘病日記

元気だったお母ちゃんが2004年2月17日突然倒れた。クモ膜下出血。家族の事、インターネットでできた事。体験談など。

これから

2018年07月04日 | 家族の気持ち&行動

これからは好きなことをしていこう。

楽しくてわくわくすること。
それから私が知っているコト。経験したコトは惜しみなく伝えたいな。
 
お母ちゃんを亡くしてやっぱり悲しかったし泣いたし
元気が出ない日も続いた。
 
でも、お通夜や告別式のあいだじゅう、泣かずに私の体のどこかを
触ってなでなでしてくれた息子や
とても頼もしく一緒にいてくれた主人や
毎朝5時に起きてお経をあげるお父ちゃん。
 
はらりと壁から落ちたまるで遺書のようなお母ちゃんの12年前の手紙。
 
お母ちゃんの仏壇にお花いっぱい供えてくれたおきさん。
 
優しく元気付けてくれるスタッフのみんな。
 
ブログに優しいコメントしてくださる方。
 
私は幸せ者だと感じるから、介護から少しだけ解放されたのだから
後悔のない人生にしていきます。
 
やっぱりお母ちゃん。ありがとう。
 
 
ps 介護グッズを写真とって処分中です。フォトチャンネルにまとめて一部あげました。参考になる人がいればうれしいです。 
 
コメント

ありがとうございました

2018年06月24日 | お母ちゃん★日々の様子

2018年6月17日の早朝お母ちゃんは行ってしまいました。
享年72歳。2004年の2月17日にくも膜下出血で倒れてから14年と4か月の闘病生活でした。


ーーーーーーーーーーーーー

お母ちゃん。大好きなお母ちゃん。
あんなに毎日会いに行ってたのに前の日会いに行かなくてごめんね。
でも、私を産んで育ててくれて、ずっと一緒におってくれて
本当にありがとう。

半年前に誤嚥性肺炎で入院してから口からご飯がたべれなくなって
それでも入院を乗り切って自宅に連れて帰れて、お正月を過ごせて。。
今年の冬の寒さがこたえたのか?だんだん胃瘻からも受けつけなくなって。。。
それでもお父ちゃんが生きてほしいと願うから
頑張って応えてくれて。。
私も自宅で24時間点滴を何度も管理して泊まり込んで。。

これで良いのか本当に悩んだよ。。

正直しんどくてくじけそうで、目ばちこが2つもできて。。へこんだ。
でも一緒におれた時間はかけがえのない時間だったよ。
頑張る姿と家族の愛を教えてくれてありがとう。

最近は体力がなくて
週に一度、日曜日にお父ちゃんと私とでお風呂に入れてあげたね。
あの日、
「あ〜お風呂が気持ちいい。」
って長風呂したよね。1回もたいぎいって言わなくて
スーパーポジティブなお父ちゃんは「元気になりよる!」
ってすぐ言うものだから。。
あの時違和感を感じたのに私もすぐ良い方にアハハって笑ったんだ。

17日の朝早くに行ってまたお風呂に入れてあげようとしてたんよ。
もうちょっと待ってて欲しかったよ。
ごめんね。どんなにみてきても
何かしらの後悔は残るものなんだね。
なんでも出来ることは、後回しにしちゃいけないって
母ちゃんが最期におしえてくれたんじゃね。

前の日、会社の事務所引越しが一年半越しに完了して。。
昔火事で燃えた事務所が再建できたんよと
伝えたけん、安心して行っちゃったんだね。
引越し頑張ったけん、どろどろで汚い自分が菌を持ち込んじゃいけんと
思って。。一階まで行ったのに母ちゃんの顔を見に上がれば良かったと
胸が痛んだよ。ごめんね。
でも、自宅の温かい自分の布団で逝かせてあげれたのは
結局私の希望どおりだったね。安らかなとても綺麗な顔だったから
苦しくなかった?

今思えば。。

亡くなる1週間前。朝母ちゃんの部屋に行ったら
おきさんと元気な時みたいにラジオ体操してたね。
「母ちゃんおはよー。」
って私が言ったら、まじまじと
「とんちゃん、ありがとうね。」
って言ってくれたね。ありがとう言い合ったね。


その次の日12日は私の誕生日。
「母ちゃん産んで育ててくれてありがとう。」
って今年も言えたよ。あの時調子良かったじゃん。。

13日は東京のお父さんが入院したけん、お見舞い行ってきても
待っててくれたじゃん。。

14日は今度はだんなさんが東京行ったけんヒロと泊まれたね。
お父ちゃんがスイカを母ちゃんに食べさせてて
超ビックリしたけど、まあいっかで
美味しい〜と味わえた母ちゃん見れて本当に良かったと思う。


亡くなる2日前15日に定期検診で病院へ行った時、
エレベーターで抱きしめて
「母ちゃん大好き。ずっと味方同士でいようね。」
って約束したね。家に帰って車から車椅子、トイレ移動の時
なんだか愛しくて、いつも以上に抱きしめたよ。

「じゃあ、母ちゃん引越し頑張ってくるけん行ってくるね。」
あれが最期に交わした言葉になるなんて。
そこは想像してなかったよ。

お墓とお仏壇、ちゃんと守るからね。
見守っててね。
お父ちゃんはまだ一緒にこっちにおってもらわんと従業員が困るけん
まだまだとうぶん、お迎えに来ちゃダメだからね。

お願いよ。


お母ちゃんがいなくなってから、本当は寂しいよ。
でも、お父ちゃんが少しでも早く前を向けるように
できることを毎日ひとつづつでも
すすめていくね、見張っとくね。

母ちゃんが残してくれたものや、
ちょっとした出来事に
母ちゃんを感じるよ。
話しかけたら、心で母ちゃんの声が浮かぶ。不思議。
だいたい何てこたえるかわかるんじゃ。。

ずっと味方同士でいようね。本当にありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長年、このブログを見てくださった方々
本当にありがとうございました。

母ちゃんは精一杯生きて愛と色んな貴重な経験を振りまいて
旅立ちました。生前、人様にあまり迷惑をかけたくなく、
派手なことも好まなかった為、亡くなった当日に通夜、
翌日には告別式を行いました。
家族や会社に迷惑がかからない最小限の日曜日の早朝に
一人で黙って旅立ちました。
本当に母ちゃんらしいです。

唯一、かかりつけの井上先生には最後までご迷惑をおかけしました、
私が朝7時に電話した時、既に東京行きの新幹線に乗っていらしたのに
岡山駅で降りて10時には家まできてくださいました。

家でみとれたのは井上先生のお陰と感謝しています。
本当にありがとうございました。


これでブログを終わっても良いのですが
気持ちが落ち着いてきたら
私が母ちゃんにベストを尽くした介護情報やグッズをアップしたいと思っています。
いつになるかわかりませんが、どなたかのお役にたてることがあれば。。と思います。

コメント (2)

母ちゃんのお姉さん

2018年05月21日 | お母ちゃん★日々の様子

温かいコメントを頂いたので、久しぶりにブログ投稿させて頂きます。

先週、叔母の四十九日法要がありました。私の叔母は、母より10歳も年の離れたお姉さんで、姉というより母のように可愛がってくれた存在だったと聞かされていました。姪の私にも、とても優しく、小さい時から色々なプレゼントや美味しいものを頂いたりして可愛がって頂きました。

そんな叔母は、14年前から寝たきりになってしまった妹である私の母に幾度となくお見舞いや、手紙を書いてくださいました。
 
改めて、その手紙の束を読み返してみました。喪主である叔母の娘さんに見せました。お互いに涙が出ましたが、喜んでいただけたように思います。
 
人間は、亡くなってから気付くことが多いものですね。
叔母は、亡くなる前日まで綺麗にお化粧し、友達と好きな煮豆を食べながら、いつものように晩ご飯も食べて。。
朝起きたら布団の中で亡くなっていたそうです。
 
心優しい愛情溢れる叔母でした。
ありがとう。おばちゃん。
母ちゃんを見守っていてください。
コメント

14年

2018年02月19日 | 独自リハビリ

先週の土曜日、母ちゃんがクモ膜下出血で倒れた日から〜

丸14年の月日がたちました。

 

相変わらず、母ちゃんは生きてくれています。

でも、去年の10月に誤嚥性肺炎の為入院し、ひと月で退院できたものの、口から食べることができなくなりました。

先々週も、自宅で24時間点滴となり、入退院するぐらいならと、ずっと点滴管理をする為につき添い続けました。今日で点滴からも開放されて丸1週間です。

少々、くたびれました。

 

今日は、訪問歯科医師をお呼びして、口腔ケアと嚥下リハビリをして頂きました。

私は、最近仕事してないです。というかできないです。でも、周りの優しさで助けられて、なんとかやっています。

改めて介護の意味や、看取りの本をよんでみたり。。

14年は長いです。

 

息子がそばで励ましてくれたり、一緒にいてくれるのが、チカラになっています。

ぼちぼち頑張りすぎないように、頑張っています。(*^^*)

 

 

 

 

コメント (2)

私が読んだガンの本と最新ストーマ装具

2016年10月20日 | 独自リハビリ

母ちゃんが大腸がんとなり。。

私は落ち込むだけはイヤだったので、入院中、光を探すべくいろんな本を読んでました。 希望を頂けた本もありました。

それから、人工肛門となって、何が悲しいって ベッドの上で便をとってあげなくてはならなくなった日。 表現できない悲しさとやるせなさがありました。

でもね。今はトイレでとったり(トイレでとるなら自分の中で大丈夫と思えたり) そのうち、どうせ一生便につきあうなら 今!一番イケテル機能で装具でデザインが素敵なストーマを選びました。

土台と袋がセパレートでシールタイプなので 便もれしづらく、毎日交換できて衛生的。 何しろデザインも良いので気分も良いです。

人工肛門の悲しみは、装具選びで少しは改善されますよ。

だから更新UPしておこうと思います。

他のどなたかに役立つことがあれば幸いです。

コメント