ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「SP 革命篇」@109シネマズ木場

2011-04-03 16:17:41 | 映画感想
2009/4/1、109シネマズ木場。

やっと見ました。
元々は先月観ようと思っていた映画の積み残し。

**
 
岡田准一、堤真一、真木よう子、神尾佑、松尾諭、香川照之、堀部圭亮など、
主要キャストは続投。



「野望篇」では官房長官襲撃を阻止した井上薫(岡田准一)らのSPチーム。
傷も癒え、日常の任務に就いていた。

一方で、尾形総一郎(堤真一)は、与党幹事長の伊達國雄(香川照之)と結託して、
ことを起こす準備を進めていた。

衆議院本会議が開かれ、総理の不信任案が採決される予定の日、
ついに計画が開始される。

井上らは、本会議に出席する主要閣僚や幹事長、与野党党首を警護して国会に赴く。

テロリストの一団はエアコンの修理に見せかけたバンで、参議院議員会館に入り、
衛視らを倒して爆弾を仕掛ける。

そして、地下通路から国会に入り、出入り口の封鎖、参議院との廊下に爆弾を仕掛け、
衆議院を孤立させる。

本会議場では、動議が提出され、総理不信任案の趣旨説明が始まった。
尾形は井上らを議場の警護から引き離し、ついに、幕は切って落とされた。

警護するはずのSPによる国会テロ。
果たして尾形の目的は何なのか。

そして伊達以下、雄翔会のメンバーが尾形に仕掛けた罠とは。
井上は無事に事件を解決に導くことができるだろうか。

**

野望篇もそうだったが少ないエピを引っ張り過ぎで、全体に個々の展開がとろい。
(とはいえ、野望篇よりはずっとテンポは良い)


その割には、その後尾形以外の関係者がどうなったのかは、端折られていて、
伊達や横溝、雄翔会のメンバーの行く末は釈然としない。

前作が97分、今作が128分、そのまま足せば3時間半超の大作だが、
1時間分くらい大胆に切って、合わせて1本にしても良かったかも。



格闘シーンはなかなかで、岡田准一の気合の入り方はよくわかる。
ちょっと殴られ過ぎか。

セットは見事。
特に衆議院本会議場はセットということのようだが、
よくぞあそこまで作りこんだ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« こたつのマーフィの法則 | トップ | 今朝の東京スカイツリー、201... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-04-03 18:40:00
殴られすぎなのは格闘技ベースのアクションだからでしょうね。グローブアリが前提だから。^^;
SPvsSPもよかったですが、個人的には尾形vs井上も良かったです。尾形の方が一応一日の長があったってことなんでしょうか。(笑)
KLYさんへ (KGR)
2011-04-04 09:56:50
殴られ過ぎは評価を下げるほどのものではありません。
あれだけ殴られたらさぞ痛かろうに、ぐらいですか。
メイクで顔に痣とかあってもよかったですね

KLYさんが「続編」に言及されていたのには、
はっとさせられました。
今晩は、こちらへも (パピのママ)
2011-08-12 19:12:43
TV版は見ていなかったので、前編の野望篇の井上のSPとしての凄さにびっくり!
あの走る速さと敏捷な肉体能力は並大抵ではありませんです(笑)
今回も国会議事堂の中の再現に、TVとか学校の修学旅行で中を見学した通りで、首相を井上が警護してヘリに乗せるまでのスリルに圧倒された。
あんなに簡単に議事堂の中へ侵入できるんだとか、本物のSPが寝返ってSP同士で拳銃を撃ちあうシーン、こんなのアリって?
そうですよね、伊達や雄翔会のメンバーは一種のテロ活動もんでしょ、警察は何をしているって。
絶対続編望みますよ、尾形のそれからも知りたいしね。
のんびり屋なもんで、コメの返事はゆっくりでと、これからも宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

SP 革命篇 (LOVE Cinemas 調布)
人気ドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版第2弾。サブタイトルの“革命篇”通り、いよいよ革命の火蓋が切って落とされる。当然ながら主演の岡田准一以下出演者・スタッフ共に前作“野望篇”と同じ。国会議事堂を占拠した尾形たちの目的は、“大...
映画「SP THE MOTION PICTURE 革命篇」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「SP 革命篇」観に行ってきました。フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の映画版「SP THE MOTION PICTURE」2部作の後編に当たります。全く予...
SP 革命篇 (Akira's VOICE)
めっちゃ面白いけど,めっちゃモヤモヤする~! 
SP 革命篇 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/03/12公開 日本 128分監督:波多野貴文出演:岡田准一、堤真一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、野間口徹 運命の最終章。 官房長官を狙ったテロ事件から2ヵ月後。テロリストとの死闘を繰り広げた井上はじめ警視庁警備部警護課第四係の面々も通常....
映画『SP 革命篇』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-28.SP革命篇■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:4月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:波多野貴文□原案・脚本:金城一紀□音楽:菅野祐悟◆堤真一(尾形総一郎)...
SP 革命篇 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
要人警護を任務とするSPの活躍を描いたアクション映画。テレビシリーズから始まり、前作「SP 野望編」を経て辿り着いたシリーズ完結編。ちりばめられたすべての伏線が一つにつなが ...