ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 

2008-01-31 22:37:37 | 映画感想
今年やっと4本目。
試験ウィークと言うこともあってどうしても1月は出遅れるが、
何とか月4(≒週1)は達成。

予告は、いろいろあったな。
「ライラの冒険」「バンテージ・ポイント」「紀元10000年」
「ナルニア物語 第2章」「すし王子 ニューヨークへ行く」
「スピード・レーサー」

***

ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、
とくれば、監督はティム・バートン。
そのほか、アラン・リックマン、ティモシー・スポールのハリポタコンピも。

***

ビクトリア朝末期、一隻の船に乗って
スウィーニー・トッド(ジョニー・デップ)がロンドンに戻ってきた。

元フリート街の理髪師ベンジャミン・バーカーは
美しい妻と赤ん坊の娘と暮らしていたが、
判事ターピン(アラン・リックマン)の陰謀で投獄されてしまう。

15年後、バーカーは脱獄してスウィーニー・トッドと名前を変え、
愛しい妻と子のいるロンドンに戻ってきた。

かつての自分の店はラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)の
ミートパイ屋になっていた。

そこでスウィーニー・トッドはラベットから
妻がターピンに凌辱されて服毒、
娘のジョアナ(ジェーン・ワイズナー)は、
ターピンの屋敷に囚われていると聞かされ、
怒りに燃えて復讐を誓うのだった。

船でトッドと一緒だった若い船乗りアンソニー(ジェイミー・キャンベル・バウアー)は、
窓辺にたたずむ金髪の美女に一目ぼれする。

物乞いの女に聞いて、その娘がジョアナで、
ターピンに閉じ込められていることがわかるが、
ターピンにこっぴどくやられる。

トッドは、ターピンを殺すために理髪師として名を上げようとして
イタリア人理髪師ビレリに挑戦して勝つ。
しかし、そのピレリは、もともとトッドの友達で、
彼がベンジャミン・バーカーであることを知っていた。
正体がばれそうになって、トッドはビレリを殺してしまう。

ターピンはジョアナを自分のものにするため、結婚すると言い出し、
身だしなみを整えるため、トッドの正体を知らず髭をそりに来る。

トッドが今まさにその首を裂こうとした瞬間、
アンソニーが店に来てすべてはおじゃんになる。

トッドは、ラベットと共謀してビレリで人肉パイを作ることにする。
トッドは、ひげを剃りに来る男の首を掻っ切ってラベットに肉を提供する。
人肉パイのラベットの店は繁盛するが、
物乞いの女はラベットの悪事を嗅ぎつけ、
また、元ビレリの助手だったトビーは、トッドを信用していない。

しかし、ラベットもまたトビーには隠し事をしていた。

そんななか、トッドはアンソニーにジョアナを救出させ、
それを餌にターピンをおびき出すことにした。

はたして、トッドの策略は、復讐は成功するだろうか。
そして、ジョアナの運命は。

はたまた、トッドに想いを寄せるラベットが隠していたこととは一体何か。
物語は血塗られた驚愕のエンディングへ向かって進んでいく。

***

スプラッタ、というほどではないにしても、
オープニングタイトルからしておどろおどろしいし、
血しぶき満開、ジョニー・デップのシャツも返り血で真っ赤になる。


全体に時間的経過がよくわからない。
2、3日の出来事のようにも思えるし、何週間もの出来事のようでもある。
思ったとおりに展開していくようにも思えたが、
最後は「えっ、そうだったの?」だった。

なお、血しぶきのせいか、R-15指定になっており、
女性同士やデート・ムービーとしてはあまりお勧めできない。


コメント (3)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「沢尻エリカを知ってますか... | トップ | DVD「主人公は僕だった」  »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします (ピロEK)
2008-02-17 15:17:28
どうもご無沙汰しております。私のブログにコメントいただきありがとうございました。
私の場合、血飛沫はまぁ許容できたのですが、人肉パイがイヤで…こういうミュージカルがあるのはある意味洒落なんでしょうが、ヤッパリ悪趣味だと思うんですよね。語り始めた方、ミュージカルにしようと思った方等の品性を少し疑います。
あと、メンズデイですが、私の住んでいる地域でもまちまち。
レディスデイのようなものではなくて、各シネコンが独自に設定しているようです。東京でも映画館によってはやってるかも(?)ですよ。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
ピロEKさんへ (KGR)
2008-02-17 19:11:53
コメントどうもありがとうございました。

「メンズデイ」
以前調べたことがあって、
東京でやっているところはなかったですね。

あるのは、
「ファーストデイ(映画の日)」
「レディースデイ」
「高校生友情プライス」
「夫婦50」
「夫婦の日(カップル・デイ)」
くらいかな。
メンズデイ、訂正 (KGR)
2008-02-17 22:37:41
「吉祥寺」のある館ではメンズデイがあるらしい。
まぎれもなく東京都武蔵野市。

「東京には無い」は訂正です。

私のいく映画館ではメンズデイはやってない、
に訂正します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

★「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (ひらりん的映画ブログ)
この映画の公開があるから、今月のひらりんは「ジョニデ祭り」開催中だったんです。 ここんとこ、DVD見る暇なくて、お祭りも息切れ気味だったけど。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/ SWEENEY TODD (我想一個人映画美的女人blog)
ティム・バートン×ジョニー・デップ 6度目となるコンビ最新作{/ee_1/}はミュージカル{/ee_2/} "スウィーニートッド"はイギリスで150年以上も語り継がれ、 これまでにも何度か舞台やミュージカル、映画、小説の題材になっている殺人鬼の物語を映画化したもの。 19...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ...
【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース、ジャミー・キャンベル・ボーウェン...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。今回は大きくネタバレ有りの為、要注意オープニングからいきなり 血が流れ出して進んでいくのがもうかなり おえっぷでやんす~( ̄ω ̄;)そしてミンチ製造機。。。 おぉぉぉ ヤバイ かなり怖い妻子と幸せに暮らしてい...
映画『スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師』を観て... (KINTYRE’SDIARY)
11.スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師■原題:SweeneyToddTheDemonBarberOfFleetStreet■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■日本語字幕:佐藤恵子■鑑賞日:1月25日、セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□....
真・映画日記(1)『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月19日(土)◆690日目◆ 映画の紹介感想だけを書く。 実写映画では『チャーリーとチョコレート工場』以来の2年4ヶ月ぶりの作品。 主演のジョニー・デップはアニメ映画『コープス・ブライド』を含め6度目のティム・バートン作品出演。 他、『...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 恐ろしい共生関係 (はらやんの映画徒然草)
刃物と血が、容赦なかったですね。 僕は痛いのや、血がたくさんのものは苦手なので、
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007・アメリカ) (白ブタさん)
ホラー映画だった{%saiaku%}
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (悠雅的生活)
ようこそ。フリート街のこの店へ。
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」フリート街にあったもの (ノルウェー暮らし・イン・London)
ゆかりの地を訪ねてシリーズ(勝手に命名)第2弾は、ジョニー・デップとティム・バートンの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 随分前に見ていながら、まだレビューを書いていなかった。 ホラー好きなパパンですら、「絶対に見たくない!」と言い張るこ...