タムタムわんこのお気楽オーディオ

オーディオと音楽ネタ中心のページです。
是非お気楽にご参加ください。

準備万端、主役はいつ来るの?

2022-05-15 06:45:08 | オーディオ
初めてのオーディオ断捨離の決行、システムのネットワーク化の検討、お出かけ試聴トライと色々と準備を進めてきました。
主役となるモデルを何にしたかについては「後のお楽しみ」ということに。オーダーは4月上旬に入れましたが、なんと納品は2ヶ月間近くかかって5月下旬頃とのこと。半導体関連の状況はまだまだ厳しい状況が続いているようで、オーディオ機器の購入でこれほど待たされるのは初めての経験です。

主役のブツが届くまでの間、その他の準備を進めていましたが既にスタインバイ完了です。



(1)パソコン    MacBook Air、主に使っているMacBook Proのサブに
           ゲットしておいたコイツをオーディオ用にしようかと。
(2)USBケーブル  ごくごく普通のケーブルで端子はC→Bタイプ。
(3)同軸ケーブル  これもごくごく普通のケーブル(カナレ)端子は現行CDP
           であるWadia850のデジタル出力端子がBNCなので
           BNC→RCAタイプ。
(4)LAN関係    以前ご紹介済みのWi-Fi中継機、速度落ちが心配ですが
           これで無線/有線どちらにも対応OK。

いや〜、ブツが届くのが楽しみです。
自分のメインシステムを使っていろいろ試せると思うとワクワクします。(^、^)
・音楽配信サービス/ストリーミングの使い勝手は?音質は?
・最新のBluetoothコーデックの音質は?
・MQAはどんな音なのか?




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アカデミー賞2022 & ビリー・アイリッシュ

2022-03-29 05:42:04 | 音楽
海外の気になるアーティストの一人:Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)
そのCD3枚が届いたのは先週、グラミー賞を獲ったアルバムを1枚聴いて既にお腹いっぱい状態に。(このアルバム、特別バージョンなのかサイズがデカッ!)



囁くような発声と重低音の組み合わせの面白さ、ルックスも重要な要素。オーディオを趣味としている自分にとっては、意識的に歪みを入れた音作りにはちょっと抵抗感もありますが、本来とても美しい声の持ち主みたいで普通に発声すればドキッとさせられる歌声が聴ける気がします。

そんな彼女の印象でしたが、今週開催されたアカデミー賞で主題歌賞を獲っています。

▽主題歌賞
ビリー・アイリッシュ“No Time To Die”「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」




ゲットしてある他2枚のアルバムは、、、4月になったら聴こうかな〜と。
まだちょっと消化しきれていないようでして。(^^;;;





コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

DACの試聴をしてみよう(2)

2022-03-28 16:11:52 | オーディオ
お願いしてあった試聴機が入荷したとの連絡があり「いざ、二度目の試聴の旅へ!」
でも本音は、、、「やっぱオーディオショップは苦手なんだよな〜」「自分の部屋じゃないと落ち着かんし、そもそも音質の評価なんて超ムズイし微妙」「コメント求められるし、キツイ評価できるほど自分に自信ないから耳障りの良いことしか言わんし・・・」

でもでも、頑張って試聴するのだ!
感性に響くモデルをなんとか見つけるためじゃ!(と言い聞かせ)



(1)ifi audio / Pro iDSD Signature(DAC/ネットワーク/プリ)
    ・プリはデジタル入力のみ。
    ・DACチップはBB製。
(2)Esoteric / K-05Xs(SACD/CDプレーヤー)
    ・DACチップは旭化成製。
(3)Esoteric / N-05XD(DAC/ネットワーク/プリ)
    ・プリはアナログ入力もOK。
    ・DACは自社開発のディスクリートDAC。

試聴機の取寄せをしてもらったのは(1)、ifi audioは英国のデスクトップオーディオ製品で人気のあるメーカー。BB製のチップを使っている点に興味が。(2)(3)は同じメーカーですがDACの違いを聴きたかったので試聴をお願いした次第。

で、音はどんな感じだった?
「うんうん、どれも良かったっすよ〜ん ♪」(またそんなコメントかい)(-_-;;;

なんとなく音の傾向は掴めたかな〜という感じですかね。
試聴機の貸出サービスがあったら一番いいのですが、そこまで対応してもらうと「やっぱ、や〜めた。買わな〜い」とは言いにくくなりますよね。(^へ^;;;




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

“危ないCD”ご紹介

2022-03-21 14:21:29 | オーディオ
宇多田ヒカルの新しいアルバムが発売になりました。
オリジナルアルバムは8枚目なんですね。ワクワクしながら聴き始めると・・・



「BADモード / 宇多田ヒカル」(2022年2月発売、配信は1ヶ月先行)
聴き進んで11曲目「beautiful World (Da Capo Version)」曲のスタートから2'23"で突然爆発音のような音が2回続けて入ってきます。音量大きめですとかなりびっくりします。

この音はびっくりはしますが危険なほどではありません。
で、この時思い出したのが上の画像の左のCDでした。

「Tchaikovsky “1812" / Erich Kunzel & Cincinnati Symphony Orchestra」(1979年発売)
ご存じの方も多いとは思いますが、この音はマジ危険です。少々大きめで聴いているとやわなAMP・SPだと壊れる危険性が。1曲目の終わり寸前、スタートから14'42"あたり。最初聴いた時、ワンコは閉めていた窓&カーテンから周囲の家を覗き見「ガス爆発でもあったのか」と思われていないかと冷や汗状態。JBL君とMcintosh君のペアは歪みもせず見事に再生してくれるもんだから(苦笑)

ちなみにCDになにやら黄色い大砲の表示があります。
拡大すると・・・


(「CAUTION DIGITAL CANNONS See Page 6」との一文が)

 

あと、ついでですがこのCD(上の右側の画像)も最初は少々控えめなボリュームで聴き始めた方がよろしいかと。
「UP / Peter Gabriel」(2002年発売)
1曲目のスタートから0'28"あたりでガツンときます。(=.=;;;

【危険度】“1812”・・・★★★★★(超々危険!)
     “BADモード”・・・★★★(かなりビックリ)
     “UP”・・・★★(ちょいビックリ)

こんなCDもあるというお話でした。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プリAMPが不在になっても〜た

2022-03-17 14:05:31 | オーディオ


なんか寂しげなオーディオラック・・・
実はプリAMPがないという状態になってしまいました。「どうしたの?」って聞いてください。(涙…)

事の次第は次のとおり・・・
長年使っていたGOLDMUNDのJOB PRE君(Rogersさんから譲っていただいた物)でしたが音の鮮度感がもう少し欲しくて、以前カキコしていますが近隣に位置します小さなメーカー:musicaさんのAirone-pri(アッテネータ+真空管バッファ回路)を使っていました。単純な回路構成で色付けもなく気に入っていたのですが、動作が不安定になる等の不具合が散発、その度毎に手直しをしてもらっていました。そんなことが2ヶ月間で三度続いたので、さすがに我慢強いワンコでも「こりゃ、あか〜ん」となり、先方にも納得してもらい現品返却・代金全額返金としてもらったのです。じゃ、JOB PRE君の再登場かというと・・・先日の断捨離で既にドナドナ〜。(-,-;;;

メインの音源であるCDについては、幸いCDプレーヤーにデジタルボリュームが付いているのでCDプレーヤーとパワーAMPを直結して聴けます。その以外のソース(FM/AMチューナー、インターネットラジオ、iPhone等)はMarantzのレシーバーを使ってELAC BS243 Limitedを鳴らしてます。「やれやれ、トホホ、、、」

今回得た教訓は「やっぱ “ブランド”って意味がある」
小さなメーカーだって良さはあると思います。例えばカスタム仕様に小まめに応えてくれるとか、要望に対して反応が良いとか、革新的な技術を持っているとか。たまたまワンコに当たったブツが外れ品だったのかも知れません。残念ながら縁が無かったということでしょうねえ。

てなわけで、DAC選びの方針を変更しなければならなくなりました。
→①DAC ②ネットワーク機能、さらに③アナログプリ機能
今更、それぞれセパレート揃えるのは大変。そうなるとかなり選択肢が限られTEAC/Esoteric連合の製品が第一候補になるんかなあ〜?




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする