武井武雄をあいする会

童画家武井武雄が妖精ミトと遊んだ創作活動の原点である生家。取り壊し方針の撤回と保育園との併存・活用を岡谷市に求めています

生誕120年記念「武井武雄シンポジウム」が7月6日(日)岡谷市カノラホールで開催されます

2014年06月28日 08時08分47秒 | 武井武雄の世界
武井武雄をあいする会の設立趣旨入会申込み生家の保存・活用を求める署名生家保存・活用のための募金

生誕120年記念 武井武雄シンポジウム「ラムラム王の正体を解明する」



 岡谷市の主催による生誕120年記念 武井武雄シンポジウム「ラムラム王の正体を解明する」が下記のとおり開催されます。
 入場無料です。


   2014年7月6日(日) 14:00 カノラホール小ホール 入場無料

   開場:午後1時30分
   開演:午後2時

 武井武雄は童画界の第一線を走り続け、多くの子どもたちに夢を与えてまいりました。その一方で童画だけでなく、版画、刊本作品などの幅広い創作活動も行っており、大人たちにも多くの影響を与えました。
 武井武雄とは一体何者なのか。多くの疑問をあらゆる方向から検証し、武井武雄の実像を明らかにします。

13:30 開場  
14:00 開演 開演のごあいさつ 岡谷市長 今井竜五
基調講演 松居直氏(福音館書店相談役)
「武井武雄と私」
14:50 休憩  
15:00 研究発表 イルフ童画館学芸員
15:40 シンポジウム
パネラー
シンポジウム「武井武雄とは何か?」
小野明氏(編集者)
仙仁司氏((元)多摩美術大学美術館学芸員)
田中栞氏(書物研究家)
西山純子氏(千葉市美術館学芸員)
(司会進行 : イルフ童画館館長 山岸吉郎氏)
17:20 閉会  

   ⇒詳細は、イルフ童画館のHPをご覧ください。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« Change.orgのキャンペーンに... | トップ | 石川県小松市立宮本三郎美術... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

武井武雄の世界」カテゴリの最新記事