ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「沈まぬ太陽」

2009-11-14 13:38:44 | Weblog
                              「沈まぬ太陽」

新宿ピカデリーにて。
途中に休憩が入る長編と聞いていたので、なかなか観る勇気(?)がなかったが、丁度新宿での用事が早く終わったので、映画館へ飛び込んだ。

3時間20分・・あっという間だった。
途中に休憩が入ってリセット出来たせいもあるが、ぎゅぎゅっと凝縮されたストーリーに終始引き付けられた。

私はあまり本を読まない(自慢にもなりませんねm(__)m)ので、この映画の同名の原作(山崎豊子著)も読んだことはないのだが、
観終わって、よくこれほどまでの映画化が出来たものだと、驚きました!
是非、原作も読んでみたいと思いましたよ。

ストーリーは色々な所で語られているので、大まかにしか書きませんが、
舞台となる「企業」は日本の国際線の筆頭である「国民航空」。
1960年代に劣悪な労働状況を変革しようとした労働組合の組合長・恩地元(渡辺謙)は、差別人事に遭い、カラチ(パキスタン)、テヘラン(イラン)、ナイロビ(ケニア)と9年間に渡る海外勤務を過ごすことになる・・。

その間に、かつては副組合長として共に闘った行天(三浦友和)は会社側に傾き、出世の道を歩んでいた・・。
やっとの思いで日本に戻って来た恩地であったが、かつて労組で共に闘った連中は、みな酷い差別人事に遭っていた・・。
そんな時、あの事故が起きた。
羽田発大阪行き国民航空ジャンボ・ジェット123便が群馬県御巣鷹山に墜落したのである・・。


この映画は、冒頭間もなく123便の墜落事故に時系列が移る。
そして恩地が海外で勤める9年間の間にも、この事故に関する場面がインサートされるのである。

この編集方法によって、ストーリーの向かう先に待ち受けている厳然たる事実を、観る者に常に意識させるのである。

この作品は、恩地元という一人の男が、どんな苦境に立たされても、屈することなく自らが属する“企業”と闘い、第一義を貫かんとするその生き様をメイン・テーマにしていることは明らかであろう。

しかし、恩地の生き様だけであれば、「国民航空」という企業でなくてもよかったはずである。
この映画には、後に遺族係として御遺族と直接関わる恩地の姿と、もしかしたら防げたかもしれない「事故」の背景を描く事が、本当のテーマとしてあったのであろう。
そうでなければ、「御巣鷹山」という地名を使った意味が無いと、私は思います。

この映画の製作に携わった全ての方々に敬意を表します・・。

原作 山崎豊子「沈まぬ太陽」

監督 若松節朗

脚本 西岡琢也

出演 渡辺 謙 三浦友和 石坂浩二 松雪泰子 鈴木京香 草笛光子 松下奈緒
   香川照之 加藤 剛 小林稔侍 宇津井健 木村多江 清水美沙 鶴田真由
   神山 繁 西村雅彦 大杉 漣 山田辰夫 柴 俊夫 小野武彦 菅田 俊
   他

ひきばっち的満足度★★★★☆





コメント (12)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« 「マイケル・ジャクソン THIS... | トップ | 「笑う警官」 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイトル (えい)
2009-11-14 16:55:20
これは、ぼくも最近知ったのですが、
タイトルの意味は、
恩地のことではなく、
企業の方らしいです。
どんなことがあっても「沈まない」のだとか…。
でも、いまやそうではなくなりましたね。
えいさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-11-14 18:34:45
え、そうなんですか・・・(汗)
エンディングで恩地が語っていた「沈まぬ太陽」は会社の事だったんですね・・・。
失礼いたしましたm(__)m。
こんばんは^^ (KLY)
2009-11-15 00:49:30
公開初日に渡辺謙さんが男泣きしていましたが、公開までにこぎつける苦労を思って思わず涙が出たそうです。
伝え聞くところによれば、日航の圧力は公式的に公開しないように申し入れただけでなく陰に陽にあったとのことです。例えば広告代理店やテレビ局は、大スポンサー日航に配慮して、製作委員会に加わっていません。資金集めからして大変であったと思います。
そんななか、良くぞこれほどまでに仕上げて公開にこぎつけてくれたと思います。全くひきばっちさん同様心から敬意を表したいです。
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-11-15 10:14:23
渡辺謙さんの涙は私も憶えています。
公開までの様々な苦労が心の中を去来したのでしょう。
そうですか。日航からの圧力はそれほどまでに大きかったのですね・・。
よくぞここまで作り上げ、そして公開したものです!月並みな言葉ですが、活動屋魂ここにあり!という感じです!
Unknown (なな)
2009-11-15 21:43:25
こんばんは

作品自体も素晴らしい出来でしたが
ほんとに製作者や俳優陣の熱意と試練に
惜しみない拍手を贈りたい作品ですよね。
原作小説が出た地点でも
日航関係者からバッシングはあったと聞きますが
映画化に関しての妨害行動は,おそらく小説の時の比ではなかったのではないでしょうか。
企業イメージが著しくダウンしますもんね。
それでも映画化してもらえて
知らなかった事実を教えてもらえて
私たち観客は感謝したい気持ちでいっぱいです。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2009-11-16 01:31:51
インターミッションが入るので、長さを気にしていた私でしたが、本当に、3時間20分・・あっという間でしたよね。見応えがありました。私も原作は読んでいないので、比較はできませんが、長い原作をひとつの映画によくまとめることができたと思います。また、バッシングも
いろいろあって映画化は大変だったと思いますが、この映画に携わったかたのご苦労が報われて無事に映画化されて良かったです。そして
この良作を私たちも観ることができて嬉しく思います。謙さんは、さすがハリウッドスター
ですね(^_-)-☆

PS.マイケルの映画のTBをつけるつもりだったのに、ボーッとして(^^ゞもう1度この作品のTBをつけてしまいました(T.T)
削除して頂ければと思います。お手数かけて
本当にすみません(T.T)
ななさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-11-16 15:41:15
本当に、この映画の製作に関わった
全ての方に、心から拍手を贈りたい
気持ちです。
妨害工作は相当なものだったと思います・・。
日航に関係が深いテレビ局も製作には加わって
いませんし・・。資金繰りだけでも大変な苦労
があったと思います。
このような良い映画に出会えて、感謝しています。

ひろちゃんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-11-16 15:54:15
私も観る前は“3時間を越える作品で、途中に休憩が入る大作である”というのが頭にあって、尻込みしていたのですが、
3時間20分あっという間でした。
前知識がほとんど無く観たので、スクリーンに
釘付けでした!
日航からの妨害は今でも有るそうですが、それに屈することなく、公開にこぎつけた関係者、スタッフ、出演者に敬意を表します。
渡辺謙さんは、日本が誇る世界的俳優になられましたね(^^♪!
Unknown (みやこ)
2009-12-01 09:48:43
ひきぱっちさん 
おはようございます~^^

>この映画の製作に携わった全ての方々に敬意を表します・・。

最後のエンドロールのあまりの長さに驚きました!多くのスタッフ、関係者、ロケ地名が永遠と流れましたよね。
これだけでも、完成にこぎつけるまでの苦労が伺えました。

みやこさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-01 14:36:21
エンドロール長かったっすねー!

この映画の完成、そして公開を願った人たちがあれだけいらっしゃったんですね~・・。

日本映画の歴史に燦然と名を刻む作品だと思います。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

37 トラックバック

沈まぬ太陽 (LOVE Cinemas 調布)
『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島から...
沈まぬ太陽 (にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ)
新作映画『沈まぬ太陽』を観て来ました。 3時間22分の超大作なので、途中でインターミッション(休憩)が入りましたよ…。 トイレが近い私にとっては大助かりでした。 ε- (´ー`*) 原作者はフィクションと言いモデルの存在を否定していますが、これは日航機墜落事...
沈まぬ太陽 (Akira's VOICE)
輝き続けるからこそ太陽!  
『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違う...
『沈まぬ太陽』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演。
沈まぬ太陽 (あーうぃ だにぇっと)
監督: 若松節朗 キャスト 恩地元☆渡辺謙 行天四郎☆三浦友和 三井美樹☆松雪泰子 恩地りつ子☆鈴木京香 国見正之☆石坂浩二 利根川☆加藤剛 竹丸☆小林稔侍 堂本☆柴俊夫 桧山☆神山繁 八馬☆西村雅彦 山田辰夫 他 【ストーリー】 国民航空の労働...
若松節朗監督 「沈まぬ太陽」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
沈まぬ太陽 - goo 映画 お給料も入ったし、今日(10月26日)は公休! ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ! 映画なに観よ? 根岸監督の「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」にしようか?思ったのですが… 先週土曜から公開の山崎豊子原作「沈まぬ太陽」 原作未読、国民的ベ...
沈まぬ太陽 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
信念は決して消えない。激動の昭和をかけぬけた男の熱き生きかたとは・・・。 物語:昭和30年代―。恩地元(渡辺 謙)は、巨大企業・国民航空で労働組合委員長を務めていた。職場環境の改善のため会社側と闘った結果、恩地を待っていたのは懲罰人事ともいうべき海外赴...
沈まぬ太陽/渡辺謙、三浦友和、松雪泰子 (カノンな日々)
公開直前まで途中休憩の入る202分もの作品だったとは全く知りませんでした。私が劇場鑑賞した邦画での最長は今年観た園子温監督の『愛のむきだし』の237分ではありますけどあれはちょっと特殊な作品でもあるし、これは作品規模でいえば邦画では異例の超大作スケールですよ...
沈まぬ太陽 (映画通信みるみる)
不屈の魂を描いた叙事詩。 映画化されるということで、たいへん楽しみにして劇場へ向かった。ついに、この作品が、映画化されたという感激が...
★沈まぬ太陽(2009)★ (CinemaCollection)
魂が、震える。上映時間202分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/10/24ジャンルドラマ映倫G【解説】『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ド...
沈まぬ太陽 (だらだら無気力ブログ)
『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿...
沈まぬ太陽 (勝手に映画評)
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。 また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しか...
「沈まぬ太陽」会社と政府の思惑に翻弄されても揺るがない自らの信念を貫き通した男の生き方 (オールマイティにコメンテート)
「沈まぬ太陽」は山崎豊子原作の映画で日本の航空会社の労働組合委員長を務めた男が懲罰人事で僻地の海外勤務を9年務めた後墜落事故のお世話係として犠牲者遺族の補償に当たるが、会社の方針などで社員は厳しい労働環境などの改善と利権に走る経営陣、さらには政治家の圧...
沈まぬ太陽 (いい加減社長の映画日記)
「きみがぼくを見つけた日」も迷ったんだけど。山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽」を鑑賞。「UCとしまえん」は、意外と少ない感じ。「沈まぬ太陽」は、大きめのスクリーンで、4~5割。【ストーリー】昭和...
映画「沈まぬ太陽」 (おそらく見聞録)
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても...
沈まぬ太陽 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/10/24製作国:日本上映時間:202分鑑賞日:2009/10/24監督:若松節朗出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、宇津井健、小林稔侍、加藤剛+あらすじ+国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に...
「沈まぬ太陽」プチレビュー (気ままな映画生活)
3時間22分…事前に10分間の休憩を知っていましたが 長いと思わせるシーンはなくのめり込んで見てしまいました。 ただ、休憩前後で展開が大きく変わったのが残念な部分もあります
「沈まぬ太陽」みた。 (たいむのひとりごと)
インターミッション付きの映画を劇場で見るのは初めて。長時間なだけに良いシートを設置している劇場で見たいもの。軽く3時間を超えているだけに息抜きとトイレ休憩が有難いと思うけれど、インターミッションを入れ
沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ (労組書記長社労士のブログ)
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。 とりあえずびっ...
沈まぬ太陽 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
今日,日曜の繰り替え休日だったので朝から劇場へ。別にファーストディでもレディスディでもない,ただの平日の朝なので空いてると思いきや,チケット売り場には中高年の長蛇の列が!それも全員,映画慣れしていない感じのオジサンやオバサンばかり。・・・・そう,ほとん...
「沈まぬ太陽」 映画化にチャレンジしたことが偉業だと思う (ももたろうサブライ)
監督 若松節朗言わずと知れた山崎豊子の名作の映画化。原作は全5巻という大河小説なので映画の時間枠に収めるのは到底無理な話。当然、大河ドラマの総集編的な作りになるだろうと、期待と懸念が半々で観に行った。インターミッション(休憩)がある映画なんていつ以来だ...
沈まぬ太陽 (Yuhiの読書日記+α)
山崎豊子の同名作品を映画化した社会派ドラマ。監督は若松節朗、キャストは渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、西村雅彦、柴俊夫他。 <あらすじ> 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じら...
沈まぬ太陽 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
社会性と娯楽性を兼ね備えた力作で見応えがある。大企業・国民航空の社員・恩地は、労働条件の改善を求めて奔走し勝利するものの、会社の懲罰人事で僻地の海外勤務を強いられる。10年に及ぶ孤独な日々に耐えて本社復帰を果たすが、ジャンボ機墜落事故という未曽有の惨事の...
「沈まぬ太陽」 (みんなシネマいいのに!)
 上映時間202分。 ここまで来るともう映画は暇つぶしではなく、仕事になってしま
[映画『沈まぬ太陽』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日は、朝5時に家を出る早番の仕事であったが、帰宅して、午後8:45からの<ワーナーマイカル・日の出>のレイトショーで、この作品を観た。  眠気との戦いが起こるかなと思いきや、私の心を、骨太の大河ドラマがグイグイと引っ張ってくれて、三時間半の長尺を全...
沈まぬ太陽 (だめ男のだめ日記)
「沈まぬ太陽」監督若松節朗原作山崎豊子出演*渡辺謙(恩地元)*三浦友和(行天四郎)*松雪泰子(三井美樹)*鈴木京香(恩地りつ子)*石坂浩二(国見正之)*香川照之(八木和夫)*木村多江(鈴木夏子)*清水美沙(小山田修子)*鶴田真由(布施晴美)*柏原崇(恩地克己)*....
人は何の為に働くのだろうか。『沈まぬ太陽』 (水曜日のシネマ日記)
高度経済成長期の時代から日本の航空会社に勤め続ける社員の生き様を描いた作品です。
【映画】沈まぬ太陽 (新!やさぐれ日記)
▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え...
沈まぬ太陽 (なりゆき散策日記)
 新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろうか? はじめてインターミッション(休憩)のある映画を体験....
沈まぬ太陽 (シネマDVD・映画情報館)
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最後の傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで遂に映画化。主人公・恩地を、日...
沈まぬ太陽 (みやこのThinking World!)
やっとこさー 観に行って来ました! やっぱり映画は一人で観るより誰かと一緒のほう
沈まぬ太陽 (とりあえず、コメントです)
山崎豊子著の同名小説を映画化した重厚なドラマです。 公開前から気になっていたのですけど、終了近くになってしまいました。 利権と政治が絡み合う中で起きた未曾有の大事故と一人の主人公の生き様を 時代を交差させながら丹念に描いていました。
映画 沈まぬ太陽 (単館系)
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...
映画 沈まぬ太陽 感想 (オタクと呼ばないで)
昨夜、映画「沈まぬ太陽」を見ましたので感想など。昨夜はフジテレビ系でR-1グランプリ、ものまね紅白、TBS系でドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」が放送されると知り、迷ったのですがこの映画「沈まぬ太陽」を観ることにしました。あと、テレビ朝日系では映画「ドラ...
『沈まぬ太陽』/TV地上波 (京の昼寝~♪)
     □作品オフィシャルサイト 「沈まぬ太陽」□監督 若松節朗 □原作 山崎豊子 □脚本 西岡琢也 □キャスト 渡辺 謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、柏原 崇、戸田恵梨香、大杉 漣、       西...
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 (はらやんの映画徒然草)
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「