山岳ガイド 眞さんの山がいど日記

山岳ガイドが出あった自然、感動、日々の様子など綴ってみました。このブログで、のんびり"ねまらっしゃい"!

帰国報告会のおしらせ!

2018年05月10日 | 第59次南極地域観測隊・帰国編

急な連絡になりますが、

この度、鳥海山やまの宿”鳥海荘”ひろ社長のご厚意により帰国報告会を

開催させていただくことにになりました。

タイトル

「南極大陸で見たこと、感じたこと!」

   ~南極観測事業と山岳ガイド~


日時:2018年5月12日午後16時から17時

場所:鳥海荘コンベンションホール

秋田県由利本荘市鳥海町猿倉湯ノ沢

℡:0184-58-2065

動画を中心に雄大な南極の自然をお伝えしながら、

南極観測事業と山岳ガイドの関わりなどをお伝えしたいと思います。

特にガイド活動に携わっている方にはおすすめです。

ちなみに、12日は山の仲間と鳥海山を滑っています!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにブログ更新いたしました 早春の上高地

2018年05月02日 | ブログ

久しぶりにブログを更新いたしました、ご笑覧ください!

一年ぶりの上高地

例年より雪解けが早く

ニリンソウが咲きはじめてました!

ちょっと遠まりして上高地散策!

河童橋近くから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年ぶりにこの山へ

2018年05月02日 | 国立登山研修所

4月28日~5月2日

先週に続いて足慣らし山行

槍沢ロッヂでは好日山荘登山学校スタッフで

30年来の友人でガイドの加藤ガイドや

小林ガイド、田村ガイドと再会。

槍ヶ岳へ向かう途中では

棚橋ガイドと再会!

彼も30年来の友人です。

昨年、

ICI石井スポーツ登山学校

槍ヶ岳をサポートしていただいた

ガイドであり国際山岳医でもある

千島先生とも再会!

普段街を歩いていてもこんなにたくさんの知人と出会うことなんて、、、

槍ヶ岳山荘のスタッフの方も覚えていただき、感謝!

思っていたより人も少ない、小屋でのんびりと過ごすことができました。

静かな山頂にも満足、

この山に来てよかった!

翌日も好天

 長い時間かけて歩き、

 雪、岩場でアイゼンの感触、感覚をおもいだし

 次は剣岳へ行ってみよう!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30年ぶりに

2018年05月02日 | 愛知学院大学山岳部

4月27日

1988チョモランマ/サガルマータ交差縦走登山隊

30周年記念パーティが日本テレビ本社で開催されました。

当時アナウンスを担当されたいた、福留さん、木村優子さん、保坂さん

リポーターの中谷さんも

30年前の5月5日

中国とネパールの国境にある山

中国名・チョモランマ

ネパール名・サガルマータの山頂から

交差縦走する様子を5月5日に

日本に向けTV生中継を行った登山隊がありました。

ネパール側から登った隊員、中国側から登った隊員、

両国をサポートする日本隊員、TV隊員の様子が

プロ野球中継を中断して完成したばかりの東京ドームの

スクリーンに映し出さ当時話題のもなりました。

久しぶりにお会いした竹内洋君も当時17歳のころこの番組を

見ていたそうです。

登山としての価値はあまりいい評価ではなかったようですが、

当時27歳で参加したわたくしは同年代の隊員たちと何度もアイスフォールを往復し

8000m近くまで荷上げを繰り返していましたが、みなこ登山をステップに

次のヒマラヤ登山へつなげることで頭はいっぱいだったと思います。

先発隊から隊員が帰国するまでの約3か月ネパールで過ごしルクラでは飛行機が飛ぶまで10日あまり

ガウリシャンカール遠征隊でお世話になったサーダー・ラクパテンジンのロッジで過ごした日々などが

懐かしく思い出すことができました。

この登山隊を通じて出会った同年代の隊員、はじめ著名なクライマーの多くが

山で客死しました。またこの10日余りの間にもお二人の方が逝去されました。

あらためて、先日ご逝去された故湯浅道男先生のおかげを実感した夜でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なまったカラダを

2018年05月02日 | 国立登山研修所

4月21日

帰国してからひと月あまり何かと忙しく山へ行く時間もなく気ばかり焦っていた。

ようやく、西穂独標まで登る時間ができ

日帰りで足慣らし。

5月の春山研修にあわせてもう少し頑張らなくては、、、、

追伸

FBにも投稿したが

登山届義務化が広がり登山届を出す人が増えたことはいいことだと思うが、

登山届は命綱、ザックの重さは命重さなんて教え込まれた世代にとって

この時期独標手前にザック、ピッケル、アイゼンまで置いて往復するなんて???

理解できないのは私だけなのでしょうか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恩師

2018年05月02日 | 愛知学院大学山岳部

4月13日

朝 愛知学院大学山岳部顧問だった湯浅道男先生の訃報が届いた。

高校三年生の時進学で悩んでいた時”山と渓谷”という雑誌の小さな連載記事に目が留まり

湯浅道男先生という名とプロフィールを読んで愛知学院大学山岳部に入ろうと決め、

愛知学院山岳部に入部した。

何も知らない田舎育ちのわたくしは何をするにも皆についてゆけず、

学生のころからから先生に先輩に怒られてばかりだった。

最近になってようやく、なぜあの時怒られたのかを理解することができるようになった。

葬儀の最後、師が好きだった歌ということで山岳部OBで歌った”学生時代”、“わかものたち”は

北岳バットレスで亡くなられた二人の岳兄を偲んで部室でよく歌ったあの歌、

いろいろなことをおもいだしてしまいボロボロに泣いてしまった。

いつかは恩返しをと思ったいたがそれのもかなわぬままになってしまった。

在りし日の姿を忍び心からご冥福をお祈りいたします。

 

ありがとうございました。

合掌

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦楽をともにした 砕氷艦しらせと再会!

2018年04月19日 | ブログ

4月12日

南極観測隊の荷物を下ろすため

ゆっくり大井ふ頭入港する砕氷艦しらせ

苦楽を共にした砕氷艦しらせと

乗員の皆様との再会は感無量でした!

荷下ろしを終えると

観測隊活動も一区切りとなります!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんなと再会!

2018年04月18日 | ブログ

4月11日

東京の明治記念館で

58次越冬隊・59次夏隊

帰国報告会と歓迎会が催されました。

短いとはいえ夏隊隊員も4か月苦楽を共にした中、

久しぶりの再会に安心感を覚えたのはわたくしだけでは

なかったようでした。

所属している日本山岳ガイド協会の磯野さんとも再会。

このまま帰るのはちょっと寂しいということで自然とたくさんの隊員が集まり、

二次会もそれなりに盛りあがった再会の夜。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長男はたいへんです!

2018年04月08日 | 日々の出来事

あわただしい日々

3/23 帰国

現実へと引き戻されるように

母葬儀の為山形へ

3/25 葬儀のために帰省

帰国途中 2/19に亡くなり

喪主・長男が帰るのを待っての葬儀

父の時は、仕事の為東京へ向かう夜行バスの中

義父の時は、剣岳をガイド中に

母は、南極からの帰り しらせで、、、

仕方のないことです、、、

3/26

久しぶりに長男夫婦と過ごす時間が持て

顎が疲れほど歯ごたえのある 

伊勢蕎麦を、、、

横丁とうふの

ずんだ団子食べたり

3/28 帰国挨拶

山形新聞の取材

その後、歯科健診

秋田田沢湖へ

幣会ガイド組織の

総会に向けた役員会

3/29 国立へ移動

一度は見て見たかった

国立のさくら

楽しむことができました、、、

3/30 定期健診

数値安定

気持ちも軽くなり、

はじめて皇居の桜も

楽しんできました!

4/2  辞令交付

定時退社

岩手へ

4/3  総会出席の為 岩手へ

4/4  恩人の葬儀の為 山形へ

4/5  帰国挨拶

本来は

お一人お一人

ご挨拶をと思っていたのですが、、、

山形新聞の取材を通じて

帰国のご挨拶

村山市長です

合間に

村山のラーメンたべて

日本にもどった

実感をかみしめ!

4/6

長男しかできない

諸手続き

4/7  納骨

兄弟3人で母をお墓へ送り

納骨も終え一区切りひげもそり、帰省の準備

4/8  小雪降る中 国立へ戻ります

明日から

仕事の遅れを取り戻します、、、

気持ちだけはそのつもりです!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ更新いたしました!

2018年04月06日 | 日々の出来事

ブログ 久しぶりに更新いたしました。

ご笑覧ください!

おかげさまで

3月23日

第59次南極地域観測隊・夏隊無事帰国いたしました。

帰国後の2週間あまり相変わらずあわただしい日々を

送っておりました。

気が付いたらクルマで3000キロ近く走り回っていました!!

昭和基地ではこんな感じでしたが

長い航海中に色も白くなり

脱皮してしまいました!

4月から懲りずに

第60次南極観測隊隊員候補として

南極観測センターに勤務しております。

近くにお越しの際は

声をかけてください!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加