山岳ガイド 眞さんの山がいど日記

山岳ガイドが出あった自然、感動、日々の様子など綴ってみました。このブログで、のんびり"ねまらっしゃい"!

おしらせ! 「林先生の初耳学~福島県の不思議な県境~ 弱酸性ガイド

2020年07月15日 | 東北の山

7/19 放送予定の「林先生の初耳学」にガイドも兼ねて出演いたします。

撮影場所は、飯豊連峰・飯豊山です、残雪のコントラストが美しいく雄大な絶景を楽しんでください。

一緒に出演した、モデル兼TikToker、YouTuberのロイ君のリアクションが辛い山岳撮影を終始和ませていただきました。

林先生の初耳学【公式】 on Twitter

https://twitter.com/hatsumimigaku?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 

番組の山岳アドバイザー、出演者や撮影スタッフのガイドも兼ね、撮影前日には茂木ガイドと二人で50㌔近い荷揚げも行っての飯豊山登山、ガイドはチームは連日30㎏近い荷を背負っての行動で、ナマッタカラダを治すにはちょうど良い山行となりました。

梅田ガイド(東北マウンテンガイドネットワーク)、茂木ガイド(月山登山ガイド協会)ともに総重量100㎏近い撮影資材、生活用具を荷揚げもあり、このお二人にお手伝いいただき無事撮影を終えることができました。

みなさまに、感謝!(弱酸性ガイドより)

 

 

 

 

コメント

南極から

2020年07月12日 | 第61次南極地域観測隊セール・ロンダーネ山地生物調査チーム

7/9

今年の2月初旬、南極・プリンセスエリザベス基地(ベルギー)から

送りだした個人装備2箱が5か月ぶりに戻ってきた。

現地で使用していた、防寒ブーツ、衣類、カメラなど日用品である、

整理しながら3か月お及ぶ基地での生活がおもいだされてきた。

南極の固い氷についに折れてしまったピッケル、本、、、

出発前、購入した「アート・オブ・フリーダム」

 ~稀代のクライマー、ヴァイテク・クルティカの登攀と人生~

なかなか読みこなせないと思っていた時、知人でもありこの本の訳者とある会合でお会いする機会があった。その際、「南極で読んでください!」と言われ、この本を南極へ持ち込んだ。

おかげで、4回読みかえすことができた。

おかげで、日本南極地域観測隊・FA(フィールドガイド)として59、60、61次隊と三度参加させていただくことができた。

59次隊では昭和基地周辺、氷河掘削支援

内陸ボツンヌーテンなどで活動

60次隊では昭和基地から1000㌔内陸にあるドームふじ基地まで雪上車で往復三か月の旅行に、

61次隊ではプリンセスエリザベス基地をベースに約3か月間、セールロンダーネロンダーネ山地生物調査チームリーダーとして参加することができた。

日本人隊員として、南極大陸のかなりの広範囲に足跡を残せたことに悔いはない!

ただ、感謝だけである!

コメント

これからの山登り ~みんなで学ぶ安全登山~

2020年07月05日 | コロナ禍の生活・新しい生活スタイル

7/2

この度日本山岳ガイド協会にて、「新しい登山様式」を作成しました。
新型コロナウィルスに対する社会情勢が新たな局面に入った今、登山に対して不安を感じている方もそうでない方も、正しい感染防止方法をご確認いただければ幸いです。
なお、日本山岳ガイド協会youtubeチャンネルでは、安全登山を含めた10分、20分バージョンもあります。

山形新聞にも紹介していただきました。

新しい登山様式 動画です。

これからの山登り~みんなで学ぶ安全登山~【3分50秒版】

新型コロナウィルス対策を考えた「これからの新しいスタイル」を今までの基本的な安全登山に加えて、安心して山を楽しむために山岳ガイドができること...

youtube#video

 

おかげさまで、公社)日本山岳ガイド協会・特別委員会コロナ対策プロジェクトチーム・事業再生班班長を拝命、このような取組みを通じ、登山業界活性化の糸口になればと事業再生班一同、広報班一同とともに奮闘しております。

今後とも、よろしくお願いいたします!

コメント

太平湖湖水開きに参列!

2020年07月05日 | 東北マウンテンガイドネットワーク

6/29

北秋田市・太平湖遊覧船安全運航祈願祭および奥森吉山入山者の安全祈願祭と小又峡水難事故者慰霊祭の参列してきた。

昨年10月8日 ガイド中お客様を助けようと沢に流され無念の死を遂げた弊会副代表・小野信也はじめ過去小又峡で亡くなられた方への慰霊祭が催された。

彼らの犠牲のおかげで、このようなチラシもできた。

 

太平湖周辺の水難事故の慰霊祭|NHK 秋田県のニュース

去年10月、北秋田市にある太平湖の上流の渓流で、男女2人が川に流され死亡したことを受け、29日、湖周辺の水難事故で亡くなった人たちを弔う慰…

NHK NEWS WEB

 

それにしても、19歳の時・岳兄二人が北岳バットレスから墜死、39歳の時・二人の将来ある若者を守り切れなかった大日岳事故、59歳の時・私のガイドの師でもあり片腕でもあった方の水難死、20年に一度訪れる無常な悲しみ、次は自分の番であろう、もうこれ以上は耐えられない。

でも、亡くなった彼らのために、若い会員のためにもう少し登ろう。

若い会員には、二度とこのような悲しみは味わあせたくはないと思う。

安らかにお眠りください。

合掌

コメント

東北のガイド仲間の集まり!

2020年07月05日 | 東北マウンテンガイドネットワーク

6/26~30 

田沢湖駅前・喫茶ピープルにて

日本山岳ガイド協会所属・東北12団体連絡協議会が開かれました!

コロナ禍のなか東北で活動するガイドの行く末、方向性について真剣に話しあわれました。

わたくしは、会議後各地で活動されているガイドの皆さんと意見交換のため、八幡平、

八甲田、能代市へ

へ足を延ばしてきました。久しぶりにガイド仲間と旧交を温めることができましたが、ガイドを取り巻く環境、現実は、厳しいですね!!

コメント

久しぶりの飯豊山 ~TV撮影サポート~

2020年06月26日 | 東北の山登り

6/19~22

何年ぶりになるだろうか、、、

川入から飯豊本山を4日かけて往復してきた!

今回は、TV撮影サポートと出演を兼ねての飯豊山である。

今年2月に帰国してから山らしい山に登る機会もなく自粛生活をしていた鈍ったカラダには少々きつい山登りであった。

総勢12名が4日間過ごすための食材、炊事用具、燃料、撮影機材など100㎏以上の荷物の半分を前日二人で歩荷、当日はガイド3名で残りを荷揚げ何とか無事終えることができた。

前日の歩荷含め5日間、平均25kgの荷物を背負って10時間前後行動したおかげで、鈍ったカラダが適度にいためつけられ、絞られいい感じに仕上がったようだ!

偶然、夏至の皆既月食にも出会えた。

無事下山してホッとした表情の出演者。

次はいつガイドの仕事が巡ってくるか未定だが、体調は整えておかないと、、、、

放送詳細は7/12頃お知らせいたします!!

 

コメント

還暦になって、はじめての登山は?

2020年06月18日 | 東北マウンテンガイドネットワーク

6/18

還暦を迎え、はじめての登山はボッカ登山!

12人×4日分の食材、燃料、炊事用具50kg近くを飯豊連峰・国見岳避難小屋迄荷揚げ、早目出たので昼前には「いいでのゆ」迄戻れました。

明日から、TV番組取材のガイドで再び三国岳避難小屋迄登り、

本山、御西岳迄目指します!

以外とタップリ容量のMINI

コメント

引越

2020年06月13日 | 日々の出来事

PCを10年近く大事使うことは余り得策ではないとようやく気がついた!

試しにamazonで中古の小型ディスクトップPCを購入してみた、、、

箱を開けた時、間違ってWi-Fiルーターを注文したかな?と勘違いするくらい小さいが、性能はそこそこあり、普通に使用するには遜色ない。

今までのパソコンの1/4くらいのサイズだ!

1時間ほどでパソコンの引越終了!何とか使えそうだ。

 

 

コメント

宝の山 河島山

2020年06月10日 | 山形県村山市

6/10

自宅から50mのところに登山口がある、河島山(里山)植物観察会に参加してきました。

この地に越してきた時から気になっていた山でもある、

日々忙しくなかなか観察会に参加の機会が巡ってこなかった。

偶然近所の方に声をかけていただき参加することができた。

旧石器時代から室町時代の遺跡が山中に点在、ヒメサユリ、ニッコウキスゲ、など高山でしか見ることのできない貴重な植物もあり、

ハイキングコースもたくさんあり、

四季を通じ楽しめそうな、宝の山のような河島山の魅力に魅かれそうである。

 

 

コメント

with コロナ時代を見据えて!

2020年06月09日 | 越後の山

6/8

5月12日からマイペースな生活から一変、所属している協会のガイド業務再開のロードマップつくりの一部を分担することになってしまった。

PC台を自作して、タブレット、スマホも使いながら、ほぼ毎日のようにボランティアでテレワーク、リモート会議、グループチャットで情報交換、情報共有に追われている。

いつの間にか、”コロナ対策”、”登山再開”、”ガイド業務再開”のフレーズで頭の中はぎっしり詰まってしまったが、出てくるアイデアは耳カスほどの量しか、、、

PCに向かうのが苦手で早くガイドに戻りたいと帰国したのだが、、、、

アタマを冷やしに南極に帰りたい!とマジメに思う今日この頃(笑)

コメント