正しい道を司る

八ヶ岳・小淵沢の地で『真理』を探究する

暑い日の妄想。「気持ちは一緒?」(私の言い分・まめ太郎の言い分)

2015年07月31日 | それゆけ まめ太郎!
白黒でも見た目変わりない ぱぐ。






特有の行動なのかな? ぱぐ っておもしろいです。

わたしが動くたびに付いてくるのです……この暑い最中に。





で、
『私の言い分』





『ん?さびしいのかい?』







『もぉーかわいいな お尻をくっ付けちゃって』






『アイコンタクトぉ〜!』






『正面から激写!かわいいのぉー』






『きみが居るだけで幸せだよ』










『まめ太郎の言い分』




『なんだ この臭い』







『ぐふぇ くせーなッ』






『おい!腹へった!メシ!』






『だぁーかぁーらぁー メシ!』






『ダメだコイツ!』








相手の気持ち・こころは見えませんが、察し思いやる気持ちが

人生・犬生に大切なのです。

だって同じ地球の上で暮らしているのですから。









【地球は生きている】








「皆様が笑顔でありますように」





『あなたなら大丈夫・大丈夫・大丈夫!』



 そなえよ つねに  

ありがとうございました



コメント

寝苦しい夜、こんなときこそ快眠したいよね。じゃオーガニックワッフルタオルケットで快眠しましょ。

2015年07月28日 | 日記・エッセイ・コラム
【今治タオル】idee Zoraオーガニックワッフルタオルケット







 数年前より「ワッフル織り」のフェイスタオルを使用しているのですが、

もぉー気持ちのよいぐらい素肌になじみ、その心地よさにメロメロなのです。









 ワッフル織りで寝具がないかと探していたら四国愛媛県北部の地にあるじゃないですか!

そう、国内最大規模のタオル産地【今治タオル】が。

なんと百二十年の歴史があるらしい。






で、見つけたタオルケットはこれ!


丸栄タオル・idee Zora “超長綿”のスーピマ綿オーガニックコーマ糸を100%使用した

オーガニックワッフルタオルケット。
















先日の台風11号が四国に上陸している最中、我が家にやってきた。







使い始めて一週間をすぎましたが、使い心地はもう最高!ぐっすり眠れます。

適度に身体になじみ、包まれている感覚を実感。でも暑苦しくはなく、

"サラッ"とした肌触りなのです。





いやはや、「オーガニックワッフルタオルケット」は気持ちいい。







【地球は生きている】








「皆様が笑顔でありますように」





『あなたなら大丈夫・大丈夫・大丈夫!』



 そなえよ つねに  

ありがとうございました


コメント

緊急警報!熱中症対策発動。

2015年07月27日 | それゆけ まめ太郎!
来た、夏が来た……ハァハァハァ






そうなんです。

小淵沢で日中、最も暑い季節(と、言っても数日間だけ)が到来。

朝晩には涼しい風が吹き渡るので、まだ過ごし易いのですが、

日中はグングンと気温が上がり、警報発令級の暑さに。←(はぃ、大げさです!へなちょこ山の民なので)





なので、短頭種のまめ太郎に熱中症対策は大切なのです。








我が家の熱中症対策のご紹介。


(日中、風がそよいでいたのですが……)





それではまめ太郎。ハリキッてどうぞ!


(毛ムクジャラには、物足りないね……)







では発表いたします。  我が家の熱中症対策は







『急いで首に巻けッ!』
(只、それだけ……されど……)




















黄色いバンダナの中は、これ!






「保冷剤」



これ、食材などを購入したとき「お持ち帰り時間はいかほどでしょうか?」と聞かれて貰う例のアレ。
(数時間を有に超えるのに「あ、1時間ちょっとかな」と、見栄を張ってしまう保冷剤とも言う)





で、

保冷剤を入れたバンダナで、日中の暑い時間を凌ぎます。




後数日、辛抱してね まめ太郎。







8月の中旬を過ぎると、秋風が吹きはじめる小淵沢。

高原の夏は短いのです。








(五郎、ありがとう さようなら)





【地球は生きている】








「皆様が笑顔でありますように」





『あなたなら大丈夫・大丈夫・大丈夫!』



 そなえよ つねに  

ありがとうございました



コメント

最強の昆虫とも称される「シオヤアブ」ですが……

2015年07月24日 | 日記・エッセイ・コラム
ガクガク ブルブル


まめ太郎よ!その分厚い脂肪があれば恐れる事はない。








ぶぅうううううん 畑で轟音が聞こえます……

最強の暗殺者・狩人・不意討ち職人などと、昆虫マニアから称されているシオヤアブが、飛び回っているのです。



(不敵な面構え。悪役系?)




でもね、なんと「益虫」なのです。

益虫(えきちゅう、英: Beneficial insects)とは、何らかの形で人間の生活に役に立つ、昆虫など小動物のことを指していう言葉である。 害虫の反対の意味を持つ。
wikipedia





(ヒゲおじさんに・途端に好印象)




この時期、作物の葉を食害するマメコガネに急襲し、

柔らかいところへ "ブスッ" と鋭い口吻を頸部に突き立て体液吸うのです……コワッ。












すげぇー










非常事態が、いつ何時訪れるやも知れないけれど「そなえよ つねに」の心構えは大切ですね。






【地球は生きている】








「皆様が笑顔でありますように」





『あなたなら大丈夫・大丈夫・大丈夫!』



 そなえよ つねに  

ありがとうございました






コメント

そのほうきの掃き方……レレレのおじさん掃きは、レ?レ?レ?なのだ!

2015年07月23日 | 日記・エッセイ・コラム
そのとうりベシだべし。






お気に入りサイト、『八ヶ岳山麓清里から〜杏荘便り」rikabeansさんのブログに『日本製の棕櫚箒』の記事が……。
欲しくてたまらなくなりネットサーフィンするも売り切れ中の表示に、失意の日々を過ごしておりました。




で、
そんなある日、ちっちゃな相方から驚きの発言が。




『箒ならあるじゃない・・・江戸箒が』と!!




毛先に変な癖が付いていたため、
物置に放り込んでいた「地草」の箒が在った事も忘れていました。

でも棕櫚(シュロ)がいいんだけどなぁ……いやいや。





掃き方の基礎がなっていなかったためか、片方に癖が。










このままでは、掃除がし難いので、復活の作業を開始!



バケツの中の水に、一掴みの塩を入れ溶かします。
そして毛先がバケツの底に当たらぬように調整し、2時間程、浸します。









あらぁ不思議!  

地草の癖が取れるのです。







このまま陰干しすれば仕上がるのですが  "ムムムッ" と、
工夫をしたくなる性分なのです。はい!




なので、板を挟んで矯正〜







そんでもって 完成〜!






これからは、「床に対して垂直に立てて、水平に動かすべし!」なのだ!


注1:箒の水浸けは、自己責任でお願いいたします。







『日本には、すばらしいものが まだまだあるのです!』










【地球は生きている】








「皆様が笑顔でありますように」





『あなたなら大丈夫・大丈夫・大丈夫!』



 そなえよ つねに  

ありがとうございました


コメント (2)