goo

秋のジブリ美術館




前回行ったとき、グッズはポストカードくらいしか
買わなかったのですが、今回は、この刺繍のタオルハンカチが
とってもかわいくて、どちらも諦められず2種類買いました。
ハンカチって、家の引き出しにいっぱいあるんですけどね...........。
これは、落ち着いた色で美術館の建物全体が、
シンプルに描かれています。

 

年甲斐もなく、私にはかわい過ぎるデザイン?...............。
でも、使います。
トトロの受付や、カフェ麦わらぼうし、井戸などなど、
ジブリワールドが詰め込まれていて嬉しくなります。



素敵なコーナー。
ベンチに座って、日常を忘れてぼーっとしていると、幸せ...........。
こんな場所があちらこちらにあって、子どもも大人も楽めるように、
工夫や心遣いが感じられます。
























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モネの空中庭園


 

池袋の西武百貨店の屋上に上がってみたら、
モネの庭を模したコーナーがありました。
柳の木が風に揺れて、睡蓮が咲いていました。
太鼓橋もあります。
天気の良い日は、ちょっとした気分転換になる場所です。
ビアガーデンや、グルメな感じのフードコートがあったり、
観用植物やマニアックなサボテン、多肉植物のお店もあります。

 

季節ごとに植栽も変わるようで、今はやはり初秋の色です。
ガーデナーの方が何人か作業していて、お手入が行き届いています。
植物の名前などを質問すると、とても親切に教えて下さいました。































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三鷹の森ジブリ美術館




念願叶って、やっと行く事ができました。
家からは近いのですが、ローソンが近所にないので、
なかなかチケットを手に入れる事が出来ませんでした。
建物と森が一体化したランドスケープ・デザインは見事で、
ジブリアニメの世界に入り込んだような、素敵な一日を過ごしました。

 

映画と同じく、何処も彼処も細部へのこだわりが感じられます。
カフェのお食事やデザートもおいしかったです。
ストローが、麦わらだったのでびっくり.......
ジブリらしいエコですね。
室内も広すぎず狭すぎず、心地良い空間でした。



植栽も素敵で、どの季節も訪れたくなります。
ミソハギが咲いていました。



企画展は、ジブリ映画の食べるシーンをクローズアップして、
深く掘り下げていて、とても見応えがありました。
宮崎駿監督の短編映画「毛虫のボロ」は、
日常のごくごく身近な自然の中で常に起こっていそうな事が、
宮崎監督の広く深い視点で、濃密に描かれていて、
温かなジワッとした感動がありました。
14分の短編ですが、ジブリファンとして、
とても満たされた気持ちになりました。























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

銀座の桜と上野の桜




初めて銀座の蔦屋書店に行ってみたら、
とても素敵なところでした。
アート関連の本が沢山、その合間に美しい伝統工芸品やら、
アートグッズが置いてあり、いつまでも時間を忘れて居座りそうです。
その一角に、置いてあった枝垂れ桜の盆栽が素敵で、
うっとり見入ってしまいました。
本屋さんなのに、お花見まで出来るなんて、粋な計らい..........。
最近は、本屋さんも本を並べてるだけでなく、いろいろな企画で
楽しませてくれて、豊かに視野を広げる場所になっている気がします。



上野の東京芸大の、赤煉瓦をバックにした桜も素敵でした。
こちらも、文化の香りに満ちた場所。
晴れやかな春の一日を満喫しました。




























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

池田重子コレクション 日本のおしゃれ展




お友達からチケットを頂いて行ってきました。
池田重子さんのコレクションは以前から大好きで
書籍も何冊か持っています。
でも、展覧会の情報などは知らなかったので
実物を観るのはこれが初めてで、とても感動しました。
着物って、平面的で皆ほぼ同じ形なのに、
なんて奥が深いんでしょうと、改めて思いました。
どのコーティトも大胆で繊細で品良く、センスに溢れていました。
自然界と人間の四季折々の営みの、
美しいメッセージも込められています
また特に「粋」というのは、上品と下品の境目で
ぎりぎりの上品寄りを保っていて、ほんの少しのさじ加減で
下品に傾いてしまう、大変に精妙で
高尚なものだということが、ビジュアルで理解できます。
下の写真のポストカードもチケットと一緒に頂いたのですが、
実物を観ると、まさに「粋」なコーディネイトです。
モノトーンの縦縞と菊の柄の着物と帯に、帯揚げと帯留めだけが
菊の葉を現わしたグリーンです。
帯留めはとてもリアルに作られた菊の葉に
てんとう虫?がとまっています。
私も長年箪笥の肥やしとなっている着物たちを
引っ張り出して着たくなりました。
銀座マツヤで、後少しですが今月18日までです。





















ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オルセー美術館展




新国立美術館のオルセー美術館展に
行ってきました。
今回は30年くらい昔、パリの
オルセー美術館展で観た、
アレクサンドル・カパネルの
「ヴィーナスの誕生」をぜひもう一度
観たかったのです。
波の上横たわったヴィーナスの上に
エンジェルが舞って祝福している美しい絵です。
何か、この世のものではない世界に
ほんの一瞬連れて行ってくれるのです。
「ミレーの晩鐘」もありました。
以前も、オルセーかどこか忘れましたが、
観たことがあるのですが、そのときは
この絵の素晴らしさがが解っていませんでした。
今回は、素朴でありながら尊厳ある、純粋な信仰の
美しさが絵から溢れ出ているようで、
深く感動しました。
他にも、クロード・モネの「かささぎ」、
アルフレッド・シスレーの
「洪水の中の小舟、ポール=マルリー」など、
素敵な風景画に感動しました。

















ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

デュフィー展




bunkamuraザ・ミュージアムの
デュフィー展に行ってきました。
デュフィーだけの展示を観るのはこれが初めてです。
色のきれいな水彩画のイメージでしたが、
油画、木版画、ファッションデザイナーの
ポール・ポアレとコラボした
テキスタイル、ファッションイラスト、
陶器など多彩で刺激的でした。
7月3日から展示替えするそうなので、
もう一度行きたい気がしています。


























ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春の一日





3年間も浪人した娘がやっと大学生となり、
先週入学式がありました。
式の後、記念写真を撮ろうとしたら、
娘は3時間もオリエンテーションが
あるというので、私は待つことにしました。
カメラを持ってウロウロし始めると、
天気良く桜も満開で、とてもいい気持ちでした。
まずは、キャンパスの裏手にお宮のような屋根を発見。
行ってみると大黒様が祀ってありました。
「4年間、娘がお世話になりますので、
よろしくお願い致します。」とご挨拶。
再びキャンパスに戻って、探索していると
美しい古いれんが造りの建物や、
巨木を発見して感激しました。
一番下の写真の椎の木は、直径が1メートル以上あるのですが、
中はくり抜いたようにがらんどうで、
スカスカのハリボテ状態です。
それでも、一本だけ枝を付けていてツヤツヤの葉を茂らせていました。
根元からは、元気な孫生えもたくさん出ていて
大自然の生命力をのエナジーが伝わってくるようでした。
入学式と共に心に残る光景がたくさん詰まった一日でした。



























ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

没後120年 ゴッホ展


  

国立新美術館のゴッホ展に行ってきました。
平日にも関わらず混んでいました。
若い頃のデッサンや,スケッチ、
少しずつですが影響を受けた他の作家の作品なども、
時代を追って展示され、
ゴッホの絵画の成り立ちがよく解る展覧会でした。
お気に入りの一枚の、ポストカードを買いました。
「ヒバリの飛び立つ麦畑」という作品で、
吹く風や、麦野穂が擦れ合う音、
ヒバリのさえずりが聞こえて来そうな画面に魅了されました。
ゴッホの作品の中では特に風景画が好きなのです。
自然界の、目には見えないけれど、
たましいに響くような躍動感というか、
ダイナミックな自然のエナジーが
絵の中に閉じ込められている気がします。
パワースポットが流行ってますが、
一枚の絵だってパワースポットになり得ると感じます。
ゴッホの色彩も大好きで、特に黄色とブルーが好きなので、
「アイリス」のバンダナも買いました。
いつも愛用している,インディゴ染めのTシャツによく合いそうです。
何度か洗って、クシュクシュにしてから使おうと思います。
































ブログランキング・にほんブログ村へ  
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オルセー美術館展2010


  

娘が行きたいというので、
久しぶりに美術館へ行ってきました。
国立新美術館のオルセー美術館展2010です。
平日の午後でしたが、なんだか人が多くて
あまりゆっくり鑑賞できませんでした。
どこかに書いてあったのですが、
世界で一番美術展に足を運ぶのは日本人なのだそうです。
これはとっても素晴らしいことです。
でも、自分が行くときは空いていて欲しい.....って、
ただの我がままです。
見終わってからミュージアムショップで
何となく図録は買わず、ツナ缶とキャラメルを買いました。
ツナ缶はトマト味とドライレーズンや
ココナッツ、ライム、ハーブで味付けたエスニック味です。
缶がとってもかわいいくて食べてみたくなりました。
1個800円もするのですが(普通のツナ缶の何倍?)、
別に旅行して美味しいものを食べられる訳じゃなし(介護ゆえ)、
このくらいいいのじゃ~。
キャラメルも、美味しそうなパッケージなので買ってみました。
7粒入って714円です。
家に帰ってさっそくトマトのツナ缶を頂きました。
薄切りのキュウリとレタスにのせてオリーブオイルをかけて
バジルを散らしてみました。
主張し過ぎない上品なお味でした。
美味しいけど、やっぱりちょっと高いかな.....
450円とか500円くらいだったら妥当なような......。
もちろん、空き缶はきれいに洗って保存です。
エスニック味はまだ食べていません。
キャラメルはかなり濃厚です。
真夏よりも、秋か冬に食べたい味です。
そして、ポストカードを2枚だけ買いました。
ゴッホの「星降る夜」と、ここに載せていませんが、
アンリ・ルソーの「蛇使いの女」です。
ゴッホの絵の具の色が大好きなのです。特にブルーと黄色。
だから、星空の絵はどれも好きです。
逆に苦手なのは、ゴーギャンの赤茶色というか錆びたような色です。
同じ南国の絵だったら、アンリ・ルソーの方が好みです。
でも、ゴーギャンはタヒチに住んでたけど、
アンリ・ルソーは強い憧れを持ちながら
南国には行ったことがなかったのだそうです。面白いですね。
10月1日からは、この国立新美術館でゴッホ展だそうです。
ひさしぶりにゴッホにどっぷり浸りたい......楽しみです。
ゴッホは狂気じみたイメージが付きまといますが、
作品を見ていると、私はとてもロマンティックに感じます。
となりでやっていた、マン・レイ展も、ちょっと気になっています。




















ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ