HAPPY GO LUCKY!

平凡な毎日がとっても幸せなんだよね

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お久しぶりっ☆

2006-03-31 19:47:30 | 愛犬サラ
この頃のワタシのお気に入りごはん☆の紹介

それはね、ドッグフードにきな粉をかけるの。
それは節分の日、豆まきをするおとーさんの後を追っかけて
ワタシは豆をパクパク・・・
とても美味しかったの
それで、その後たまたまおねーちゃんが食べていた葛餅にかける
きな粉と黒蜜の香りにワタシが反応
で、きな粉をちょっと舐めさせてもらったら・・・
うんまーいっ☆☆☆
以来、きな粉が何かしらで残ったら
わたしのゴハンは、きな粉がけゴハンに大変身!

でも太り過ぎないように気をつけるヨ
コメント

昨日の桜

2006-03-31 19:39:58 | 仕事中
会社帰り、夕暮れの石神井川です。
桜はほぼ満開。
コメント

もったいない!

2006-03-31 00:07:15 | 日常
いままで、したことがないことをしてしまった!
それが、かなりガッカリ
何がって
それは有給休暇を消化しきれなかったことです。
一年間は繰り越されるんですが、それでも消化しきれず
給料に上乗せされるわけでもないし
もう、もったいない事をしてしまったって感じです

とりあえず、明日は暇そうなので急遽有給休暇を貰っちゃいましたが・・・

のんびり寛ごうと思っていましたが、
引越しして今だ免許証の住所変更をしていなかったので、
警察署まで行ってきます。
(平日しかやっていないんだって。不便・・・)

それにしても。
休日出勤の代休も残っているんだけれど、
これは4月に入っても貰えるんだろうか?
コメント

サルが2人

2006-03-30 23:59:05 | 
2匹ではないのです、2人なんです。

今日帰宅したら、母方の祖母が泊まりに来ていました。
同居している祖母(父方)と二人並んで夕食中。
実はこの二人、申年生まれなんです。
母方の祖母の方が一回り年上なんですが、
実はこのばーちゃん、私にとってはスーパーばーちゃん。
明治41年生まれで、今年98歳になります。
(同居の祖母は、大正9年生まれ)
全然ボケてないんです。
そりゃ、歳相応に物忘れや、同じことを何度も聞くというのはあります。

母方の祖母・・・
80歳代にして、一人暮らしを数年経験・・・・
実は同居の息子家族が転勤で福知山に数年いたとき、一人こっちに残り
一人暮らしをしていました。
まあ、近所には本家だの分家だの子供家族などいるのでそれほど心配はなかったのですが。
なんと、その当時家族に会いに
朝一番の電車に乗り(武蔵野線)、新幹線で京都まで行き、そこで在来線に乗り換えて一人で福知山まで行った事があります。
80歳過ぎてですよ
その時、武蔵野線のホームで始発電車を待っていた祖母に駅員が
「何処まで行くの?」
って聞いたそうです。
福知山までといった時、駅員さん相当驚いていたそうです。
そりゃそうでしょ。

こんな話も。
私が小学校の時、新潟にハトコが住んでいました。
まだ上越新幹線がない時代です。
東京から新潟まで、『特急とき』で約4時間かかった時代です。
夏休み、祖母に連れられて弟と私と祖母の3人で泊まりに出かけたことがありました。
最寄り駅に現れた祖母の背中には風呂敷に包まれた、超大きな荷物。
なんと、
布団一式持ってきたんです。
3人も泊まりに行くから、布団が足りないと考えたのでしょう。
自分の布団を背負ってきたのです。
その当時、祖母は既に70代。
私も弟も、駅まで送りに来てくれた母もあきれていました。
電車の中では、座席の上に布団の入った風呂敷を置き、その上にちょこんと正座していました(笑

凄い話、面白い話は沢山あるけれど、
その中で最近知った、一番凄い話。
それは母が生まれたときの話。
まぁ、昔は戦争やら何やらで世間一般にも普通にあった事だとは思いますが、
祖母は所謂、後妻でして。
そして、母を産んだわけです。
それが!初産年齢が!
42歳!
びっくりでしょ?
その4年後にも弟を産んでいるわけだから・・・
私も、まだまだ大丈夫!!!

むかし、「コンピューターおばあちゃん」という歌がみんなの歌で流れていました。
ぼくのおばあちゃんは 明治生まれのコンピューター
なんて、歌詞がありまして。
祖母はコンピューターってよりカンピューターって感じですが、
明治・大正・昭和・平成って時代を生きてきた、本当に凄いばーちゃんです。

このまま100歳まで行って欲しいです。

でも、この二人申年生まれだけに口が達者で本当にウルサイ
キーキー言いっぱなしです。
ま、楽しいんだけれど。
・・・・毎日一緒にいたら呆れてくるだろうな



コメント

2006-03-24 18:49:42 | 日常
沈丁花の香り
袴姿の女子大生
スプリングコート
なんとなく空いている、通勤電車
お菓子売り場に並ぶ春色のケーキ
花粉症
犬の抜け毛
新しい制服
眠い朝
苺の香り
そして、まもなく見頃を迎える



特別な事は日々の生活にはないんだけれど、
それでもなんだかワクワクする

それが

コメント (1)

えっと…

2006-03-13 14:35:21 | 日常

前回に引き続き、今日も川崎にまで来させられています
と いう訳で、仕事は進んでいません
でも、頑張らなきゃ
誰も私の仕事はやってくれないし(私はみんなの手伝うんだけど…。なんとなく不公平だと思うこの頃)
今月末までの辛抱だ!
コメント (1)

ちょっと一息

2006-03-10 14:53:54 | 日常

一息ついている暇なんて本当はないんだけれど。
そんな時にお客さんの所へ、川崎まで行ってくれと指示が。
昼休みもそこそこに、川崎まできた
無事に終わって、本当は早く帰ってまた仕事しなくちゃだけど…
15分くらい、休憩しても文句言わないよね…

コメント (4)