HAPPY GO LUCKY!

平凡な毎日がとっても幸せなんだよね

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーロラチャンス 2回目

2008-11-29 19:33:09 | 旅行
部屋で休憩して、夕方近く
スーパーマーケットに買出しに行きました。
ホテルにはタオルとボディーソープ(中身はハンドソープと同じものでした。)しか無く
スリッパが欲しいなと思ってそれも買いました。
ほかにお土産になるようなお菓子と
アルコールと
テイクアウトで夕食のおかず。
朝ごはんを食べ過ぎて、あまりお腹が空かない自分。
今日は2食で終わりそう。(夜食は日本から持ってきてあるのでまぁ、大丈夫でしょう。笑
ツアーディレクターさんにスーパーで会い、たらこのペーストをパンに塗ると美味しくて、お土産にいいよって教えてくれましたが
生憎、売り切れ。(結局買えず終いで帰国。
スーパーの袋は有料なので、袋は持参。(抜かりない自分。
買い物後、スプーンとフォークも持ってきてないことに気が付き
デザインセンターで北欧デザインのものを購入。(自分のお土産にもなるし。

夜、10時頃ツアーディレクターさんに案内されてクロスカントリーコースの脇にある小屋に案内してもらった。
ここは、自由勝手に使って良い場所で、
近くに薪小屋があり、薪に火をつけ
ソーセージを焼いたりしてオーロラ待ちをしてもいいとの事。
でもあまりにも周りが明るすぎでした。
クロスカントリーのコースにはまだ外灯が灯り、
観測には向いていないので
自分はさっさと出てしまい、教会の方に行きました
その後、同じツアーの方とカウニスパに向かう坂道を途中まで登り
北斗七星などを見ましたが
やはり雲がどんどん出てきます。
その後知ったのですが、
スキー場で一晩中降雪機を動かしていて、それが風に乗り
上空の視界を遮っていた事が判明。
中田ツアーディレクターさんもフロントに掛け合って、降雪機をとめてくれるように話してくれましたが
駄目だったようです。
(スキーリゾートだからね。そっちのほうが大切ですよね。
でも、その情報が旅行を決める前に分かっていたならばって思ってしまいました。

この日も0時30分まで粘りましたが
寒さにも耐えられず(この日の夜は-16℃でした)、明日はロヴァニエミ・サンタクロース村に朝から出掛けるので部屋に戻りました。
でも朝になったら、ひとりだけオーロラ撮影していた人がいたんですよ

ショック&羨ましすぎでした
コメント (3)

朝焼け

2008-11-29 19:06:52 | 旅行
一息ついて、そろそろ下に戻ろうかなってした時に
雲が切れ始め、朝焼けみたいな景色が取れました。
でも太陽は拝めませんでした。

行きは40分
帰りはそりで10分。
早すぎっ

大人になって初めてそりに乗ったら
体重ある方が加速するんですよ、これ。
途中怖かった。
止まらないし、カーブあるし。足で一生懸命ブレーキ掛けました。
いやぁ、でも、またしたいっ
コメント

ホットベリージュース

2008-11-29 19:00:38 | 旅行
丘の上のレストランで、ほっと一息。
ホットベリージュースがあったので飲んでみました。
甘酸っぱくて美味しかったですよ。
その他にお土産もありました。
コメント

カウニスパの丘

2008-11-29 18:58:55 | 旅行
丘の上から見る景色。
高い木もなく、景色が広がります。
コメント

11月22日

2008-11-29 18:57:35 | 旅行
朝9時に起きる。
うぅ、眠いよ・・・・
でも、朝ごはん食べなきゃ。
またモコモコ着込んで、ホテル棟を出てレストランのある建物へ向かう。
まだ日の出前だし、曇っているしで
外が暗い。
もう少しでカーモス(日が昇らない時期)だもんね。
ホテルの朝食はビュッフェスタイル。
しかも種類が豊富。
パンも美味しい
チーズも美味しい
魚のマリネ?酢漬けみたいのもとても美味しい
ヨーグルトがね、これまたドローってしていて美味しいの。
隣にベリーの実がミックスされておいてあって、シロップ漬けだと勝手に想像し
てんこ盛りにヨーグルトにのっけて食べたら・・・
すっぱーい
でも、残しちゃったら悪いので全部食べました。
でも何だか慣れてきちゃって(笑
帰国するまで毎日食べてました。
そのご、明後日トナカイそりツアーに参加の申し込みをし
一度部屋に。
途中、クロスカントリーの入り口&インフォメーションが敷地内にあって
そこの温度計を見ると
朝から-9℃。
今晩は、冷え込みそう。

今日は昼間は特に予定がないので、スキー場のてっぺん、
カウニスパの丘まで歩いて行こうって決めていたので
早速出発
上り始める坂の下にそりを発見。
ひとつ手にとって、上り始めました。
写真は、坂道の途中の景色です。
当たり前だけれど、真っ白
何だかホワイトクリスマス先取り気分でウキウキでした。
途中写真を撮りつつ、汗をかきつつ、約40分で丘の上までたどり着きました。
コメント

オーロラチャンス 1回目

2008-11-29 17:43:52 | 旅行
ヘルシンキ空港からイヴァロ空港までのfinairが少し遅れ、空港内で少し待たされました。
ここで、F田さんご夫妻とお知り合いになりました。
(のちのち随分とお世話になりました。)
ご主人もデジイチを持参して、オーロラの撮影、やる気満々に見えました。
良かったー、仲間がいるって内心喜んでました。

全席自由席の国内線に約1時間30分くらい乗って
20:30くらいにはサーリセルカのトゥントゥリホテルに到着したでしょうか。
その後ばたばたと準備して
(カイロ貼って、モコモコ着込んで、カメラ準備して)
町の端っこにある教会に出掛けてみました。

小さな町だと聞いていたのですが
街灯や、ホテルのライトアップ、そして教会のライトアップと
とても明るくて、正直これじゃオーロラが見えないと思いました。

23時過ぎだと思いましたが、教会のライトアップが消されて
その周辺は随分暗くなりましたが、スキー場のライトはずっと点いたままです。

少しスキー場の方に歩いて三脚を立てて撮影してみましたが、雲が切れない。

F田さんご夫妻と、教会で暖をとりながら外の様子を見ていましたが
この日は0:30に切り上げてホテルに戻りました。
ベッドに横になったものの、やっぱり外が気になって
目が覚めては窓の外を確認
でも、ずっと曇りでした。
コメント

11月21日

2008-11-29 15:57:45 | 旅行
朝起きて、旅行カバンを玄関に運ぼうとしたら、
タイヤがぼろぼろになって壊れていて
動かない・・・
慌てました
で、屋根裏からダイビングのカバンを引っ張り出し、
大慌てで、詰め替えました。
ぐちゃぐちゃに入れたので、空港で検査されて開けられたらどうしようと思いましたが
それはなかったので安心。

ヘルシンキ行きの飛行機は窓側の席になり
隣に座った女性と仲良くなり
栄華見て
話して
仮眠したら
あっという間に、ヘルシンキ到着してしまいました。
彼女、Yちゃんはこれからバルセロナに行くのだそう。
お互いに楽しい旅をって別れました。

写真は窓の外に凍りついた、水滴。

コメント

イエローナイフに続き

2008-11-21 07:11:26 | 旅行
今、成田空港に向かっています。
今度の旅は、フィンランド・サーリセルカ
北極圏です
イエローナイフでのオーロラが忘れられず、また会いにヾ(≧∇≦*)〃
ただね、この愛しい人は
シャイで
気まぐれなので
会えるかどうか…

もし、ダメだとしても
子供の時からの憧れの地、ラップランドに行くと言うだけで嬉しいっ(>▽<*)

では、行って来ます~
コメント (2)

荷物の準備。

2008-11-15 23:26:28 | 日常
荷物、パッキングしています。
現地で防寒着のレンタルがあるらしいのですが、
数に限りがございます。
と、
旅行会社から言われた。
最悪の場合、借りれないと?
天気予報チェックしてると、夜は-15℃以下ですよ?
温度グラフの最高気温が-10℃な地域ですよ?

最悪の場合を考え、荷物が大幅に増えています。
服の圧縮袋も2枚ありますが、足りなくなってきました。
ダウンのロングコート、やっぱり持っていかなきゃ駄目みたいですね。
すごいかさばるんだよなー。コレ。
空港まで着ていくのも、こっちではまだ大げさだし・・・

あちこちのブログみてると、みんなモコモコ着込んでらっしゃるしね。

イエローナイフの時、何を持って行ったんだっけ?
記憶が、かすれ気味(笑
あの時は、レンタルで借りられたし
とりあえず春だったから、昼間は-3℃くらいで暖かかったんだよね。

旅行かばんの半分は空けて出掛けたいのになー。
(お土産そんなに買うんかいって突っ込まれそうな・・・(汗

やっぱり、スキー用の靴下とグローブ買わなきゃ駄目かも・・・
コメント

さあ私は何処へ行くのでしょう?

2008-11-15 00:49:49 | 日常
21日~夏休みをやっと頂いて、旅行に行ってきます

さて私は何処に行くのでしょうか

北極圏で
ニルスがガチョウのモルテンの背中に跨がり行ったところで
サンタクロースが住んでいて
キシリトールガムが有名で
あ、ブルベリーも特産品かな
エアギターの世界大会がある国


さぁ、みんなで考えようっ
コメント