スキップアジア すきっぷあじあ

Saya suka ASIA ~アジアの中の日本から愛を込めて

すきっぷあじあ☆フォトスライド

お知らせ

「すきっぷ☆あじあ」にようこそ~♪ フォートラベルさんのおススメブロガーにしていただきました!    
ホテル リスボア のクチコミ
           

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カトン地区 Vol.7 (HARRY NONYA KUAY)

2009年03月02日 | 2008年末 シンガポール 

 

 

 

カトンモールからジョーチットロードをゲイランに向かって歩いて数秒

小さなニョニャクエの店、「HARRY NONYA KUAY」があります。

初めてカトンを訪れた時に、朝の散歩していて見つけました。

カトンには、プラナカンの店が多く集まっています。

ここはニョニャのクエ(御菓子)のお店で、店頭にはナシレマ※1

オタオタ※2などの珍しいものが売られていて面白いです。

※1:ココナッツで炊いたご飯の上にサンバルなどを乗せたマレーシアの朝ご飯。

※2:魚のすり身をバナナの葉につつんで焼いたもの。

  

前回、この店を訪れた際に、「日本に持ち帰れるものはないか?」と

訊ねたところ、「ダンブリング(粽)ならOK!」とのこと。

ニョニャ粽は、パンダンリーフで包んであり、1週間はOKだそうです。

ニョニャ粽は、ガイドブックに載っている有名店がありますが

この店の粽は、ひとまわり大きくて、ちょっと甘めの味付けと

八角の香りがマッチして、とても気に入ってしまいました。

 

HARRY NONYA KUAYのダンプリング(粽)です。

中のお米がモチモチで、美味しいです☆

 

ナシレマです。

 

HARRY NONYA KUAY

460, Joo Chiat Road Singapore 427667

TEL 6440-6923

コメント

カトン地区 Vol.6 (卑酒花園 BEER GARDEN)

2009年03月02日 | 2008年末 シンガポール 

 

ジョーチットロードとイーストコーストの交差点を挟んで、榮發(YONG HUAT)の

反対側にある、緑色の建物が「卑酒花園(BEER GARDEN)です。

「卑酒」というのは、どうやらビールのことみたいです。

イーストコーストロードに面した、大きなガラスケースの中には、20種類位の

おかずが並べられて、どれも本当に美味しそうです!

ご飯の上に、好みのおかずを選んで乗せて食べる、ぶっかけご飯は

安いし、美味しいし、お腹いっぱいになって大好きです!

 

 

 

 

 

これで$3.5(230円くらい)でした。

 

コメント

カトン地区 Vol.5 (榮發・YONG HUAT)

2009年03月02日 | 2008年末 シンガポール 

 

榮發(YONG HUAT)は、「シンガポール旅行自由専科」という

渡星の時には、参考にさせてもらっているサイトで知りました。

カトンの赤ら顔のおじさん」と紹介されているご主人は、

個性的(良い意味で)で、とてもパワフルな感じです。

場所は、イーストコーストロードとジョーチットロードの交差点

ちょうど、カトンモールの正面の信号を渡った交差点の角にあります。

おじさんが、テキパキと働いているので、スグにわかりました。

 

 

プラウンミーとホッケンミーを間違えてしまい、途中で訂正したのに

おじさんは、嫌な顔をしないで変更してくれました。

最後に丁寧に「ありがとう!」と大きな声で挨拶をされて

とても、気持ちが良かったです!また、リピしたいです!

 

 

フライドホッケンプラウンミーです!

 

コメント (2)

カトン地区 Vol.4 (チン・ミー・コンフェクショナリー)

2009年03月02日 | 2008年末 シンガポール 

 

 

前回、カトンを訪れた時には、非常に混んでて入れなかった

カヤトーストの有名なお店、「チン・ミー・コンフェクショナリー」です。

店内は、昔ながらのタイルが貼られた床と、天井には扇風機が回ってて

クーラーはありませんが、味わいがあって好きです。

今回は、平日の昼間だから、さぞかし空いているだろうと思いきや

近所の人達で、ほとんどの席がうまっていましたが

小さなテーブルが一席だけ空いていたので、そこに座りました。

店内で食べる人だけじゃなく、お持ち帰りの客も次から次へと来店します。

席についても、お店の人が来てくれないので、横を通りがかった店員さんに

「カヤトースト、コーヒーね」って声をかけましたが、無表情でジッと見ただけで

そのまま、何も言わずにプイっと行ってしまい・・・

愛想がないのは、慣れているけど・・・・、通じたのかなって不安になっていたら

ちゃんと、美味しそうなカヤトーストとコーヒーが運ばれてきました

 

カヤトーストは美味しいけど、もっと空いてたらいいのに・・・。

 

コメント

カトン地区 Vol.3 (アポロ チャー・クウェイ・ティエオ)

2009年03月01日 | 2008年末 シンガポール 

 

シンガポーリアンの知人に教えてもらったカトンの美味しいお店、

お次は、伊勢丹が入っているパークウェイパレードの近くのホーカーズにある、

チャー・クウェイ・ティエオの「アポロ」ってお店。

知人に地図を書いてもらったので、場所はスグにわかりました。

 

 

それにしても、このパークウェイパレードのホーカーズっていいなぁ。

場所はパークウェイパレード前の信号を渡ったところなんですが

目の前には、小さな公園があって、子供達が遊んでます。

とっても、ローカルな雰囲気で活気があります

 

 

 

アポロには、日曜日の夕方に行きましたが、すでに行列が出来ていました。

「セルフサービス」の文字が看板の下に掲げられています。

お店のおじさんが、1人で黙々と鍋を振って調理して皿に盛っています。

その鍋を振るおじさんの姿には、凄まじい集中力を感じます。

お客さんも慣れたもんで、お皿が出てくるとお金を払い

後は、箸とレンゲを持って去っていきます。

私は疲れちゃったので、お持ち帰りにしてもらいました。

 

アポロのチャー・クウェイ・ティエオです。

ホテルに戻って、シャワー浴びたりしてたので、麺が固まっていました

一口食べたら、冷めてても甘辛くて本当に美味しいーー

しかし・・・、二口目、三口目と食べてたら、だんだんしょっぱくなってきた

半分ぐらい食べた時には、かなりしょっぱくて、ちょっと辛い

シンガポーリアンって、味の濃いのが好きなのかなぁ。

私はとりあえず全部食べたけど、かなり最後の方はしんどかった。

ビールが好きなら、ビールと一緒に食べるとか、他の人とシェアして

数口だけ軽く食べるのなら、きっと美味しいと思います

 

 

コメント

カトン地区 Vol.2 (美味起骨鶏飯)

2009年02月28日 | 2008年末 シンガポール 

 

私がカトンを知ったのは、「シンガポール旅行自由専科」というサイトでした。

カトンの情報って、ほんとに少ないんですが、あとは地球の歩き方にも

ホンの少し情報が掲載されていますが、今回はシンガポールの知人に

教えてもらったオススメのお店に行くことにしました。

カトン地区には、チキンライスの名店が幾つかあります。

シンガポーリアンの知人に、幾つかの有名店について訊ねたところ

「高い店は、駄目だよ。」って、安くて美味しいお店を教えてくれました。

まずは、カトンショッピングセンターのB1にある「美味起骨鶏飯」へ。

カトンショッピングセンターの1階には、小さなショップが

入っているんだけど、お客があんまりいないっぽい。

あんまり、見る物もなさそうだったので、地下に直行しました。

 

カトンショッピングセンター

 

日曜日のお昼前、数人の行列が出来ていました。

これは、期待できそうです 

空いているテーブルがなかったので、お持ち帰りにしてもらいました。

 

こちらがテイクアウトしたチキンライスです。

味がシッカリついてて美味しいけど、ちょっと塩味が強いかな。。

 

コメント

カトン地区 Vol.1

2009年02月27日 | 2008年末 シンガポール 

 

 

 

カトン地区は、空港と中心地の真ん中くらいにある住宅街です。

スグ近くには、ゲイランという政府公認の赤線地帯があるのに

このカトンという街は、とてもノンビリした街です。

今回は早朝便だったので、空港近いカトン地区に滞在することにしました。

カトン地区は、以前1回だけ滞在したことがあるので2回目の滞在です。

ホテルは、カトンのグランドメルキュールロキシーホテルです。

隣接するロキシースクエアには、小さなコンビ二もありますし

カトン地区の美味しいグルメめぐりには、とても立地のいいホテルです。

ただ、近くにMRTの駅がないのが難ですねぇ。。。

 

 

 

 

コメント

飛行機(UA・GA)

2009年02月25日 | 2008年末 シンガポール 

 

今回のシンガポール&バリ島の旅は、日本⇔シンガポール

UAマイレージを使い、シンガポール⇔バリ島のみチケットを手配しました。

年末だったこともあり、希望の便のエコノミーが取れなかったので

片道だけガルーダエアラインのCクラスとなりました。

行きの日本→シンガポールで、荷物が20kgまでの制限のところ

6kgくらいオーバーしていて、3900円/1kgの超過料金が取られると

言われ、慌てて重めの荷物を出して機内持込手荷物にしました。

成田空港で離陸準備に入っている間、3回くらい電気が消えてしまい

「もしかして、エンスト」なんて、みんな不安になっていました。

UAの機内食は評判がイマイチですが、更にイマイチになったような気が。

しかも、メニューは1種類だけだったし。。。

私はアルコールは飲まないけど、アルコール類は有料です。

経営状態が良くないとはいえ、UAのサービスが低下していて残念です。

シンガポールからバリ島までは、ガルーダエアラインです。

チャンギ空港で、Cクラス用のラウンジに案内されて、ちょっといい気分です。

 

 

早朝便だったので外はまだ暗く、ラウンジの中の薄暗い照明では

活字も読めないので、軽く軽食でも食べることに。

 

こちらは全部フリーです。

 

軽食は、サンドイッチやクロワッサン、カップラーメンなど

飲み物は、ジュースやコーヒー、紅茶のほかに、アルコール類もあります。

 

お粥をいただきました

 

ガルーダエアラインは、何回か利用したことがあります。

昔、日本→バリ島のGAで、赤道を越えた記念にステッカーを

もらった記憶がありますが、それがコモドドラゴンが生々しく描かれた

すごーく不気味なイラストのステッカーで・・・今はなくなったのかな

そんなGAのCクラスだから、あんまり期待してなかったけど

案の定、配られたCクラス用のキットは、こんなの要らないよって

思うような、ペラペラ靴下と紙のアイマスクだけ。。。

機材も古くて、モニターが天井から降りてくるタイプでした。

まあ、2時間半のフライトだから、映画も観ないし全然OKでしたし

キャビンアテンダントの接客も良かったので快適でした

 

 

 

帰りはGAエコノミー便で、機内食のミーゴレン

 

 

 

コメント