白うさばらし

日々の出来事、陶芸制作のご紹介や展示のご案内。
つくる、たべる、みる、あそぶ、うさばらし。

あったかはあーと展 風邪気味でゴッホ

2017-10-18 22:25:25 | 日記
豊平のきたえーる近くの特養施設とよひらの里での展示が始まりました。吹き抜けの中庭のあるロビーは、添田さんの動物イラスト。かわいい表情にとても癒されます。

右手は、かかずさんの雲や空の絵画。夜の雲から、月明かりの空までやさしい気持ちで心が解き放たれます。

ギャラリー内は、ハルエさんの七宝焼。とても時間と材料費もかかる貴重な作品で、じっくり観てもらいたいです。

S.weaveさんの丁寧にペイントされたトール作品も、さわやかな色合いでインテリアに飾りたい作品です。


little Blancheさんは、いくつになっても惹かれるかわいい編みぐるみ。子どもからおばちゃんまでスキなんですね、ちっちゃな動物あみぐるみ。

白うさぎもちょっと大モノと少しちっちゃなモノ。使って楽しい器、飾ってニヤリな陶の雑貨並べました。

たくさんの利用者さんが心あったかになって、みなさんのほんの笑顔のお手伝いになるとうれしいですね😊

こちらの施設のギャラリーは、一般の方もご覧になれます。介護施設にふれる機会になるかとも思います。居室も100室あり、デイサービスやショートステイ、リハビリなど たくさんの職員さんで、地域に根ざしてます。
ギャラリーの向かいには、コミュニティ食堂があって出汁のいい香りがしてました。きっと麺類うどんが美味しいはずです😋

在廊してませんが、購入可能な作品もありますので、ご連絡ください。


暑い沖縄の旅から帰って、風邪気味で寒くて暖房のいる札幌にぶるぶるしながらも、やっぱり四季のある北海道はいいのかなぁ…
こんな造花のようなハイビスカス🌺が、年中 咲きまくってるって刺激なさ過ぎてボケそう。

近代美術館前
夏の日花弁を開いたハマナスの花は、紅色の実になり、しぼみはじめ、そのうち雪が覆うでしょう。
ギリギリでゴッホ展観ました。美術館前は、チケットの列で並んであふれてました。自分は入場券持ってたけど、向かいの北都画廊に前売券あるの教えてあげればよかった。なんで、事前に購入しないで来るのかな。
絵になってた、ゴッホも理想で描いた夾竹桃。
日本に憧れたゴッホに集まる日本人。
しつこいほどの点々とした筆跡は、執着する日本に終着したかったのか、あんなに日本画、浮世絵集めて…今、自分に観せてくれて感謝。
長生きすれば、日本に来れたかもしれないのにザンネンね、病んでたね。
会場で流れていたオーヴェールを訪れたVTRがとても懐かしく、今でも変わらずある景色。さすがフランス🇫🇷感激しました。道新記者さんに感謝。
教会前でスケッチした20の頃。ケシの花がたんぽぽのようにぜいたくにムダにたくさん咲いていて、乾いた暑さだった。

実は、卒業制作オーヴェール教会でした。
ゴッホのタッチじゃないな。生ヌルなマチエール。
今ではジャマな100号、階段に吊るしてある。
伊藤正先生のオーヴェール、しゅる、オワーーズってしゅるがめちゃ早くちで、オワーーズがもったいぶってる発音を思い出した(^_^;)

ちょっとオーダー入ってしまって、素焼また延期して速攻で乾燥して焼きます。
本焼完成お待ちの方、もうしばらく待ってください。ちょっと南国タイムでのんびりし過ぎました。風邪気味だし、咳もゴッホ、ゴッホ💭
コメント

常夏沖縄リゾート婚

2017-10-12 20:45:09 | 日記
雪の三月旭川の次は、沖縄リゾートウェディング息子…手稲山に初冠雪、朝晩ストーブ暖房のいるようになった北海道から→なんと120年振りの記録的暑さ35℃の沖縄へ。
10月は、台風も過ぎ海にも入れて一番気候の過ごしやすいはずの沖縄が…まるで東南アジアのようにじーっとりした熱風にヤラレました💦


全て若いふたりのセッティングで、滞りなく進行。さすがworld wideな○○○ウェディング✨プランナー✨札幌での打合せが沖縄でもサクサクと展開される。
海に面した祭壇に、外人神父さん。…旭川でもいちおー外人ではあった。…こんなシチュエーション‼️女性は憧れるよなぁ💖


汗かきながらも、こんなのとか〜あんなのとか〜 & アンドーとか〜
ビーチでイチャイチャして〜ムービーも撮って〜

親族のみで祝福💕アットホームな雰囲気にしみじみ楽しませてもらい、多忙な日常から離れて
のんびり沖縄タイムにつかりました。
連れてったウサコと🌺ウェルカムドリンク

不謹慎ですが、親族のみという事で思ったのは家族葬…どちらも心から想いのある家族のみで祝い、送るという、我家は親族が居なくなり少ないので、自然にそう選択したのだけど……


親の役目も果たしたので、自分のお楽しみ〜(^.^)
沖縄は、ガラスややきものの窯元がたくさんあり、どこも歴史ある佇まい。
ガラスは、米軍のコーラの瓶などの再生カレットから作るので、ドッシリ感のある泡粒の入った本来の作品から、現代の若い作家の洗練された薄く軽いのまで多彩です。暑い中、クソ熱い炉の溶けたガラスを吹く。長老にハッパをかけられてる若い作家さんたち。

きっと、自分の窯とか持てないまま、大先生の影となり職人として作り続けていくのかなぁ…北海道は、歴史も浅いし、軽く窯も持ってなんとか維持していけて気軽でいんだか、悪いんだか。

やきものは、沖縄弁で やちむん。かわいいひびき。スリップウエアや鉄赤のちょっと民藝、野暮ったいのから、今風の焼締もあり、かわいいシーサーも。
暑い中、一軒ずつ訪れるのは大変💦

脚で回すケロクロあり、何人も並んでひたすら作陶💦ハロウィンだからって、シーサーまで🎃壁に掛けてあるのは、抱瓶だちびん、腰に下げて畑作業とか外で泡盛飲んだりするのに、腰に当たる裏がまあるくできてる。30年前に山田さんからもらった作品もウチでは 今は、かびん。


国際通り奥のやちむん通り。ここは、ショップやカフェも並び、新旧コンパクトに楽しめる。











島への橋もたくさんできてました。古宇利島。CMみたい。

美ら海ちゅらうみ水族館。自分の作ったジンベイザメの皿、実物見たら尻尾の向き違うんでした(^_^;)

北海道には ありえない海、空の色。まるでハワイだな。


食べたり飲んだり。
泡盛、シークワーサーサワー。
近海生マグロ びっくり美味い‼️
フレンチにオリオンビア😋沖縄で飲むと旨く感じるけど…ブルーガラスに赤いハイビスカスゼリー。沖縄で見るとらしいけど…


夢のような南国から、現実の日常にもどる。
雑草のはびこる庭に、塀から伸びた蔦の葉が真っ赤になっていた。

ペットホテルでお留守番の犬ケンは、6日目に迎えに行ったら、お腹壊して薬飲まされイジケていた。


プライベート日記に最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
来週には、サボり延期していた素焼します。
コメント

10月秋の出展ご案内

2017-10-04 20:32:03 | 日記
急に秋の訪れ、ゆうべからストーブを点けてしまいました。
オレンジ色のコスモスを初めて鎌倉で見た時は、驚きました。何年かして、北海道でも見かけるようになり、今では、北国の冷たい風の澄んだ空の鮮やかな差し色です。

10月は、特養の介護施設にある素敵なギャラリーでの展示のお誘いをお受けしました。下見の打合せの時は、油絵の展示がされてました。吹き抜けの中庭のあるラウンジギャラリー。

ハートがあったかくなるようなアート💓そんな作家さんが集まっての展示を企画しました。
在廊も、なんのボランティアもできませんが、入居者や通所のみなさまの心が少しでもあたたかくなりますように…

特別養護老人ホーム とよひらの里 ギャラリー
10月16〜11月26日まで
9:00〜16:00(最終日15:00)


こちらは、コミュニティカフェや地域交流スペースもあり、地域に解放されてますので、一般の方も自由に出入りできます。
ロックされてる事もありますので、解除してもらってください。

自分の義母もそんな施設、特養、サ高住とかにお世話になり、最期は療養型の医療介護施設でした。
どこの施設でも、とても大変な仕事ですが働く方々は明るい笑顔で 自分たち子どもができない事を親にしてくれます。頭の下がる思いでした。


引き続き西岡の喫茶ギャラリー十字館での展示は、壁はいさちさんから、仲浩克さんの油絵になりました。

中庭に、何か視線を感じる…女性の彫刻があります。とてもお元気な日展や道展だった小野健壽さんの彫刻で、来年4月に十字館で作品展の予定です。
中島公園の人形劇場前に40年前からある彫刻の作者でした。

元気で制作を続けて、子どもたちには世話をかけずにボケずに楽しい高齢者暮らしは理想です。立派な施設で規則正しい生活でお世話になるのもいいけれど、やっぱり自宅で好きなもの食べて お酒も飲めて、好きな事 時間も気にせずできて、家事も適当で、のんびり寝て起きて…今の暮らしぶりそのまんまですが😅 でも、そんな生活してた父は、痴呆症になり ぐうたら生活でも自宅で満足して亡くなりました。

こんな寂しい秋の日には、残りの人生を考えてしまいます。小さかった息子と手をつなぎ、汽車を見によく通った近所の陸橋の上から。
コメント