どっかの社会人の読書&ロッテ日記

アニメの感想を中心に書いています、たまに読書の感想もあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緋弾のアリア21巻秋霜烈日の獅子 レビュー(感想)緋緋神よりアリア母(かなえさん)の部分が良かったな

2015-10-18 18:10:15 | 緋弾のアリア
緋弾のアリア21巻秋霜烈日の獅子 レビュー(感想)緋緋神編完結



あらすじ
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。苦難の末に星伽神社まで辿り着いたキンジはついに緋緋色金の本体を発見し、衝撃の事実を知る。緋緋神に乗っ取られたアリアを救う事はできないと刃を向ける白雪、それでも不可能を可能にしようと戦うキンジ。世界の平和を賭けた激闘、明らかになる色金たちの真実、そして「緋弾のアリア」の行く末に待つものは……! ? 大スケールアクション&ラブコメディー第21弾!

感想とか
緋緋神編がようやく完結しましたね。
AAやアリスベルと並行して発刊するため発刊間隔が空いてしまって
体感ですが、完結までが長かったなという印象です。

◇緋緋神について

これで緋弾のアリアの緋弾の部分が完結したわけですね。
緋緋色金をアリアは取り込み自分のものにし、ついでに宇宙に返しました。
しれっとアリアとキンジで宇宙に行ってますが、すっかりアリアが丸くなってしまいましたね。
1巻の時は、ことあるごとに拳銃をぶっ放していましたが、ここまでの話の中で
キンジとの信頼感が確固したものになりましたね。
21巻かけてようやく1年がたちましたが、1年でのキンジの成長は恐ろしいものがあります。
ドラゴンボールの孫悟空ですら、ここまで短時間で戦闘力を高めることはできなかったような気がしますが
ここがライトノベルです。

ただ最近は戦闘力が上がりすぎて、脳内再生するのがしんどくなってきました笑

◇アリア母(神崎かなえさん)が本格的に登場

いやー、まさかの今回はかなえさん回になるとは思いませんでした。
てっきりキンちゃんは、ロリ体型推しかと思っていましたが
熟女派でもあったようです。
高校2年生が、パートナーの母親にあらぬことを考えるパートがあるとは思いませんでしたが
これはこれで良かったと思います。
にしても最近のキンジは相当ヒステリアモードの耐性がついてきたようで、
ぎりぎりのところで踏みとどまっていましたね。

◇最後の理子の部分

久しぶりに理子登場です。
描写としては短かったですが、理子ファンの方は待望だったと思いますね。
だいたい理子が出てくるときはその後に何かあるわけです。
とくの今回はいつもより気持ちおとなしい気がしました。
最後にキンジが殺人の罪で逮捕されましたが理子はおそらく感付いていたのでしょう

それにしてもアリアと理子に同じ時間に来てほしいと言われたらどちらに行くか迷ってしまいますね。

◇最後に

最後も相変わらずの引きでした。いつも通りでしたがキンジが逮捕されるとは思いませんでした。
アリスベルの方では、キンジが武装検事と一緒に行動を共にしていたので
司法取引で中盤打診されていた、武装検事の試験を受けさせられ
武装検事補になるよう要求されると言ったところでしょうか。

次回はどのような話になるのでしょうか?
それでは。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント

緋弾のアリア19(ⅩⅨ)巻感想(レビュ-)アリアの妹メヌエット初登場!

2015-01-21 20:28:19 | 緋弾のアリア
緋弾のアリア19(ⅩⅨ)巻感想(レビュ-)アリアの妹メヌエット初登場!



緋弾のアリア19巻の感想記事です。

<あらすじ>
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。ジーサードと共にエリア51から瑠瑠色金を入手したキンジは、アリアのいるイギリスへ向かう。しかしアリアはイギリス王室のRランク武偵に取り立てられつつあり、身動きが取れずにいた。緋緋神の謎を解きに単身アリアの妹・メヌエットの所へ向かったキンジだが、英国情報局のとあるエース諜報員が刺客として現れ……!? 大スケールアクション&ラブコメディー第19弾!

<感想とか>

①アリアの妹のメヌエットが初登場
19巻目にしてようやくアリアの妹のメヌエットが登場しました。
アリアの性格から予想するに相当我が強いキャラだと思ってましたが、その通りでしたね。
桁外れた推理力と話し方で相手のメンタルを操るキャラと言われていましたが、
まさかのボッチキャラだとは思いませんでした。

その推理力を使えば相手に何を言えば心を開いてくれるかなんて簡単にわかるはずですが
アリア譲りの頑固さで相手を徹底論破してしまったのでしょう。

ネトゲで出会ったモモコとは仲良くなれたようですし一安心です。
モモコはおそらくもう出てきているキャラでしょうが、あまりにキャラが増えてきてしまって誰とは断言できませんが…

なにはともあれ今回は前半でメヌエット可愛いを満喫できましたね。

②後半はボンドと鬼との戦闘回(王子さまはかませ犬だったわけで)
やはりイギリスだけあってジェームス・ボンドが出てきましたね。
そして19巻になっての登場ですから戦闘力がインフレしまくっていて強いのなんのって
後半の戦闘は鬼が出てきてるわけですから、もうスーパーサイヤ人たちの戦闘のごとく
インフレした戦闘でした、

ただ近頃は戦闘力が上がりすぎて、
戦闘シーンがなかなか頭に浮かばないレベルまで行ってしまいましたねwww


これぞアリアなんでしょうけどねえ。

それと19巻で急に出てきて、あっという間に退散していった
イギリスのハワード王子様
権力をばらまきまくりの王子様は、完全にアリアとキンジの仲を演出するかませ犬だったわけで
でも後半のぼんぼんっぷりはなんだかおもしろかったですね。


③緋緋色金のカギは意外と近くに
最後の最後で緋緋色金は白雪が知っているというメヌエットの発言
何のためにイギリスまで来たんだよwwwww
それと今回は最後に敵が出てこない終わり方でしたね。
いつもの感じだと強敵が強襲してきて次回へ続くなんですが今回は綺麗に終わりました。

④緋弾のアリアAAがアニメ化
緋弾のアリア本編はどうやら2期は難しいみたいですが
AAの方はアニメ化するようです。
まあ変に戦闘アニメにするより、萌押しで行った方が上手くいくかもしれませんね
なにせ戦闘がインフレして、拳銃の弾がエアガンレベルのおもちゃに成り下がってますから
映像化した時には戦闘力すげえええ
ってよりは、シュールすぎる絵になってしまいますもんね
アニメでやったのは序盤であまりインフレしてなかったころでしたが
ナイフで銃弾を切り裂いたシーンとかは視聴者がシュールすぎてドン引きしてましたからねww

なにはともあれ19巻もテンポよく読めました
20巻では最近干され気味だった白雪が久しぶりに出てきますね
白雪ファンには嬉しい巻になるかもしれません。
それでは。

ps
http://www.jvcmusic.co.jp/aria/

地味にラジオが年末に1回更新されてたんですね
もう少し広報してくれてもいいのに。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント (2)   トラックバック (1)

緋弾のアリア 第18巻レビュー アメリカだけあっていつも以上にクライマックスだったな

2014-08-31 22:19:33 | 緋弾のアリア
緋弾のアリア 18巻の記事です。
久しぶりに更新しました。あとで追記するかもしれませんがまずはいろいろ書いてみます。



<あらすじ>

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。緋緋神として覚醒したアリアの超々能力に、キンジとカナの遠山兄弟が挑む!緋緋色金の正体を知るアリアの母親・神崎かなえがアリアとキンジに別れを命じる中、アリアは妹・メヌエットのいる母国イギリスへ、キンジは弟・ジーサードの危機にアメリカへ飛ぶ。そこでキンジは超先端科学兵装のメカ少女・LOOと再会し…!?大スケールアクション&ラブコメディー第18弾!

<感想>
前半はアリアとキンジの別れ。
後半は金三とアメリカでの派手な戦闘。

前半はラブコメ&シリアス展開でしたね。
最近キンジにデレデレだったアリアは、緋緋神に精神を乗っ取られキンジと一緒にいることができなくなりました。
お互い別行動という流れに。
ただこの辺の話は今回に限りあまり印象に残りませんでしたね。
なぜなら後半の展開がクライマックス感がすごかったからです。

後半の内容は自体はネタバレになりそうなのであまり書きませんが、
アメリカに行っただけあっていつもより火力が数倍になったアクションがすごかった。
最近はラブコメ展開のが多かった印象なので今回は、超人的な戦闘を素直に楽しめる巻でしたね。

その分前回までに出てきたヒロインがほぼ不在だったのでそちらを楽しみにしていた人には物足りなかったかもしれません。

取り急ぎこのへんまで。


<追記>
・そういえば最近白雪とか見てないですね。幼馴染の扱いが最近雑になってきた気がします。

・緋弾のアリアAAの小説化が決まりましたね。なんだかんだで息の長いコンテンツになりそうです。


この勢いでAAアニメ化、本編に2期もやって欲しいものです。
それでは。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント

緋弾のアリア 第16巻感想 リサ良い嫁すぎた!新プロジェクトは2期フラグか?

2013-12-25 00:00:17 | 緋弾のアリア
緋弾のアリア18巻の記事はこちら↓

http://blog.goo.ne.jp/sapporomarines/e/c30508263bbee3b3d48c4f509e770437



緋弾のアリア 第16巻感想


お久しぶりです。秋クールは管理人多忙のため更新が完全に止まってました。アリアネタはコンスタントにアクセスがあるのでなんとか更新していきたいものです。
帯には新プロジェクト始動とあったのでアニメ2期の期待も高まりますね、

ついでに来春からは社会人になるので4月以降の更新もどうするか未定です。

それではまずあらすじから。

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。ナチス・ドイツ残党『魔女連隊』との戦車戦に辛勝したキンジだったが、ヨーロッパ戦線で絶対的な強さを誇る『妖〓(とう)』の襲撃を受け、『死』を予告される。さらに、味方であるはずの師団からも裏切り者の嫌疑をかけられ、たった1人で逃亡することに。眷属・師団の両方から狙われ、窮地に陥るキンジだが―その逃亡中に遭遇したのは、キンジとは反対に眷属から脱走してきた臆病者の戦士・リサで…?大スケールアクション&ラブコメディー第16弾
(公式より)

<妖刀との戦い>
まずアリスベルの主人公である妖刀との戦い
やはり初見でヒスっていないキンジでは勝てません。完全に殺されかけました。
誰かが助けに来るかと思いきや妖刀の方が勝手に早とちりしていなくなってしまいましたね。
主人公にありがちな詰めの甘さと言うか…
逆にアリスベルの方では今回の戦いがどう描かれるのかも楽しみですね。

<裏切るの嫌疑を自らにかけるキンジ>
妖刀の襲撃直前、ジャンヌと一緒に歩いていたキンジ、その後ジャンヌは行方不明になり一番疑われるのはジャンヌであります。それをかばおうとしたキンジ。
ここはキンジらしいですが、やたらワトソンがかばってておもしろかったです。
ワトソンに気があるカイザーも交えシリアスなのか、ギャグパートなのかどっちなのやらw
あの状況なら適当に妖刀一味にジャンヌが拉致されたことにすれば誤魔化せたかもしれませんね。
ヒスキンジであればどういう判断を下していたのでしょうあ。

<ディーンから逃走>
結局ディーンにもグレナドにも敵対してしまった、キンジ
運の悪さとヒロインとの遭遇率に定評があるだけあって、グレナド方の戦闘員である、リサに遭遇!
最初はなんだこのキャラと思っていましたが、読んでるうちにリサに感情移入してしまいましたね。

き、きっとアリアに出てくるキャラは基本すぐ発砲してくるので、おしとやかなキャラは新鮮で良いのでしょうね。
赤松先生はツンデレ好きかと思っていましたが、こういうおしとやか系清楚キャラも出してくるんですね。
良い意味で誤算でした。

<逃亡生活でしばしニヤニヤ>
それから前半の終わりから後半まではキンジとリサの逃亡生活。
15巻のジャンヌどうよう中盤はのんびりと話が進みます。
ああいう風な尽くしてくれるメイドさんがいればなあ…
クリスマスにこういうシーンを呼んでいるとなんだか負けた気しかしませんね(笑)

キンジの言論もあるのでしょうが、アリアに出てくるキャラはすぐ結婚を意識するのが少し怖かったりしますが、これが二次元の良いとこでもあります。

<後半は戦闘>
いつもどおり後半は戦闘でしたね。セーラやカツェ、魔剣とグレナドのキャラが一斉攻撃を仕掛けてきます。
戦闘に関してはいつも通り。
今回はバスカービルのメンバーも不在で火力に欠ける戦力だったため捕まってしまうキンジ達でした。

<最後はお決まりの超展開>
最後、元々捉えられていたジャンヌと再開し、処刑されることになったキンジ
16巻は2回も死の危機に瀕したキンジ
今回もリサの大変身という斜め上の展開を利用して華麗に切り抜けてくれましたね。
シャーロックと戦った時同様、ロケットでの戦い
気圧で鼓膜が吹っ飛ばないかがすごく心配ですw

そして今回もネタキャラ的なカツェ
リサもキンジも助かり一件落着で今回は終わりです。

<バスカービルがまったく出てこなかった>
何かにつけてアリアたちパスカービルがどの巻にも出てきていましたが今回はまったく出てきませんでしたね。
その変わりリサとのニヤニヤシーンが増量されていたのと、魔剣や妖刀などアリスベルのキャラが出てきていて、展開はいつも通りでも、キャラだけがいつもと違ったという感じでしたね。
それにキンジの嫁候補がまた一人増えましたし…

<新プロジェクトは2期なのか?>
帯に新プロジェクト始動とありましたが2期なのでしょうか?
現段階ではMFのヒロインたちが出てくるゲームにアリアのキャラが出ると言うアナウンスだけで
続報が待たれますね。
ただアニメ版のアリアのDVD・BDの売り上げは2期ボーダーで、放送から3年くらいたってますので
2期はできるか微妙ですね。OVAやゲーム化くらいで終わってしまうのでしょうか?
MFは今アニメ用の弾が尽きてきたような気もしますしここは一つ2期があると良いですね。

それでは、また!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント (3)   トラックバック (1)

【ラノベ】緋弾のアリア16巻の発売日は12月25日に決定!

2013-12-08 14:00:41 | 緋弾のアリア
緋弾のアリアXVI 星の砦の人狼



緋弾のアリア16巻の記事を更新しました。
http://blog.goo.ne.jp/sapporomarines/e/c37bfc8126dcb540c37a6a9c79227751

<あらすじ>
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。ナチス・ドイツ残党『魔女連隊』との戦車戦に辛勝したキンジだったが、ヨーロッパ戦線で絶対的な強さを誇る『妖刀』の襲撃を受け、『死』を予告される。さらに、味方であるはずの師団からも裏切り者の嫌疑をかけられ、たった1人で逃亡することに。眷属・師団の両方から狙われ、窮地に陥るキンジだが――その逃亡中に遭遇したのは、キンジとは反対に眷属から脱走してきた臆病者の戦士・リサで……? 大スケールアクション&ラブコメディー第16弾!
(公式サイトより)
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/schedule_detail/index

多忙のため2か月ぶりの更新となりました。
たしかアリスベルが夏ごろに出てから、アリアもアリスベルもしばらく出ていませんでしたね。
やはり掛け持ちでの執筆となるとアリア単独の時より、間隔が開いてしまいますよね。

あらすじを載せておきましたので、ご覧下さい。
発売日は12月25日です。なんでわざわざこんな日にするのでしょうかw

新刊が出たらまた更新しようと思います。
それでは!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント