どっかの社会人の読書&ロッテ日記

アニメの感想を中心に書いています、たまに読書の感想もあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ココロコネクト第13話レビュー(感想)続きはイベントで…っておいww

2012-09-30 09:22:51 | ココロコネクト

飛ばしに飛ばしまくったカコランダム編終了です。
今回も尺が無くて解決までが超スピードでした。

それと次のミチランダムはどうもイベントでの上映だそうです
っておいおい、なんだよそれww
おかしいだろ。
地方民はおろか関東民でもイベントとなるとキャパシティーの問題で
みたい人全員をさばききるなんて無理です。
せっかくニコ動で配信してるんだからニコ動で配信すればいいだけです。
きっとニコ動での配信はあると思うけど
もしもイベントのみなら最悪ですよww



とりあえず伊織の過去の話はうまく収まりました。
母も良い奴?
なのかもしれません。

でもなぁ何回も再婚した人が今更娘のためとか言っても
DV男が改心したと言うことくらい信用できないんだよなぁw
最後の追い返すシーンもあんな簡単に追い返せたら最初からDVにならねーよw

ちなみに人の家の家庭の事情に首を突っ込むのはいけません。
常識のない親や家庭に世間の常識は通用しません。
よけいにこじれるだけですw

今回は特にこれといった感想はありません。
ベタな展開で尺不足ですから
ヒトランダムやキズランダムほどの感動はありません。
だって太一が第2のフウセンカズラとの約束を破って報復されてから収まるまでが
アニメではあっという間に終わってますからねw
原作は今から読みますが釈然としない。もう一悶着あっても良かったと思う。
そうじゃないと意味がないからね。

次のミチランダムってのはどんな現象なんでしょうか?
原作ファンからの評価も高いみたいなので非常に楽しみです。
やるなら早くやって欲しいですね。
原作の完結までに終わらせてほしいものです。
では


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (16)

ココロコネクト 第12話レビュー(感想) 良い話だけど尺が足りなすぎるね

2012-09-23 21:59:15 | ココロコネクト


今回も唯と青木のお話。
まあなんだかいい話だけど詰め込みすぎです…
小説で読めば良い話なんだろうけど

青木が元カノのとこに行ってから唯が吹っ切れるまでがはやすぎ
それに空手少女はただの当て馬だし
う~んなんだかなぁw

次回は伊織の話かな?
あと1話使えばよかったのにな
今回は1話ごとに各キャラの過去をさらしまくるだけ…

あとOP変わりましたね。
まあ今回はこんなかんじ
では!



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント (2)   トラックバック (11)

ココロコネクト 第11話レビュー カコランダム編に突入!今回は青木・唯編?

2012-09-16 11:16:24 | ココロコネクト


出ロリです、はい。
みんなカコに体が戻ってしまってます。
そして稲葉、のりツッコミキャラになってるよwwwwww
稲葉はっちゃけすぎやろ。

ちなみに冒頭からカットしまくりw
委員長はもう少し出番があったし初詣会場で妹とロリ伊織と一緒にいるとこで遭遇してます。
まあ大局には影響ないけど…

そして稲葉と伊織がガールズトーク
仲良くなれたようですね。
ただ伊織の母の事情はよくわかりません。
母子家庭は大変ですよなw
もう少し子供を大事にしてほしいものです。


にしても稲葉あざとい。
さすがです。チャンスは逃しません。なんか5人で座るときも上手くとなりをキープしてます

では今週のロリ




伊織、唯、稲葉、妹w
うわーみんなかわいい。
やっぱり小学生は(以下略

大きなお兄さん的にはサービス回ですね。

稲葉の「ちゅーしたら大人になるのは?」はなかなかです。
意外と沢城さんはロリ声が出せるのですね。

まあ小学生がかわいいのは2次元だけです。
3次元の小学生はこの歳になると何とも思いません。もちろん。


今回のEDはなんか歌も映像も特徴的です。
なんかシャフトみたいな不思議な演出。
今回のEDは前回みたく誰か1人にスポットを当ててる感じはしませんね。

強いて言うなら青木、唯、伊織の3人が中心になるでしょうね。
稲葉は太一に熱烈アタックですね。

青木の元カノの話が…まあ好みのタイプを追及するとおのずと似た人が出てくるのはまあわからんでもないけど…
過去と混濁してるのが一番の原因だと思いますが、青木の唯への気持ちは元カノへの投射ではあって欲しくないです。
最後の「俺能天気でいるの忘れてた」って発言は何?
もしかしてあれはキャラ作ってたんでしょうか?
この人たち(太一)以外裏が深いですね。


唯は唯で空手の友達との問題がでてきます。
唯は男性恐怖症と空手のトラウマでしょうか?
それとも他に空手へのトラウマとかがあるのかな?

伊織の人心掌握術がすごい。
稲葉を落とすとはすげーわ
さすが伊織、これは才能だぞ。アイデンティティーです。
この性格でもいいと思いますw

来週は修羅場くるのか?なかなか息つく暇がありませんね。
では!

それと心理描写が弱い。
原作だとちょくちょく視点が変わるんだけどね
それに地の文はもっと多いです。
地の文に出てくる説明も省きすぎないで欲しいです。

ps
にしても冬休み中はずっと5人でいなきゃならんとか結構きついな
まあでもあれはあれで楽しそうですね。

ちなみに私は過去には戻りたくないね。
別に小学生の時なんかあったとかないしな…今の方が楽しいし。戻っても得るものはまあない。
だからあまり面白くない気がするw自分目線でも他人目線でも。
だって中二臭いだけでとくにトラウマもないし精神年齢が10歳くらい下がるだけだからな

って自分は本質的に特にかわってないのかorz
まあ同窓会をやるたびに「お前は変わらないな」とよく言われますw
良い意味か悪い意味かはしりませんが…

てかみなさんは幼少期と劇的に変わったことってありますか?
文研部ではこれが一大事件ですが、私にとっては精神年齢の低い馬鹿な自分はみたくないな
程度にしか思えません。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (15)

ココロコネクト 第10話レビュー 【太一を巡って】稲葉と伊織、全面戦争へ

2012-09-09 02:51:41 | ココロコネクト


いやー1話でこの急展開びっくりしました。
まじでどうしてこうなったレベルです。
う~んなんかなぁ。



稲葉の異変にいち早く気付いた伊織。
藤島はともかく、太一は相変わらず能天気。
そして最後にまたフウセンカズラに騙されたかw
フウセンカズラ恐ろしい子

てか稲葉に加担しすぎだぞ、フウセンカズラさん。
こういうことって一歩が踏み出せないから上手くいかないもので

最後の「落ちた」のくだりで稲葉に恥をかかせど
まだ今一歩前に踏み出せなかった稲葉のエンジンを完全にかけました。


伊織も塩をおくりすぎ…
今後の展開が楽しみですよね。

ちなみに現実世界でこの展開だと正面からの戦争ばかりじゃなくて
裏での場外乱闘で目も当てられなくなりそうですね。
ああ、恐ろしや。


先週の記事で伊織ならアドバイスして宣戦布告するんだろうなみたいなことを書いた気がするけど
おおむねその通りになった。
一つ予想が外れたのが太一の目の前で欲望解放がおこって太一ににばれてから
伊織に伝わるのかと思ったが
そのまったく逆でありました。

最後に稲葉について箇条書き
・これぞツンデレの真骨頂?次回からデレオンリーで行きそうですね。

・今まで一貫して「強い稲葉」を演じてきたけど今回の件でその「役」を演じる必要が亡くなりました。
今後はもっと自由に自分をさらけ出せるようになりましたね。
やはり素の自分が一番です。

・稲葉のデレっぷりと決断力、行動力にほれぼれしました。
照れつつも気持ちを入れ替えてからの稲葉の思い切りのよさは普通の人には絶対まねできません。

これぞ本当の「強い稲葉姫子」ですね。

次回からはどんな現象が起きるのでしょう?
今回のエピソードで稲葉ファンは激増しそうです。
もうね沢城さんの演技がうまい。
最後のテレまくってるシーンはすごかった。
笑い声は素で怖かったけどww

あ~おもしろかった。
では!

ps
にしても稲葉は恐ろしい子
宣戦布告後数時間で奇襲攻撃です。
しかも現段階で振られるのをわかっての行動です。
すげーな。

そういえば稲葉って少なくとも伊織と唯からの信頼は厚いですよね、もとから。
だって二人のトラウマを最初っから聞いてたわけだからね。
信頼してる人にしかそういうのは言えないじゃないか。
稲葉は人を疑いすぎていたんだな


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント (2)   トラックバック (19)

ココロコネクト 第9話レビュー 動揺する稲葉、次回ホンネが漏れるのかな…

2012-09-02 02:27:29 | ココロコネクト


Aパート唯の説得に当たる青木と太一。
急にラブホの行こうとか言いだすのがこの作品の持ち味と言うかおもしろいところ。
てかずっと引きこもってた人があれで納得するのかな?
同じような理屈でも例えは他にあると思うし、
引きこもってるからって無理に連れ出そうとせず毎日学校の世間話でもして少しずつ傷をいやす選択肢もあったかなと。
まあたらればはここまで。



本題はBパートの稲葉。
フウセンカズラ
「本当に一番大切なものはあの空間ですか?稲葉さんの中にもう一つ同じくらい大切なものはありませんか?」

稲葉「なんのことだか、わ、わかんないな」

フウセンカズラ
「いやいやあるじゃないですか?必死に気づいてないふりをしてるやつがね。」
「それが外に出てしまうとあの場所を壊してしまうからって、大切な人がいるんでしょ?」

「ああ、これは完全に意識しちゃいましたね。もう引き返せませんよ。いったん意識しちゃったら逃げられませんからね。」

うわーこれは効くわ。
稲葉が意識してる人は誰だか言わずもがなです。
一つ驚いたのは6話の時点でもう完全に太一を意識してるのかと思っていた。
でも必死で気づかないふりをしていたみたいですね。

次回の予告を見る限り、太一と伊織にはばれちゃうみたいですね。
しかも次回はキズランダムの完結話、かなり大きく動きそうです。


稲葉の気持ちを知ったら伊織はどういう態度を取るのかな?
まあなんだかんだでアドバイスしちゃったり、それとも心の奥でほくそえむのか宣戦布告するのか…
太一はだいたい想像できますよ。
自己犠牲野郎で鈍い奴なんで驚きはしても普通に受け入れると思います。付き合うかは別にして…
太一と伊織はキープ状態だしね。

てか稲葉もああいう性格ならとっとと伊織に宣戦布告して正々堂々取りあえばいいんですよ。
友達のために好きな人をあきらめようとするのはなんか違うと思う。
それに伊織や他の3人の性格的に惚れたはれたくらいじゃ5人の仲が崩れることは無いよ。

その他箇条書きで
・基本太一目線のアニメだから稲葉の心理描写は少なめ。原作だとたまに1,2ページ稲葉の視点に変わって心情を吐露するパートがあるけどアニメでは映像だけ。ここはいただけない。
今回はその足りない心理描写をフウセンカズラがしゃべってくれました。

・稲葉とフウセンカズラの会話シーン。後ろで救急車とか犬の吠える声が…
まあ緊迫感出すのは良いけど、むしろ後ろの音は無かった方がフウセンカズラの登場で普通と違うって感じが出てよかったかもしれませんね。

・次回1話で見せ場が少なかった稲葉の出番が多そうです。ちょっと詰め込みすぎになりそうだね。

・8話9話はもう少しまとめられた。
10話は遠足冒頭ではなく
(次回分は原作読んでないからわからないが)
稲葉の太一に対する本音を暴露してしまったところから始めればよかったと思う。

そうすれば10話はクライマックスから始められ、9話も引きとして良かったと思う。

まあ感想はこんな感じ。
ココロコネクトはアニメ外のどたばたで収拾がつかない状態です。
一刻も早い終息を…
騒動については「ココロコネクト」のカテゴリー内に記事があるので気になる方はどうぞ。

ココロコネクトの2ちゃん本スレはもうひどい荒れようです。
9話の感想をスレで語り合いたいのですがアニメの内容を書いてもかき消されます。
ああなんと悲しきかな。

感想等のコメもお待ちしております。本スレじゃ語れないしw
次回はクライマックス、ああ来週が待ち遠しい。
騒動はあれどおもしろいアニメはおもしろい。
せっかく良いセリフを聞いたときでも少し雑念が入ってしまうのが残念です。

では。

それと副題の「止まらない止まらない止まらない」ってのはミスリードのような
「止まらない」のは次回の稲葉じゃないのかな?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (18)