どっかの社会人の読書&ロッテ日記

アニメの感想を中心に書いています、たまに読書の感想もあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緋弾のアリア 第16巻感想 リサ良い嫁すぎた!新プロジェクトは2期フラグか?

2013-12-25 00:00:17 | 緋弾のアリア
緋弾のアリア18巻の記事はこちら↓

http://blog.goo.ne.jp/sapporomarines/e/c30508263bbee3b3d48c4f509e770437



緋弾のアリア 第16巻感想


お久しぶりです。秋クールは管理人多忙のため更新が完全に止まってました。アリアネタはコンスタントにアクセスがあるのでなんとか更新していきたいものです。
帯には新プロジェクト始動とあったのでアニメ2期の期待も高まりますね、

ついでに来春からは社会人になるので4月以降の更新もどうするか未定です。

それではまずあらすじから。

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。ナチス・ドイツ残党『魔女連隊』との戦車戦に辛勝したキンジだったが、ヨーロッパ戦線で絶対的な強さを誇る『妖〓(とう)』の襲撃を受け、『死』を予告される。さらに、味方であるはずの師団からも裏切り者の嫌疑をかけられ、たった1人で逃亡することに。眷属・師団の両方から狙われ、窮地に陥るキンジだが―その逃亡中に遭遇したのは、キンジとは反対に眷属から脱走してきた臆病者の戦士・リサで…?大スケールアクション&ラブコメディー第16弾
(公式より)

<妖刀との戦い>
まずアリスベルの主人公である妖刀との戦い
やはり初見でヒスっていないキンジでは勝てません。完全に殺されかけました。
誰かが助けに来るかと思いきや妖刀の方が勝手に早とちりしていなくなってしまいましたね。
主人公にありがちな詰めの甘さと言うか…
逆にアリスベルの方では今回の戦いがどう描かれるのかも楽しみですね。

<裏切るの嫌疑を自らにかけるキンジ>
妖刀の襲撃直前、ジャンヌと一緒に歩いていたキンジ、その後ジャンヌは行方不明になり一番疑われるのはジャンヌであります。それをかばおうとしたキンジ。
ここはキンジらしいですが、やたらワトソンがかばってておもしろかったです。
ワトソンに気があるカイザーも交えシリアスなのか、ギャグパートなのかどっちなのやらw
あの状況なら適当に妖刀一味にジャンヌが拉致されたことにすれば誤魔化せたかもしれませんね。
ヒスキンジであればどういう判断を下していたのでしょうあ。

<ディーンから逃走>
結局ディーンにもグレナドにも敵対してしまった、キンジ
運の悪さとヒロインとの遭遇率に定評があるだけあって、グレナド方の戦闘員である、リサに遭遇!
最初はなんだこのキャラと思っていましたが、読んでるうちにリサに感情移入してしまいましたね。

き、きっとアリアに出てくるキャラは基本すぐ発砲してくるので、おしとやかなキャラは新鮮で良いのでしょうね。
赤松先生はツンデレ好きかと思っていましたが、こういうおしとやか系清楚キャラも出してくるんですね。
良い意味で誤算でした。

<逃亡生活でしばしニヤニヤ>
それから前半の終わりから後半まではキンジとリサの逃亡生活。
15巻のジャンヌどうよう中盤はのんびりと話が進みます。
ああいう風な尽くしてくれるメイドさんがいればなあ…
クリスマスにこういうシーンを呼んでいるとなんだか負けた気しかしませんね(笑)

キンジの言論もあるのでしょうが、アリアに出てくるキャラはすぐ結婚を意識するのが少し怖かったりしますが、これが二次元の良いとこでもあります。

<後半は戦闘>
いつもどおり後半は戦闘でしたね。セーラやカツェ、魔剣とグレナドのキャラが一斉攻撃を仕掛けてきます。
戦闘に関してはいつも通り。
今回はバスカービルのメンバーも不在で火力に欠ける戦力だったため捕まってしまうキンジ達でした。

<最後はお決まりの超展開>
最後、元々捉えられていたジャンヌと再開し、処刑されることになったキンジ
16巻は2回も死の危機に瀕したキンジ
今回もリサの大変身という斜め上の展開を利用して華麗に切り抜けてくれましたね。
シャーロックと戦った時同様、ロケットでの戦い
気圧で鼓膜が吹っ飛ばないかがすごく心配ですw

そして今回もネタキャラ的なカツェ
リサもキンジも助かり一件落着で今回は終わりです。

<バスカービルがまったく出てこなかった>
何かにつけてアリアたちパスカービルがどの巻にも出てきていましたが今回はまったく出てきませんでしたね。
その変わりリサとのニヤニヤシーンが増量されていたのと、魔剣や妖刀などアリスベルのキャラが出てきていて、展開はいつも通りでも、キャラだけがいつもと違ったという感じでしたね。
それにキンジの嫁候補がまた一人増えましたし…

<新プロジェクトは2期なのか?>
帯に新プロジェクト始動とありましたが2期なのでしょうか?
現段階ではMFのヒロインたちが出てくるゲームにアリアのキャラが出ると言うアナウンスだけで
続報が待たれますね。
ただアニメ版のアリアのDVD・BDの売り上げは2期ボーダーで、放送から3年くらいたってますので
2期はできるか微妙ですね。OVAやゲーム化くらいで終わってしまうのでしょうか?
MFは今アニメ用の弾が尽きてきたような気もしますしここは一つ2期があると良いですね。

それでは、また!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>

コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 【ラノベ】緋弾のアリア16巻... | トップ | ゴールデンタイム 第24話(... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピッコロ)
2013-12-31 13:59:26
こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の総責任者のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


お忙しい中、当ブログのアニメ評価企画に参加して頂き本当にありがとうございました。遅くなりましたが、アニメ評価企画21回目の最終結果は、現在当ブログにて現在掲載中でございますのでよろしければご覧になって下さいませ。

評価企画21の最終集計結果↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7321.html

そして今回も「今期終了アニメ(9月終了アニメ)を評価してみないかい?22」と題しまして、新たに評価企画を立ち上げましたので参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して下さいませ。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7274.html

なお、今回の企画の中間集計結果の発表については、2014年1月24日(金)21時半から放送のネットラジオで行う予定でございますので、お時間がありましたら聞いて頂けると嬉しいです。最終的な締め切りは2014年1月末までになっておりますのでよろしくお願いいたします。


そして本日12月31日(火)22時より「年末スペシャル」と題しましてネットラジオを放送いたします。評価企画のデータを基に今年一年のベストアニメを発表!また今年の重大アニメニュースを振り返る予定です。お時間の都合がありました気軽に遊びに来て下さいませ。興味がおありでしたらこちらをご覧下さい↓

http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7325.html

宣伝大変失礼致しました。どうか来年も変わりないお付き合いをよろしくお願いいたします。
気になったんですが… (わとそん)
2014-03-15 23:59:28
少し気になったんですが、パスカービルじゃなくバスカービルです。
誤字の指摘だけですが…
返コメ (管理人)
2014-03-19 13:07:00
>わとそんさん
ご指摘ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

緋弾のアリア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

緋弾のアリアXVI 星の砦の秂狼(ジェヴォーダン) レビュー (ゲーム漬け)
ヒステリアモードではない素面の状態で静刃と対峙する事になってしまい、絶体絶命のキンジ。 どうなるのかとハラハラさせられていたら、キンジがあまりにも弱く、外見だけは似せ ...