どっかの社会人の読書&ロッテ日記

アニメの感想を中心に書いています、たまに読書の感想もあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?21

2013-09-29 21:07:22 | 2013年夏アニメ
いつもトラバなどでお世話になっている『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様の規格に参加しての記事です。
2013年6月終了アニメについてのレビューです。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5

・ひっきーの卑屈さがすごくよかった。気怠そうにしてるのはいつものラノベ主人公だが、リアルなボッチな感じが出ていたのがとくに良かったと思う。

這いよれ!ニャル子さんW
ストーリー:2
キャラクター性:5
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3

・1期と同じような展開で飽きが来てしまった。お金があったのか若本さんが掃除機で登場してサイクロンを連呼し、作画もよかったがカネをかけるのはそこじゃないだろと思ってしまった…

俺の妹がこんなに可愛いわけがない!
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5

・安定したおもしろさだった。個人的にはあやせや黒猫など桐乃以外の出番も多くあり、各キャラのファンが楽しめる内容だったと思う。

ベストキャラクター賞
比企谷 八幡/やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

ベストOP賞
恋は渾沌の隷也/這いよれ!ニャル子さんW

ベストED賞
該当なし

ベスト声優賞・男性
江口拓也/やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(比企谷 八幡役)

ベスト声優賞・女性
早見沙織/俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(新垣あやせ役)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (1)

<物語>シリーズ セカンドシーズン 傾物語 第4話レビュー(感想)八九寺はやはりロリのがいいな

2013-09-08 19:34:33 | 2013年夏アニメ


大人版まよいが登場!
21歳にしては大人びて見えますね。



そして半グレ版キスショット
戦闘があるかと思いきや戦闘無しで終わりましたね。
まあキスショットに、暦たちがツッコんでいっても簡単に返り討ちに遭いますしね。



にしても最後頭をなでるシーンは良かったですね。
こっちの忍はある意味被害者というかかわいそうな立場にありますね。
逆に正規ルートの忍はまよいがたまたま家出を見つけたから上手くいったのであって、こちらは運が良かったのでしょう。
このへんは傷物語を先にやった方が良かったですね。
キスショットと暦の関係がよくわかります。
そういう背景を知らずに今回の話を見ても伝わりにくいところがあるかもしれません。



最後、ロリまよい登場
やはりまよいはこっちのが良いです。
いつものように暦と会話劇を繰り広げるまよい
何だけ良いですね。
次回は総集編のようです。
どんだけ作画死んでるんだよ…

ではでは。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント (2)   トラックバック (8)

進撃の巨人 第19話レビュー(感想)兵士たちも人間なんだな…にしても取り乱しすぎだろ

2013-08-19 20:09:19 | 2013年夏アニメ


今回もあまり進みませんでしたね。
女型の巨人相手に戦わず、黙々と森の中を走り続けるリヴァイ班。
後続から来る味方の援軍がことごとく殺されるのを目の当たりにして不信感を抱くエレン。

そして回想へ…
精鋭リヴァイ班ですらエレンの突然の巨人化に恐怖感を抱いていました。



安定のマジキチハンジさんだけは微動だにせず…
さすがハンジ分隊長w
この人は例外としてみんな巨人に恐怖したり
リヴァイの作戦について異論を唱えたりしているのが意外でした。

軍隊と言えばどんな状況でも上官の命令には絶対従わねばならないと思っていました。
新平のエレンはともかく、精鋭のリヴァイ班ですら
リヴァイに聞こえるように異議を唱えたりしていました。
まあ人間臭い1面があるのは構いませんが

リヴァイやエルヴィン団長と比べるとメンタル面がものすごく弱い気がします。
精鋭の兵士ですらこれだと、一般兵にまでちゃんと統率が行き届いているかが非常に心配になるレベルです。
エレンの巨人化の時もそうですが、リヴァイみたく何かあったらさっくと討伐してやるくらいの意識化と思いきや
ものすごく恐れを見せる精鋭たち…
それだけ巨人はチートレベルの強さなんですね。



最後にはリヴァイとエルヴィンの作戦により女型の巨人を捉えました。
やはりこの二人は、別格の安定感です。

次回、女型の巨人の正体がわかるのでしょうか?
まあ私は原作を読んでるので知っていますが、お楽しみと言うことで…
前回までに伏線はありますからね、いろいろ考えてみるのもおもしろいと思います。
それでは。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (7)

<物語>シリーズ セカンドシーズン 傾物語 第1話レビュー(感想)扇の顔怖すぎんだろw

2013-08-18 11:00:28 | 2013年夏アニメ


今回から傾物語がスタート
八九寺がメインヒロインのお話です。と言っても今回は登場シーンがありませんでした。
導入回と言うだけあって相変わらず脇役がたくさん出てきてひたすら会話劇でしたね。



1人目は忍野扇。メメと同姓で親戚のような設定だっただろうか?度忘れしてしまったがメメ同様何を考えているかよくわからん奴です。
急に信号機の話もしていましたしね。会話しながら扇の顔が何度も移ってましたが怖すぎです。
原作にもたびたび出てきますがとらえどころがなくて、何か不気味で本当に嫌なやつです。
本当にこいつは何がしたいのでしょうか?



斧乃木も登場。
決め顔セリフがなくなりました。黒歴史だった言うことに気が付いたようですw



そして最後には久しぶりに忍登場!
やはり幼女はいいry
最強の吸血鬼の頭脳はいまだ健在のはずがどこか抜けているところがある忍です。
前の日に戻るはずはるか11年前に戻ってしましました。
幼女羽川やひたぎが見れるのでしょうか?
原作は読んだのですがうろ覚えです。
でも次はまよいが出てくるはず!
次回は話が動きそうで少し楽しみです。
ではでは。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (8)

物語シリーズ セカンドシーズン<猫物語(白)>第2話レビュー(感想)お風呂シーンktkr

2013-07-14 09:33:39 | 2013年夏アニメ




カットされるかと思ってたけどお風呂シーンキターw
さすが安定のポル産アニメです
化物語はともかく、偽物語からは完全にこっちの道で人気を保ってる感も否めませんよね。



そして二人で同じ布団で寝ようと誘うひたぎさん
顔芸と言い、この変態さといい、やつにだんだんにてきました。



そしてブラック羽川が久しぶりの登場
なんだか出てくるたびに性格が良くなってると言うかご主人思いになってきている気がします。



そして帰り際にひたぎと遭遇
ひたぎはすごく良い人ですね
握手をすればものすごい勢いでパワーを吸われると言うのに
苦しそうな顔一つせずに、翼をよろしくと…





最後にシーン
目玉焼きにもサラダにも何もかけない翼
味(食事)に執着がないにしろこれはやはり変わりすぎです。
ここで羽川の異常さが際立たせていますね。

でも個人的に羽川なら、いくら味や食事に執着や関心がまったくなくても
周りが何かかけてるなら、無難な何かをかけるのかなーと思ってました。
だって優等生ですし

そして暦のことを本当に好きなのか?と…

これはどうも伏線のようです。
(というか私は原作読んでますしw)

次回以降はどうなるのでしょうか
ではでは!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (14)