どっかの社会人の読書&ロッテ日記

アニメの感想を中心に書いています、たまに読書の感想もあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緋弾のアリアAA 第4話レビュー(感想)唐突に出てきた白雪がおもしろかったな

2015-10-28 07:00:40 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA 第4話レビュー(感想)唐突に出てきた白雪がおもしろかったな



今回は、武偵チーム同士の対抗戦カルテットのお話。
あかりチームの対戦相手である高千穂たちが登場しました。
高千穂チームに勝利するための修行回でしたね。



カルテットにのぞむにあたり志乃の家で合宿です。
ここで理子がコーチ役として登場しました。
なにやら真面目に教えていますが、裏で何か考えているのではと思ってしまいますね。



そして唐突に白雪キター
まさか志乃の戦妹テストでこんなマジキチ修行をしているとは思いませんでした。
やはりアニメでは白雪の登場シーンが非常におもしろいです。
意中の人のため、妥当アリアのために盗撮、暗殺おかまいなしの白雪さんさすがです。
ちなみに後ろには白雪の妹2人が地味にいましたね。
片方は白雪と同じようなオーラですが、もう一人はドン引きしてましたね。
全員同じ風には似なくてよかったものです。



そして修行の結果がこれである。
地味にメイドさんがノリノリで協力してくれています。
さすがに鍛えられていますね。

次回は、カルテット本編になりそうです。
戦闘シーンということで期待したいですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (6)

緋弾のアリアAA 第3話レビュー(感想)相変わらずのゆり展開

2015-10-21 19:43:03 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA 第3話レビュー(感想)相変わらずのゆり展開



今回もまだまだプロローグと言ったところですね。
ただ3話まで来ても少し説明的な要素が多すぎるのでそろそろ本編に行ってほしいところですが。



にしても2話ぶりにキンジが出てきたと思ったら、
あかりのパンツを見てあえなく海に自ら飛び込んでいくとは…
相変わらずの出落ちでしたね。



今回はライカのお話でしたね。
ライカの戦闘妹になるのがまさかの理子の元戦闘妹の麒麟になるとは。
今後の展開が楽しみなところです。

このままいくとシノの戦闘妹は白雪でしょうか。
本編のキャラも適宜出てくれると個人的には嬉しいものです。

次回以降ようやく本編突入といったところですかね。
来週も期待したいところです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (4)

緋弾のアリア21巻秋霜烈日の獅子 レビュー(感想)緋緋神よりアリア母(かなえさん)の部分が良かったな

2015-10-18 18:10:15 | 緋弾のアリア
緋弾のアリア21巻秋霜烈日の獅子 レビュー(感想)緋緋神編完結



あらすじ
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。苦難の末に星伽神社まで辿り着いたキンジはついに緋緋色金の本体を発見し、衝撃の事実を知る。緋緋神に乗っ取られたアリアを救う事はできないと刃を向ける白雪、それでも不可能を可能にしようと戦うキンジ。世界の平和を賭けた激闘、明らかになる色金たちの真実、そして「緋弾のアリア」の行く末に待つものは……! ? 大スケールアクション&ラブコメディー第21弾!

感想とか
緋緋神編がようやく完結しましたね。
AAやアリスベルと並行して発刊するため発刊間隔が空いてしまって
体感ですが、完結までが長かったなという印象です。

◇緋緋神について

これで緋弾のアリアの緋弾の部分が完結したわけですね。
緋緋色金をアリアは取り込み自分のものにし、ついでに宇宙に返しました。
しれっとアリアとキンジで宇宙に行ってますが、すっかりアリアが丸くなってしまいましたね。
1巻の時は、ことあるごとに拳銃をぶっ放していましたが、ここまでの話の中で
キンジとの信頼感が確固したものになりましたね。
21巻かけてようやく1年がたちましたが、1年でのキンジの成長は恐ろしいものがあります。
ドラゴンボールの孫悟空ですら、ここまで短時間で戦闘力を高めることはできなかったような気がしますが
ここがライトノベルです。

ただ最近は戦闘力が上がりすぎて、脳内再生するのがしんどくなってきました笑

◇アリア母(神崎かなえさん)が本格的に登場

いやー、まさかの今回はかなえさん回になるとは思いませんでした。
てっきりキンちゃんは、ロリ体型推しかと思っていましたが
熟女派でもあったようです。
高校2年生が、パートナーの母親にあらぬことを考えるパートがあるとは思いませんでしたが
これはこれで良かったと思います。
にしても最近のキンジは相当ヒステリアモードの耐性がついてきたようで、
ぎりぎりのところで踏みとどまっていましたね。

◇最後の理子の部分

久しぶりに理子登場です。
描写としては短かったですが、理子ファンの方は待望だったと思いますね。
だいたい理子が出てくるときはその後に何かあるわけです。
とくの今回はいつもより気持ちおとなしい気がしました。
最後にキンジが殺人の罪で逮捕されましたが理子はおそらく感付いていたのでしょう

それにしてもアリアと理子に同じ時間に来てほしいと言われたらどちらに行くか迷ってしまいますね。

◇最後に

最後も相変わらずの引きでした。いつも通りでしたがキンジが逮捕されるとは思いませんでした。
アリスベルの方では、キンジが武装検事と一緒に行動を共にしていたので
司法取引で中盤打診されていた、武装検事の試験を受けさせられ
武装検事補になるよう要求されると言ったところでしょうか。

次回はどのような話になるのでしょうか?
それでは。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント

緋弾のアリアAA 第1話感想(レビュー)「もう一人のA」手堅いスタートだったね

2015-10-07 19:51:18 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA 第1話感想(レビュー)「もう一人のA」手堅いスタートだったね



緋弾のアリア1期が2011年の放送ですから4年ぶりにテレビアニメ化しました。
結局本編の2期よりスピンオフのAAを先にやることになりましたね。
ちなみに原作は読んでますが、AAの原作(文庫)はまだ積んだままで読んでいません。
AAについてはアニメから見ることになります。





内容としては、1期の時の防弾跳び箱や防弾制服のようにネタで騒がれることなく
手堅い内容になってましたね。
今回はゆり要素が強いと言うことで、ゆりに定評のある動画公房が制作です。
(そういえばテレ東では「ゆるゆり」を今クールで放送していますが、よく引き受けてくれましたね)

制作会社柄もあってか、萌要素を押した感じの内容で
アクションパートについては無難になっています。
まあ前作がシュールすぎただけですが…

そんなこんなで今回は禁書のように本編の主人公のキンジや白雪、理子は脇役での登場になりそうですね。



本編ですが、1話では正ヒロインのあかりがアリアと
戦姉妹という、企業で言うブラザーシスター制度の武偵版のパートナーになるべく
アリアと戦う?(追いかける)話です。

内容は他のブログさんがいろいろ書いてるので省略します。

とにかく久しぶりに動いてるアリアやきんちゃんが見れて私は満足です。
うまい具合にひっとして禁書シリーズのように本編とスピンオフを
2期以降も交互にできるようになって欲しいものです。

内容は次回以降に期待ですね。
にしても理子は相変わらず悪巧みしているようですね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (4)