黒沢永紀オフィシャルブログ(旧・廃墟徒然草)

産業遺産と建築、廃墟、時空旅行、都市のほころびや不思議な景観、ノスタルジックな街角など、歴史的“感考”地を読み解く

名曲 らんぶる #01

2008-05-30 06:36:39 | 廃墟その他


高田馬場から早稲田方面へ早稲田通りをしばらく行った所にある
『名曲 らんぶる』→Mapion
最後の「る」は、もう痕跡も見えませんが、
確かにこの店はらんぶるでした。

学生時代に数えきれない程その前を通り、
そしてその度に気になったルックスは、
画像に写る現在の姿と殆ど変わらないものでした。





見れば見る程気になり、
ある日意を決して入ってみました。
看板に「名曲」とあるので、本来はクラシックを流す、
いわゆる名曲喫茶だったんだと思いますが、
店内に入って聴こえて来たのは、
高校野球を中継するラジオでした。

人を良くした喪黒福造のような主人は、
ラジオ中継に首っ丈で、客が来たのにも気がつきません。
勿論他に客もいません。
しばらくして注文をしようと声を出すと、
悪びれる様子もなく、
あたかもずっと前から高校野球の話をお互いにしていた様に、
極めてしぜ~んに試合経過を話しだしたのには唖然。
あのぉ~、コーヒーをお願いします。と注文すると、
はいはい、ちょっと待ってね~
と言ってカウンターへのそのそと入って行く様子は、
「店」というより「自宅」でした。





ガラス越しにのぞく店内は当時の記憶のまま、
天井に抜けた穴から差し込む陽光が、
スポットライトの様に店内を照らしていました。

もちろんこの後、
この店に行く事は一度も無かった事は、
いうまでもありません。



最新の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
廃墟徒然草さんへ (R.H.)
2008-05-30 12:19:16
最初はこのお店も名曲を流していたんでしょうね。いつの間にか客層が変わってしまったんでしょうか?

煉瓦造りには魅かれるものがあります。昔(1976年)、早稲田ゼミナールの授業が別棟で行われる事になり、渡された地図を辿るとアバコスタジオの横にある煉瓦造りの巨大な講堂(教会?)でした。巨大な煉瓦造りに驚いたのを覚えています。
Unknown (うさぎねこ)
2008-05-30 12:37:30
なんだか出没するエリアが似ていますね。A^^;
ここは、今の職場が池袋なもので、そこからよく明治通り沿いに高田馬場まで(日によっては新大久保、新宿まで)歩くときに通ります。
早稲田近辺は、土地の起伏が豊かで、階段もたくさんあって楽しいですよね。
リスのオブジェのある階段、ご存知ですか?(^.^)

それにしても、blog更新の速度に驚きます。
うらやましいです。。。
▼R.H.さんへ (廃墟徒然草)
2008-05-30 17:05:46
客層が変わって行ったのか、高校野球の時は必ず野球中継を流していたのかは、
今となってはわかりませんね。

アバコスタジオの横に煉瓦造りの講堂、全然知りませんでした。
そもそもあの横道へ入ったこともないからですね(汗
 
▼うさぎねこさんへ (廃墟徒然草)
2008-05-30 17:20:31
西新宿、和泉、そして高田馬場でも一緒となると、
これは確かに出没エリアが似てますね!

早稲田近辺のリスのオブジェがある階段。
全然記憶にありません。
全く行った事のないのか、それとも行っていながら気がつていないか。。。。

blogの更新は、
時には数日前のことをアップする事もありますが、
殆どは時間がある時に用意した画像を順番にアップしているんです。
いつのまにかネタも増えて、
たぶん2年分位はあるんじゃないでしょうか。(^.^ゞ
 
Unknown (旅じたく)
2008-06-08 23:46:43
光の射し込み具合が抜群ですね。お店の歴史に思いを馳せてしまいます。本当にいい写真を見たな、という気がします。

▼旅じたくさんへ (廃墟徒然草)
2008-06-09 02:04:41
お久しぶりです!
本当にスポットライトの様に射し込んでました。
この店がいつオープンしいつ終わったかはわかりませんが、
店内に放置されたN響のポスターを見ると「'92」と書いてあるので、
もしかしてその頃から閉店放置だったのかとも思います。
本当に、どんな歴史があるお店だったんだろうと思います。
 

post a comment