水と石と春

長らく時間が止まっているような
景色を見ても何も見てないような。
でももちろん時間は止まりません。
季節は変わります。
随分春らしくなってきましたし、ぽつりぽつりとですが修理のお客さんも来てくださいます。
ついこの間まで蕾だったはずの
庭の木の木蓮の白い花が一斉に開花しています。子供のころからある木ですが、まったく手入れもしないのに毎年毎年とてもよく咲きます。その綺麗な花でも写真に撮って載せるべきなのでしょうが、書いているのが夜なのと実はあまり興味がありませんので今日のお昼ごはんでも↓

おにぎりの具は梅も鮭も昆布もおいしいです。自分で作るなら実山椒の佃煮が好物です。海苔は味付けのりが良いですね。とろろ昆布をまぶしても良いですね。



先日"いいものタウン"さんが工房まで取材に来てくださいました(木蓮の花が咲いていることを教えてくれたのも"いいものタウン"さんでした)。
緊張しておりまして何をしゃべったのかあまり記憶がないのですが
靴のカカト修理について
『靴のヒールと新しく貼ったカカトを段差なく一見一体化するまで綺麗に整えて最後に磨くとピカーッとなる』ということは熱を入れて語っておりました。
いいものタウンさん「……靴のカカト修理がいちばんお好きなんですね」

(どうしてばれたんだろう?)
はい、私は靴のカカト修理が好きです。そして『靴のヒールと新しく貼ったカカトを段差なく一見一体化するまで綺麗に整えて最後に磨くとピカーッとなる』ところがいちばん好きです!

"いいものタウン"さんは神崎郡のいろいろな場所や物事を楽しく紹介&発信されています(^-^)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


靴修理の紹介:ブーツの内側の劣化

表面は革なのに内側は合成皮革というのは既成靴にはよくあることです。
そして合成皮革は年月を経ると劣化し、ボロボロと剥がれたりネトネトになってきたりします。

今回は婦人ロングブーツの内側の上部が合成皮革のため本革に交換する修理です。
↓修理前





↓修理後
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


靴修理の紹介:マジックテープベルト長さ延長

足がかなりむくんでしまい、マジックテープがとめられないというお客様。
ベルトの長さを延長しマジックテープも継ぎ足すという修理です。

この修理をする上でお客様に伝えたことは
・同じ革は…特にこのパープルゴールドみたいな革は見つけにくいので違和感のない色の革を使う。
・花の形の飾り金具は隠れるまたは取り外す。

修理前の写真を撮り忘れましたが
どこから継ぎ足したかは一目瞭然です。2㎝手前から革を貼り、約3㎝分長くなっています。ふちは元のつくりに合わせてパイピング仕様で縫いました。隠れるか取り外すとお伝えした飾り金具は革をくりぬいて残しました。

↓修理後


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


Leafmarket vol.7

3月18日(日)福崎町サルビアドームで開催された第7回リーフマーケットに参加しました。
今回の参加は体調面からとても無理だろうと端から諦めていたのですが、Leafさんや友人のお陰で参加することが出来ました。




めんこい…( ´-`)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加