播州、姫路の浜手育ち ♪日々の出来事をつぶやいています

黒猫が家族の一員になりました 家族のあれこれを書いています

大晦日

2015年12月31日 | よしなしごと・日々のつぶやき

今年1年もありがとうございました

無事 家族がすごせまして 感謝です。

 

体力の衰えを感じながらも

マイペースで仕事もできて 感謝です。

 

 

コメント

12月30日は餅つき

2015年12月30日 | よしなしごと・日々のつぶやき

昨年餅つきをしなかった分

年に1回の行事が億劫になりましたが

周囲が楽しみにしているのもので。

30日はなかなか分厚い氷が張っていました。

防火用雨水代わりというか

捨てていないだけの汚いバケツですが

 

 

以下餅つきの段取り等の記録

また来年のこの時期忘れるでしょうから

記録用です。

 

かまどの組み立て

 

だめだめ 枠を内側にしちゃ

へこんじゃだめ

そうそう

羽釜のお湯が沸騰したら

セイロを載せていきます

 

まだ庭に陽が差してこないので

自然に火の周りに集まってきます

火の番は、そら君がやっております。

姉の孫と

うちの孫と 子どもたち5人

 

丸めるのも競争です

 

縁側が もちとり粉で白くなります

合間に 記念撮影

もち米の蒸し加減の確認

2回目はうまくいきました

 

 

粉だらけで

あんこ餅を

あんこ餅、おいしいね

合間にみかんで女子会?

 

5人で仲良く遊べました

私と姉が姉妹なんだから

その孫たちは、いとこでなくて、はとこになるのか

 

 

穏やかなお天気で

みんなでワイワイ餅つきができまして

いい年末でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

餅つきなんですが

2015年12月30日 | よしなしごと・日々のつぶやき

年に1回の行事なのに

昨年は喪中でやってないから

そのたもろもろ 忘れてる

 

そこで 一昨年や過去に遡って 12月30日のブログをみる

ブログって役にたってるわ

コメント

年賀状

2015年12月29日 | よしなしごと・日々のつぶやき

 

年末の反省

もっと早く年賀状にとりかからなくちゃ

昨年は23日にほぼ出来ていた

今年は29日夜にやっと投函。

今年は150人分の住所録を入力しなおし

一言だけでも手書きの添え書きをと・・

これがなかなかてこずりました

 

年賀状は発売してすぐ買ったのにね

今年は手帳に 書く段取りの予定をかくようにしよう

 

コメント

明日は餅つき

2015年12月29日 | よしなしごと・日々のつぶやき
あんこ餅の
あんこ、作っています。
コメント

うみぼうずケーキかな

2015年12月26日 | よしなしごと・日々のつぶやき

なんだこれ! 巨大酒蒸し黒糖饅頭か?

巨大酒蒸し黒糖饅頭に目鼻が登場

 

うみぼうず見たいなのに

別パーツの目鼻をつける

箱の説明をみると

ゆうさくさんが 口と目と

だいじょうぶかな

出来た~! リラックマ。

カットするときは つけた耳も口もとると

変顔!

深海のうみぼうず

 

孫がいないと こんなケーキは買わない

 

そして もうひとつ イチゴのケーキも

 

おいしい顔の鈴乃

 

 

今年のファミリークリスマスは

豪華? 二つのケーキでした

 

コメント

法事のこと

2015年12月23日 | よしなしごと・日々のつぶやき

法事って気疲れしますねぇ

 

母の法事で、母の兄弟が来てくれるのだから

高齢なのは当たり前

 

近所にいる父方の兄弟もきてくれるけれど

これまた 高齢。

 

大丈夫かいな 来れるかいな の体調。

「決して 無理しないで下さいね」

(体調悪かったら 欠席でかまわないのですよ と言いたいところ)

 

うちの両親は、早い段階から私に任せ

兄弟が多いものだから甥、姪がたくさんなので

結婚式や法事は 私と主人が出席していた。

 

同居のあと取りがいるとこういうこともできるのでしょうが・・・。

 

だったら来年の三回忌は縮小して

私と姉の家族だけで・・なんて考えていたら

お寺さんが

「人が集まるところに 和ができて 栄える・・」なんて講話を

続いて

「来年もこの時期に 皆さんお集まりいただいて・・・」

なんて

お経の前後にされるものですから

 

えっ? 縮小バージョンは無理なのかぁ。

 

いろいろ考えてしまうのであります。

 

人は必ず一度 死ぬのでありますから

みんな経験するのですから

ひっそりと世代交代があってもいいのかもと。

 

これから 年末になると考えさせらますわ。

 

 

コメント

これって何かの前兆なのか

2015年12月19日 | 夫のこと・グチっています

 

長くブログを続けて

何かといろんな面で厳しかった亡き母の愚痴を書いてきた。

 

その愚痴を振り返ってみると

認知症の周辺症状が出てきた時期が

日常の中で、なんとなく見過ごしていたのが

実はたぶんそうだったんだと思われるところが多々。

私の親カテゴリーの記録、または別仕立ての「親のことブログ」は

そのまま 医師に病状の進行具合を伝えるのにとても役に立った。

 

そして

今週は 家の排水周りの改修工事をした。

廃材がでて、業者は後日取りに来るといったが

取りに来る気配がない。

 

主人に電話をしてもらった

土曜日に取りにくることになった。

 

主人からメールがきた。

「廃材とりにきましたか? 午前中に来なかったら連絡ください、

業者にきつく言うから」

 

昼前にまだ廃材はとりにきていない。

「午前中と約束したんですね?」

「いや 午前中とは約束していない」

 

なんの思い込みで 午前中と自分で時間制限をもうけて

何ゆえに 業者にきつくいうのか

「約束していないなら 夕方まで待ちましょう」

 

明日は法事だから片付けてもらってねとは主人にたしかに言いましたが。

それに業者に電話するのも私がしたらいいようなもんだけど

家のことなんだから

それぐらい 役割分担をしてもらわないとと 連絡係りにふったのですが。

 

これね 業者さん30代後半くらいの 人のよさそうな人。

もし いまどきそんな人がリフォーム業界にいるかどうかわかんないけど

やーさんみたいな人なら、たぶん私に電話してよ!と言うはずなんです。

 

意地?

へんこ?

自分が言えそうなところには上からでる?

私は主人のことケチョンに言っていないのに被害妄想がでる。

法事だから主人が占有しているリビングを片付けるのがそんなに重荷なのか。

 

これって何かの前兆?

ただ 心身が疲れてるだけならいいんだけど。

 

「父さんの 言動日記、つけといたら?」と娘。

 

大丈夫、親のときの同じように 愚痴をかくだけで

どうにかなると思うけど。

 

母は積み重ねてきた 人生のつらかった部分が

認知症になったとき もろ前面に押し出された。

楽しい記憶は一切排除されたかのようだった。

ひ孫と接するとき以外は ほぼ怒っていた。

 

先のことは誰もわからない。

 

母にもよく言った。

「神様だけが 知っているのかも」

コメント

ケチョンケチョンなんだってさ ふ~ん

2015年12月18日 | 夫のこと・グチっています

年の瀬も詰まってまいりました。

20日(日)は母の一周忌を家でします。

一周忌といっても四十九日の法要と変わらず

段取りはそう変わらず、

強いて言えば 年輩のおじ様おば様が集まるわけですから

それなりの気遣いは必要なのですが、

それとて 姉も来てくれるから安心です。

 

さて

今日は休みの主人、

その主人が如何に 家の行事や私に対して無関心なのかの話です。

 

私の仕事中に 奥の新宅におば様の息子、

いとこですな。 いとこといっても滅多に顔を合わせたことないいとこ。

街で出会っても、まずわからないいとこ。

 

そのいとこが 奥の新宅にお供え物を持ってきてくれたそうです。

 

その事実を、夕食時に主人が話してくれました。

 

「お供えを持ってきてくれたのですが、お母さん(私のこと)に言おうと思ったけれど

どこに居るかわからないので言わなかった。」と報告が。

 

どこに居るかわからない???

私はこの時間帯はレッスン室で毎日レッスンですよ。

どこに居るのかわからないって 無関心もひどすぎやしませんか」

「だって お母さんはもうひとつの部屋でしていることもあるじゃないですか」

もうひとつの部屋とはたんぽぽルームのこと。

4月にあおぞらルームができてから ドラム講師のレッスン時に私のレッスン室を

明け渡すことがなくなってから いつものレッスン室でしている。

それに たんぽぽルームに居たとしても

新宅の玄関をちょい出たら 電気がついているかどうかで

在、不在がすぐわかる。

だから 主人の発言は言い訳でしかない。

一番最初に 私が どこに居るのかわからないの言葉がもうすでに

いとこが来たことをすぐに知らさなかった言い訳でしかない。

「○○さんから お供えを受け取っておいたから」

この一言でもいいと思うのだけど。

 

法事の内容もまったく知らないし

私の仕事にも関心がない

「ちょっとそれは あまりにも無関心すぎませんか?」

それだけ言い残して、私はすぐレッスンに戻った。

 

その後、娘から

「あの時 お父さんは『おかあさんは、亡くなったばあさんに似てきたのではないか、

ばあさんが、じいさんにひどいことを言ってたように

かあさんはボクのこと ケチョンケチョンに言う』」と聞いた。

 

確かに 私の母は特に晩年、自分の予定通りに父が動かなかったら

かなり父を罵倒していた。

 

「母さんは 何もひどいことは言ってないように思うけれど・・・

 (それって お父さんがお母さんに無関心すぎてアホなんじゃない・・) 」と 娘は主人に言ったそうですが

 ケチョンケチョンに言われたとしか思っていない顔つきだったそうで。

 

亡くなった母の父に対する罵倒と

私の主人に対する言葉は まったくの意味合いが違うからと

 

まあ 娘が理解してくれているだけでも 私は救われるのですが

 

疲れますわ。

 

「あんたの 父さん あほちゃうか」

「それって あんたの夫やで」

 

 

我が家に

主人の性格が二人いるとしたら 何も物事は進まず

私の性格が二人いたら 喧嘩になってどっちかが家出するだろう

 

これが 壬生娘の見解ですわ。

 

夫婦、お互いに 歳を経て 頑固になったと思いますが

 

今の仕事を変わって1年たつ主人

視野が狭くなり、随分と保身にまわっています。

コメント

この前は 手柄山まで

2015年12月17日 | よしなしごと・日々のつぶやき

 

 

 

 13日、日曜。孫に付き合って 手柄山へ。

ちょっと不思議な場所です。

昭和40年だったかな

姫路万博?のときに今はもうないモノレールの手柄山駅付近です。

「進撃の巨人」のコスプレファンがこの洋風城壁風のところで

よく 写真を撮ってるとか。

 

西日に輝く 市街地

姫路城をズームしてみた

ロックガーデンって言うらしい

階段、段差ありで 孫の運動にはいいが

私には少しキツイ

 

なかよし

 

ひたすら 走る 元気があまっている 恭一

 

手柄山は50メートルほどだったんだね

 

コメント

12月13日(日)はもちつき

2015年12月14日 | よしなしごと・日々のつぶやき

早めの餅つきではなくて

20日の1周忌に 3段重ねのお餅を一対供えることになっています。

いままで頼んでいた お餅をついてくれる和菓子の「花月堂」さんが

高齢のため閉店になっていました。

お餅は取り次ぎしますと店の張り紙にありましたが

我が家でつくことに。

 

確か あったはず。

蒸す、つくを1台でできるのが。

 

なんとか出来ました。

 

孫たちもまるめてくれました。

 

これでお供えの3段重ねが出来ました。

 

 

あんこもつくって、

あんころもちとぜんざいも。

コメント

あともう少し

2015年12月11日 | 庭のこと・柿の葉&グリーンカーテン&花

昨夜からの雨で
葉っぱが大分落ちました

落ち葉掃除もあと少し

コメント

ルミナリエへ

2015年12月09日 | よしなしごと・日々のつぶやき

阪神淡路震災の復興を願ってのルミナリエ。

なんと 関西圏にいながらはじめて行ったのでした

 

メインは神戸国際会館ホールへ演奏会を聞きに行くことでした

終わったのが20:30

ルミナリエ消灯が21:00

これは間に合うと市役所側の出口のほうへ。

 

 

演奏会については教室ブログにアップします。

コメント

マイナンバー申請の通知が届きました

2015年12月06日 | よしなしごと・日々のつぶやき
交付申請はスマホから出来ました。
写真もホームページ用のがありましたから、それを送りました。

結構、早く完了。

これで、交付通知の葉書がきて
それを持って取りに行くのですね。

国民みんなだと
そりゃ混雑、混乱するわ。

高齢の父はやめときます。
私が代理でするには行けない理由の診断書がいる。

配達の郵便屋さん、
宛名が小さいから、夜に配るのは大変と
ボヤいていたわ。

うん、確かに小さい字だ。
コメント

ティッシュ箱の裏

2015年12月04日 | よしなしごと・日々のつぶやき

風邪ひきまして
あたたかいあおぞらCルームで寝転んでいます。

鼻づまりと鼻水が交代でやってきます。
苦しいので、ぐーぐーも眠れず
箱の裏を。

上の3つはいいけど

ミシン目で切るのか?
口に入れるものなのか。
鼻血なら鼻に、いれたい。

そりゃ可燃物やろ。
外箱は可燃物にしようか、紙ゴミにしようか、悩むところ。

資源は大切。
さてこの鼻水、一回、一枚で足りるかな。

コメント