播州、姫路の浜手育ち ♪日々の出来事をつぶやいています

黒猫が2匹おります。家族のあれこれを書いています

ひそかな楽しみになりつつある粗大ごみの日

2019年01月09日 | よしなしごと・日々のつぶやき

ひそかなたのしみになりつつあるかな

 

新年最初の粗大ごみの日は8日でした。

年末押し迫っていろいろ整理していましたから

大ごみがたっぷり。

いつもは起きない6時に起きて

車に詰め込むこと1時間弱。

 

私も夫のことは言えないですが

夫のジャンク品保有率の高いこと

もう長年放置してたぶん私が捨てても夫の記憶にないものから

せっせと捨てております。

 

生半可

物置とか、おき場所があるのが大ごみが増える原因

 

もう二度と線をつなぐことがないだろうと思うスピーカーが

4セットくらいある。

私のスピーカーが調子悪いなんて言おうものなら

そのほこりまみれのスピーカーを勧められることになる

そんなの 現役時代はよかったかもしれないけれど

どんな音がするのかわからないものなんかはっきりいっていりません。

 

そんなスピーカーや各種デッキ、

各種健康器具。

 

少しずつ捨てるのが ひそかな楽しみです。

 

さすがにゴルフ用品は夫に聞きました。

まだ友だちがやっているから そのうち行くんだって。

 

だから少々重くても、粗大ごみの朝が早くても

(朝6:00から8:00に出す)

1人で頑張ります。

このたびは壊れたもちつき機もよいこらせと運びました。

 

もちろん私のも捨てましたよ。

それと押入れの古の道具類も。

 

まだまだある、母の遺産。

植木鉢。 陶製や素焼きのが相当数捨てたつもりが

まだまだ家の周囲をさがすとあるわあるわ。

もう私もこの年になって園芸に興味がないなら

もう大量の植木鉢は使わないだろう。

ちょっと花を咲かせるだけなら

軽いのを100均で買います。

 

ここまで書いて思い出した。

昨年は2回くらいしか乗らなかった250CC。

保険も税金もいるんだから もう処分してほしい。

これだけは私がひそかに 捨てられないからな~。

説得しないと。

ホイール部分、錆びてるよ。

エンジンかかるんかいな。

 

 

コメント

2019、元旦の夜中 猫が油を

2019年01月02日 | 猫のこと・2016年夏生まれらしい黒猫

 

録画した映画でも見ながら寝ようかなと・・

あ ほんとに寝てしまう前に お風呂にはいらなきゃ。

なんて思いながら ゆったりと元旦の夜を迎えるはずだった。

 

廊下が騒がしい、ジジィが相棒のしんちゃんと遊んでいるのかなと思っていた。

しばらくして いつものように暖をとるため布団に入ってきたジジィ。

なんと 灯油くさい。

ジジィを点検すると右足と下腹、尻尾が灯油でべたべた。

それを いつもの水濡れのように なめ取ろうとしている。

 

ダメダメ~

行灯のなたね油じゃないんだから

 

そう 外で遊んでいて

餅つきの際の

「そして 夫は灯油を出してきていた。

それも 植木鉢の受け皿に。」

それを思い出しました

 

夫は当然のごとく片付けていない

私は ま いいかと園芸資材置き場の端に寄せておいていた。

 

灯油のお皿に遊んでいて足を突っ込んだのあります。

 

こりゃ大変。

5.5キロのジジィ

お風呂で半身浴をさせなきゃ

私が裸になるとひっかかれて悲惨なことに

服を着たまま 猫の半身浴実行。

 

もがく 暴れる。

たいへんなお風呂になった。

 

しかし まだべたべた。

 

ゆうさくさんに きてもらうことになった。

0時であります。

油には油をと。

サラダ油塗って石鹸の泡であらい

蒸しタオルでふき取る。

サラダ油より 顔に塗ってもよい

スクワランオイルに変更して

ゆうさくさんとジジィ洗浄、

 ドライヤーは嫌いだから

いやがるのを押さえつけて

タオルドライ。

 

 

猫の皮膚は吸収しやすいと

メアリーが調べてくれて

そうだわな

鉱物油が身体にいいことない。

それに灯油の臭いに酔ったのか

行動が、嫌いなお風呂に加えて更に暴力的。

 

大騒動の元旦の夜というよりもう2日になっておりました。

 

コメント

2018 昨年の振り返り 12・30 もちつき騒動

2019年01月02日 | 夫のこと・グチっています

年に1回のもちつき

学習しない夫がいる

一昨年は 羽釜に穴をあけて

買いに出かけて 随分と時間が押した。

 

「パパ ちゃんと釜に水を入れてくれた?」

そう 空焚きになってまた釜を壊したらいけない。

 

 写真は完成図ではありますが

私が夫に注意を促したとき

「あっ まだ出していない」

 おくどさんの上に直接 蒸せいろが置いてあった。

そう これから釜を置く手はずなんてこと みじんも感じさせずに

せいろが置いてあった。

 

もち米を蒸すという感覚がないみたいです。

それに 一昨年 釜を各店に問い合わせまくって買いにいったのを

すでに 忘却のかなた。

 

釜を出し

水を満タンにして おくどさんに火をつける。

 

「なかなか 火がつかへんわ」

夫がつぶやいた。

 

そのつぶやきで私は はっと気がついた。

 

キャンプにしろ バーベキューにしろ 夫は火をつけるのが

なぜか信じられないくらい 下手であった。

 

おくどさんの口をみてみると

おおきな薪がそのままゴロンと。

そして 夫は灯油を出してきていた。

それも 植木鉢の受け皿に。

灯油を薪に塗って燃やすらしい。

 

なんと。

 

私が交代。

手斧で細く割って

新聞紙をねじった上に置けば

すぐに着火。

 

手斧で細く割る・・ この行為は夫は2011年からしなくなったのだ。

まったくしなくなった。

2011年4月、電気鋸で 指を落としそうになった。

幸い手術で引っ付いているが

左、人差し指が第一関節がすこし不自由で

左手で薪を押えて右手に持った手斧で割るのがしたくないらしい。

夫は そのことを私に言ったことはないが

たぶんそうだろう。

 

しかしが 手がすべるほど 振り下ろさなくてでも

ちょっと薪に手斧の刃を当ててから

ちょんちょん振れば割れるのである。

それに 今年は重箱の入っていた木箱の薄い蓋があるのだから。

たきつけにもってこいなのに、

おおきな薪がゴロン。

 

釜の用意に 着火。

 

なんだか 1年に1回のことだから許す?

いやいや 疲れるわ。

もちつきいややわ。

 

そして

今年の3回目が済んだあと

もちつき機が、壊れた。

 

ゆうさくさんが 中をみて

どこそこが 破断していますと。

 

「なんか へんな音がしたとおもった」と夫。

 

この機械、いつから使っていたっけ?

姉と記憶の糸をたどる。

杵と臼でついていた時代もあった。

姉と私のあやふやな記憶をたどると

30年くらい前からあった・・ということに。

 

「よし これで 餅つきをしなくてよくなった、ばんざーい」私

「いや うちでもちつき機、買うから」壬生娘

「今年くらいの3臼なら、メアリー夫が来てくれるなら、杵と臼でする」ゆうさく。

ゆうさくさんは 2年続けて幼稚園で餅つき経験者だから 強気で言う。

「そんなら どっかに臼がしまってあるから 探してよ」私。

 

というわけで

餅つきは 次の世代に完全に引き継いでもらうなら

やってくれ。

そうでないなら もう 年末行事はやめるぞ。

 

私。もち米も 洗わないからね。

 

洗わないといっても ここ数年、無洗米を使っているから

1回さっと流して 水を入れるだけなのですが、

これの作業をしていると

亡母をリアルに思い出して 疲れるのですよ。

二升分を4臼分くらい普通に洗うと 手が冷え切る。

それで年末はいつも不機嫌だった亡母がリアルに思い出されるのです。

しつこく 覚えていなくてもいいようなもんを

プチフラッシュバックのごとく思い出される。

こまったもんだわ。

 

 

餅って 仏事にも神事にも重要なアイテムだから

必要かなと思うけれど

あまり食べなくなったしな。

かといって 買ったのは強いて食べたくないしな。

 

 

 

 

そして 夫は灯油を出してきていた。

それも 植木鉢の受け皿に。

これが 新年あけてから騒動の原因に

 

つづく。

コメント

2018 昨年の振り返り 12・30 もちつき みんな集まる

2019年01月02日 | よしなしごと・日々のつぶやき

私は もちつきなんて もう面倒くさくなってしたくないんだよ。

でも 家族の行事として残したいとの壬生娘の希望で。

 

夫と私

壬生娘家族 4人

メアリー夫婦 

姉と姪家族 あわせて4人  計12人だ。

つくのは機械でも

蒸すのと 丸めるのは人力

 

今年は 餅箱をだしても 洗って片付けるのが面倒だから

菓子箱を利用したり カレンダーの裏を使っていろいろ工夫。

 

だって 私はもちつきしたくないのだから。

一族集まるのはいいのだけどね。

 

あんこ餅もつくるので

前日あんこを作っていて

「もちつきなんかしたくない!」と文句言いながら

かくし塩をいれたら うっかり入れすぎて 塩味が。

私は 赤穂の塩味饅頭が大好きだからいいのだけど

孫の鈴乃には不評だった。

「ちょっと おいしくない」と母である壬生娘に控えめに訴えていたわ(笑)

 

さて 我が家のもちつきは 行事じゃなくて 騒動なんですよ。

年に1回だから 学習しないのか 忘れるのか・・・

う~ん

こんなこともあるから

私 したくないのよね。

  つづく

コメント

2018昨年末の振り返り 押入れ掃除&重箱

2019年01月02日 | よしなしごと・日々のつぶやき

振り返りもなんですが

やはり記録に残しておきたいなと。

 

押入れ戸袋の奥にあるのは知っていましたが

脚立を持ってきてよいこらしょと。

木箱に墨書であると お宝に見えますね~

別に あけてもびっくりしません「重箱」と書いてあったから。

だいぶ古いの2段がさねが2セット。

平成なんてついさっき始まった感覚でいたのですが

もう26年前の新聞にくるまれていました。

亡母が片付けなおしたのだから

おそらく、亡母の嫁入り道具かな。

 

捨てる決意で出してきたのですが

気が変わりまして

1回使ってから捨てようと。

 

いつもなら おせちみたいなのを作っても

シール容器に入れて食べるときに冷蔵庫から出してくるパターン。

 

別に お見せするほどのものではありません

重箱に詰めてみたのです。

「おかあさんが 重箱に詰めるなんて 今までなかった・・」壬生娘が言うものですから

一応 かあさんもやっていたところを実証しておかないと。

終活の一環としてね。

今年の正月は

大晦日にゆうさくさんが食事に連れて行ってくれたので

年越しそばを準備していたものの食べそこね

年明けそばと おせちで新年が始まりました。

 

これで こころおきなくこの 重箱を処分できるぞ~。

それに まだ重箱はあるから。 運動会だけに使っている2段が。

 

重箱の外の木箱は もちつきの際のたき物になりました。

 

 

たき物で思い出すのは

2011年まで我が家は蒔きでお風呂を。

それからエコキュートでお風呂。

 

おくどさんにくべる蒔きは 適当な廃材を気をつけてプールしているものを使っております。

 

さてさて 次は もちつき騒動を。

 

コメント

あけましておめでとうございます 2019

2019年01月02日 | よしなしごと・日々のつぶやき

 

姫路港まで初日の出。

昨年も特に何事もなく

1週間ばかり入院しましたが これはご愛嬌で。

 

今年も つつがなく暮らせますように。

 

ブログの更新はだいぶスロースペースになってきましたが

今年もよろしくお願い致します。

コメント

12月19日ボランティア演奏二件

2018年12月21日 | よしなしごと・日々のつぶやき

年末になるとお呼びがかかります。

娘とヘルマンハープ演奏。

10:00からのオレンジカフェは会場が広いので
はるさんに応援をお願いしました。

11:30からの清水町のふれあいサロンは、二人で。


詳しくは、教室のブログに書きたいな、なんて思っていますが
さて、どうなるか。
コメント

ちゃっかり孫

2018年12月20日 | 孫のこと・7歳男子&4月で5歳女子

 

 

サンタさんにお願いするものをリストアップしなさいと

たくさん本の題名を書いた 恭一

 

翌日、そんな汚い字だとサンタさん読めないから

書き直しなさいと母指令。

 

ちゃっかり 冊数を増やしておりました。

コメント

すっきりしたこと

2018年12月14日 | よしなしごと・日々のつぶやき

 

昨年から決めたのです

年賀状は書かない

今年もそうします

なんだか すっきりしています

 

いままでは 夫のや

親のまで書いていましたが

 

自分が書けなくなったら

身内といえども人に頼んでまで書いてもらわなくてもいいのよ

 

 

もう一件

教室にかかってくる営業電話

「社長さんいらっしゃいますか?」

私、社長ではないので

「いません!」

席をはずしています・・なんてことは言わない

 

すっと引き下がった営業電話主

かけてきた人ももうどうでもいいのだろう

 

コメント

孫の連弾

2018年12月13日 | 孫のこと・7歳男子&4月で5歳女子

いやはや

こういう孫の様子も残しておかなくてはと

 

コメント

猫をつれて訪問

2018年12月13日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

看板猫2の くるみをつれて

爺さまのところへ

じっとしていないのだけどね

うれしそうな じい様

帰りは運転席の私の肩

ちょこんと おとなしくのっておりました

コメント

柿の葉っぱ

2018年12月13日 | 庭のこと・柿の葉&グリーンカーテン&花

 

 

先日 すっかり葉っぱが落ちまして

やっと掃除から開放されました

 

唯一の救いが

敷地のど真ん中にあるので

お隣さんに落ち葉の被害がほぼないことです

コメント

12月10日は父の誕生日

2018年12月10日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

父は91歳になりました。

今の「ほほ笑みの森」でお世話になり始めて

2回目の誕生日です。

要介護5で頑張っております。

生活のすべてに介助が必要ですが

頭はボケておりません。明瞭です。

 

みんなが集まれる日と、昨日9日(日)にお誕生日会をしました。

 

 

 

 

 

昨年のお誕生会の様子はこちら

昨年は階下のリビングまで降ろしてもらう気力がありましたが

今年は部屋でみんなでお祝い。

 

なごやかなひと時をすごしました。

 

 

コメント

12月6日です 近況を

2018年12月06日 | よしなしごと・日々のつぶやき

久しぶりの更新で

いきなり私の顔でごめんくださいませ。

 

な~んか 気乗りがしなくて

教室ブログも 猫ブログも このブログも更新してしませんでした。

 

体調はどうなんだ? とか 方々から問われるので

書きます。

大丈夫です。

 

でもふと思う。

「大丈夫か?」と問う人は

ほとんど ブログで私の近況を知り得ている人たちでありまして、

かといって問う人は何も発信していないので

私はその人の近況を知りません。

 

これって

 なんだかな~と思うのですが、

ブログってこんなもん。

自己満足で書いていればいいのですから。

 

ブログを書いている人は

「今は なんだか 書きたくない気分なんだな~」と

ほっといてくれる。

それがなんだかうれしい。

 

 

とか

なんとか 愚痴めいたことはよしまして

11月16日の針治療をもちまして

顔面神経麻痺の退院後の治療は終えました。

11月22日に退院後の病院での診察で

100点満点ですね・・・と。

この先生 点数で表現がすきなんだな~。

入院前検査では43点でしたから。

ともあれ 1ヶ月で完治しました。

顔が下がったら 早めのステロイド治療だそうで。

 

「また こんなことなりますか?」

「う~ん  反対側がなるかも・・・  なったらすぐ来てくださいね」

 

おたふくかぜみたいね

一方だけかかって 後日反対側ってそんなこともあるって聞きました。

 

 

さあ今から 猫ブログを書きます。

コメント

猫ブログに書きたいところなんですが

2018年11月22日 | よしなしごと・日々のつぶやき


釣り帰りのおじさんが
小さな魚を与えていました。

 

 


我が家で6月から
うちのジジィのみを慕い
キャットフードだけを朝晩しっかりたべて

可愛がってやりたいと思う人間には
全くなつかずに

夜中はジジィの出入りに関係なく
室内のジジィの餌まで食べにくる
サバトラしんちゃん。


せめて捕まえて
雄か雌か判別してもらい
去勢なり避妊なりして
ジジィの友達として餌をやるつもりでしたが

獣医さんに連れて行くには捕獲が。
こちらの不手際もあり
捕獲にてこずり
1週間ほど睡眠不足。

捕まえて医者に行くまでに
牢獄破りすること二回。

もう疲れまして、
捕まえたら
追放処置を決意したのが
先週14日。


もともと野良を
遠く離れたところに放つのですが
仮にもいつか懐くかも知れないと思いつつ
餌を与えてきたので
情も少しはあるので
本当の野良にさせるのも
無責任みたいで
戸惑っていました。


野良がたくさんいて
誰が餌を与えているところをみつけ
連れて行ったのが15日早朝。


昨日様子を見にいきましたが
しんちゃんはいませんでした。

コメント