播州、姫路の浜手育ち ♪日々の出来事をつぶやいています

黒猫が2匹おります。家族のあれこれを書いています

絵馬を探しに中島天満宮へ

2019年02月06日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

父が思い出しながら私に復唱させる。

中島(飾磨の父が生まれ育った町名)の同級生の名前を

思い出しているのだが思い出して数えるたびに12人や14人になるらしい。

いっしょに復唱していると

うん あるある 中島によくある 氏。

 

 

父の産土神社である中島天満宮に

修学旅行でお伊勢参りに行った記念に 絵馬を奉納して

社殿に掲げてあるのは 小さい頃父に連れられて見たことがあったのでしっていた。

 

その絵馬に町内の6年生の名前がかいてあるのだ。

その絵馬に書いてある名前を思い出している父。

が、果たして昭和2年生まれ、伊勢参りは昭和14年、

そんな古いのが今も掲げてあるのか?

 

昨日はお天気もよかったので お参りに行って来ました。

晴天の下

結構広い境内。

 

よく わかる経緯。

 

旧言い回しで よくわからないところもあるけれど

大体推測でよめる 神徳のいわれ。

 

すごい 三股のご神木。

 

 

久々にお参りして すがすがしい気持ち。

絵馬が見つかりますように

父の同級生がわかりますようにとお願いして

社殿、天井を見上げたら

 

ありました~

日本史に疎い私は

この図柄が何の話しに当るのかわからないけれど

でも 氏名は後から誰かが書き直しているのでしょう。

鮮明でした。

幼い頃 父と見た絵馬の氏名は薄かったですから。

 

絵馬の芝田さんは そういえば私の同級生の父だったはず。

娘の知美さんは どうしているかな。

 

額縁にうっすら残る 昭和16年

そうなんだ 小学校のあと あのころは2年高等小学校があって

その2年のときにいったらしいから 昭和2年生まれ、小学6年

高等小2年でお伊勢さん。 

 

父をいれて13名ですよ。

写真を拡大プリントして持っていくことにしましょう

 

梁の上に大正7年の絵馬も。

 

古いのははずして倉庫にでも並べられているのかと勝手に想像していましたから

感激です。

 

最近 交通事情で6年生は伊勢参りは行かず、

奈良、京都になった。

「卒業記念」として干支の絵と氏名が直近のまで奉納してありました。

 

普段は恵美酒天満宮の宮司さんが兼任しているので

宮司さんの不在の中島天満宮ですが、地元町民の歴史が感じられました。

 

 

父に「みんな生きてるだろうか」と問われても。

さて・・・????としか 答えられない私。

 

寝たきり 要介護5になっても

「こうやって 人の世話になっても 生きているだけいいんだ」と

自問自答する父。

 

今の施設にお世話になってもう2年。

顔を見に行くのも 正直言って面倒くさいと思うときもある。

夫と娘と私とで分担して

おやつや飲み物の嗜好品を届け

話しを聞き、手足をさすり

いつまで これが続くのかな~なんてふと思う。

 

 

「もう 死にたい はやくお迎えに来て欲しい

 明日、死ねるやろか」と顔を見に行くたびにというか

義姉にとっては 毎日言われていた 義母を思えば

まだ 気持ちが楽だな。

コメント

猫をつれて訪問

2018年12月13日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

看板猫2の くるみをつれて

爺さまのところへ

じっとしていないのだけどね

うれしそうな じい様

帰りは運転席の私の肩

ちょこんと おとなしくのっておりました

コメント

12月10日は父の誕生日

2018年12月10日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

父は91歳になりました。

今の「ほほ笑みの森」でお世話になり始めて

2回目の誕生日です。

要介護5で頑張っております。

生活のすべてに介助が必要ですが

頭はボケておりません。明瞭です。

 

みんなが集まれる日と、昨日9日(日)にお誕生日会をしました。

 

 

 

 

 

昨年のお誕生会の様子はこちら

昨年は階下のリビングまで降ろしてもらう気力がありましたが

今年は部屋でみんなでお祝い。

 

なごやかなひと時をすごしました。

 

 

コメント

台風前に突撃訪問

2018年09月04日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

台風が来る前に

昨日は都合で行けなかったので

新学期早々 学校が休みになった孫たちと

じいさまのところ訪問

朝の9時前に行くことはないので

ちょうど お風呂の準備中でした

 

 

いきなり起きると 血圧が下がるから

しばらく座って

それから 車椅子へ

 

 

 

 

 

ひ孫にスイッチを持ってもらって

階段を移動

 

 

施設のスタッフには いつもお世話になります。

 

 

コメント

父の施設訪問 みんなでマッサージ

2018年08月09日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

暑いです

車に乗るのも暑いです

私の軽四は後部座席までエアコンは行き届きません

 

でも 父が待っているから

夏休みで孫たちもいるから

みんな 乗せて行っています。

 

 

 

 

熱をはかってもらいました。

平熱でした。

 

10畳ある和室で広々。

父の日常圏内はベッドですが、

私たちが訪問する分には広いお部屋は助かります。

 

7日、また違うタイプのベッドをレンタルしなおしました。

コメント

父の施設 訪問

2018年08月01日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

 

 

昼間に車で出かけるのも暑くてたまらないですが

孫たちは 付き合ってくれます。

ベッドにあがって 手を握ってさすってを

普通にやってくれるのがうれしいです。

コメント

南天のど飴 5個

2018年07月27日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

なんだかな~

別にケチっているわけでもないのですが

愚痴というほどでもないけれど

愚痴っているのかな

 

寝たきりの要介護5の父。

それなりに加齢のボケはあるけれど

認知症はない。

耳が遠くて聞き取れないから 話がうまくつながらないだけで

自分の要求は 一方通行でよければしっかり言える。

 

まだまだ 元気な父。

 

食事制限とかはなく

看取りまで 好きなものをたべていい。

 

歯は欠けてきながらも 自分の歯。

 

1年前くらいまでは かたいおせんべいも食べていた。

夜中は介護の人手が薄くなる時間帯

1人で時間をもてあまして 飴ばかりなめていた。

飴も1日 半端じゃない量をなめていたというより

かじっていた。

1キロ入った大袋を結構早いペースで補充していた。

それも個別包装で 自分で開けやすいように

個別包装にV字型にはさみで切れ目を入れた。

そして虫歯。

虫歯治療も往診でレントゲンまで撮ってもらった。

 

虫歯治療の件より以降 飴はぱったりやめた。

 

痰がからんでくる。のどがいがらっぽい。

たぶん痰が出やすくする薬をもらっていたようだが

効いているかどうかは ???

吸引するほどではない・

たぶん 薬でも効いた気がしないのだろう。

 

そこで 飴玉は卒業したから、

年明けから のど飴系。

しかし どうも気に入らない。

そこで 

ここからがそろそろ本題の

「南天のど飴」

裏の処方をみると 成人は1回3錠で 一日3回とある。

言っちゃなんだが ほぼ気休めだとおもうので

1回1錠で一日3回と伝えた。

このペースで3缶で2ヶ月弱。

ここのところ 3缶で20日しかもたないペースになってきた。

 

そして

父自ら言う。

自分で買いにいけないから 目の前に積んでないと不安で不安で。

お願いだから安心させて。

これは 高齢者あるあるらしい。

確かに私もまとめ買いするけどさ。

 

まずはペットボトルのお茶

施設でもお茶はいくらでも持ってきてくれるが どうも気に入らないらしい

それで24本(1箱)つねにストックがある状態。

缶コーヒー 

最近、施設のスタッフから聞くには 1日3本くらい飲んでいるらしい。

どうされますか? 制限されますか?と聞かれましたが

好きなだけ飲ませて下さいと。

これ 再々補充するのももっていくのも大変だから

スーパーの安いときにまとめ買い。 ただ今4箱積んでます。

 

 

野菜ジュース系

これも 箱買いで

 

おやつ

まとめていろいろ

 

食後のゼリーとプリン

1週間分以上は 施設の冷蔵庫にあずけてある。

 

目くすり

2箱 医者の処方以外に、気休め用。

 

歯磨きチューブ

まだ 当分あるのだが

予備に1本。 この1本はまだ3ヶ月以上 未使用のまま。

 

ティッシュペーパー

5箱×3くらいあるはず

 

これらのものは 無くなっても

施設のスタッフが買いに走ってくれますが

そこまでお手間をとらせなくても

ほぼ毎日行っているのだから 家族が持っていきますと。

 

安心材料をいっぱい見えるところに、持っていき積むのが私の仕事。

 

そろそろ 本当に本題

「南天のど飴」 積んでほしいと。

これね 結構高いのよ。

買えないわけじゃない。買える。

 

でもね 嗜好品でもなく

医者の薬でもない。

 

ええっ? ほんとに いるの?

気休めなら 飴玉は?

そうなの 虫歯がいやなのね

南天のど飴だって 糖分あるだろうに。

他のだめなの?

そうなのね 南天のど飴ね。

 

夫にいうと

「亡くなってから あのとき こうしておけばよかった」と後悔しないように とのこと。

 

それで 南天のど飴 5個 積みます。

コメント

じい様訪問

2018年07月25日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています
口腔ケア中

早い話が、歯磨き。

ひ孫訪問が一番嬉しい父。
コメント

父の自虐ネタ 要介護5

2018年04月04日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

 

 

介護度の区分変更を申請して 約1ヶ月

 

要介護5になりました。

 

「要介護5になったよ」

「これって 最悪」

「いや 最高位だよ」

 慰めにも何にもならないけれれど

介護が最高に必要な人になったんだよ

「なら 次は  お陀仏だな」

「まあ そういわないで」

 

この前 認知症の度合いを検査する

長谷川式とかいう 知能検査みたいなのをした。

主治医から聞いた点数は

30点満点中 27点。

 

体は要介護でも

頭の中はしっかり。

 

だから ほぼほぼ毎日面会に行きます。

来て欲しいというものですから。

 

しかし 面会に行くのもしんどいときがあるな~。

面会に行った後は 一仕事やり終えた感じになる。

 

コメント

父の施設からでも春が感じられます

2018年03月13日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

父が家を離れて1年半。

現在の施設に住むことになって もう1年が過ぎました。

家庭的な施設であたたかいスタッフに見守られて

体調の浮き沈みはそれなりにありますが

穏やかに過ごしています。

 

体は弱っていってますが

頭ははっきりです。

 

 

2階にいますので

ベッドを起こしてもらってベランダの窓越しに

小高い妻鹿の山がみえて 春が感じられます。

コメント

5になるか

2018年03月08日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

1月に年に1回の介護見直しをして

昨年と同じ要介護4の認定を受けた父。

それが 虫歯を抜いてから

ガタッと気力と体力が落ち

食事も今までは支えられながらもベッドの横のテーブルに座っていたけれど

今はベッドで食べている。

 

ほぼ寝たきりに近い状態になったので

区分変更の調査に来てもらった。

たぶん明日はかかりつけ医の往診時に診断書を書いてくれると思う。

 

要介護4じゃないなら もう5しかないな~。

施設のスタッフさん いつもありがとうございます。

コメント

日曜はそろって ひいじいちゃんのところへ

2018年01月22日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

 

また来るね。

帰るときはおおじいちゃんと いつも握手する。

 

昨日で ひ孫5人分のお年玉を渡し終えた 父であります。

年末にひ孫の数だけ 私がお年玉を用意しておいて

ひいじいさまに会いにきたらもらえるシステム。

 

 

かき餅が食べたいという。

固いけど なめながらでも食べたいそうだ。

 

コメント

ぜんざいのお餅 見守りの図

2018年01月03日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

けっこう しっかり食べております

コメント

車で10分ちょっとです

2018年01月02日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

父が餅を食べたいという。

90歳過ぎて まだ食べたいの?

なんてこと言ったらひどい娘だよね。

食べたいもんは食べたい。

 

だけどさ

何を食べてもいいのだけれど

施設の人は

「お餅は家族さんに居てもらえたほうが・・・」と

 

そうなんです

餅を詰まらせて窒息なんてこと

起きるときには起きる事故ですが

防げるものなので。

万が一でも 家族が見ていたら

納得がいくというもの。

80歳過ぎてから 家でも一人では食べないでね。

誰かいるときに、医者が開いているときにと言って来たから。

 

小餅を9切れに切り分けたものを2個分

オーブントースターであらかた焼いといてから

お汁を小鍋にいれてGO!

年末はこれでお餅をたべてもらい

元旦はぜんざいを。

今日は特に何も持っていかなかったけれど

やっぱり欲しいみたいで 明日は昼時に餅と鍋もって走りますわ。

 

車で10分とちょっと。

年末年始関係なく

「来て欲しい」と言われたら行かねばならぬ娘の務め。

ケアマネさんは 家族が楽するためにも施設があるのだから

毎日行かなくても・・と。

ま そこは 家で介護することを考えたら 通うくらい楽なことだと思う。

ほんと、

年始に親の愚痴もなんだかなと思うけれど

3年前亡くなった母の介護が今でも思い出すのも疲れるくらい心身ともに疲弊したから

父の施設通いなんて楽なもんと思える。

神様はよく考えていらっしゃるわ。

これが母と父の状態が入れ替わっていたり順番は変わっていたら

どっちも大変なものと思えたかも。

 

母のことなんだけど

3年経ったから言える事がある。

当時は介護を手伝ってくれた娘も思っていたが決してお互いに

口には出せなかったこと。

 

朝、起きたらそのままお迎えが来てくれていたらどんなに楽かとか、

電車を止めて賠償金が800万とかニュースになっても

なんやったら 賠償金払ってでもいいわ なんて思ってしまう。

 

 

話がそれてしまった

父のこととて 大変と思うときもあるけれど

いやいや まだまし。

親孝行は生きているうちにしないとね・・なんて思う余裕がある。

コメント

「ほほ笑みの森」に移ってからもう10ヶ月

2017年12月25日 | 親のこと・90歳老人施設に入っています

 

 

 

サ高住を含めて

父が家を離れたのは昨年の9月末。

 

今年2月から今の家庭的な施設に移って

落ち着いたものの

 

「がんばって 寝といてね~」としかいいようがない。

なにか楽しみある?

生きるのが修行みたいです。

 

 

 

コメント