釣れるのはアイナメばかり


    <今日の仲間>
 船は最初にマンポの定置に行った、此処はイワシを使っての釣りの時から大きなヒガレイが釣れて居た所なので期待を込めて仕掛けを下す、間もなくいい感じの当たり、竿先がピョコピョコと突っ込む、アイナメの引きだ、隣の船頭も巻いてる、こっちは暴れないで大きそうだ、私のは36,7cmのアイナメで船頭のはカツカでした、仕掛けを下して掛って来るのはアイナメばかり。それも40cmオーバーばかり、皆に又か?と言われるがアイナメばかり、たまにカレイが釣れるが30cmオーバーは無し、他の人には少ないが釣れた、桜井さんは40cm位のナメタと30オーバーのヒガレイ2,3枚は釣った、マコがレイやマガレイも釣った、船頭も小さなヒガレイだけどポツポツと釣ってる、アイナメは皆に釣れてるが40オーバーは2,3匹で30cm位のしか釣れない。
 10時近くに東部漁協の定置の船が網を積んで帰って行った、三貫の定置が網を上げたようだ。狙うべきだと船頭に言うが動かない、10時頃になると風が出てきた。11時過ぎに三貫に行って見るかと船頭二人が話し合い向かう、途中仮宿前でここらもちょっと下ろして見るかとと棚に付ける、下ろすとここでも私にはアイナメの良型が来る、風がますます強くなってきたので、中に戻ろうと船を走らせる、白波が立ちウサギが飛び始めた、波が船の中に飛び込んでくる、もう止めるのかなと思ったら、大した風でないと二人は平然としてる。定置に戻ってもあまり釣れず流してみるかと流し釣りにになった。

 黒崎付近から沖に向かって流した、私には相変わらずアイナメが釣れる。ヒガレイが皆に釣れる、二回ほど流した所で時計を見ると2時近くになってた風もますます強くなってきた、船頭に何時までやるのかと聞いたらそろそろ終わりにしようと終了となった。


    <今日の釣果>
 今日の釣果は ヒガレイ 8枚、 アイナメ 22匹、 サバ 2匹、リリース ヒガレイ 4枚、 カツカ 1匹、でした、アイナメだけでクーラーが一杯になった。久し振りで蓋が閉まるか心配した。写真はファインダーが見づらく魚が全部移ってないようだ。
重量では他の人三人分合わせたより重かった。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

船酔い


      <今日の仲間>
 1月22日海物語号でカレイ釣りをしました、波は2,5mから1,5mとの天気予報だった、天気図では低気圧と低気圧の間になり等圧線がなだらかで風も大丈夫そう、同行者の山口氏の都合と合わせると決行することにする。定置の網も切り始めたと言うし、もしかしたら大漁かもと期待を込めての出航だったが、2,5mの波は私にはきつかった。



     <今日の釣り場>
 船は湾防を過ぎると波が高くなり馬田岬の荒波をを超え釣り場の白崎の定置に着く、最初は網の外に着け釣りを始める。
 何時もの如く仕掛けがゴチャゴチャにしてしまい、なかなか投入出来ない、来た来たと言う声が聞こえてくる、藤佐船頭が3枚くらい釣った頃やっと仕掛けを投入、やや暫くしてやっと当たり、ググッと力強い当たりだ。当たりの感じではアイナメかナメタか?と思った。巻き上げる、よく見るとリールが空回りしてる、ドラックを締め巻き上げると少し上がったがグイグイと魚信が伝わって来るが動かない、その内に急激にツッコミ堪えていると急に軽くなる、切れたらしい。上げてみると仕掛けのフックの部分から切れてた。魚では切れないと思うので針がロープか何かに掛かって切れたのだと思う、魚信が伝わって来たので良い魚は付いていただろう。

 仕掛けを付け替えているうちに移動し私が仕掛けを投入する前に船頭がナメタを釣り上げ居たぞ!!言う。小突くと直ぐに当たり23cm位のヒガレイが上がって来る、下ろすと直ぐに当たり今度は良型か?と思ったらサバだった、これが回って隣の道糸に絡まりこれが糸を緩めていたこともありグチャグチャになり私の仕掛けを切った、その後もサバに絡まれ仕掛けを切り何枚も釣らない内に3本も仕掛けを切ってしまう。

 仕掛けの交換などで下を向いてるうちに、なんか気分が悪くなってきた。酸っぱい水が口の中に広がったと思うとゲエット吐いてしまった。吐いてもすぐ直る時も有るが今日は波が高いせいか収まらない。型の良い魚が釣れれば酔いも止まると思うが釣れて来るのは小物ばかり。小突きも波が高いので思うように小突けないが酔いが酷くて小突きのリズムが悪い。悪循環の連続で酔いは治らない、釣果も上がらない、釣れて来るのは小物ばかり。
 隣の山口氏もあまり釣ってないようだ、桜井さんも善くないようだが釣り方を見る余裕も無い、船頭夫婦は順調に釣ってるようでアイナメの40cmオーバーやナメタの良型を釣ってるようだ、ヒガレイは隣のマンポの定置に居るのだがそのうちに行こうと言ってたが行かなかった。


     <今日の釣果>
 今日の釣果は全体的にはヒガレイの小物で良型は数枚だけ、アイナメが多かった。ナメタは船頭夫婦のみに数枚で夫婦は魚篭に口切一杯持ち帰った。
私の釣果は ヒガレイ 23~26cm 7枚 タバコがレイ 1枚、 アイナメ 6匹、 サバ 8匹、 リリース ヒガレイ 7枚、 アイナメ 2匹、カツカ 2匹。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初釣り


      <今日の仲間>
 1月4日新浜町から海物語号で今年の初釣りをしました、6時15分まだ暗い中を出航白崎定置に向かう、年末から今年にかけてナメタを沢山釣った話を聞かされた。私たちには風が強い、波があると延期続きで一回も出航しなかったのに少しだけとかやれるだけでもと強引に出た人が良かったようだ。
白崎の定置に着け仕掛けを下す、何時ものごとく仕掛けを絡めたりと出足が遅れて仕掛けを下す、先に下した人は次々と釣り上げるがヒガレイの小さなのやカツカばかり、錘が底に着きおもむろに小突きだす、手にずしっと重みが走る。合わせて巻き上げる、手応えが十分、ナメタだ!!、一発目からナメタが釣れるとは。今日は行けそう。間もなく船頭の藤佐さんも私より小ぶりのナメタを釣り上げる。続くか!!と思われたが後が続かず移動してもナメタの姿が見えない、連日攻められて釣りつくしたか?
 


        <大物ナメタ>
 大きく場所移動して三貫島前の定置に行く、ここでも最初に私がナメタを釣る、すると後ろで釣ってた藤佐さんの息子がナメタ初ゲット50cmオーバーの大物だ、船尾の藤佐夫人がこれも50cmオーバーを釣り上げる、続けて息子が50cmオーバーと大物が続く、いいな、いいなと私にも来ないかなと念じてたら私にも来た?巻き上げると重い、確かにナメタの引きだ、隣の桜井さんタモを持って構えてる、上がって来たのは大きく口を開けたカツカでその陰にナメタの30cm位のが付いている、がっかり!!
 その後はナメタの当たりはなくマンポの定置に行ったがナメタは居なかった。此処はヒガレイの大物が出るところで30cmオーバーのヒガレイが何枚か出た、アイナメも固まって居た、私には40cm前後ののが4匹釣れ重量を稼ぐ。


      <今日の釣果>
 今日の釣果はナメタ  3枚、ヒガレイ  7枚、アイナメ 4匹、 リリース  ヒガレイ 5枚、でした。ナメタは全部で7枚でしたが藤佐一家で50cmオ-バーが3枚と差が付いたのは腕の差もあろうがエサの違いも有ったのでは、向こうはエラコを使っていた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )