又も惨敗アナゴ釣り


   <湾の入り口>
 8月27日に崎浜漁港梅丸でアナゴとカレイ釣りに行きました。15時出航で湾の入り口付近の水深70m以上の深場でヒガレイ釣りをした。イワシを使った釣りとイソメでの釣りを行ったが私は最初イソメでスタートした。

 今日は波も無く風も無く穏やかな海である、仕掛けを投入して間もなく良い当りが来た、30cmを軽く越えた良形のヒガレイが釣れた。イワシを使った金野さん、八木さんにも同じクラスが釣れてきた。イワシを使う仕掛けは準備して何時でも交換できるがイソメで大きいのが釣れたので其のままイソメでの釣りにする。

 二枚目も一番早く釣った、もしかしてイソメの方が良いかもと続行する。イソメを使っている隣の柏舘さんに来ない、仕掛けを貸すからイワシを使ったらと言うがイソメで行くと言う。私が4枚目を釣った所で一枚目を釣った、私はだんだん型が小さくなってきた、ヒガレイの大物狙いでアナゴ用の大きめのヒイカを付けてみた。竿先が海面に突き刺さるように引き込まれる、合わせるが掛からない、大きなヒガレイがヒイカに食いついたようだが、餌が大きすぎたか餌に対して針が小さいのか掛からなかった。


  <今日の仲間>
 今日の仲間は何時もの金野、八木さんに以前鶴君と行ってたとき組んだた柏舘さんが入った。奥さん同士も知り合いなので遠慮して誘わなかったが、先日ホームセンターで合った時誘ってくださいと奥さんの方から声を掛けられ今日の仲間になった。
 

   <夕闇が迫ってきた>
 17時半を過ぎると当りも無くなって来た、私は6枚までは順調に釣ったが根掛りで道糸の上のほうで切れリールを交換する。その後又根掛りで仕掛けを取られる、他の人も根掛りは有ったが針を取られるだけで済んでいる。
 アナゴの場所に行く前にサービスの今朝取ったホタテを付けてるの上げていくとホタテ棚に寄り上げる、それを皆で分ける様にと言われ四等分に分ける、丁度24枚づつになった。このお土産が一番家では喜ばれる。

 アナゴの場所に付け仕掛けを付け替える。一本は錘の上の筒の中に37号のケミボタル青を入れる、天秤の筒にミニのケミボタル青、赤を二本づつ入れる。前回直ぐ切れた電池式誘魚灯を水が入らないようしっかりと締める。もう一本は天秤に37号の赤のケミボタルを一本づつ付ける。一本は明るく、一本は明るさを押さえてどちらが良いかを探る。
 餌はホタルイカとヒイカ、サンマを準備した。餌を付けてると隣の柏舘さんが巻き始めた、来たの?と聞くと何か釣れたと言う。良形のアナゴが釣れた。6時半前だ。皆慌てて仕掛けを投入する、私も仕掛けを下ろそうとしたが、糸が出て行かない、竿の二番目のガイドが壊れ道糸が絡まり出て行かないのだ。ガイドのリングに糸が絡まってるので仕掛けを外し道糸からリングを外して付け直し投入する。

 それでも直ぐに食いついてきて少し小ぶりのアナゴが釣れる、小さいと針を外すのが早い投入すると間もなく二本目が釣れる、三本目は一番早く釣った、順調だ。赤のケミのみの暗い仕掛けの置き竿にも釣れた。こちらは一番大きく75cm位は有る。

 手持ち竿は明るすぎて小さなのしか釣れないと思い誘魚灯を外す。全然当りが無くなる、船頭は明かりを付けなくても釣れると言う、船頭が後ろの方が釣れるから後ろに来いと言う、そのまま竿を引きずって置き竿の前を通って後ろに行く、小突いて竿を持ち上げると重い、何か釣れた?船頭に釣れたのと聞かれドンコかな、アナゴにしては軽いし引きも無いと上げてみると自分の仕掛けが上がってきた。移動のとき引っ掛けてしまったようだ。どう考えても仕掛けを上げないで引きずってきたら絡むのは当たり前だ。
 重症だ、仕掛けに道糸が絡まり手のつけようが無い。切るしかない。置き竿の道糸を切り外しやすい手持ちの仕掛けを助ける。
 針外しに使っていたペンチで糸きりをしてたが、切れないので挟みを出して使う、どうにか仕掛けを取り出し一本使えるようになった。

 そこで場所を移動することにした。移動して直ぐに八木さんに当り、大きいと悲鳴を上げている、お得意のダブルだなと言うと巻けないと竿立てに竿を置いて巻いている。上げるとやはりダブルで80cmオーバーのダブルだ、これでは巻けない筈だ。
 私には当たりも来ない。金野さんも80cmオーバーの大物を釣る、八木さん続けて大物左舷に当たりも無い、八木さんの隣船首に行き仕掛けを下ろす。ずいぶんと長い間当たりが無かった、竿先にもぞもぞと感じる、合わすとブルルンと魚信が来たが外れる、早かった。少し待つと今度ははっきりとした当り、合わせると確かな魚信竿を引き上げるが上がってこない魚の引きが伝わってくる、大物だ!!やっと来たと喜びの声を上げる、良かった良かったと皆も声が聞こえる。其の時魚信が消えた。バレタ、残念でした。上げると二本とも餌が取られていた。餌を付け替えていると八木さん、金野さんが大物を釣り上げる、此処は釣れると大きい。その後誰にも当りが来なく前の場所に戻る。

 皆に釣れるが私には全然釣れない、船頭が大きいのが釣れたから外せと言う、外すペンチを捜すが何処に行ったか見えない。ウロウロしてると外したからクーラーにしまえと言われ魚挟みで掴んでクーラーに、続けてこれも型が良いからと貰う。
 9時半過ぎに当りが遠のいて来たので止めようかと金野さんが言うので私は大分前から止めてるから俺は良いよと言い、終了となる。
 船頭が自分の釣ったのは要らないから私に持って行けと言う。見ると小さなものだけだが10本くらいは有る。他の人は釣ってるから皆持っていけと言われ自分が如何に釣れなかったか情けなくなった。
 皆の所に持って行き、4本とって柏舘さんに持って行けと言うと、金野さんが俺も2,3本欲しいと言うのでやり、一本戻す、中にドンコも入っていて全部持って行けとやる。

 金野さんは前回より大分軽いと言う。八木さんは同じ位か。八木さん大物を良く釣る。誘魚灯の青が良いみたい。


   <アナゴ>
 これは79cmのアナゴで船頭の釣ったものである、普通のまな板ではさばけなく板で裁いている。八木さんたちの大物はもっと大きいので裁くのは大変だ。
 金野さんには何かに祟られてるのではと言われるがどうしようもなく釣れない、何か厄払いでもしなけらばならないか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

乳頭山


  <登山口>
 8月8日カメさんグループで岩手県秋田県境にある乳頭山(烏帽子岳)1,479mに登山しました。大槌発5時で小槌、佐藤さんの2台で8名の参加者でした。
 駐車場は黒湯温泉で登山口の孫六温泉に行きます。孫六は駐車場が無く1kmほど歩かなければならない秘湯だが結構混んでいた、それも若者が多く感じた。

 温泉を通り過ぎると登山口だ、9時15分登り始める。


   <木道階段>
 木道階段がやたら多い、以前登った時は階段が無かったが整備されて階段だらけの登りである。土が黒土で濡れた時は滑りやすいので滑り防止には良いが歩き難いのが難点だ。
 連日30度を越す真夏日の中登山するのは大変だ、熱中症に気をつけなければならない。
心配しながらの登山でしたが、意外と暑くない。
 休憩度に水分の補充をしながらユックリと歩く、汗の出が良い、特に汗かきの私はオシッコを洩らしたようにズボンまで濡れていく、お漏らししたなと皆に冷かさられながら歩く。
 このコースは林の中を歩くので炎天下の中を歩かなく済む。


  <木道を歩く>
 階段が終わり斜面が緩やかになり木道になると田代平が近い、国道の横に沢山の高山植物が見られる、疲れた体が癒される。稜線に出ると風も出てくる、冷たい風は最高の贈り物である。


  <乳頭は間近>
 田代山荘11時着トイレ休憩を含め15分休む、なだらかな斜面の置くに乳房のように尖ったピークが乳頭山だ。反対の方向から見ると山頂の岩が乳首のように突き出ていて乳頭に見える。曇り空で時々太陽が出る、心配した酷暑はないが汗が吹き出る。

 あまりユックリ歩いていてはザックの冷えたビールが燗がついてしまうと心配してるとユックリペースのサッチャンと赤碕さんに直ぐですからお先にどうぞと言われ素直に言葉に甘えて先行する。優しいシゲさんが二人をサポートしてくれる。


  <山頂>
 12時丁度に山頂着、直ちにザックを開けビールを取り出す、促されるように皆準備に入り揃ったメンバーで一回目の乾杯、凍らしてきたビールが融け冷たい、喉に浸み通る、旨いこの世で最高に旨いと感じる。
 遅れてきたメンバーを入れ二回目の乾杯、これも旨い、秋田駒が間近に見える。このまま縦走して下るか、運転手は車を8合目にまわしてくれ。などと冗談を言いながら話が弾む。
 おつまみも季節がらキュウリの漬物やもろキュウに味噌を付けたものやミニトマト、ホタテの煮物などで我が家の畑のキュウリ、トマトが出遅れて持って来れないのが残念。
 何時もは1時間以上の休憩を取るが12時45分に下山開始する。


  <お花畑>
 太陽の照りつけも大したことが無いので黒湯温泉に下るコースにする、この山はあまり登ることが無いので経験者が少ない、私も黒湯コースは初めてで駒からの縦走でバス停の有る蟹場温泉に下るコースを歩いているのでこれで全コースを歩くことになる。
 孫六コースと別れ木道を進む、木道脇はお花畑である。花に疎いので女性陣に名前を教えてもらう。アキノキリンソウ、ウメバチソウ、リンドウが二種類、ウサギギク、ウゴアザミ、シャジン、ギボウシ、ハハコグサ、トウチクソウ、クルマユリ、ニッコウキスゲ、キンコウカ、ヨツバシオガマ、ヨツバヒヨドリ、チングルマの過ぎたもの多々、花のシーズンが終わったかと思っていたがまだまだあるんだなと感心する。
 登りと同じく木道が終わると木の階段になる。


  <秘湯>
 木の階段に差し掛かった頃一人の若者に会う、山頂でなく温泉を捜してると言う、一本松か木と言う名前だと言うが聞いたこともなく来る途中では気付かなかったと言うと、捜してみますと登っていった。
 下っていると温泉の匂いがしてきた、沢とぶつかった所にこの温泉を発見、さっきの若者の捜してた温泉だ、この温泉熱くてこのままだは入れない。沢から樋で水を引いている。
本当の秘湯だ、一風呂浴びたいところだが、女性もいるので入れない、本当は一緒に全員で入りたいが言えない。
 其処に例の若者が戻ってきた。ユックリ入って行ってねと我々は下山開始。又、温泉の匂いがして黒湯の元湯に着く。黒湯までもう直ぐだ。

 14時20分黒湯温泉着、サッチャンが16年前滑って転んで足首骨折した現場を皆で見て駐車場へ。あの時は私と話をしながら並んで歩いていてユックリと転んだので大したことはないと思い足首を氷で冷やして置いて皆で騒いで、翌日は今日登ったコースをピストンした思い出の場所である。

 入浴は国民宿舎に入ることで着替えをして車で移動ご入浴、又、美味しくビールを戴きシゲサン宜しくと乗車、19時30分自宅着、楽しい一日でした。
 周回コースにしたことは皆に喜ばれた。今の時期としては楽に歩けてよかった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アナゴ釣り


  <打ち寄せる波>
 7月30日に崎浜漁港梅丸で15時出航でアナゴ釣りを行った。日が暮れるまでカレイ釣りとイカ釣りをした。金野、八木、私はカレイ釣り、田村さんのみイカ釣りをした。
 今日の予報は波は3mで一時雨であったが、朝まで降っていた雨が上がり曇り空ではあるがどうにか持ちそうな天気だ。

 山が続き24,25日は盛岡山友会の下机さんら3名で釜石のためにシニア登山教室を行っていただき、夜に五葉山上有住コースに有るアスナロ山荘で交流会を行ったため釣りに行けず、23日にキク丸を予定したがウニの口開けで駄目、翌日は共同作業が入って駄目と釣りから遠ざかって仕舞った。

 船に乗る前は大した波で無いと思って出航したが出てみると結構な波だ、船の前に小山のように盛り上がった波に乗り上げるように進む、沖は波が高いので中でやると言うが酔いそうだと船酔の薬を飲んだがチョッと遅かったようだ。

 最初の棚に着けカレイ釣りとイカ釣りを行った。仕掛けを投入して糸が半分も出ないうちに後ろの八木さんバレタと叫んでる、船を繫いでるときに投入したようである。私も錘が底に着き糸ふけを取り小突き始めた途端に当りが来た、合わせるとブルルンと魚信が伝わってくる。餌が落ちてくるのを待ってたように食いついてきた。何か魚が濃そうだ。
 上がってきたのはヒガレイの27cmくらいのマアマアサイズだ。続けて金野さんも小ぶりのヒガレイを釣り上げる。
 1枚目2枚目は直ぐ釣れたが後が続かない、金野さんは釣っている、八木さんにも釣れる、皆2本竿を出してるので私もアナゴ用に持ってきた固い竿も出す、
 カレイ竿には当りが有るが固い竿には当りも無いし餌も取られない。ヤット3枚目を釣り暫くして小さな当り、合わすが釣れてるのが分からないが抵抗が有るので上げてみると5cmに満たないようなヒガレイが付いていた。

 釣り始めて間もなく船酔を感じたが吐くまでいかない。だがウンチが詰まってきて夜釣りになる前に済まそうと岸に戻ってもらう。用を足しアナゴの場所に着ける。ここでもカレイが釣れるが酔い気味なのでアナゴの準備に入る。金野さんはここでもヒガレイを釣り計7枚釣った、八木さんは5枚で私が3枚で有った。イカ釣りは田村さん1匹で終わった。


  <今日の仲間>
 今日ののメンバーは何時もの人だ。24日に出たときに今日の予約をしたようで、其の時は全然釣れなかったそうだ、カレイは水温が上がり食いが悪くなったようでどの湾でも不漁だと言う。これからはイワシを使ったヒラメ、ヒガレイ、根魚狙いしかなさそうだ。

 6時頃金野さん、船頭にアナゴの当りが有ったとそうだが、7時になり周囲が暗くなりソロソロきそうと言ってると私に強烈な当り、来ましたとリールを巻く、竿先が水面に引き込まれる、アナゴはこの引きがたままらない。80cmを越えるアナゴが来た。タモデ取り込み挟みで押さえようとしたが暴れて水抜きと船倉の間に入ってしまった。何故か針が背中に掛かって引き出だそうにも狭い穴から出て来ない時間ばかりが過ぎていく、諦めて糸を切るかと思ったが挟みで水抜き穴からアナゴを船の外に追い出し金野さんにタモデ掬って貰い糸を切った。やっとのことで取り込めた。
 針を2本とも付け替え下ろす、餌はホタルイカとヒイカの1本掛けだ、他の人に当りが無いと言うのでどちらに来たか分からないが好きなほうを使ってと提供する。
 ホタルイカを使った金野さんに釣れた、私にも釣れる、又私に来た。八木さん焦るが当りが無いと言う。同じ餌だから来るはずだと慰めていると来た!!と嬉しい悲鳴。重い、重いと巻き上げる、タモを持った船頭がダブルだと叫ぶ、それもデカイアナゴが2本上がってきた。一挙に追いついてきた。私には3本目からはタモヲ必要としないサイズばかりが上がる。6本目を釣った所で誘魚灯が消えてることに気付く。その後当りが全く無くなった。
 
 わたしが止まっている間に後ろの二人は順調に釣って追いつき追い越して行った。餌のホタルイカがなくなってしまう。明かりが無いと駄目だとカレイ釣りで使ってる誘魚灯を付ける。底で青い物が光ってる。自分の物とは気が付かずずいぶん光るのを付けてるな。左の方ではオレンジ色が光ってる。船頭のものらしい。八木、金野さんにのみ釣れる。それも大物だけ。餌点検で上げて光ってるのが自分のだと分かる。その後どうにか2本釣り9時の予定が田村さんの要望で10時に延長し10時になって止めるが田村さんまだやると頑張るが時間だから止めようと皆後片付けを終えてしぶしぶ止める。

 今日の結果は餌はホタルイカが良かった、天秤の明かりは有ったほうが良い。明るすぎると害になる事が分かった。
結果は私が8本、八木さん10本、金野さん12本、田村さん3本で田村さんは船尾で一人で釣ってるのでどのような仕掛けか、餌か分からない。

 今日も課題だけが残った釣りであった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )