底荒れ


  <最初の獲物>
 11月21日に吉浜湾根白漁港から喜福丸でカレイ釣に行きました。天気も良さそうだし好天続きで波も無いだろうと大漁を期待して出かけた。
 途中孝行君を拾って早目に着いたがすでに金野さん達は到着していた。我々が乗り込むと直ぐに出航した、棚に付けて仕掛けを投入した時はまだ6時前で薄暗かった。ユックリ準備し私が仕掛けを下ろそうとしたとき、金野さんが来た!!と叫んでる、大きい、アイナメか?と言って上がったのがこのアナゴである。
 まだ暗いのでアナゴが釣れたのだろうと言ってたが、続けて金野さん、隣の木村さんにアナゴが釣れる。6時を廻り明るくなってきて私に良い当たり、アナゴが来た、金野さんに比べ小ぶりである、その後金野さん、木村さん、最後孝行君にアナゴが釣れてカレイが見えないので移動する。



   <今日の仲間>
 今日のメンバーは金野さんに木村さん、八木さんと木村さんの友人が都合が悪くなって誰か居ないかと金野さんに頼まれて日曜日なので誘ったのが孝行君で私の四人である。
 孝行君隣りあわせで勝負である、仕掛けは左右大体同じで前回釣れた長さである。移動後誰にも当りが来ない、暫くして私に当たり、マコガレイの27,8cmがきた、餌を付け替え投入間もなく反対の竿に当たり、23cmくらいのマコガレイ、後ろの木村さんにヒガレイの小ぶりが釣れる、私にりりースになった18cm位のマコガレイ、木村さんにホウボウが釣れた所で移動、船のロープで棚のロープに結び最後に仕掛けを投入、錘が底に着いて2,3回小突くとズンと良い当り、合わせて竿を持ち上げると力強い魚信が伝わってくる、間違いなく「タモ」と宣言する。巻き上げてるとアイナメ特有の頭を振るガツガツという魚信が伝わって来る。46cmのアイナメだった。
 其処もアイナメ一匹で終わり、移動しても釣れない。船頭は昨日はマズマズの釣りが出来たのに今日は腕の良い人なのになんで?・・・

 船頭は他の船と携帯で交信して他の船もアナゴしか釣ってないそうだと言う。明るくなってもアナゴが釣れるのは底荒れしてるからだろうと少し深場に移動して棚の間を流し釣りをしたが私がヒガレイを2枚マコガレイを1枚釣っただけで他の人は何も釣れなかった。

 深場なら底荒れの影響が無いのではと千才を通り越して沖に出る、其処も駄目で90m位の所まで出る、今日は波が高く最初の所でも3m近い波で竿先が海面に接してるところから頭の上まで上げながら小突く状態であった。慌てて酔い止めの薬を飲んだが遅かったようで吐き気が襲ってくる、セキをしたらぐうーとこみ上げてきて吐いてしまう。
 吐き気は継続せず釣りを続けられた、私に続けてヒガレイが釣れコマセヲ巻いた効果が出たと冷やかされる。木村さんに良い当りがきた、40cmオーバーのナメタガレイが釣れた、船上が活気付く、私に良い当り、ナメタで有って欲しいと願ったが、途中からアイナメ特有のガツガツとした魚信がきた。49cmのアイナメであった。直ぐ孝行君に35,6cmのアイナメが釣れた。移動後私に丸々と太ったアイナメが釣れ皆は50cmオーバーだと言ったが46cmしかなかった。
 釣り上げてタモで掬って船に降ろすとき竿先に負担が掛からないようにと糸を緩めたが緩めすぎたようで魚が暴れた時仕掛けと道糸が絡まってしまった。グチャグチャになり仕掛けを切り刻んで解く、その間に孝行君に55cmのアイナメが釣れた。私が手間取っている間に33cm位のマコガレイも釣り上げた。
 下を向いて仕掛け解きをしたため又、吐き気が戻り二度目のげーげーをした。
 その後私がヒガレイを2,3枚釣っただけで浅場に戻ったが何も釣れなかった。12時前に釣れないから止めようかと成ったが船頭がもう一箇所やらせてくれと二箇所移動したが何も釣れなかった。


  <今日の釣果>
 今日の釣果はアイナメ大3匹、マコガレ3枚、ヒガレイ5枚、アナゴ1匹、サバ1匹で有った、孝行君アイナメ2匹、マコガレイ2枚、アナゴ1匹、木村さんナメタガレイ1枚、ヒガレイ1枚、アイナメ1匹、ホウボウ1匹、マコガレイ1枚、クモタコ1枚、アナゴ2匹と7種類を釣った。金野さんアナゴ3匹で終わってしまった。
 上陸して先に上がって船の人に聞いてもアナゴが船中で11匹でアイナメが何匹かでカレイは釣れなかった。後から見慣れた人が上がってきた、寺村君、田中君や菊地君で有った。やはりアナゴしか釣れなかったと言う。
 今日はカレイがお休みのようだった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カレイは釣れ始めたが・・・


   <紅葉の盛りは過ぎたが>
 11月18日に崎浜漁港梅丸で6時出航でカレイ釣に行きました。
 紅葉も盛りが過ぎ水温も釜石湾内で16度台になりカレイ釣の適温になってきた。先週の予定が金野さんの愛犬が大手術となり今日の出航となった。
 船頭にマコガレイも釣れ始め、餌取りも少なくなったとの情報に今回こそ大漁と期待を持って出かけた。まだ夜が明けきらない港を出て近くの棚に付ける。
 今回は釣れなければ沖でヒガレイを釣る予定なので電動リールを使用した。取り付けに時間を取られ船頭が”下ろして良いよ”の合図に間に合わず、どうにか手巻きリールを準備し仕掛けを投入する前に金野さん”来た”と叫んでる。八木さんも当りが有ったが釣れないとボヤいでる。一本投入し電動リールに餌を付けてると置き竿がピクピク動いてる、合わせて巻き上げると大きくないが魚が付いている、27,8cmのマコガレイが釣れた。
 何もしないで釣れたので釣れそうな気がした。二本目の竿に餌を付け二本の竿で小突く、間もなく最初に下ろした竿に当たり、今度は前より引きが良い。30cmオーバーと25cm位のマコガレイのダブルで有った。
 
 今日の仕掛けは右に手巻きリールで天秤からエダスの距離を20-26-21cmで左の電動リールは18-31-24cmと長めである。4枚目が左に釣れたが上針に食ってきた。やはりマコガレイは動きの良いほうが釣れるみたいだ。


    <今日の仲間>
 今日のメンバーは前回と同じで金野、八木、柏舘氏と私の人である、金野、八木さんは前から電動リールを使用し置き竿に使っている。最初は2本で小突いていたが電動リールは差は無いと言ってもやはり重い、魚が続けて釣れるようなら疲れないかも知れないが次第に疲れを感じ置き竿になる。
 今日の天気予報では次第に波が高くなり3メートルから4メートルと時化になり風も強まるようで雨も降りそうで早目に釣らないとと気が焦る。

 9時半頃にバケツよりクーラーに魚を移動させたときカレイが12枚アイナメ2匹でこの調子ならカレイで20枚以上は行くかなと思った。最近のジンクスでバケツの水を取り替えると魚が入らなくなってしまう。それまで一番釣っていたので皆に水が汚れてるから替えたら良いのではと急かされて水を取り替えたらやはり全く釣れなくなった。
 出だし全く釣れなかった柏舘さんもコンスタントに釣れだし、他の二人も釣っている。ただ一人蚊帳の外になってしまった。
 左の電動リールは完全に置き竿にし、右の仕掛けを直結仕掛けに替える。これでアイナメを二匹釣った、二匹目は手応え充分で始めてタモをお願いした、46cmあった。

 11時頃から雨が降り出し集中力が切れ餌取りに邪魔されたりで余裕が無い一日で有った。八木さんが持ってきたエラコは他の人はアイナメを釣っていたが私にはヒガレイが釣れた。サンマも使ったが何も釣れなかった。

今日の釣果は何時もなら終了前に写真を撮るのだが今日は余裕が無く最後まで竿を持っていたので写せなかった。
マコガレイ10枚、ヒガレイ3枚、アイナメ4匹りりースヒガレイ1、アイナメ1、縞河豚1(30cm位有った)
他は金野さんカレイ20枚以上、八木さんカレイ17枚、柏舘さんカレイ11枚でアイナメは各2,3匹、柏舘さんタナゴ2枚でマズマズの釣果であった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )