雪のカレイ釣り

 11月22日久しぶりのカレイ釣りに越喜来湾崎浜漁港から出船した。実は21日の予定が強風のため1日延長したのだが今日も風が強い。
明日は休日で予約で一杯だそうで強行出船した。強風のため船を棚に留めるのが大変そうだ。


  <白波立つ海面>
 我々が出船したので待機してた他の釣り船が次々と出船した、竿を下ろすと直ぐに当たりが出始めアイナメ、カレイが次々と釣れ始めた。その時私は道糸に仕掛けを付けようとした時強風で道糸が竿のガイドからするすると抜け、ガイドに糸を通すのに四苦八苦していた。2本竿を作りイソメを付けて下ろした時には金さんはカレイを3枚アイナメ1匹、鶴君はアイナメのみ5匹、この船には初参加の八木さんはカレイ1匹アイナメ1匹釣っていて、餌取りのカワハギやタナゴが集まって当たりがないので竿を上げるときれいに餌が取られている。
 船頭は場所移動したいが船を着けるのが大変なのでもう少し頑張ってくれと言う、餌点検も2本の竿を一緒に上げ同時に下ろして置き竿にしないようにする、下ろして間もなく右の手作り片天にエダスをビーズで止め固定しない仕掛けに当たりが来た、カレイだ!この右竿には先日の釣りクラカップで2位の賞品の左巻きリールを付けている、1度テストで使用したが慣れなくバラシが多かったので慣れる為今日も使用してる、家で練習してきたがまだぎこちない。


  <山から雪が来た>
 山からガスのようなのが下りてきた、雪だ、チラチラ降ってきたと思ったら周りが見えないほど降ってきた。すると風が穏やかになってきた、船を移動して仕掛けを下ろすと間もなく右に当たりが来た、34,5cmのマコガレイだった。次に左の直結仕掛けに良形のアイナメが来た、途中突っ込まれるとリールが巻けなくなる刺身が来たよと少し強引に巻いてるとぴょんと竿が戻った、バレタ、アイナメは口が丈夫なので少々無理をしても大丈夫と無理をしたのがまずかったと反省する。
 その後、場所移動を繰り返したが釣れるのは小物ばかりであった。

 今日の釣りでは、金さんのシェータ―にポン子ちゃん仕掛けを付けたのが良形のアイナメ、カレイを釣っていた、私も撚り糸の直結仕掛けより手作りテンビンの柔らか仕掛けの方が釣れた。
 大型のマコガレイやナメタが出なかったので決め付けられないが水温が下がっても食いがいまいちなのか柔らか目が良いようだ。
 今日の釣果はカレイ8枚アイナメ4匹、サバ4匹、タナゴ1匹であった。鶴君はカレイは2枚だがアイナメが十数本釣ったそうで、金さんはカレイ6枚、アイナメ6匹カワハギ1枚だが皆良形ぞろいだ、今日も私が内容的に最下位だったようだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

交流山行・月山(重茂半島)


  <朝日>
 岩手県勤労者山岳連盟による始めての忘年交流山行が宮古市重茂半島の月山(456m)で行われました。
 朝6時バス乗車、今日は下山後の交流でお酒がが伴うので全員バスで遠野始発であった。途中大槌より2名乗車で16名用バスに13名と余裕でゆったりと座れる。名勝吉里吉里四十八坂で水平線より朝日が昇るのが見えた。素晴しい景観に一同感嘆の声が上がる、今日の天気予報では午前に雨マークが付いていたので今日の天気を願う。


  <集合>
 7時5分に集合地宮古白浜漁港に到着、空には青空が見えるが雨がパラパラと降っている。防寒を兼ね雨具を着ける。
 7時半を過ぎると主催の宮古労山を始め次々とバスを連ねて到着する。その数100名だそうだ。
 月山は標高が456mと低いが山頂まで5,1km長くその間上り下りが多く最後は0mから一気に山頂付近に上るキツイ上りが有り結構歩き概のある山である。


  <紅葉の道>
 8時宮古労山の案内で出発、何しろ百名の大部隊である、しんがりの釜石のスタートまで結構な時間が掛かった。ここは遊歩道コースで道も広く緩やかな上り下りが連続してる。スタート地点が一番紅葉が良かったが写真を撮らなかったのが残念であった。
 海辺の中間点の休息所で前を行く盛岡山友会の方にいつになったら登りになるのですか?と質問されたがいまだ海抜0mである。もう直ぐキツイ登りが始まりますからと答えたが、記憶はあいまいである。

 中間点を出発すると間もなく登りが始まった、階段も多く結構な登りの連続で一気に陵線上の車道に出る。重茂半島側の海岸線が見える。リアス式の入り込んだ素晴しい、天気も青空が広がり雨の心配は無くなった様だ。


  <展望台>
 10時45分頂上のテレビアンテナに最後尾の我々が到着、順繰りに展望台からの景観を楽しむ。南方向にトドガ崎、北に閉伊崎、北東に浄土ヶ浜や北リアス海岸が一望できる。
 11時テレビ塔前の広場で全員の記念写真撮影後下山に就く。下りコースは登りと反対側の太平洋に向かってのコースだ。山頂から目的地の鵜磯は足元に見えるが案内板には4,1kmとなっている。


  <長い隊列>
 紅葉がやや過ぎた急な坂を百名の長い隊列が進む、急斜面が終わると道幅が広くなり緩やかな登りになる、なんかもと来た方向に戻ってるような気がする。
 部落まで真っ直ぐに道路をつけると歩き概が無いので上り下りの迂回路をつけてるように考えるのは思い過ごしか。
 目標とした小学校後に着く、バスが並んで待っているのが見える。バスに着くと外に替えの靴が出ている、履き替えて宿浜漁港に行く、そこでは宮古、釜石の料理人が鮭のすり身汁、ホタテ焼き、干しスルメ焼き、冷たく冷えた缶ビールが待っていた。早速釜石の石井副会長の音頭で乾杯、後はしたすら食べ、飲むのに没頭する、食材は秋刀魚、殻付き牡蠣、生食牡蠣、漬物と沢山有ったがコンロが家庭用のバーべキュウセットなので多くは焼けないのが残念だ。どこの漁港でもドラム缶を半分に切った焼き物用を持ってるから借りるよう幹事にアドバイスしたが、、、


  <アトラクション>
 お腹も膨れ交流もたけなかになると自然と芸能大会となる、トップバッターは釜石の遠野グループで手品や手踊りが披露された。すると元気なおばちゃん三人が飛び入りで華麗なラインダンス、歌と踊りなどと盛り上がったところで理事長の締めの挨拶でこれからの県連の発展と協力願いがあり解散となった。
 多分予定外の参加者となったと思われるが、参加者は大満足しでしょう。もし来年も計画するなら焼くコンロや世話役が一部の人に負担にならないように改善されることを願います。
交流の仕方は山岳会単位の行動、食事では他の会の人と話す機会が少ないのでは、これ位の山ならごちゃ混ぜに歩いても良いのでは。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

早池峰ボランテア


   <薄化粧した早池峰山、薬師岳>
 11月4日に岩手県自然保護課よりの要請で小田越からの薬師岳、早池峰山の登山道補修作業を行った。
 釜石からは五葉山石楠花山荘への薪上げとダブったため白ジーと二人だけの参加だった。6時半我が家を出発、すっぽりとガスに包まれた遠野を過ぎ、荒川高原を越えて河原坊に向かう。ガスを抜けると秋空の澄んだ空に薄く雪化粧をした早池峰と薬師岳がくっきりと浮かび上がってきた。


  <河原坊に集まったボランテア>
 8時10分に到着、早すぎたなと思ったがすでに数名が着ていた。8時半には20名を越えるボランテアが集まったが、指揮を取る県庁が来てなく手持ちブラで待つ。10分前に県庁職員3名到着、今日のボランテアは27名で予定以上に多いので山頂付近の落石の危険の有る所の整備もしたい、希望者を募ると言うので手を上げたかったが、最近あまり膝の調子が良くないので自重した。


  <木道整備>
 薬師岳の登山道の木道に滑り止めの板を付ける作業を行った。木道幅に合わせて板を切り釘で止めてくのだ。順調に作業は進むが、肝心の材料が足りない。
 30分位で終了やり残した木道を横目で見ながら引き返す。
 薬師岳は小田越峠を挟んで早池峰山と対峙するように聳える1645m山だが早池峰山に比べ訪れる人も少ないがヒカリゴケなど希少植物など早池峰と違う植物の宝庫でもある。


  <早池峰山の整備>
 早池峰山の木道は来年秋に全面交換予定なそうだが、木が腐って所々穴が空いている、そこを凸凹に刻みを入れた板を重ねて補修するのだが、木が腐ってるので鎹でも釘でも止めるのに苦心していた。位置をずらしたりしてどうにか止めこちらも材料切れで終了する。


  <補修の終わった木道>
 10時半前に作業は終わり、山頂グループが黙々と登っていくのを見ながら解散する、来年は十分に材用を用意して、もっと早い時期に行うこと、ひ尿下ろしなどのボランテアを来年も頑張ろうと誓い合って帰路に着く。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )