マズマズのカレイ釣り


     <今日の仲間>
 5月13日に海物語号で5時出航でカレイ釣りをしました、11日にカレイ釣りをセットしたのですが、叔母さまが亡くなりその葬儀ため行けなくなり一人でも行ける今日の釣りとなった。同行者は昔KFC釣りクラブ時代からの付き合い寺村君とその従弟船頭夫妻の5名であった。
 11日のメンバーから釣った人で40枚を超えた良かったと言う人と型はいまいちであったと報告されてたので数は出るな、船頭の前回は60cm位のナメタから良型のマコガレイが釣れた、今日はヒガレイからスタートすると言うのでイソメだけ2000円持ってきた。


    <馬田沖の釣り場>
 馬田沖で船を流す、仕掛けを竿にセットするまではしたがエサを付けるのは船が止まってからだ、船頭が下ろしても良いよと言われてもエサ付けに手間取る、船頭は科の切り身を使ってたので直ぐに投入する、まだエサを付け終わらない内に1枚目を釣り上げる、良型のヒガレイだ!! エサを付けて投入数回の小突きで当たり、なかなかいい感じ!最初から刺身か?と期待して上げるとダヴルで上がって来る、残念なような嬉しいような複雑な気持ちで二投目に、この頃寺村君たち竿を下す、この船は飛ばして走るので止まってから作業を始めるので。二匹目からはマコガレイしか釣れない、他の人はヒガレイが主だ、又マコ釣りに戻ったか?1月の釣りの時は私だけヒガレイ釣り他の人はマコガレイを結構釣ってたので。
 小突き方をゆっくりしたり様々変えてみたがマコガレイガ釣れる。ヒガレイの方が喜ばれるのに、
 魚の群れは大きくないらしく直ぐ釣れなくなる、型も小さくなりリリースサイズが来る、私だけがリリースしてるみたい。船頭用事のため11時には上がらないととナメタの大物釣りに仮宿前に移動、前回釣った場所を狙って探って歩くが竿先が突っ込む当たりが来ない、大物も小物も来ないので1時間ほどで戻る、養殖棚の中を流したがポツリポツリの釣りで11時が付かずいて来たので止めにする。


     <今日の釣果>
 今日の釣果はヒガレイ 10枚(最大35cm最小25cm) マコガレイ 19枚(最大33cm) アイナメ 1匹 リリース マコカレイ 8枚アイナメ 1匹 イカを使った船頭良型のヒガレイ数釣ってた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

満月の大潮


       <広田湾に朝日が昇る>
 4月30日5時出航で広田しました。脇ノ沢漁港えびす丸でカレイ釣りをしました。1月に膝の人工関節置換術の手術をし200人に一人の確立でなる感染症になり膝から下がパンパンに腫れてしまい10日間ベットに固定され冷却治療でりはびりリハビリに入るのが遅れ退院も遅れたがインフルエンザに隣の人が罹り部屋が外から遮断されリハビリも受けられず部屋からも出られなくなったため医者に申し出て通院でリハビリを受けれれることで2月22日に退院したが思うように歩けずやっと釣りが出来るようになった。


       <今日の仲間>
 4時半通岡インターを降り高田に向かう途中のコンビニで小松さんと合流し漁港まで案内された。小松さんの仲間一人と一緒にえびす丸に乗船すぐ前のカキ筏に付け竿を下す。朝日がまぶしい、事前の小松さんの話でクーラーは二つ持ってこい、エサは充分にと言う事でクーラーは娘の所から借り、イソメも2500円購入して来た。仕掛けを投入したらすぐ来るかと期待したが中々当たりが無い、仕掛けは寄松式天秤で無いとだめだと言われたが自分の仕掛けとの差を見るため敢えて自分の仕掛けを使う、小松さんとその仲間の人は筏の中に仕掛けを投入してた。その仲間の人に最初の当たり、アイナメの50cmを楽に越してるのが釣れる、マコガレイも50cmオーバーが昨日も釣れたと船頭が言う、40cm以下は放流だと言う。その時私に当たり、ドラックが空回りしてて上がって来ない、締め付けて巻き上げる、船頭がタモヲ持ってきた、ドラックを利かせないとダメだ指で糸を抑えて釣ると教えられる、50cmオーバーではドラックが利かせないとハリスが切られてしまうそうだ。魚が回ってるのが分るマコガレイだ、何時の間にか立ち上がって巻いていた、それまでは膝に力が入らないのでクーラーに腰を下ろして釣ってた、魚が突っ込むと巻くのをやめ又巻く、久し振りに味わうこの感触、今日はこれが何度も味わえるかと思った。45cmのマコガレイで皆はまだまだ小さい50オーバーでなければ此処のカレイじゃない、と言われれば期待感は増すばかり。食ってきたのは下針なので柔らかく50cm誘わないとと思った。
 船頭がこれに入れろと持ってきたのは魚を入れる篭で直径1mも有ろうかと思われる巨大な篭である、これに魚を貯めるなだそうだ。小松さんも釣れたが30cmに満たない小物で針を飲み込んでたからと回して来た、桜井さんまだ釣ってないからこれを入れてとやる。と私に当たり、今度は軽い32,3cmのマコガレイだった、小松さんが同じくらいのを釣って私によこす、小松さんの友人も同じくらいのを釣り桜井さんにやる、船頭も同じくらいのを桜井さんに、ぽつぽつと釣れたが目指す50cmオーバーは現れない、何時もは移動は余りしないそうだが釣れないので移動を始める、沖に浅場にどこに行っても釣れない、マイボートの人にも何艘か会うが50cmの顔が見れないところが40cmにも会えないとボヤいでた。
 今日は満月の大潮だもな、とつぶやくのが聞こえてくる、やっぱり満月の大潮はダメだな、潮を見ないで日にちを決めた小松さんが悪い、せっかく釜石から来たのに申し訳なく思えと船頭が言うがこれほど釣れないとは予想も就かなかったのだろう。
 カキ棚がダメならとホタテ棚にも行って見た、やはり一匹も来なかった。釣れないのに小突きぱなっしも辛いもので手が痛くなったり感覚が可笑しくなったり左右交互に持ち替えて小突く、何も考えない、口も動かない黙々と小突く井さんが来た!!と叫ぶが掛からない、私に当たり、小さいが今日の標準サイズが来た、続けて小松さんの友人に桜井さんも釣り上げる皆同じ位のサイズだ、途中私も寄松仕掛けに変えてみたが当たりが無いので自分仕掛けに戻す、この時は誰にも当たらなかった、11時に私に当りがあり38cmのを釣り上げたのが最後で13時近くまで当たりが無かった、何時もならとっくに止めてると小松さんに何時までやるかと聞くと14時までと云う、その時船頭が止めにしませんかと云った、渡りに船の感じで釣れてればだが釣れないからヤメッペスと終了となった。


      <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ 4枚(45,38cm、32x2)プラス2(小松氏より)アイナメ 船頭より。桜井さん2枚で貰った魚で十分んだと言ってたが他の人たちは基準の40cmオーバーが無かったためゼロであった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

皆が満足したカレイ釣り


      <今日の仲間>
 1月12日尾崎白浜漁港喜宝丸で6時半出航でカレイ釣りをしました、5日に初釣り予定が船頭の都合と海が荒れたので秀明君と輝美君は今日が初釣りとなった。ブログを見てもカレイ釣りの情報も無くなって来てるので、何時もお祭り後始末で一緒の皆に申し訳なく思い、今日はなんとか釣れますようにと祈る気持ちで有った。



    <馬田沖>
 港を出た船は馬田に向かう、此処は初に釣れ始めたばしょで場所でずうと攻め続けられてるが、船頭は此処しかないと言う。白崎の定置に近い場所で仕掛け投入、最初に私に当たりが来たがバラス、輝美君が最初にヒガレイを釣り上げる、続けて私に来た、マアマアサイズだ、続けて皆巻いてる。心配してたが、大丈夫釣れそうだ、仕掛けを下すと直ぐに当たる、がバレが多い、当たっても直ぐに釣り上げないで食い込ませて釣り上げるようにする。
 食ってくる針は先の動かない針に付いてる、食いも浅いからバレルようだ。食い込ませようと待つとダヴルになる。30cm位のが2枚付いてくると竿先が海中に突っ込み大物が来たと思わせる、最初はタモ!!と言ってたが後は見極めてから呼ぶことにした。ダブルは5,6回有った。
 隣の桜井さん小突きが激しい、注意しようかと思ったが釣れてるので思い止まる。
今日は今シーズン最後の釣りとなり、16日に入院、17日に膝の関節置換手術をするので一過か月の入院が必要と言われてるので春までお休みとなる、今日は心置きなく釣り納と釣りに集中する、仕掛けを投入すると何回も小突かない内に当たりがある、忙しいほどだ。
 移動の時を利用してバケツが魚で一杯になって来たのでクーラーに移し替える、数えてみると23枚ある。まだ8時を少し回った所なので今日は相当稼げるなと思った、他の人たちもエーと驚いてた、俺の倍処で無い三倍だとの声がする、自分でも相当飛ばしてなと思ったがそれが続かないのが今の私だ。
隣の桜井さんとお祭りをしたのが始めで小ぶりのヒガレイがダブルで釣れたのが桜井さんの仕掛けと絡み道糸まで絡んだので解くのに時間が掛かった。私の仕掛けを切ろうかと思ったが直ぐに解けそうに見えたが意外と掛かってしまった、絡み癖が付いたのか先針が天秤に絡んだりした、当たりも遠のき他の人が調子づいてきたのか一番釣れなくなってしまった。

 9時半頃から風が強くなり風波も出て来た、年のせいか釣れない時間が現れる。次にお祭りをしたとき針を切り落としたのでついでに仕掛けを交換した、気分転換したのか又釣れ始めるが朝のようでは無くなった。


      <今日の釣果>
 今日の釣果はヒガレイ 46枚、 マコガレイ 3枚、リリース 2枚でした。サイズは30cm前後が主でリリースサイズはあまり来なかった。私はヒガレイが主で有ったが桜井さんはマコガレイの方が多かった、他の人もマコガレイを釣ってた、釣らなかった人でも30枚以上釣ったと言うので時期的にしては良い釣りで有った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初釣り

 1月5日海物語号で初釣りを行いました、別の船でやりたいと思いメンバーを揃えたが船頭が正月中は出ないと言われ桜井さんと二人で初釣りとなった、最初はヤリイカ釣りから始めた。暗闇の中三貫島に向う、イカ釣りの仕掛けを投入、藤佐夫婦は商売でやってるので直ぐに始める、桜井さんはツノを一本にしたので直ぐに始める、私は震災後初めてのイカ釣りなので中々仕掛けが下りて行かない、今日はテンテンでやってみた、竿だと2,3本付くと重くてリールを巻くのが大変なので、船頭の釣れてると言うのでその気になってイカツノも7本も付けておお釣りを狙ったが釣果は1匹だけ、船頭も3匹止まり、桜井さん”0”藤佐夫人は10匹位かあまりの不漁でヤリイカ釣りは止めてナメタ釣りに切ら換える。
 他の人は直ぐに準備が出来たが私はイカ釣り道具を片付け竿を出したりカレイ釣りの準備をしたりと結構時間が掛かるが皆さん私を待ってたのか誰も釣らない、今日は魚の休みの日かと不安が走る。私の仕掛けが底に着く前にやっと船頭にヒガレイの小物が釣れる、私は十数回の小突きでヒガレイの小物、同じ位の間隔でマガレイが釣れ、同間隔でナメタが来た、ナメタの引きは気持が良い気持が良い途中で竿先が海中にツッコンだりと楽しめる。他の人があまりの釣れないので移動する。


        <マンポの定置>
 定置は漁は終わってるから中でやれる、釣れるときは魚が集まってるので大漁となるが、今年は何処の定置も魚は居なかった。仕掛けを下しても直ぐに食って来ない、散々小突て当たりが有ってもヒガレイの小物が多い、2か所目で当たりが来た、ナメタと思い充分に食い込ます、竿先がグーっと突っ込んだのに合わせる、重い、リールが重くて中中巻けない。これは大物間違いなしとタモ!!と叫ぶ。上がってきてガッカリ、トリプルで上がって来る。上から30cm位のヒガレイ、次いでナメタの45cm位、先にヒガレイの20cmのが付いてる、20cmヒガレイは海に叩き付けるように投げ捨てる。これが1枚だったらと嘆くが仕方が無い、ナメタは早合わせが禁止がから、トリプルは其の後も1回有った。


      <白崎の定置>
  釣れないので白崎に移る、此処が一番ナメタが濃かった、最初に釣ったのは私で3枚目を釣った直ぐ後で船頭が50cmオーバーのナメタを釣る、此処では網の中を移動しながらの流し釣りをした、次いで私に突然グイ!と大きな当たり、思わず合わせてしまった。2,3回巻いた所でバレル、直ぐ下ろして小突く、今度は食わせてとじっと待つ、竿先がピク付いてるが待って合わせる、竿先がしなる、手応え充分と思ったが次の瞬間ぽんと竿先が戻る、巻き上げると23,4cmのヒガレイが付いてた、これが竿先に悪戯してたので早合わせになってしまったようだ。次は無かった、裏に回り仕掛け投入、数回の小突きで当たり、じいーと待って合わせる、今度は確実に掛った、ゴツゴツとナメタ特有の引きが伝わって来る、ツッコミが有り絶えて巻き上げるとガツと巻けなくなる、何かに掛かったようだ、船頭も何かか釣れたが引っかかる。網だな、緩めても落ちていかない諦めるしかないかと糸を持って引き上げるが仕掛け毎切れる。引き上げると皆掛かるが無事に上がる。仕掛けを新しく交換し投入する、私の仕掛けが底に着く前に桜井さんに待望のナメタが来る。残るは船頭の奥さんだけとなる、もう一か所位で終わりだなと云われた処で私に小さなナメタが釣れた、船頭の今日は釣れなかったのぼやきを聞きながら風も出て来たので終わりにした。


      <今日の釣果> 
 今日の釣果はヤリイカ 1杯、 ナメタガレイ 4匹、マコガレイ 1枚、ヒガレイ 10枚、アイナメ 1匹でした、ナメタは全部で6枚しか上がらなかった、今年の初釣りは皆に比べると良かったが釣果としては不満が残る釣りとなった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今回もお祭りが終わってた


     <今日の仲間>
 12月19日仮宿漁港稲荷丸でカレイ釣りをしました、メンバーは秀明君、鶴田君、輝美君と私の四名で必ず来る桜井さんは前回ナメタを4枚釣ったので流し釣りのため四名にするため外した。6時半出航だったのですが仮宿に行く道が工事のため通行止めや変更されていて看板を見落とした私が道に迷い遅れてしまい遅くなってしまった。
 私が着いた時は皆船に乗っており私の乗船を待って出航となる、船は出て直ぐに船頭の下ろして良いよの声、先週頃までここらで入れ食いで釣れてたそうだ、準備のできた人から仕掛けが投入される、鶴田君が最初にヒガレイのマズマズサイズを釣り上げる、私は仕掛けを竿に付けようとした時で続けて秀明君が良型のマコガレイを釣り上げる、40cmは超えてるとの声が聞こえる、やっとエサを付け終え仕掛け投入、暫く小突くとググウと良い当たり、合わせて巻き上げる、竿先が突っ込む、やった!!と喜ぶと竿先がピンと戻る、バレタ!仕掛けを下し小突く、ピクピクト手応え、合わせるが掛かって来ない、ナメタか?船頭食いが悪いから私のあわせが早いのでは、と言う、じっくりと食い込ませるかと小突く、暫く当たりが無い、エサが無いのではと心配になる、点検に上げて見るかとその時当たりが来た、今度はじいーと待つ、グイっと手答え、竿先が突っ込む合わせる、引き上げるが上がって来ない、竿を思いっきり引き上げる、ゴツゴツと魚信が伝わって来る、大物だ!!巻き始めるとスイスイと上がり始めた、船頭がタモか?と聞く、それ程でもないかも、と言った途端竿先が海中に突っ込み巻けなくなる、船頭もタモヲ大きいのに変える、上がって来たのは期待のナメタだ無くマコガレイだった、大きい、50cmは超えてるなと船頭、図って見ると48cmであった、丸々と太っていて肉厚で大きく見える。その後ヒガレイの26,7cmを2枚上げたがポツリポツリしか釣れないので移動する。
 大仮宿沖に行き仕掛けを下すがサイズが小さい、風が出てきて沖に出れないと言う、ナメタの釣れる所はダメらしい。


        <ドウブケ>
 オイデ崎を回り北三貫定置付近のドウブケ前でシーアンカーで流し釣りをした、仕掛けを針のアマカツ2Lから3Lの針を付けたのに変える、エサはサンマを買いに行ったがどこにも売ってなくサバを持ってきた、ヤリイカの小さいのも準備した、最初は錘上にだけサバや子いかを使ってたが先針だけイソメを使った、此処はおおきいヒガレイが来た、大きいのはサバや子イカにイソメに来るのは小物だけでが風が強くなり白波も出て来た雨も降って来た。
 帰り三貫の横を通るとき波を被るかもと船頭が言うので船頭に任せるからと風が少しy和待った時仮宿前に戻る、朝やった所で12時までやり終了。
船頭今日は最悪だと言う、良い所は有るがそこには行けなかったと言う。



       <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ  3枚、ヒガレイ 24枚、オコゼ 1匹でした、写真に写ってる上がヒガレイでその下がマコガレイの48cmで隠れてヒガレイの49cmがいる、枚数の割には重量が有った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ナメタ釣り


     <三貫定置>
 12月16日6時半出航で新浜町から海物語号でナメタ狙いでカレイ釣りをしました、メンバーは何時もの桜井さんと船頭の藤佐夫妻、古い釣り仲間の寺村君、一緒に釣りをするのは何年振りか忘れるほどだが話だけ何時もしてる仲である。隣り合わせで座り親交を深める。
 船は最初尾崎白浜の定置に向かう、先に着けて釣りをしてたが向こうはイカ釣りで藤佐さんとは知り合いらしく釣り情報を交換し合っていた、此処では何も釣れなかった、移動も一回だけで三貫の定置に向かう、仕掛けを下して暫く当たりがなかった、最初の当たりは寺ちゃんで小ぶりのヒガレイが上がる、間もなく私にも同サイズが上がる、後ろで来た来たと嬉しそうな声が聞こえる、桜井さんにナメタが釣れる、私にもグイグイ引く魚が来た、ナメタか?と喜んだがアイナメ特有のゴツゴツとゆう引きになる、40cmに満たないアイナメが来た、根が有るからナメタは来るぞと思ったら寺ちゃんに来たぞと嬉しそうな声、40cmを超えるナメタが来た、後ろでもタモタモと叫び声、桜井さんに良型のナメタが釣れた、此処では3枚ナメタがでた、小さなヒガレイが釣れるだけなのでマンポの定置に移動する。


     <マンポの定置>
マンポの定置には先客が居た、少し離れて着けて仕掛けを投入、当たり無く移動して仕掛け投入、桜井さんにナメタが来るがその後当たり無で白崎の定置に移動。


     <白崎の定置>
 白崎の定置には2艘の先客、風が出て来たので定置に着ける、最初に来たのは桜井さん、今日は大当たりで一人で4枚目だ、続けて寺ちゃんヒット、2枚目、私にも当たりは有るが釣れて来るのはヒガレイだけ、藤佐さんにもナメタが釣れる、残るは私だけ、焦る、泣きが入る、もう少ししたらヒガレイの場所でヒガレイを釣って帰ろうと船頭、今日はダメかなと諦めかけたところで竿先が突っ込む、合わせると力強い引きが伝わって来る、やっと来た!!嬉しさと安ど感が湧き出る、ばれないことを祈りながら慎重に巻く、船頭のタモに入りナメタゲット、46cmのマズマズサイズで有る。
 間もなく船は馬田に移動しヒガレイ釣りになる寺ちゃんが前に来たときは入れ食いで釣れたそうだが今日は食いが悪い、釣りつくしたかと船頭、ポツリポツリとヒガレイが釣れる、私には25,6cmの小さなのしか釣れないが船頭には30cmオーバーのが掛かって来る、見るとサンマを使ってる、あまり釣れないので止めるかと船頭が言ったとき私に良い当たり、これが上がったら止めと皆巻き始める、やっと刺身になるヒガレイが来たかと思ってたがあげて見ると35,6cmのナメタがレイだった。

 今日の釣果はナメタガレイ 2枚、ヒガレイ 19枚、マコアレイ 2枚、 アイナメ 1匹、 ソエ 1匹で有った。藤佐夫人は陰で見えなかったので釣果は分からないがナメタは船で9枚で有った。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またもや不漁


       <首崎>
 12月7日6時半出航で崎浜漁港幸誠丸でカレイ釣りをしました。この船はコマセをかけて魚を集めてくれるので、それを期待して頼んだが最後まで流し釣りで有った。船の情報ではヒガレイの40オーバーが出てるようだったので期待をしての釣り行だった、メンバーを組んだのが久しぶりの釣りだったので皆待ちこま寧でいたのか直ぐに6名集まった。直前に一人急用が出来参加できなくなり5名での釣り行でした。
 最初は崎浜沖の脚崎寄りで流す、釣り船が一艘先客が居て流してたが釣れてる様子が無い、私は一人後ろに陣取りゆっくりと釣る、コケないことに気を付けるする、仕掛けを投入して暫く当たり無い、初めてプルンと小さな当たりらしいのが感じる、とりあえず合わせる、電動のスイッチを入れる、上がって来たのはリリースサイズのヒガレイでした、最初がこれでは縁起が悪いと今日の釣果に不安を感じ釣ったヒガレイを思いっきり遠くへ投げる、チョット移動して仕掛け投入、数回小突くと重みを感じる、タコだ!!妻にタコは要らないと言われて来たのに釣り上げる、小さなマダコだった。エサを付け替えせっせと小突く、今度ははっきり当たりが分るのが来た、船頭が何が来た、と聞く、間違いなくカレイだ、26cm位のヒガレイが上がる、エサを付け替え投入しようとしたら他の人にカレイは来ないので大きく移動すると上げの合図、船は大塩岬寄りに移動、此処もカレイは来ない、リリースサイズのヒガレイとコチが釣れる、船頭が吉浜湾に行くと船を走らす、首崎を回った所で仕掛け投入、此処もダメ、釣れたのはフグで見たことが無い真ん丸なフグで船頭も初めて見たと言う、中の方で釣り船が2艘釣りをしてる、近くを流すが27,8cmのヒガレイが2枚釣れただけ、他の船も激しく移動してるので釣れてないよう、また越喜来湾に戻る。

 首崎を回った所で釣る、写真を撮ろうとしたら電池切れの表示、電池量も少ないが低温のためと防寒具の中に入れ保温をする、メンバーの写真も撮れないとと思い暫くしてカメラを出そうとしたがカメラが無い、そんなに動いてないので直ぐに見つかると思い釣りに集中する、そのため以後の写真は無い。
時間のせいか、塩加減なのかいくらか釣れ始めたが期待した40オーバーのヒガレイは現れなかった。船頭は13時過ぎまでやろうと言った来たが秀明君から14時に会議が有るので13時には上がりたいと言った来た、12時半に竿をたたむ。



      <今日の釣果>
今日の釣果はヒガレイ 13枚、マコガレイ 1枚、タコ 4枚でした、タコは大きくなったようです。
        
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

タコに邪魔されカレイは?


     <馬田沖>
 11月22日海物語号でヒガレイ釣りをしました、メンバーは藤佐夫妻と桜井さん、昔フイッシングクラブ時代の仲間だった堀内さんと私の5名で6時出航で湾防を出て直ぐの馬田の前回喜宝丸で釣った所より沖てで仕掛けを下す、今日も楽しようと電動リールでの釣りにした。
 私が準備に手間取っている真に皆は釣り上げている、私が準備出来て仕掛けを下すころは皆2枚目を釣り上げていた、藤佐夫妻や堀内さんたちはサンマとイカの切り身を使ているようでエサ付けが早い、私たちは前回はサンマやヤリイカの小さいのにあまり食いが良くなかったのでイソメを主とした。
 やっと仕掛けを投入し数回小突くとグイと手応え、合わせて電動のスイッチを入れる、重いが魚が暴れる魚信が無い、タコだ!一投目からタコか、私にはタコはあまり来ないのにた愚痴りながら取り込む、あっちこちでタコが来た!!と騒いでる、エサを付け替え仕掛け投入、2,3回小突くと竿先がブルルンと震える魚信が来る、今度はカレイだ、30cmチョイのヒガレイだが仕掛けが天秤に絡まってる、前回の反省で仕掛けの先端に小さなフロウト玉を使用してたが潮の加減か先端が浮き気味になるため絡むのかと思い今度は店で売ってる先端用のビーズを使ってみたがこれも浮き気味だったようだ。
解いてエサを付け替え投入、投入さえすれば直ぐ釣れる、当たりが有ってバレル、次のあたりが来ないので上げてみると外れたはずみで絡んでしまっている、解いてエサの付け替えをやるが2,3回で又絡まる、これでは手返しが悪いので仕掛けを交換する。
 交換後は絡まりが少なくなったがバレが多くなった、面倒くさいのでそのまま使う。タコが良く釣れる、昔からタコを釣れない人だったのに何故かタコが来る。大きいなと思うとバレる、家に帰ってよく見ると針ががまかつ2Lで小さかったせいか?


     <棚で釣る>
 9時過ぎころから風が出て来た、少し両石寄りの棚に付けて釣る、此処でも釣れた時があるようだが今日は釣れなかった、もう少し釣りたかったが終了となった。前にこの船でイワシで釣ってた時はこの辺が良かったようだ、この時は調査釣りで御箱崎の先端から始め仮宿、マンボウの定置を経て白崎の定置で初めてヒガレイに会えた、次の日夫婦でここに来て大漁したからいかねかと言われても私たちを調査要員にし自分たちが釣れたと言うのは逆では無いか、まず自分たちで調査をしてお客を乗せるのが筋だは無いか、それでいくら釣れるからと言われても断った。


     <今日の釣果>
 今日の釣果はヒガレイ 27枚、 タコ 11枚でした、他の人は大きな刺身用を何枚も釣ってたが私には来なかった、それでもタコを入れるとクーラーが一杯になり重くて運ぶのが大変だった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

呪われた釣り


       <今日の仲間>
 11月8日前回と同じ喜宝丸で6時出航でカレイ釣りをしました。メンバーは桜井さんは不動の方で輝美君と新さんとの4人です、大きなヒガレイと真蛸が釣れるよと誘った、私も前回仕掛けのテストも終わったので自信を持って臨んだ。
 桜井さんは私の家まで来て私の車に乗り換えていくのだが約束の時間より早めに来る、今日も20分も早く来たがそのまま出発したので早すぎるなと思ったが他の二人はもう来ていた、船頭も出航の準備をしていたので早めの出航となった。小松に向かうかと思ってたが湾港防波堤の横を通って馬田に着く



      <馬田>
 良いよとの合図で仕掛け投入、私は今日も電動リールを使用することにした、小突きが雑になるが楽な方が良くなった。そこに錘が付き3,4回小突くとグーと竿先が突っ込む、手ごたえ十分、電動のスイッチを入れる、此処は浅く30m以内で直ぐに魚が見える、船頭がタモヲ掛けようとしたら魚が外れる、船頭がタモヲ救い上げたがリングに当たったが外に逃げてしまった。最初がこれだと縁起が悪いなとと思ったが最悪はこれからだ、仕掛けが絡んでる、天秤や道糸まで絡んで針も複雑に絡まってる、何処から手を付けたら良いか分からないような絡みだ、まずイソメを取り除き針を外す、何でこんなに複雑に絡んだろうと思うような絡みだ、やっと解いた時は全員2枚を釣り上げ3枚目に挑戦中だった。仕掛けを下すと数回の小突きで釣れる、仕掛けは合ってるなと自信を深める、移動して又投入、今度も直ぐに当たり、30cmオーバーのヒガレイが釣れる、しかし仕掛けが絡んでる、5回と小突いてないがこれでは釣りにならないと仕掛けを交換することにした。仕掛け交換中に桜井さんはマダコやカレイを釣り上げる、仕掛けの交換を終えると移動だと言う、異動後仕掛けを投入すると直ぐに当たり、今度の仕掛けも合格だなと直ぐに皆に追いつけると思った、前の仕掛けとの違いは3cm短いこちらはマコガレイ釣りに使ってるがヒガレイ用に作ったのが今日の潮に合わなかったようだ。
 サア追いつくぞ!!と張り切って仕掛け投入、ガツっとなんか引っかかる、タコかな?と思ったが根係でした、こっこで場所替えで尾崎灯台下に移動

 仕掛け投入、数回の小突きで此処も一番乗り、今日一番の37cmのヒガレイが釣れる、ここで勝負と仕掛け投入、十数回小突いたら前と同じ位の当たり、ニンマリ笑って合わせると上がって来ない、諦めて手で引っ張るも上がって来ない、てこずってると船頭が手伝ってくれた、魚がグイグイ暴れてるのが伝わって来る、針だけで上がってるれと願うがもろ仕掛けごと切れてしまう、仕掛けが無い、3個もあれば間に合うだろうと1個を輝美君に上げてしまった、もう1個作る予定だったが一昨日夕方に従弟が渋柿を柿箱3個も持ってきてくれた、それを串柿にするため皮むきやら干し方で暇がなく作れなかった、予定外の仕掛けでやらなければならなくなった。仕掛けを作り返してる間に移動して小松に入る、柏木島沖を流すが直ぐには来ない、やっと来ても超大物は来ない、船頭が釣りつくしたかと言う、あのご釣り船が入りそれで今日はこれまで来なかったようだ。


       <篭船>
 船は前の尾崎灯台下に戻るすぐ横を漁船が走る、見ると篭を投入しながらだ、私たちの船より岸側を2回沖手を1回投入してた、船頭ボヤク魚は居るんだけど篭がぎっしり入ってるから釣りにくい、言ってる間に又仕掛けが根係、今度は針だけで済んだ、根係は私だけが頻発してる、輝美君も私がやった仕掛けを切ってしまったと言うから仕掛けが悪いのかと思われる。トラブル続きで釣ってる時間が無い、下ろせば直ぐに当たるから相当釣れたはずと思われる、船は最初の馬田に戻って釣る、朝に比べて魚が釣れない、代わりにタコが釣れた、桜井さんがタコの入れ食いで私はマコガレイ2枚とヒガレイ1枚タコを3枚釣る。

 今日の釣果は写真を撮るのを忘る位に落ち込んだ、食いが浅いのか途中バラシも多かった、マコガレイ 3枚、ヒガレイ 10枚、タコ 6枚でした、マコガレイは35cm以上有った、ヒガレイは30cm前後だった、一番釣れなかった輝美君でも15,6枚は有ると言ってた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヒガレイ釣り


 11月2日尾崎白浜漁港喜宝丸で6時出航でカレイ釣りをしました、今日のメンバーは何年振りの鶴田君と何時もの秀明君、桜井さんとの4人で久しぶりの釣り行となった、この間何度か計画したが台風や時化で中止となった。
 ヒガレイが釣れてると情報が入って相当日にちがたったので残っているか?心配しながら漁港に向かう、船頭も台風後やってないので行って見ないと分からないと言う、6時丁度に出航小松湾に向け走る。


         <柏木島>
 柏木島前から流し釣りを始める、船頭の合図で一斉に仕掛けを投入、今日は電動リールを使う、秀明君から電動が必要かどうか?聞かれたので船頭に聞くと60m位と言うので私も使ってみるかと持ってきた、去年は一度も使ってなかったので充電したが今朝出発まで充電が終わって無かったので投入前にテストしたら動いたので使用に踏み切った。
 錘が底に着き2,3度小突くと竿先が海面に突っ込む、合わせてリールを巻こうとスイッチを入れるがリールが動かない、何でとよく見るとリールとの接続ジャックが外れてる、手巻きで巻き上げる、久々の引きだ!!35cmは超えてる、周りから大きい!!と羨望の声が聞こえる。エサを付け替え投入間もなく当たり、前より強い引きだ、今度は電動で巻き上げる、途中で魚のツッコミがなくなる、バレタ残念、今日の仕掛けは手造り天秤の片天仕掛けで長めにした、針はチヌ針5号を使用してる、巻き上げ速度が速すぎたかと次回から下ろす、次第に浅くなり40数メーターになると来なくなる、又柏木島前に戻って流す、最初に釣るのは私だが何時もの事だが何かコケル、飲み込まれた針を外そうとペンチで針を引き抜こうとして針を折ってしまったり、水深が50m前後なので手巻きリールの竿に交換したがやっぱり楽な方が良いと電動に戻したり一番釣れてる時にやったり、お祭りして仕掛けがキンク癖が付いて仕掛け交換を移動中にやる予定が手間取ったりして釣れてる時を逃がしてた。
 交換した仕掛けも皆より釣れてたが根係で切って次の仕掛けは別のタイプにしたらあまり釣れず、この際仕掛けテストをしてみるかとやったらこれもあまり釣れなかった。全然釣れない分けでも無いので時間も無いので最後まで使う。
 流し始めは型は良いけど浅くなると小さなのが釣れるようだ。
 タコは多かったようだ鶴田君はカレイが来なくてタコしか釣れないとぼやいてたが私には一枚も来なかった。


         <今日の釣果>
 今日は混ざりけなしでヒガレイ 28枚、 サイズは39cmを最大で38cm37cm(2枚)35cmオーバー4枚と大型が釣れた、秀明君は後半追い込み39枚、タコ、アイナメと竿頭で桜井さん、カレイ20枚くらいとタコ、アイナメ、鶴田君 カレイ 10位、タコ 10枚以上。
 仕掛けテストなどで釣果が伸びなかった、もっと真面目にやれば良かったとと反省。

     
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ