ぱぷあ日記(日本変)

海外生活はもう引退。これからは、日本に腰を落ち着けようと思います。第二の人生を切り開く様を書いていこうかと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツノゼミ

2015-01-11 21:00:10 | 昆虫
ユニークな形の昆虫の代表と言えば、まずはツノゼミだろう。
子供の頃、図鑑で見たツノゼミは、とても魅力的だった。

しかし、実際見てみると、しょぼい。
なぜなら、非常に小さいからである。

恐らく、ここアルゼンチンでも、こんな奇妙な形をした昆虫がいることに
気づいている人は少ないと思う。



しかし、南米のツノゼミは、奇妙な形をしているものが多い。
接写すればこれが自然の造詣?と思われるような奇天烈な昆虫である。



恐らくアリに擬態しているものと思われる。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ウラモジタテハ | トップ | イナゴのような »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アリカツギツノゼミ (はまます)
2015-01-12 09:56:26
これまた凄い!
横から見ると確かにアリが獲物を運んでいるようにも見えますね。
こいつはヒロズアシブトウンカを連想させます。
本当に南米の昆虫には興味が尽きません。
はまますさん (oikawa)
2015-01-15 10:23:29
南米も凄いけどパプアも良かったですね。
ツノゼミは、南米が一番かもしれませんが、
あまりであったことがありません。

コメントを投稿

昆虫」カテゴリの最新記事