徳兵衛、狂人の頭の中

C-PTSDを病む四十男です。このブログは、時事に関して、言いたい放題に言い放していくブログです。よろしく!

『首相「責任政党」を強調―自民結党60年で式典』-6の民が喜ぶならなら、4の民が死んでも良い

2015-11-29 21:09:43 | 狂人の頭の中
首相「責任政党」を強調=参院選へ結束呼び掛け―自民結党60年で式典



安倍首相が「二度目」の首相に就いたとき、余程なにか胸に秘めたものがあったのか、

「国民階級の貧富による二分化」を推し進めてきている。

『富めるものには、課税を薄くし。貧しきものには、給付を薄くする。』

「薄・薄」というヤツでなんだか、避妊具の宣伝じゃあるまいしね・・・

なので、企業には非常に甘い政策がとられているし、

盲目な一般人などから「批判の的」になりがちな『生活保護受給者』などには、

非常に厳しい政策、つまり何回かに分けて引き下げが繰り返されている。

つい最近も「住宅扶助の引き下げ」があった。

だが、こんなことニュースでは取り上げない。

ほとんどの人が「生活保護受給者は、楽してノウノウと暮らしている。」と思っている。

おそらく、今そう思っている人たちも二分化されていき、

「持つものと持たざるもの」に二分化されていくだろう。

そうして、国の負担はなおさら膨らんでいく、なぜなら社会保障費に充てなければならないからだ。

さて、『責任政党』とはなんだろうか?

「日本式民主主義」とは?





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村




コメント

『米仏露、地上軍投入へ 特殊部隊や無人機も』-いつも先走る米の内情

2015-11-28 00:36:59 | 狂人の頭の中
米仏露、地上軍投入へ 特殊部隊や無人機も IS資金源の石油施設など攻撃対象



アメリカが第二次世界大戦後、ずっと休みなく世界中で軍隊を展開し、

また、その軍隊が戦闘状態にあるのはなぜだろうか?

まずは、大戦後すぐに起きた朝鮮戦争(1950~休戦中

それから、ベトナム戦争(1960-1975)

アフガニスタン紛争(1978-1989)への支援

イラン・イラク戦争(1980-1988)への支援

「9・11」をうけてのアフガニスタン戦争(2001-現在

イラク戦争(2003-2011)

こう見てもらえれば解ると思いますが、ちゃんと戦後処理した戦争がないんですね。

ただ、ことを急いで出口のない戦を延々と繰り広げただけ。

戦争に至った理由はおそらく、特にベトナム戦争に見られたのですが

「話し合いより、戦争の方が短期に決着出来るという目算あったから」だろう。

それから「短期」でなければ、困る事情もある。

それは大統領と議会の問題や任期の問題などが絡み合って、

世界を引っかき回しているわけだ。

「世界に戦闘状態がない時間は一秒もない」このことを忘れてはならない。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



コメント

『アメリカ・イギリス・フランス「ロシア」』が、揃うという数ヶ月前では考えられない連合軍

2015-11-24 00:28:09 | 狂人の頭の中
【パリ同時多発テロ】空母シャルル・ドゴールから戦闘機発進 「イスラム国」掃討へ「任務着手」と仏メディア

ちょっと、タイトルがイヤミでしたかね!?



このラス・プーチンが西欧諸国と組むとは思わなかった。

でも、心底西欧諸国と肩組み合っているわけではないらしい・・・

「シリアが終われば、ハイさようなら」ということだろうね。

そうなれば、また違う「世界的対立軸」が出来てくる。

今は中東の「小さいところ」で収まっているけれど、

いずれ、「ビックッバン」のように急激に大きなものになるでしょう(予言)。

その急激に成長する対立がイコール戦争になりはしないか?

私はそれを危惧する。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






コメント

『大阪W選共に大阪維新が当選』-知事は現職、市長は橋下氏の後釜

2015-11-22 21:18:41 | 狂人の頭の中
大阪知事に松井氏再選確実、大阪市長は吉村氏初当選確実



今日、投開票が行われた「大阪府知事・市長選挙」で、結果は『大阪維新の会』の大勝であった。

府知事選は、現職なので基本的に選挙は「現職有利」なので解るが、

問題は「市長選」だ。

今回、「大阪維新の会」から出馬したのは市議会出身の吉村洋文氏40歳(若いなぁ~

もちろんのこと本人の実力ではない。

バックに橋下氏がいたならばこそ。

しかし、どうだったろうか、この4年の橋下市政は。

区長の公募制は良かったが、運が悪かったのかその人選が良くなかったり・・・

地下鉄の民営化で議会と揉めたり・・・

結局のところ、「議会(自民・公明)との調整能力が無かった」

自分(大阪維新の会)の所帯が少数であることの自覚がなかったと言って良い。

そうして、議事が進まないことを全て議会の野党の責任に転嫁して、

囲み取材でぶちまける。

まぁ、弁護士ですからそこら辺はお得意でしょうね。

さてさて、この先の「吉村市政」はどう進むのか?

「橋下院政」の中、市政が進むのであれば、市民はどう思うのでしょうか?

それでも、「橋下院政-吉村市政」を支持するのでしょうか?




※『院政』とは・・・現職を引退した人が、なお実権を握っていること




にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村




コメント

『日本に無人偵察機を売却,3機総額1500億円―米』-何に使うのかなぁ~?

2015-11-21 20:43:59 | 狂人日記
日本に無人偵察機を売却=3機総額1500億円―米



非常にタイミングが悪いというか解りやすいというか・・・

「値段とか数」とかそういった問題ではなくて、

「買うか、買わない」という問題で、その先の『これをどういったことに使うのか?』

おそらく政府は内容を明らかにしないだろうが、

南沙諸島や魚釣島、北朝鮮まで飛ばすかもしれない。

アメリカは冷戦当時も当時ソ連と偵察機(当時は有人)の「落とし合い」をしていた。

それは、「実戦(戦争)」に発展しかねないことであり、

それを想定して、偵察行動をしなければならない。

日本は非常にインテリジェンスに関して後進国だ。

日本はどのような立ち方(守り方・攻め方)をするのか。

それが決まれば、自ずと偵察機の使う範疇も決まってくるはずだ。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






コメント