『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』

『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』二件の事故が元で『複雑性PTSD・鬱』になって闘病している者の日記です。

闘病記 『昨日辺りから、床上げ』ー自宅入院から復帰!?

2017年03月25日 22時28分13秒 | 複雑性PTSD・鬱闘病記

え~、8日間程自宅で「寝たきり」でありました。

私と主治医の間では、「自宅入院」と呼んでおります。

主治医から時には「入院する!?」と勧められたときは「いえ!『自宅入院』します!!」

と言って、譲りませんでした。

今回も入院を勧められるほどの程度まで機能は落ちてしまいましたが、

主治医から「入院」を勧められることはありませんでした。

今回は「不眠」が酷くて、『夜中三時頃にようやく入眠して、早朝五時には目覚める』

という『殺人的な』日常を過ごしておりました。

結局、そんな生活が長続きすること無く、先週の木曜に「進退不能」になってしまい、

欠勤を余儀なくされました・・・(^^;

今日の午前中に緊急受診をしまして、現状を言うと

主治医曰く、「普通、これくらいの薬で効くんだけど・・・」と。

私、「すみません、すぐ『耐性』が付くもので・・・」と。

私の「弱点」というか「強さ」というか、肝臓がそういう作りなのでしょうね。

麻痺しているんでしょうか?

私はこの歳まで10回くらいの全身麻酔を伴う手術を繰り返してきましたが、

手術前に麻酔医から検査を受けるのですが、麻酔の量は毎回「MAX」の値を処方されました。

その後、飲み薬に変わっても「MAX以上」を体が求めるようになり、

主治医を困らせる事態に至っているわけです・・・。

いやな体の「癖」です。

昨日辺りから、ようよう床上げをいたしまして近所の「スタバ」まで歩行訓練。

で、今日は「勤め先兼通院先」の病院へ受診してきたわけです。

早速、明日出勤です!!!!!

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の恥部を晒す『日本版・不可触民』の研究!!

2017年03月18日 21時59分49秒 | 『日本の「恥部」を晒す』

もう、以前にも書きましたが、この「穢多・非人等」の被差別民については

15冊ほど読んでいるので、あくまでも「自分の中」で、

なにか、「まとめなければ」と思っています。

・「穢多・非人」の起源をめぐる論争の終着点

・始めは天皇に使える「聖なる職」なのか?

・いつから「賤民」となったのか?

・「佛教・神教と賤民の関係」

・明治の「四民(士農工商)平等」と「明治以降の賤民・貧民」

・戦争と賤民

・「戦後の賤民(同和)政策」と現在

etc

別に「専門家」に成るつもりはないけれど、「問題の深掘り」はしたい。

私がとある役所に行ったときに、窓口に放置してあった「部落」のゴム印・・・。

これは、去年の下旬の話しです。

まだまだ、「現在の問題」なのです。

それは、「籠に乗る人、担ぐ人」という関係が今なお続いているという問題提起でもあります。

また、人間心理における「差別したい人間の業」の問題です。

戦争ににしろ、経済にせよ「他より抜きんでたい」という事でしょうから、

「差別意識の萌芽」と言っていいと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

複雑性PTSD・うつ病闘病記 『あ~、調子悪い!』

2017年03月17日 00時55分08秒 | 複雑性PTSD・鬱闘病記

最近は「過覚醒」といって、『眠れない・眠りが浅い』日々を過ごしております。

週の後半の木曜くらいになると、月~水曜日の不眠かたたり欠勤になる事が多いのです。

今週もご多分に漏れず、木曜を休んで明けて明日の

金曜のミーティングを休むこととしました。

木曜は欠勤したんですが、

空手道の稽古は師範がグアムに行っている都合で稽古に出ていました。

正直、しんどかったです・・・。

なにせね、毎日平均睡眠時間3~4時間で質も悪い。

そのツケが木曜日くらいに来るわけです。

毎年、同じ時期にこんな状態ですわ。

「過覚醒・過緊張」の時期です。

たまによく寝られても「フラッシュバック」でカウンターパンチを喰らって

さらに酷くなったりして・・・

「七転び七倒れ」という感じで、倒れっぱなしです。

来期から勤務を増やそうかと思っているのですが、

「増やしたいです!」といってもこんな状態では説得力がありませんよね・・・。

 

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うつせみ吠える!『社会は差別を助長する』

2017年03月14日 21時47分18秒 | 空蝉、現身、現人的こころ

※「故・ムッシュかまやつ」ではありません。

人間はおろかな生き物で隣人やたまたま隣り合わせた

「人との差」=「自分の優位性」を見付けたがるものです。

それは文明国であればあるほど、強い物になってくると思われます。

日本では『民主・資本主義』と言いながら、セーフティーネットを手厚くし、

大きな法人を倒産させないように政府や政府関連金融機関が支えてきました。

いわゆる『護送船団方式』というやつで経済発展をしてきたわけですが、

自民党はどんどん海外や社会の要請で「規制緩和」をして、

民間の自制心に移譲してきたわけです。

グローバリズムですが、これはそれぞれの日本の法人を世界のルールに晒してきたわけです。

銀行で言えば、どんどんと合併が進んでいき、

訳の分からぬ長いただつなげただけの銀行名が誕生するわけです。

(どことは言いませんが・・・)

結局は、弱小企業が倒産・吸収・子会社化して行き、「社内身分差別」が出てくるわけです。

せっかく、金融業界を例に挙げたのでもうしますと、「あの人は✕✕銀行出身だから・・・」

てなことで、出世出来なかったりするわけです。

合併前の両社の規模で決まるわけですね、これは様々なルポなどで

生々しいやり取りが確認できますので、その手の本を読まれると解ると思います。(自習)

まぁ、「社内」ならばガマンすれば、給金をもらえるわけですが

ここ十年ばかり、それまでの「一億総中流社会」の崩壊です。

この崩壊により、一度ドロップアウトすると、その人達を再雇用する許容が無くなり、

「永年ドロップアウト層」を生み、セーフティーネットの負担が増し

「ドロップアウト層性悪説」が、選挙の票を生み今の政界の「一強他弱」を生みました。

結局はその政界図は、社会の所得差を予見することになりました。

『所得の「一強他弱」化』です。

「ドロップアウト層性悪説」を自民党は選挙の争点にして大勝したのですが、

その自民党を支持した国民自身が「自分で首を絞める」形になった人も多かったはずです。

私の持論では「民主主義は、時に愚か者の暴走を支持する」のです。

かの「アドルフ・ヒトラー」でさえ、選挙で支持されて選出されたわけです。

その先は、言わずもがな・・・です。

自民党に投票した方は、「ハイル・晋三!!」てなことを言ったも同然なのです。

 

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うつせみ佛教問答 『時間は存在するのか?』

2017年03月12日 00時10分35秒 | 空蝉、佛教問答

「また、何を言い出すんだ!」と言われるかもしれませんが・・・(^^;

これは「佛教学」、「西洋哲学」、「物理学」の世界では

『永遠の課題』と言ってもいい疑問です。

「時計が動いているじゃねぇか!!」と言われるかもしれませんが、

それは、ひとつの「目安」、「共同の仮の認識材料」とでも言いましょうか、

共同」と言いましたが、これは「危うい認識」です。

お互いに同じ感覚であるか?

相手が時間の認識を持っているか?

大変怪しい世界です。

ちょっと、物理学などをかじった人は「ビックバーンから時間は生じた」と言う人もあるが

そんなの誰が認識したのか?

「今日は短く感じた!」とか、「嫌な時間が長く感じた。」などとは、

よく日常会話であることです。

本当にその人に流れる時は長かったのかもしれませんし、

そもそも時間など無く、それぞれの勝手な認識なのかもしれません。

佛教のごく一部の集団からは「刹那滅論」というのが出てきまして、

「1刹那=1/76秒」としています。

それとこれは佛教に広くある共通認識ですが「三世実有」という考え方である。

「あらゆる現象は、『過去』、『現在』、『未来』それぞれに存在する。」と言う考え方です。

これは原始仏教の「説一切有部」という佛教集団でいわれたことですが、

今の「寺の坊主」は、『佛教の哲学』など捨てて、毎日の浄財の勘定に熱心なようで、

学問的なことは「大学に任せておけ」と言わんばかりです。

「時間とは何なのか?有りや否や?」考え出すと寝られなくなります。

ただでさえ、不眠期なのに・・・

時間の無駄?

そんな事言わずに・・・

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うつせみ的こころ-『ひとはそもそも「善人」か?「悪人」か?』

2017年03月02日 17時07分54秒 | 空蝉、現身、現人的こころ

なんだか厄介な話しだと思うかもしれませんが、

単純な話しのように見えて「・・・えっ?」と、考える内に解らなくなってくるかもしれません。

古くは紀元前から「善人論」と「悪人論」とがあり、

『これ!!』というのが無いのが現状です。

それぞれの「生育歴」あるのかもしれませんが・・・

日本で有名になったのは鎌倉仏教で浄土真宗の開祖親鸞は以前からの「悪人正機」説に

再び光を当て「阿弥陀仏の目的が凡夫の救済を目標としている」ことから、

善人が救われるのなら、悪人は尚のこと救われるべき存在だ

ということである。

親鸞像

つまるところの「悪人正機」と言う考え方である。

キリスト教文化では違うようで「原罪」と言う考えで、

「ひとは元々生まれたときから、『罪』を背負っている」という考え。

チャップリンは映画「チャップリンの殺人狂時代」の中で、

殺人の限りを尽くした主人公・チャップリンが逮捕され、ギロチンに掛けられる前に

部屋に神父が訪れ、「君の迷える魂に神のご加護を」を行った後に

殺人狂・チャップリンが「私は神と争ったわけではありません、世間と戦ったのです。」

の後に「『罪』とは何です?地上に落ちた天使から生まれるのですか?」と言っている。

これがキリスト教の「原罪」の考え方でこの娑婆世界で生まれながらに背負っている

罪を解消していく、減らしていく。

そんな感じですかね(いい加減な・・・)

私も「人間は(生まれながら)『罪人(つみびと)』で、愚かな存在だ」と思っている。

話しを現実に下ろすと、人間がこの地球上で罪の限りを尽くし、

そして、住めなくなった地球で死に絶えるか、もしくは罪によって生命の危機が

迫っていてもそれに勝る科学の進歩で生き抜くか、

どちらかだろうと思う。

基本的には、人間は「倫理・道徳」の面において誠実になる事は皆無だと思っている。

最初の方で言いましたが、佛教でもキリスト教でも『性悪説』で

「現世で徳を積みなさい」と言うことだが、人類が文明を起こして今に至っているが、

人間はこの地球上で好き勝手にしてきた。

徳を積むところでは無い。

改心しない者は自滅するのです。

 

 

 

 

 


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「清水富美加の出家騒動」

2017年02月21日 16時35分09秒 | 空蝉、現身、現人的こころ

日本において本来の意味での出家はほとんどないといって良い。

浄土真宗においては開祖親鸞が妻帯と自由頭髪を許してから、

なんだおかしくなってきた。

その前から、政治家であった天皇家が天皇を退位した上皇が出家すると法皇になり、

特に白川、後白河法皇が権勢を欲しいままにした。坊主なのに・・・。

後白河院

また、応仁の乱の元になった義政の後継を「還俗」という「反則技」で

武士に戻したりもしている。

ちなみに女性の還俗は認められなかったあたりは「男尊女卑」を如実に表しているといえる。

しかし、女性でも男性として出家させるというこれまた「反則技」で

将来還俗の可能性を含みつつ出家させることもあった。

「時宗(佛教宗派)」と「黄檗宗(禅宗の一宗派)」は、

解らないのだがほとんどが「妻帯O.K.!」としている。

ん~、なんだか出家・得度のという『世間との隔絶という覚悟』が

感じられないと思うのは私だけだろうか?

中国や東アジアの佛教国は妻帯を許していないと思うのだが・・・。

今回の女性タレントの出家騒ぎで『出家とは娑婆世界と一線を画する』という

覚悟がいることを忘れては行けない。少なくとも「駆け込み寺」ではないのである、

本来はね。

 

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『スーパーフライ!ジミー・スヌーカー死去』-WWE

2017年02月18日 21時16分51秒 | 奇論、迷論人物批評

ファンクス vs ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカー

『スーパーフライ』ことジミー・スヌーカさんが亡くなった。

晩年のスヌーカさんはNo.1プロレス団体の『WWE』におけるプロレスラーの

処遇について訴えていた。

プロレスラーに「筋肉増強剤」の強要し、健康状態を悪化させたこと。

当時、アメリカでは一斉を風靡した「ザ・ロード・ウォリアーズ」の

ホークさん(向かって左側)が、同じく筋肉増量剤の摂取で若くして亡くなった。

他にWWEは「高所デスマッチ」において死亡事故を起こしている。

昨今では、現アメリカ合衆国大統領である「ドナルド・J・トランプ氏」が

登場して話題になったが、レスラーの酷使、使い捨てが目立ち、

日本人レスラーで、「キラー・カーンさん」があの「ハルク・ホーガン」と

死闘を繰り広げて話題になった。

WWEがプロレスラーの使い捨てをするようになったのは、

現経営者の「ビンス・K・マクマホン」に始まる。

父の「ビンス・マクマホン・シニア」の時にはそのようなことが無く、

当時、アメリカには「プロレス三大団体」といわれる

「AWA」、「NWA」、「WWF(現WWE)」が拮抗していた。

そんな中、「AWA」は、経営が逼迫する中、経営陣がめまぐるしく変わって自滅し、

「NWA」は、後に「WCW」に取って代わり、その後規模は収縮して行った。

「WWE」は、エンターテイメント性を強く打ち出し始めたことにより、

人気が上がり、全米を席巻するまでになった。

そのエンターテイメント性を強く打ち出す為にプロレスラーを酷使したわけだ。

プロレス界では「万死に値す」存在だと思っている。

日本では「ノア」が事実上倒産し、新日本の「一強多弱」状態になり、

一興業の終了時間の遅延や新日本自体が所属プロレスラーが

多いため持て余す状態になっている。

今、現在の新日本プロレスの状況を見ていると、ストーリー性の稚拙さや集客力の無さが

目立ちもはや業界の「頭打ち」が見られる。

ハッキリ言って、今のプロレスにはワクワク感がない。

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の恥部を晒す『日本共産党研究の正体』-の研究

2017年02月11日 06時41分17秒 | 『日本の「恥部」を晒す』

最近、体調が思わしくなくて本もあまり読んでおりませんが、

立花隆 著「日本共産党の正体」は、ちょくちょく読んだり、

他の共産党関係資料を図書館に行ってはコピーして読んでいたりします。

最近もっとも強烈な印象をもったのが、『戦時共産党』の時の「リンチ死亡事件」だ。

共産党は常に「特高(特別高等警察)」のスパイが常にいる状況で

時に「頭打ち」のようにして「壊滅的状態」に及ぶ検挙がなされている。

9割くらいの中央幹部が検挙され、獄中に運ばれた共産党幹部は改心?

して共産党から離脱していった。

戦時共産党は、「天皇制の打破」、「資本主義から共産主義へ」と言うことを真剣に考えていた。

話しは戻るが、スパイがいる事が常態化していることが幹部の疑心暗鬼と混乱を招き

「査問」といわれる拷問が行われた。

裁判上では、「手違い」によって、特高からのスパイは殺された。

後に共産党内で絶対的地位を確立する「宮本顕治」は、この嫌疑で逮捕され刑についている。

日本が敗戦し、1945年(昭和20年)10月4日GHQの指令

「政治的市民的及び宗教的自由に対する制限の撤廃に関する覚書」が

出され、これを受けて10月5日に司法省は政治犯の釈放を命じる。

 政治犯釈放を翌日に控えた10月9日に出獄。

また日本共産党の再建に精を出すことになる。

その後、宮本は「参議院議員(2期)を務め、日本共産党書記長、同委員長同議長を歴任」

いくら恩赦としても「殺人犯及び共助」の過去は拭いきれない。

それは良いが、立花隆の「日本共産党の正体」では、生々しいまでの描写が描かれていて、

正直、読むに耐えなかった。

宮本自体、「査問、リンチ死亡事件」についてどのような考えを持ていたのか、

宮本亡き今、知る由も無い。

私は、ある程度まで日本共産党の調べを終えた後、「特高」、「日本社会党」の

文献を漁って、知識を深めようと思っている。

「日本共産党」と「旧日本社会党」との違いやイデオロギーの違いからの対立が

どこの齟齬から始まったのか調べていきたいと思っている。

共産党に関しては、「革マル(日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派)」や

「学生運動」などの動きから、「共産主義者同盟赤軍派(赤軍派)と

日本共産党(革命左派)神奈川県委員会(京浜安保共闘)」などの『総括』として

殺人事件が起きている。

「誇り高き主義・思想」が、大きくかけ離れた「査問・総括」の名の下に

「最初から、『黒』と決めてかかっての査問では、スパイであろうが、

そうでななからろうが、関係ないのだ。

今なお、バックボーンが変わらぬ「日本共産党」には

『脱・格差社会』の脱却の提示が必要であろう。

 

 

ほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『さまよう患者』-当事者と医療側の妥協点

2017年02月07日 21時28分20秒 | 空蝉、現身、現人的こころ

私は精神科の単科(ひとつの科)の病院しか見ていないのでわからないが、

精神科に関して言えば「再入院」の確立が非常に高い。

それも前回の入院から一年以内という短い期間だ。

各いう私も過去そうであった。それを足かけ三年続いた。

計三度の入院をしました。

その当時、知り合った患者さんが今なお入退院を繰り返しています。

なぜか?私なりの定点観測をしてみると、「薬物治療に頼りがちである」、

「退院後の日中活動が乏しい」、「患者同士の横のつながりが強い」、

「家族から白眼視されているか、理解度が低い」といった感じである。

私の場合は運良く拾われ、何度となくつまずきながらも

周りの人々の理解や妥協でこの就労が許されていることである。

はっきり言って「稀」であると思っている。

しかし、自分のガマンというか、努力というか、

そういうものを強く求められる場面が必ず来る。

その時に、「前進するか」、「決断しないか」、「回避するか」で

大きく後が変わってくると思う。

私自身もまだまだ「寛解」とはいえず、「薬物治療」に加え、

一年半くらい前から「カウンセリング」も受けている。

後戻りはまっぴらご免だからである。

今もなお、前に進んでいるのか、後ずさりしているのか時々分からなくなる。

不安になるが、そんな時はそのことに関して「思考ストップ」することだ。

違う前向きな材料を見繕ってそれを考えるに限る。

「寛解」に近づくには辛いことをせずには通れないが、

決して逃げずに味方をいっぱいつけて立ち向かうことである。

いずれは通らねばならぬ道である。

また、病院に入って解ったことだが医療者側にも問題があり、

「入れ(入院)さえすれば・・・」

そんなこんなで「△病棟の主(ぬし)」と言われるベテランがわんさと居ますよ。

結局、地域社会に出られずに病院で最期を迎える方も多いのである。

通院は生涯避けられぬかもしれないが、病院のベッドでおさらばゴメンである。 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加