空蝉-現人<うつせみ>日記

『空蝉-現人』両方とも『うつせみ』と読みます。二件の事故が元で『複雑性PTSD・鬱』になって闘病している者の日記です。

空蝉<うつせみ>現人 『貧乏艦隊!』

2016年05月24日 03時31分14秒 | 空蝉<うつせみ>現人 『貧乏艦隊!』
先週の事でございます。

今は「過活動期」で、金も無いのに酒が飲みたくなって、

近くの繁華な駅前まで繰り出したわけです。

いつもいっている?立ち飲み屋に行ったのですが満員・・・

「ちぇっ」と心の中で舌打ちをしながら、ブラブラしていたわけです。

そうすると、前から気になっていた洋風(イタリアン?)の立ち飲み屋があって

そこはまだスペースが空いていて、そこになんと客引きに可愛い女子大生!!!!!!!!♡

まんまと引き寄せられ、まずは生ビール!

それから、グラスワインの赤を一杯。

「ん〜、もの足らん」と、赤のボトルを一本頼んで、

なんだか、お隣さんとも仲良くなって(男性ですが・・・)

酒も進んで、二本目を注文。

それもなんだか知らないうちに呑んじゃって、

内心、懐具合を考えて「もうそろそろ、まずいかも・・・(^^;」と思い始めたので、

ここで一度チェックをして、酔っているもんだから思考回路がやや壊れ気味で、

さらにグラスワインを飲んだところで最後のチェック!

フラフラと歩いて帰って、荷物をそんぐりお店に忘れました(笑)

それから、帰ってビールを呑んで寝ちゃいました。

そうしたら、『貧乏艦隊』が登場しました!



な、な、なんと、財布の中には16円しか残っていないのです!!

「ガーン」次の入金は31日です。

米も足りない計算です。

それで、昨晩ない頭を絞って考えました。

「そうだ!持っている落語・漫才のDVDを『Book Off』売ろう!」と。

それで、もう10年前に買い揃えた

「やすし・きよし」の5巻組と「桂枝雀」のを2巻持って行きました。

そしたらなんと、9,100円に売れたのです!!!

これで月末まで過ごせます。

とんだ恥を申し上げました。

お後がよろしいようでm(_ _)m







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりね!

2016年05月21日 19時49分13秒 | 複雑性PTSD・鬱闘病記
熊本地方に於いてはまだまだ余震が続いております。

くれぐれもお気を付けくださいm(_ _)m

しかし、ボランティアの方もご苦労様です。

私のようなポンコツにはマネ出来ません。

気温が上昇しておりますのでお気を付けくださいませm(_ _)m





「調子が良いかな?」と、最近思っていたのですが案の定、宍戸錠・・・



エースのジョー!

・・・と、まぁこれは冗談ですが、調子が平年並みになってしまいました。

朝が辛くて、どうしようもありませんな。

倦怠感も半端じゃない。

ん〜、それから寝られない・・・(T-T)

毎晩寝付くのは、AM3時以降。

その上、朝は辛いが6〜7時に起きるというなんとも殺人的な睡眠時間。

毎年、軽減しているように感じますが、

健常者から見たら、まだまだです。

さて、生涯掛けてユルユルと回復していくのかな・・・








にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年前のブログは・・・

2016年05月13日 23時54分04秒 | 空蝉の現人的こころ
熊本地方に於いてはまだまだ余震が続いております。

くれぐれもお気を付けくださいm(_ _)m



この『gooブログ』は、サービスなのかお節介なのか、

「あなたの一年前のブログ」として、メールが送られてきます。

きょうもそんなわけで送られてきたわけですが、

私にとっては「障害の定点観測」として役に立ってます。

私の「2015年5月13日」は、

『四月は寝たきりに日が多かったが、五月に入ってマシになってきた。』というものでした。

今現在と同じです。

ですが、多分当時と同じだと思いますが、勤務以外の所用はなかなかできないのが現状です。

あ〜、もっと実のあるブログを期待ものです。







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『日本の「恥部」を晒す』−平安時代の『穢多・非人』は江戸時代のそれと連続性がない

2016年05月07日 23時13分16秒 | 『日本の「恥部」を晒す』
仕事に復帰して、職場全体の「風景」が変わっていてすっかり「浦島太郎」の空蝉です。




まず、平安時代の賤民と言われた「穢多・非人(他に呼称はある)」の発生元は

『天皇邸の庭掃除』から始まると言われる。

そこから、天皇家が行幸する前の道路にある死体や動物の遺骸、ゴミなどの清掃までに派生し、

「遺骸を取り扱う賤しいもの」=賤民(穢多)が大体のストーリーだ。



江戸時代くらいの賤民の定義は、乞食等の無職の者は当然だが、

例えば、「出雲の阿国」などの踊り手も賤民で、その後「女歌舞伎」として発展したが、

江戸時代に入って「女歌舞伎」がお上によって禁止され、今の形になった。

「出雲の阿国」は、元々出雲出身だが京都の河原で踊っているところを

秀吉に拾われたいきさつがある。

さて、他だが『職能民』というのは細かく職業が上げられていて

その行動も制約が厳しかった。

『穢多』の頭は江戸幕府開闢前に鎌倉にいた「弾左衛門」というのが、頼朝の許可状を持って

江戸に入る家康を品川まで迎えに来たという記録がある。

それ以来、『穢多頭・弾左衛門』として、明治初頭まで代々受け継がれることとなる。

『非人』は、これも関東に在していた「車善七」というのが、

『非人頭・車善七』として、江戸幕府から認められ「弾左衛門の直轄組織」として

組み入れられるが、善七はそれを良しとはせず、幕府に数度「独立した組織」として

認めるよう嘆願しているが、却下され『非人頭・車善七』と言う地位も

取り上げられ、完全に「弾左衛門直轄組織」になってしまう。

江戸幕府崩壊後、庇護してくれる後ろ盾がなくなった「弾左衛門」は、

江戸時代、「矢野・弾左衛門」を名乗っていたが、明治に入ってからは、

最後の当主、弾左衛門(直樹)は名を改め『弾・直樹』と名乗るようになる。

その後、『弾家』は続くのだろうが、私の調べではここまでである。

戦国〜織豊〜江戸時代と弾左衛門ら『穢多』は皮革職人であったらしいく、

それには、斃牛馬(へいぎゅうば=牛馬の死骸)が必要であり、

また、庶民は牛馬の死骸を忌み嫌った。

特に公家や武家は嫌い、当家から死骸が出た事実をも隠したがって、

密かに『穢多』に連絡を付け、引き取らせた。

『穢多』としては、「生業の原材料」が、タダもしくは安価な値で入るのだから、

需要と供給の利害が成立していたわけである。

皮革製品は鎧の部品をつなぐひもに使われたり、馬の鞍などに使用された。

しかし、明治に入り欧米化した日本軍隊はヨーロッパの革製品(革靴など)を使うようになり、

すっかり下火になり、今現在皮革製品の加工を行っているのは大半がヨーロッパ式であり、

『穢多』とは無縁である。

まだまだ書き足りないが今晩はこれまで・・・







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は軽いか?私の『記念日』

2016年05月05日 00時14分42秒 | 空蝉の現人的こころ
今日、『5月5日』は私にとって記念日です。

先週までは「地獄のような毎日」だったのに今週仕事に復帰してから軽減しました♪

「仕事に復帰する!」という意識が気を引き締めているのか・・・?

昨日4日は仕事でした。

復帰本番は来週ですね、さてどうなるか?

そして、『7月の記念日』もありますので、

毎年、毎年勝負です!!







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空蝉の精神世界へのいざない『私の人生が波乱過ぎて・・・』と、よく聞かれる

2016年05月01日 23時45分25秒 | 空蝉の精神世界への誘い
過去に大変な思いをされて、心を痛めた方々は時に調子が悪くなると、

思いを過去に馳せて、「なぜ、私だけこんな目に遭うのだろう」と思いがちです。

私もその一人ですが・・・。

経験から考えると、「ある一定の期間」は、考えの向きを帰るのは難しいと考えます。

この「ある一定に期間」は、グルグル頭の中を巡っているだけで行動に移すのは難しいのです。

例えば、「話す」という行為でさえ、相手のリアクションを考えてしまい躊躇してしまいます。

ですが、グルグル考えるのもMAXを超えると言わざるを得なくなります。

そして、時に他人から見て「独りよがり」とまで取られるぐらいに

『私の人生が波乱過ぎて・・・』と、口にのぼせ上がってしまうのです。

それは、過去にダメージの深さを物語っているのかもしれません。

専門家に寄れば、それは「心の脆弱性」、

つまりは、それぞれの心がどれだけ強固か脆弱かという個人差によって、

現れ方が違うというのです。

しかし、当事者側から言わせていただければ、

「ただ一人の個人に、二度三度と訪れる災難・不幸」は、

『私だけが、不幸・・・』と、一時的に思っても致し方ないところはあると思うのですが。

私同様、この「身の不幸」から抜け出そうと、もがき・あがいています。

もしくは、その行為も止めてしまい、

「ただ、あるがままに・・・」と、過ごすのも良いのかもしれません。

今までの話しで言うと「私だけが!私だけが!」というのは、ちょっと見苦しいのかもしれません。

逆説的に言えば、「人間らしい」のかもしれませんが・・・。

人間が人間を脱する生き物であれば、自省すべきでしょうね。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主治医に褒められた!?

2016年04月30日 17時19分25秒 | 複雑性PTSD・鬱闘病記
今月も最終日ですが、まぁー散々でしたね(笑)

初旬には足のボルトを抜くのに入院したわけですが、

今月に入ってから「鬱突入!」というわけで、何にも出来ないわけです。

なわけで、ブログ更新も散々なわけです。

入院していてわざわざDr.が気を利かして期間まで延長してくれたのに

同じ階下のリハビリ室に行けないと言う情けなさ・・・

退院してから今現在からも一度しか行けてないのですねぇ〜。

メンタルのDr.に関しては25日に薬が無くなるので行かなければならなかったのですが、

まんまと『フラッシュバックどストライク版』を喰らってしまいまして、

メシも喰えない有様でした。

でもって、ようやっと今日の診察でございまして本論に入ります(序論が長い)



昨日晩に「寝ないと、やってられない!」と思い、近くに出来た

『すぎ薬局』に眠剤を求めに行きました。

有名な「ドリエル」を無意識に手にとって、

「さて、寝られるぜぇ!」と思って、待ち構えると

「おぉ、波が来たぞぉぉぉぉぉぉぉぉ!」と、思ったら引いていっちゃって、

そのまま・・・。

で、今日診察の時にDr.に言ったら、薬の名を言う前から、

「ドリエルでも買ったの?」だって!

「え!?」

「これだけ飲んでるのに効くわけ無いじゃない!」

おぉ、凄いね、俺の耐性!!

威張れないかぁ・・・。

そりゃね、Dr.が眠剤増やすの二の足踏むくらいの量だからね。

私もある時期から「おねだり」しないようにしてますがね。

みなさま、肝臓をお大事に・・・

それから、くれぐれもアルコールとの同時摂取は止めましょう!







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャンソン歌手で作家の戸川昌子さん死去 82歳

2016年04月26日 20時32分07秒 | 奇論、迷論人物批評


戸川昌子さん 「ボン・ボワヤージュ」


戦後の歌謡界というものはそれぞれに「華」がありまして、

シャンソン界では、戸川昌子さん、石井好子さん、丸山明宏(美輪明宏)さん、越路吹雪さん。

蒼々たる面々です。

今の時代が「群雄割拠」なのかどうか解りませんが、

私の目には「小粒」が並んでいるだけの様な気がします。

なので、「学芸会の延長」では困ります。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『鬱』で減量

2016年04月25日 01時49分58秒 | 複雑性PTSD・鬱闘病記
退院してから一週間強ですが、入院時より5kg減量しました。

というか、寝たきりでメシを食わなかったからですが・・・(^^;;

腹が減ったからと言って、貯めて食べるわけではなくいるので増加はしないわけです。

この時期は『鬱傾向』になる方が多く、どこの病院も若者を始めとして外来に多くいらしてます。

場合によっては「入院」と言うこともあるわけです。

一度、「入院」をした方は、その回数を重ねるのが常のようです。

私の場合、たまにDr.から「入院」勧めれますが「自宅入院」を堅持しております。

寝ておりますと、「人生無駄にしてるなぁ〜」と、思うこともありましたが、

最近は、『思うだけ無駄』と思うようになりましたね。







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の『恥部』晒す−備忘録メモ

2016年04月22日 22時33分08秒 | 『日本の「恥部」を晒す』
長いこと書いていなかった気がしますが、一度目の入院は6週間入っていて、

その間に持ち込んだ本やAmazonで買った本を病院着にして、

部落差別問題をさかのぼって、江戸時代〜平安時代まで今行き着いております。

ではでは・・・




現在の『部落差別問題』は、『職業差別』であったこと。(女性の売春も含めて)

差別の元は『穢れ(けがれ)』を嫌う意識で有り、

そうして、最初は「天皇の庭園の庭の掃除」から始まり、

「平安京のゴミや野ざらしになっている死体の除去、

時代が下ると、牛馬の死体処理からそれから派生する皮革製品の専業・専売を認められ、

その牛馬の死体処理が『専業』が、また差別意識を生んで、

明治維新と共に『専業』ではなくなった。」

さて、女性はどうだったか?

今では「売春婦」などとイメージが良くない名が付いているが、

平安期には「白拍子」・「遊女」と言われて、男性の平安貴族と縁を結んで、

子供を宿せば、その子は正式な貴族の子として扱われ、

産んだ「白拍子」・「遊女」も貴族として扱われた。

そして、所領も与えられ代々女性が土地を継いでも良いとされていた。

その当時は貴族と対等に渡り合えるほど識字率が高く、

『和歌集』に名を連ねる女性も出てくるほどである。

その女性達が「その地位から転げ落ちた」のは、

平安時代の「貴族社会(文化中心)」から、「武家社会(武芸中心)」に移ってから、

女性の地位は下がっていった。

しかし、武家社会の始まりである「鎌倉〜南北朝〜室町〜戦国〜織豊時代」になっても

どっこい、「高利貸し」などをして、福々しくなって身動きに苦しむほど

太った女性の図が伝わっている。





今日はこの辺で!!









にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村









コメント
この記事をはてなブックマークに追加