『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』

『空蝉・現身・現人=うつせみ日記』二件の事故が元で『複雑性PTSD・鬱』になって闘病している者の日記です。

野中広務・辛淑玉 「差別と日本人」

2017年06月13日 00時17分16秒 | 『日本の「恥部」を晒す』

まぁ、対談形式だったせいもありますが、あっという間に読了。

辛淑玉氏の誘導もあったが、野中さんのバックボーンを知ることが出来た。

野中さん自身は京都の園部出身で自身が「部落」出身であることは、

野中さんが大臣や自民党の役職を歴任する前に様々なインタビューに答えるのを見て

「なんで、こんな実力(人間的な)がある人が、総理や総裁の下で働いているのか?」

と、思い始めたらマスメディアで徐々に「野中広務の出自」が話題になってきて、

間接的に世の中で「『部落出身者』だから、総理になれない。」という

雰囲気になってきたのを覚えている。

「反・小沢」、「反・小泉」、「反・麻生」、そしておそらく「反・安倍」の立脚点が

ハッキリしている政治家。

それはなぜか?

いずれのお歴々方も自分の実力で政治家に成っていないのである。

小沢一郎も父が政治家、小泉純一郎も家の稼業が「政治」である。

麻生太郎も「麻生財閥-吉田茂の孫」という血筋、

安倍晋三も「父が外務大臣-岸信介・佐藤栄作の孫」。

野中広務氏は、たたき上げである。

それも政治家をしつつも弱者「被差別者(差別を受けている人)」の支援を積極的に行っている。

例えば、ハンセン病(元)罹患者、在日朝鮮人、被差別部落民、(朝鮮・台湾籍)元日本軍人など。

もちろん、従軍慰安婦(今は差別語)もです。

日本の解消していない問題は今なお残っていることが野中氏の今後の課題らしい。

残念ながら、「精神疾患者」は入っていませんでした・・・。

 

まぁ、前振りが長かったですが本題に入りましょう!(いつも本題の前で終わりますが・・・)

『差別(区別)』は、いまやマスコミは「タブー」になってしまい、

「日本には『差別』は無い。」と言わんばかりだが、

さて『京都から部落差別・部落行政は無くなったか!?』と言われれば、

どっこい今も存在している。

私のブログであまり『部落行政』は取り上げてこなかったが、

役所へ積極的に「被差別部落民を採用する」これが彼らの掲げる『平等』であり、

まことに歪んだ行政であることは言うを待たない。

近畿圏では「京都・大坂・奈良・兵庫」というのは、部落差別が激しい地域だ。

「差別を解消するには・・・」ということの答は、団結だそうで

残念ながらこの答は、「被差別精神疾患者」には応用できないことです。

「生活困窮者」もそうですね、今や「生活困窮者は日本経済の足を引っ張る悪者」扱いである。

ちなみに、「生活保護費」は年々減らされている。

時には「夏期・冬期手当の取り消し」や「保護家賃の削減」である。

今年に入って、その当時の私の担当者が「うつせみさん、家賃の手当が4万円に下がりました。」

とのこと・・・。

私は関係なかった、なにせ3万6千円のボロアパートですからね。

困るのは、今まで4万以上の家賃の部屋に暮らしていた人です。

実質、生活費を切り詰めなきゃいけませんからね、死活問題です。(ホント)

私なんぞは「メシは喰わなくとも、出勤する為の交通費は!」と思い、

食費より回数券を優先に買っています。

そのような事は、まずメディアで取り上げないでしょう。

マスメディア自体もはや勝者のモノになっているからだ。

国会議員、首相みんな坊ちゃんだから、弱者の味方なんぞ居ませんよね。

もう・・・

一揆しかない!!

<iframe style="width: 120px; height: 240px;" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=shotou-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=4047101931&linkId=d5dd04ffac7715d93d0a5ff2288f5b39" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no"></iframe>

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100) 

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うつせみ和尚の説教 「恥力」-恥じる力、恥に気付く力

2017年06月09日 19時56分06秒 | 「うつせみ和尚」の説教

昨今、ちまたでもSNSと言われる場、メール等々で平気で他人から見ると

「恥ずかしい・・・」という行為がよくみられる。

この様な行動は「何が恥ずかしいのか」という物差しがないというか、

物差しのスケールが違うというか、「倫理観の破綻の時代、転換の時代」なのかも知れないし、

目に見えない早さで徐々に変わってきているのかも知れない。

私も四十路の齢を重ねてきて、世に言う「時代遅れ」なのか?とも一旦思うのだが、

私の中にも「譲れない倫理観」というものがある。

例えば、物事に反対する場合は自分の価値観を一方的に押しつけても

相手は心底納得しないだろう。

しかしながら、今時は一方的に押しつけて聞き入れないとなれば、

いわゆる「キレ」てでも押しつけようとする。

その割には、世情にうとかったり、気付いたときには社会はエライ事になっていて、

後から、反対運動を起こしたりする。

自分を囲む状況が、思いもよらぬ事になるのは「気付く事が出来ない自分の落ち度」でもあるのに

『100%世間・他人の責任』として、キレるのである。

これは、恥ずかしい・・・

大東亜戦争時の軍人みたいに、「生き恥をさらすならば、自決を・・・」とまでは言いませんが、

文句を言う前に一呼吸置いて、発言したいただくだけでも

発言の内容は大きく変わってくるのではないかと思う。

力があったり、権力があったり、多くの支持を集めていたりしても

「ここからが『恥』ですよ。」と言うラインは、人間そう変わらない。

「恥を知る」=「謙虚である」という事になるのかも知れないが、

ネット上なんかで、指先一つでとんでもないことを書くのは思いとどまっていただきたいね。

 

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

 にほんブログ村

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川県は『縮小再建』を検討、家族側は『元に戻して』結局は役所の『事なかれ主義』

2017年05月29日 18時25分09秒 | 『日本の「恥部」を晒す』

県庁でやまゆり園再生検討部会 家族側「元の園に戻して」

 十七日、神奈川県庁で「

施設・家族側」と「園再生基本構想策定に関する部会」(部会長・堀江まゆみ白梅学園大教授)との

間で話し合いがあり、ニュースでよく聞く言葉で言えば「双方の意見に差がみられた」。

津久井・やまゆり園のような「定員百五十人規模の大規模施設」は、全国を見渡しても珍しいと思う。

その需要もあるわけだが、神奈川県側は「グループホームの様な小規模な施設」を

検討しており、当事者である「(障害者としての)私」からすれば、役所側の「逃げ」と言う他ない。

結局、「管理しづらい」のが本音ではないか?

別に役所に管理される為に当事者さん達は生きているわけでは無い。

援助がいるから、県関連施設を利用しているわけで、

逆に言えば、行政は損得勘定無しに彼らを支援していかなければならない。

なぜならば、今「改正問題」で騒がれている『日本国憲法』にうたっているのである。

神奈川県は、格別大袈裟に言うわけではないが「憲法違反」しかねない状態なのである。

「園再生基本構想策定に関する部会」は、『答えを急がない』と、一応当事者家族・職員側に

理解を示す様な答えをし、6月に答申を出す予定だったが遅らせる様である。

是非とも、「護身の県側」にご意見申し上げていただきたいと思う。

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長引く『健康ブーム』娑婆への執着・・・「死ぬときは死ぬがよろし」良寛和尚

2017年05月27日 00時27分49秒 | 空蝉、佛教問答

良寛さん

まぁ、「良寛さん」をフィーチャーしようというわけではありませんが、

今、非常に「健康番組」、「健康食品CM」が多いですね。

みなさんが目指しているのは、『健康長寿』なのか、『元気でポックリ』なのか、

私のいろいろな経験や回りの方々の生き様、死に様を見ていると、

『生き様、死に様、死に様は選べない』と、私は断言できる。

ある障害、ある疾病になると、それぞれが重篤だと

まず『死』を意識する。

 

 

そのまま、ありのまま、生きるべきは生きる、死ぬときは死ぬ。

人間はこの自然の摂理に今なお逆らい、様々な手段を用いて逆らおうとしている。

あぁ、見苦しい・・・。

 

 

 

 


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペギー葉山さん哀悼記念企画 第二弾!「北陸の方ならば一度は見たはず『今村証券CMソング』」

2017年05月22日 20時38分32秒 | 空蝉・王道音楽

 

 

今村証券のテーマソング(ラジオCM)音質向上版

金沢に会社を構える「今村証券」のCMソングを歌っている方は

ペギ-葉山さんなんですね!

最初にこのCMソングを聴いたときに、すぐに「ペギーさんだぁ!」と思いました。

もう十年近く前でしょうかね。

まぁ、地方CMらしくアニメーションはちゃちですが、起用した歌手は一流です。

歌詞も「直球勝負」でひねりがありませんが、しょうが無いでしょうね。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へにほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佛教哲学で『「笑うセールスマン」に見る「人間の業・欲」』を感じる-精神世界への誘い

2017年05月19日 11時33分22秒 | 空蝉の精神世界への誘い

最近、深夜に「新・笑うセールスマン」(多分再放送)を録画して見ています。

だいたいのパターンは、困り事を「笑うセールスマンこと喪黒福造」に見透かされて、

相談するところから話しは始まり、一時は願いや困り事が解消して一段落します。

・・・が、相談者は一旦得た幸せが崩されるときに更なる助力を喪黒福造に求めます。

それがもはや「過剰な欲求」だとは気付かずにいるのです。

「業」から「欲」へ転換したのを本人は解っていないのです。

喪黒福造は、相談者に「副作用」を言い聞かせますが、

もはや相談者はそのようなことを思う余裕も無く、「欲の世界」へ足を踏み入れると、

「過剰な欲の副作用」に遭ってしまって、逆効果になってしまうのがオチですが、

『最低限の業(なりわい)を営むだけだったハズが、欲に転化して溺れてしまう』

毎回、このパターンなのですが『学ばない人間の愚かさ』を痛感させられます。

例えば、各国が「ロケット技術」を競うのは、「ミサイル技術」を磨くことと、

「地球以外への移住」がおおよその狙いです。

まさに人間の愚かな『過剰な業』そして『欲』です。

なぜ、一歩間違えれば「大戦争」になりかねない技術を磨くのか?

なぜ、この地球が人間にとって「住みにくい星」になったのか?

全ては人間の『過剰な業』と『欲』なのです。

まぁ、昨今の佛教界はてっぺん辺りが「金の欲」に溺れて、

大学で教鞭をとっている「学問僧」は、ただ「知識欲」だけに注目し、

それぞれは真剣に「真の佛教の姿を広める」ということに緩慢です。

出家・得度しない方が世間を知り、欠けている物に気付くのかも知れない。

南無(あぁ~の意)

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コレクション『ネクタイピン』ささやかな収集の世界-初日は『万年筆型ネクタイピン』

2017年05月18日 21時00分27秒 | 『ネクタイピン』ささやかな収集の世界

 新しいカテゴリーを立ち上げまして、私の収集癖が出た一つである『ネクタイピン』であります。

あまり、良く映っていませんが「万年筆型」であります。

昨今、「クールビズ」や「NOネクタイ」が進んで、ジャケットを着ていても

「ネクタイを締めなくても良い社会」になっていますが、

私はこういうときに「流れに逆らいたい『天邪鬼』」なのであります。

こんな小さなネクタイピンですので、気付かれることは少ないですが、

特に女性が気付いてくれますね、ありがたい話しです。

「見え隠れする隠れた小物」で、まぁ気付かれたら儲けモンで、

そこから、話しが広がる「お話しツール」なのであります。

 

 

 

にほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 小物・アクセサリーへにほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逝去 『歌手道を歩んだ「ペギー葉山さん」気品高き歌手』ー空蝉王道音楽

2017年05月16日 00時09分49秒 | 空蝉・王道音楽

ペギー葉山 学生時代 ドレミのうた 南国土佐を後にして

 

2012.11.3 南国土佐を後にして歌碑完成除幕式典においての熱唱

 

ペギー葉山 学生時代 with 混成合唱団 1993 / 爪 1988

 

 

旦那さんは、二枚目俳優でならした「根上淳」さんです。

亡くなったときに夫人であるペギーさんは・・・

「最後まで『二枚目俳優 根上淳』でした、最後は見苦しいところもありましたが」と、

厳しい言葉がありましたが、それは後に「83歳まで現役歌手」として自分を律してきた

己にも厳しかったペギーさんならではの言葉だったと思います。

ちなみにかの有名な「ドレミの歌」の和訳はペギー葉山さんなのです!!!

UPしたYouTubeでも観られますが、80の齢を越えてなお高音を出す

「歌手魂」と言えましょう。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うつせみ日記-『今年でブログは「満十二年」だって・・・』続けることしか能がない。

2017年05月15日 23時30分53秒 | 「うつせみ和尚」の説教

まぁ、長く続けることしか能が無い「うつせみ」です。

もう「十二年」

「平成十七年・2005年」・・・。

歳ですなぁ、しみじみと・・・。

32歳で『ブログ・デビュー』という計算です。

空手道もブログも長々やって来ましたが、今回を持ちましてこのブログを・・・

 

 

 

 

頑張っていこうと思います!

(なんのこっちゃ)

『継続こそ力なり』背負って立っているような「うつせみ」であります。

 

 

 

 

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『哀悼、ムッシュ・かまやつ  かまやつひろし』-バンバンバン♫

2017年05月09日 02時03分27秒 | 奇論、迷論人物批評

スパイダース『バンバンバン』♫

ムッシュ・かまやつさんはミュージシャンではあるのだが、

スパーダースの振り付けのほとんどは、ムッシュ作だったという古い言葉で言うと

「アイディアマン」だったわけです。

スパイダースが番組で再結成される度に壇上のメンバーは楽しそうである。

「ずっと、青春している」と私の目には映ります。

 

合掌

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加