徳兵衛、狂人の頭の中

C-PTSDを病む四十男です。このブログは、時事に関して、言いたい放題に言い放していくブログです。よろしく!

狂人の世界観 『正義とは「多数決」ではない』

2016-12-25 19:46:34 | 狂人の頭の中
日本を含めた西側諸国のほとんどが「議会制民主主義」をしいています。

ですが、第二次世界大戦終結して以来も戦争・紛争は

この地上から収まった日は一日たりともありません。

残念ながら・・・

各国は自国が安定すると隣国に収まらず、遠い地球の裏側まで出兵し、

自国の影響力が落ちないように若者達の大切な血を流しています。

今回、日本が「自衛隊の南スーダンへの海外協力」として、

主に生活インフラ構築の為に動員されています。

この派遣の際も自民・公明・維新によって、

「付け焼き刃」の「軽薄な議論」で国会を通過しました。

安倍首相は「国会で十分な議論が交わされた」という認識で

『アメリカの尻ぬぐい役』に率先して回っています。

安倍首相以前のそれも旧・民主党政権以前から、心ある評論家等で交わされてきた定義があります。

「日本は民主主義国家なのか?」と言うことです。

明治維新後の日本はイギリスの『議会制民主主義』を見本として

「日本版議会制民主主義」をしいたのです。

大正・昭和前期において日清・日露の戦勝ムードから昭和の軍部支配の政治へと辿って終戦。

そこで日本は「アメリカGHQ」によって世紀の民主主義大実験が行われ、

今の現行制度になっているわけですが、

そのような経緯から日本は「社会民主主義制」と言われてきました。

前にも述べましたが、今ドイツは社会民主主義制を試みていますが、

アフリカ難民や中東への派兵によって、国民人気は落ち今は右派勢力が勢いを増しています。

・・・で、この様に様々な試みが行われているのに安定しない国家があるわけで、

「さて、民主主義は最善の思想なのか?」という疑問符が

ドイツでも起こったのではないかと思われます。

ですが、ですが、少なくとも「一人の指導者による専制国家」が最善では無いことは

有史を辿ってみることなく解っていることです。

「じゃ、何が最善なのだ!!」と言われますが

少なくとも「専制政治・民主主義」以外の路であることは間違いないと思われます。

結局は・・・

丸投げです



みんなの賢い頭で考えてぇ~







にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村










コメント

『観光目的にも数次ビザ=ロシアへの発給要件緩和』-そこまでサービスして良いのか?

2016-12-16 23:33:21 | 狂人の頭の中
観光目的にも数次ビザ=ロシアへの発給要件緩和



ハッキリ申し上げて、「当時ソビエト連邦」の日本固有の領土の違法占拠から言うと、

今回の安倍首相の譲歩は「盗人に追銭」というほかない。

「領土問題を協議に持ち出すと不快な態度」を出す

ロシアに一歩も二歩も譲歩したことは拭いきれず、

日本に何の利益を生まなかった首脳の会議だった。

元島民の行き来を緩和すると言うことは、

以前のソ連・ロシアとの会議でも実施されていたことで

目新しい事ではなく、今回はロシア人のビザ発給の緩和も日本にあまり恩恵はない話しだ。

今回の首脳外交で、山口・東京と話し合った解はなかった。

はい!安倍ちゃん減点ね!!




にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村





コメント

立て続け投稿二本目!「『日中ソ中立条約』を一方的に破棄したソビエト連邦」

2016-12-14 19:28:52 | 狂人の頭の中


「日中ソ中立条約を破棄して、南樺太、千島列島、北方領土、朝鮮半島北部の違法占拠」したのは、

ちなみに、日中ソの決め事の肝は・・・

『本条約は 両締約国に於て其の批准を了したる日より実施せらるべく 且5年の期間効力を有すべし

両締約国の何れの一方も右期間満了の1年前に本条約の廃棄を通告せざるときは

本条約は次の5年間自動的に延長せらるものと認めらるべし


— 大日本帝國及ソヴィエト社會主義共和國聯邦間中立條約、第三條』

赤文字が一番重要で、

「満期終了1年前に条約の破棄を通告せざる時は・・・5年間自動延長」としてある。

ソヴィエトは、この条約を一方的に破棄してもヤルタ会談での「アメリカ主導」を恐れた。

アメリカとの戦後、いかに領土を多く保っていたいか。

と言うわけです。



結局、朝鮮半島は分断し後に朝鮮戦争が勃発し、半島は分断された。

樺太も南半分は今でも地図上ではどこの国も統治していないことになっている。

千島列島なぞは、テーブルの議題にも上らず、

北方四島は「四島」と口にしても行けないような雰囲気になっている。

世論もコントロールされているのか、バカなのか(毒)

「二島返還が、国民の総意」と言わんばかりだ。

ソ連の南下で多くの日本軍人・国民が俘虜となり「シベリア抑留」によって

不当な労働を強いられ、多くの死亡者、負傷者をだし日本国民は「抑留の不当性」よりも

「帰国の喜び」にばかり気を取られるのか、ソビエトへの遠慮なのか

国を挙げて抗議するようなことは無かった。

人も領土も「火事場泥棒のソ連」に盗まれ、略奪された。

朝鮮や韓国、中国に見習おうではありませんか!!



「そうだ!ロシアにたかろう!!」





にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村






コメント

「プーチン大統領と会見、4島交渉『別の問題』」-安倍ちゃん、屋根に登ったは良いがはしごを外された

2016-12-14 18:55:31 | 狂人の頭の中
プーチン大統領と会見、4島交渉「別の問題」



日本はいじめられっ子で、すぐに金をたかられる。

韓国・北朝鮮・中国・東南アジア諸国・そしてロシア・・・

北方四島の返還や相互の行き来の自由、漁業権の許可などを日本は願っているが、

またも、「肩透かし」。

安倍首相はご当地山口県で見得を切りたいところだったが、

ご当地で飛んだ「赤っ恥」をかきそうである。

今回は山口と東京でするそうで、プーチンはロシア経済界をわんさか連れてくるようである。

これまた、「ロシアの一人勝ち」なのか、

安倍ちゃんが「強気なカード」を切れるのか?

安倍首相の父上の晋太郎氏は元外相であった。

それと同時に「日本の外交下手」がまたもや出るのか???

それにしても「ウラジーミル!」 「シンゾウ!」と言うような

ファーストネームで呼び合う仲の所行では無い。

全く無礼千万だ。

プーチンは最低限のロシアからの置き土産をして、

シンゾウのメンツを立ててやるつもりなのか?







にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村






コメント

狂人の世界観「極東軍事裁判=東京裁判について考える」のこころだぁ!!

2016-12-12 23:47:54 | 狂人の頭の中
極東軍事裁判=東京裁判



今晩からNHK『極東軍事裁判、東京裁判』をやっていますね。

そんな番組を観ながら雑感を書こうというわけです。

「誰が戦犯で、誰が無罪」という話しは、話題になりません残念ながら・・・(^^;

なぜかと申しますと、「極東軍事裁判」自体に『正当』または『公平性』がないからです。

どうでしょうか?

判事の大半は、「戦勝国」または「日本軍に占領されていた国」であるからです。

そうすると、どうしても「感情」が、それぞれの判事の意識の中ににあるからです。

例えば、国内の裁判の場合、判事は「公正・公平」でなくてはなりません。

これは当たり前ですね。

それを世界単位に拡大すると、「極東軍事裁判」ではどうでしょう?

インド・中華民国・オーストラリア・イギリス・アメリカ・ソビエト連邦・フランス

フィリピン・ニュージーランド・etc...

これらに上げた国々は、戦勝国か旧日本軍の占領地で旧日本軍が敗戦の色濃くなってきたときに

巻き上げてきた、「被占領国」です。

各国から選出された判事はそれぞれの国に於いて、判事の経験や国際法の専門家でした。

中には「バターン死の行進」を経験した判事もいます。

これらの判事に「疑いしは無罪とす」という前提があるようには思えません。

逆に「有罪ベース」で裁判が進展していった、と言うことは結果を見れば明らかです。



山下奉文陸軍大将に至っては、戦場のフィリピンにおいて裁かれ死刑されている。

せめて、日本国内で裁いていただけたら、と思う。



今では国同士のトラブルは国際連合の機関である国際裁判所によって行われる。

(国際仲裁裁判・国際刑事裁判所など)

しかし、これにも問題があり「当事国の出廷する、しない」は、当事国の自由である。

70数年経っても、国際機関の強制力が無いのは問題である。



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へにほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村





コメント