能州彩悠ブログ

能登や信州の写真中心に綴っています

研修だった

2005-09-01 21:25:34 | 研修
z1
昨日は研修だった。5回セットの研修で毎月月末開催だ。
課題図書は私のお薦めの本に載っている日本電産の
永守重信社長の事を書いた本だった。
 いま日本電産は、ハーバードビジネススクールの題材
として選ばれたらしい。
 どうして、1人の首切りもせず、潰れかかった会社を短
期間で甦らせる永守社長のやり方とは・・・・・米国人には
全く理解が出来ないので、このビジネスモデルを題材に
したと言うことらしい。
 確かに、この方は平成のカリスマ創業経営者だと思う。
買収した会社に乗りこんで、徹底的にそこの従業員と話し
あい、自腹を切っての食事会、自分のポケットマネーでも
買収した会社の株を買い。背水の陣の危機感を作っていく
事など、特長有る事が際立った経営者である。
「人の倍働け」「すぐやる。必ずやる、出来るまでやる」etc
語録も神話に成りつつある。
 ただ、トヨタが大野耐一氏が作った生産方式のマニュア
ルで後継がされていくが、日本電産は永守氏の強烈な個
性的な対人のやり方が主なので、後継をしていくのは大変
出ないかと思った。でも、これこそが日本流のM&Aのやり
方だと思う。

コメント