Neverending Cult

「ただのファン」で居続ける為のブログ

平和な雰囲気。/キミを侵略せよ! 第5話「雨」 感想(週刊少年ジャンプ2018年29号)

2018-06-18 | キミを侵略せよ!
                                
                                カワイイ。









この漫画は相変わらず嫌な奴も忙しないトラブルもないから、平和でいいなあ。っていつも思ってます
もしこれが電撃大王とかに載ってたら「なるほど。」とか感じてたんでしょうけど、
兎角勧善懲悪の元に動いているJ誌では異質な漫画に思えてそこが好きです
ただ、
裏を返せば「浮く可能性がある。」って事でもありますけどね
まあ、毎週きっちりサービスシーンがある辺りはジャンプっぽい。と言えなくもないか(笑

今週は、雨を利用した二人の駆け引きが面白くて、
一見滑稽な行動に思えてしっかりと計算しているりあちゃんの頭脳プレイ含めて楽しかったです
意外と情報収集から発想を得て的確に行動してるんだなー、というか、
追い詰めてる時のドヤ顔も可愛くて笑(冒頭の画像です)。
でもなんか、何だかんだ美少女と戯れてるハジメくんが羨ましかったりもした今週分だったのでした。





ぶっちゃけ、
最初のテンションのままりあちゃんがずっと妨害工作を続けていたら、
ある意味いじめみたいな感じになって苦い雰囲気になってしまっていた危険性もあったと思うんですが、
こういう風に“ラッキースケベ”をねじ込むことによって「何だかんだ羨ましい」という状況を作り出している、、、
つまりは必然性のあるエロに結果的になり得ているセンスが実に素晴らしいと思います
っていうか、
正直代わって欲しいわな
・・・いや、なんでもないです
でも、なんか、りあちゃんはなんか憎めない可愛らしさが常にあったりして、
個人的には大好きなヒロインです 勿論ハジメくんも可愛くて大好きですが・・・笑

しかし、一見健全な漫画に見えて、ちょいちょいこういうカットを出してくる塩梅が堪りませんね
基本1~2話につき1回くらいなんで妙なありがたみがあるというか。。
勿論、出しまくったら出しまくったで褒める可能性もあるんですけど(笑
でも、今作に関してはこのくらいが丁度いいんではないでしょうか
りあちゃんの濡れスケ・・・ごちでした!(超笑顔)





最後、
紅潮しながら彼女宣言をするハジメくんも良かったです
これはこれで可愛いっていうか・・・笑
思春期だな~と思いつつ、
個人的にはハジメくんのウブさと個性的なキャラデザもまた好みなのでした
最後、結局完全に濡らせなくなって困惑するりあちゃんもまた良かったです

本当に読んでてほのぼのするし、癒されるし、ラブコメ風味なのもツボなんで、
どんどんファンが増えていくといいですね。個人的に応援しています。
アクタージュ、ゆらぎ荘と共に、アンケでね。。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

休み

2018-06-17 | ブログ雑記










ちょっと今日は精神状態が悪いので、休みます。また明日。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑記/6/16

2018-06-16 | ブログ雑記










今日は昼過ぎまで寝て、
その後病院と歯医者に行って、
ロッテ-巨人戦の速報を観ながらちょっとゲームして、
その後また寝たら一日が終わっていた
ぶっちゃけほぼ寝てるだけで一日が終了でした

兎角、平日の疲れが一気にドバっと来るので、必要最低限の事するだけで終わってしまうというか、
それ考えると段々ポンコツ化してるのかもしれませんね・・・と思いつつ、
これはこれで楽だから別にいいか、、、って思いつつ、
いやいやもうちょっと好きな事したいわ!と感じて「何とかしたい」と思いつつ、
でも肉体労働系の人間の休日なんてこんなもんなのかもなあ。。って思ったりもする。


まあ、相変わらず「周りの人間が皆完璧に見える病」は治まらなくて、
コンプレックスの塊のまま日々を過ごしていたりもするんですが、
それはそれで「仕方がない」というか、
これが自分、というか・・・
その中で頑張るしかないですよね。

「頑張る」という言葉は少し前からネガティブに捉えられがちですが、
実際「頑張れてない部分」なんてどの人間にも大なり小なり存在するもんだと思う
だから、そこを補う、、、という意味合いで自分は頑張りたいな~って感じてます
あくまで、自分のペースで。


それと、
昔ちょっと付き合いがあったブログを眺めて、
「今はもうここ全然更新してねえな。」とか思って、
なんとなくセンチメンタルな気持ちにもなってましたね(笑
自分はくたばるまで、感想を書いていきたいと考えてます
いつも閲覧ありがとうございます。
そんな、休日の日記でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑記/6/15

2018-06-15 | ブログ雑記








最近の素直な心情を吐露すると、
頑張れば頑張るほど、
誠実であれば誠実であろうとするほど、
「何か」を失っていく気がして、それが辛い。

それは何故か?と言えば、自分なりに“頑張っているつもり”だからだと思う
本気であれば本気であるほど結果が返ってこない、、、という事実に飽き飽きしてしまう
いつも通りの絶望、
いつも通りののれんに腕押し・・・

でも、
そんな事実も含めて「自分」なのだとも思う。悲しいけれど。


こういう事を書くと、
「励まして欲しいのかな」と思われるかもしれないが、
ぶっちゃけ「励まして欲しい~!!」なんて全然思った事はない(笑
ただ、自分の感じたリアルな感情を吐き出したいだけ、それだけの事だと思う

個人的には、常にポジティブで前向き!だなんて、はっきり言って嘘くさい、って思います。
もっとキツい言い方をすれば人形みたいで気持ちが悪い。
当たり前の感情を、
当たり前に吐き出したい。
自分は、心からそんな風に思う。

だから、この記事、、、というか、こういう記事はコメント機能を予め外しておく。
どうせ、朝に成ったらきれいさっぱり忘れてラーメンの事でも考えているでしょう(笑
そんで、足掻くことも忘れたりはしないんで。それだけ、です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボンベロ最大の危機。/DINER 第39話「Sandra's Berry&Geisha MURCIELAGO⑬」感想(ヤングジャンプ2018年28号)

2018-06-14 | DINER
                              
                              カッコイイ。











2週間ぶりのダイナー。
ボンベロは、あれから「人間の中に人間が入っている」という奇妙な・・・
言い換えれば予測不可能な殺し屋と戦闘を繰り広げていました
流石に、雑魚が使い捨てのように無駄打ちしてる最中ならば、
「こいつも同じ」と思わずには居られなかったんでしょうね、、、ビックリ人間の宝箱みたいな感じですね(笑

そして、ボンベロの一瞬の判断力の数々もまた凄いですね・・・
常にその場その場で最良の選択肢を掴んで決めて来た男、
咄嗟に避雷したり、
或いはコイルで再びの被雷を防いだり、
まるでバトル漫画の主人公の如き活躍に惚れ惚れしてしまいました

思えば、ボンベロがここまで追い詰められたり一人で戦ったりするシーンは初めてだったかも分かりません
カナコを救いに行く為・・・という強い意志がここまで頑張らせたのか?という気持ちもしないでもないですが、
基本的にカナコが巻き込まれてくストーリーだと思ってたので、ここまでボンベロの戦いがフィーチャーされる・・・と
なんだか新鮮味があって面白かったなあ、と(笑





しかし、殺し屋として生きていく為、
自分の容姿も健康も犠牲にして一撃で処せるように自己改造する・・・
その覚悟は悪人ながら(ある意味)凄いな。。と感じてしまった
そんな姿になってまで生きて優越を味わいたいか、、、と問われれば謎ですが、
それもまた「執念」なんだろうなあ・・・って個人的に思ったりもしました

そして、ボンベロ負傷により、物語は更なるピンチへ、、、
駆け付けたカナコの涙する表情に救われた気分になりましたが、
何気にボンベロは気持ち嬉しかったんじゃないだろうか
自分の事を、
泣きながら心配してくれる人がいる・・・
そんな二人の“絆”のような何か。。に感動もしてしまった

でも、ボロボロなのはお互い様ですよね・・・笑
逆にカナコが助けに来てくれている現実が何よりも頼もしくてグッと来た第39話でした。
ここから、逆襲の火が灯ります様に!








新キャラ達とボンベロの邂逅も楽しみ♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加