Neverending Cult

「ただのファン」で居続ける為のブログ

君はカムパネルラ。/アクタージュ 第41話「新星」 感想(週刊少年ジャンプ2018年50号)

2018-11-12 | アクタージュ
                                
                                格好良い。











何でもそうですけど、
説明しすぎたり理屈で語ったりし過ぎると途端に嘘くさくなりますよね
それと同様に豪華なセットで「説明し過ぎない」事と、
些細な仕草で嘘を現実だと信じ込ませる「理屈ではない」自然さが肝なんでしょうね

そもそも、
何も無いところから物凄いものを生み出すのって単純にワクワクします
景ちゃんの深く役に潜り込むセンス・・・というか生まれ持った本能的なもの?がきっとそうさせているんでしょうね
これ、正直実写で再現出来るなら実写で観て見たい気もして来ましたね・・・笑
アニメも良いんですけど、演出とかで誤魔化しそうな気もするんだよなあ。


夜凪ちゃんは完全に「少年」に、
「良い事」を本気でしようと頑張るカムパネルラに化ける事に成功した。
以前、千世子の事を崇めたような発言を彼女してましたけど、
そういう風に見える~って事自体が
その時点でその人っぽくなれる素養を持っている事の何よりの証しなんですよね
だって、そういう要素が無ければ「素敵だ。」って気付く事すら出来ないじゃないですか?
そういう意味で、夜凪ちゃんは確かに演技の中で成長する事が出来たんでしょうね
この日の夜凪ちゃんは、
完全に友人のジョバンニのワクワクを楽しそうに見守るただの「美しい人」に成れていました
そして、それこそが他人の人生を体験出来る、という役者の喜びに他ならない
千世子がその成長速度とセンスに嫉妬(のような感情)を覚える位、
巌さんの学びを生かして堂々と演じ切る彼女が素敵な41話だったと思います。





一方、
アキラの芝居は、
どっちかって言うと見た目重視の小手先の演技なんじゃないかな、と
勿論それで人気を博しているんだからそれはそれで褒めるべき才能だと思う
ただ、
やってる事の性質自体が違うので、
水と油みたいになってしまう危険性はあるんですよね
別にどっちも正解っちゃあ正解だとは思うけれど、
それで劇の雰囲気が壊れてしまってはお互いにプラスにならないでしょう
景と阿良也が作った素晴らしい流れを、上手く転がせるか、それとも・・・?

って事で、
順調は順調なんだけど、
良い具合に気になる引きも作れているのが尚良かった話数だったかと
アキラとしては自己評価も賭けた正念場も正念場、
既に人気者なんでカタルシスを作り難いキャラにも関わらず、
こういう角度でカタルシスを作らんとする工夫された作劇の巧さが光っててレベル高いと思います


その裏で、
七生は着々と復活への道程を歩んでいます
そこに巌さんはいなくとも、教えた学び子の中に、
作り上げた彼の演出のなかにきっちりと巌さんが「残っている」。
そこにいないってことは、いないって感じるってことは、
逆にいるって事なんですよ。
そう感じる心があるってことだから。

アキラも、七生も、そして千世子も、景ちゃんの存在に影響され意識し、刺激を受けて、
常に高みを目指さんと努力し続けている。それは、間違いなく、主人公が際立っているという事!
今後も景ちゃんの躍進と、それが生み出すドラマに期待しています。最高の漫画ですね。












しかし、今週の扉絵、エロいですね・・・!(超笑顔)。
いつか夜凪ちゃんもこんな芝居するんでしょうか。
出来れば俺の部屋で(略


コメント (1)

格ゲーの大会で準優勝。

2018-11-11 | ブログ雑記








今日は高田馬場ミカドにてヴァンパイアセイヴァーの大会に参加して来た。
そこで、まさかの「準優勝」をしてしまい、今はふわふわとした気分に包まれています・・・笑

今回は、また後々書くかもしれないですけど、
並々ならぬ気合を持って挑んだ大会だったんで、
まあ新人大会なんで真の猛者の大会とかではないんですが、
それでもやっぱりみんな一定以上の上手さはありますし何よりも自分よりもキャリアが上の人たちばかりなので、
そんな方々が参加する大会でこういうちゃんとした結果を残せた。。というのは本当に嬉しかったです

欲を言えば優勝したかったんですけど、
今の自分の実力がそこまでではない。って事でもあるんですよね
こういう結果に驕らず、今後も謙虚に一歩一歩腕を磨いて行きたいです
コメント等で応援してくれた方々(主に栗うさぎさん)、ありがとうございました。
自分は人間性も未熟なので、今後はそこら辺も矯正だったり磨いていければいいな、と思う。磨きたい。


いつも対戦してくれてる方々の恩義に報いる為にも、より一層優勝への努力を続けて行きたいと思う。
でも今日は一日中気を張って疲れたので(笑)。もう寝ます。頑張った、自分!


コメント

「戌年生の猫舌猫手」の紅茶さんと呑んだ話とそこから得たもの~カラオケのセトリ付き

2018-11-10 | 特別企画
                              
                             また遊んで来ました。







紅茶さんのブログは最近ワードプレスに移転してました
https://inudoshi-nekojita.blog/
その記念・・・という訳ではなく、
ただ単に先々週先週あたりは厭世的な気持ちがずっと続いていたので、俺が飲みたかっただけですね(笑


そもそもなんでそんなに絶望的な気持ちに陥ってしまってたのか?って言うと、
ちょっと大げさに捉えすぎというか感情を切り替えてコントロールする事が苦手なんですよね
一つのミスや挫折をまるで痛恨の失態に捉えてしまうというか・・・
まあ長い目で見れば大した事ないんですけどね(笑
それも、
多少落ち着いた今だからこそ書ける事ではありますが。。







紅茶さんは、親戚との会合に顔を出していたらしく、
なんとスーツ姿で参上!
そのシュっとした姿に新鮮味を覚えつつ、いつもとは違う飲み屋で飲むことに。

紅茶さんは新規開拓したいタイプらしく、自分はいつもの飲み屋を提案してしまったんですけど、
そういう考え方も全然悪くないな~と思って賛同して二人で色々探してました。
結局、満席のトコが意外と多くて30分くらい掛かってしまいましたが、
無事に良い感じの店に辿り着けたんで良かったです
料理も美味しかったし、
何よりもハイボールが凄く良かったですね・・・笑
初めの一杯が何よりも最高だった気がします。


そこから、お互いの仕事の事に関して話したんですけど、
主に紅茶さんの陽キャに囲まれる悲惨な飲み会の相様の話と、
あとはお互いのブログ運営について語ってた気がします
紅茶さんの飲み会の話は、
個人的には非常に紅茶さんの気持ちに共感が出来るアレなものが多くて(笑
自分の日常とは色々とかけ離れた出来事が多くて中々に興味深かったですね

ぶっちゃけ、自分は会社飲み会とかもないですし、何よりも内房の田舎なんで
そこまで面白味というかアレな要素のあるお話とかが浮かばないんで・・・
紅茶さんも色々苦労してるんだなあ。としみじみ感じつつ、
ちょっと刺激的にも感じたんですけど、
まあ自分も実際同じ立場だったら紅茶さんみたいに思うのかな・・・?とか考えたりもしました。


ブログ運営の話は、
紅茶さんのソーマの感想に関して掘り下げさせてもらったんですけど、
結構漫画表現/演出に関して語るのに躊躇いがある、、、というのが目から鱗でした
紅茶さん曰く「偉そう」「気付ける自分~って感じが・・・」と言われていて、
要するに誰でも分かる表現で書きたい~みたいな事だったと思います
ニュアンスでこの記事書いてるのでもし違ってたらごめんなさい、ですが。

ただ、なんだろう、そういう考え方も当然あるよなあ。ってその時凄く思ってしまって、
当たり前だけどマニアックに追及するだけが全てではないんだな・・・と何かを教えられた気がしました
それぞれのスタイルというか、正解はないって話でもあるんですよね
なんかこう、自分一人では気付けなかった見方でもありました。


相変わらず二人で栗うさぎさんを絶賛しつつ(笑
妄想屋さんやぱいなっぷるさんとみんなで関東オフ会やったら面白そう。って話にもなりました
というのも妄想屋さんが関東に来る機会ない、ってコメント欄で書いてたので、
だったらオフ会の名目で集まれば・・・という事なんですけど(笑
みんなでカラオケ行ったら盛り上がりそう。ってその時ちょっと思いました。







カラオケのセトリ

for dear/黒夢(西京)
ツキアカリのミチシルベ/ステレオポニー(紅茶)*DARKER THAN BLACK -流星の双子- OP
Cage/Dir en grey(西京)
タイプ:ワイルド/松本梨香(紅茶)*ポケットモンスター ED
生きたいよ/syrup16g(西京)
暁の車/ FictionJunction YUUKA(紅茶)*機動戦士ガンダムSEED 挿入歌
夜が明けたら/きのこ帝国(西京)
風化する教室/きのこ帝国(紅茶)
田園/玉置浩二(西京)
OVER LAP/Kimeru(紅茶)* 遊戯王デュエルモンスターズOP
純心/井上昌己(西京)*怪盗セイントテールED
君の知らない物語/supercell(紅茶)*化物語ED
O-s宇宙人/エリオをかまってちゃん(西京)*電波女と青春男OP

オレンジ/逢坂大河(釘宮理恵)/櫛枝実乃梨(堀江由衣)/川嶋亜美(喜多村英梨)  (二人)*とらドラ!ED





この日はこんな感じ。
ぶっちゃけ今もそんなにめちゃくちゃ元気な訳じゃないけど(笑
一週間前は酷く落ち込んでたので自分は初っ端から退廃的で鬱屈とした曲ばかりを歌ってました
シロップの「生きたいよ」は実はほぼ初めて?歌ったんじゃないか~って思うんだけど
その割には気持ち込めて歌えたんでその意味では良かったです
紅茶さんの歌う「暁の車」良いなあ・・・と思いつつ、
きのこ帝国を交互に歌うパートもまた面白かったですね

ちょっと明るい歌を歌いたくて「田園」入れたんですけどこれがまたしっくり来て良かったです
元々大好きな曲ですし、レパートリーに入れるのもアリかな、と
そしたら、
紅茶さんも遊戯王のOP歌ってテンション高めに来たのがまた面白かったです
紅茶さんの高い声も中々聴けないのでその点でも新鮮でした♪

セイントテールをこの日も歌いました
「純心」は初めて歌ったんですけど・・・これがまた良かったです
初めてでも歌いやすくて、アニメ映像も紅茶さんが「この子(主人公)可愛いですね!」って言ってくれて嬉しかった(笑)。
そんな紅茶さんの渾身の「君の知らない物語」もまた良かった・・・!この曲の映像もカラオケ用で観てて面白かったですね
最後は「とらドラ!」10周年って事で二人で「オレンジ」を歌って終了、
この日のカラオケもまた終始楽しかったです!
ありがとうございました。








細かい事を語ると、
自分のコメ返の仕方に対する相談(?)をしたり、
紅茶さんのブログの仕様に関して訊かれたり、
あとは女性に関するトークも結構しました
「陰キャの女性ってどうですか?」って俺が聞いたら
紅茶さんが「響きが最悪ですね・・・」ってストレートに返して来たのも面白かったです(笑
でも「厭世的な事とか分かり合えそう」とも言ってたような気がします

あと、俺って他人から見た自分を凄く気にするタイプなんで、
「もしかして自分がクズに見えてるかもしれない。。」と弱気な発言をしたら、
紅茶さんが「クズだったらこんなに会わないですよ!」と否定してくれたのが凄く嬉しかった・・・
ある意味その発言がこの日一番嬉しかったかもしれない。紅茶さんも日々大変なこととか多いでしょうけど、
個人的には応援していますしこれからもこうやって一緒に遊んで行けたらいいなあ、、、と。

やっぱ、人と会うのって楽しいです。自分はね。
あとカラオケ好きな人待ってます(笑



コメント (3)

カナコ、振られる。/DINER 第56話「Tode in the hole&el diablo③」感想(ヤングジャンプ2018年49号)

2018-11-09 | DINER
                               
                               天使だ・・・。









告白してもいないのに勝手に振られる主人公・・・実に良いですね(笑
ただ、なんでしょう、結局「見て見ぬ振り」も正直同罪なところがあるんですよね
ぶっちゃけて言えば傷付きたくない、火の粉が降りかかるのが嫌だからそうなっちゃうんでしょうけど、
そこで大手を振って「違う」と言い切れる人間って早々いないと思うんですよね
そう言えば、
「こういう」カナコ久々に見たな・・・って素直に思いました
そのストレートな優しさが身に沁みました。。勿論、カオスにもね。


カオスは、見た目は悪いけど、人間性は良い・・・
いや、勿論裏稼業の人間ですけど(笑
ただ、
それを差し引いても超が付くぐらい純朴で一途な性格なのは間違いない
アンヘルは見た目はいいけど中身が最悪で、カオスは見た目が最悪だが中身が良い、、、というのは
ある種皮肉が効いてて読んでて実直に面白かったです
例えば、
身なりとかには人間性出てると思うけど、
それ以前の根本的な形は一切人間性に関係ないですもんね
ボンベロの優しさが光る良いエピソードだったなあ、と思います。





一方で、
カオスはそんな自分自身に懸賞金をかけていたことが判明、
ただの自殺志願か、
それともアンヘルの未来を願ってのことなのか、
逆にアンヘルの本音を引き出す為だったのか・・・
この引きではその真意は中々掴めないけれど、
だからこそ続きが気になる。。と言えると思います。

可能性としては、
アンヘルの愛情を試したんじゃないかなあ~って思いつつ、
心の底から陶酔してるんだとしたら自己犠牲のパターンもあり得ますよね
絶望しての自殺志願は一番線が薄いかなあ、と感じますが、
今までが妄信的だった分、
翻って狂気的な一面を見せる可能性もありますよね・・・
何にせよ、アンヘルは正真正銘の悪女だった訳ですが、万が一意図的に演じてる可能性もまだ残されてるかも
色々な意味で先が読めない今シリーズ、ただ唯一言えるのは、悲劇的な結末は避けられない気がする。

それと、
煽りの「這いよる混沌」ってニャル子さんじゃん(笑)。
久々に観たくなったわ。






ただまあ、
基本的には惚れた方の負けって気はしますけどね(笑
それもまたある意味残酷ではありますが・・・。



コメント (2)

普通じゃない私たち。/ゾンビランドサガ 第5話「君の心にナイスバード SAGA」

2018-11-08 | ゾンビランドサガ
                               
                               カワイイ。








ミュージシャンの曽我部恵一曰く「普通のことやってるなと思ったら終わり」という事らしい
巽さんがドラ鳥のところで怒ったのも「何普通のことやってんだ!」って事なんでしょうね

よくよく考えてみれば、最初のテイクは優等生過ぎたと思う。
最低限の、無難な、所謂「よくある」CMに過ぎず誰かの目に留まる事もきっとなかったでしょう
だからこそ、(ある意味)アイドルらしい“弾け”を期待した訳で・・・意外とよくプランが練り込まれてるな、って思う。
 かといって、あまりに素っ頓狂なもんだとただの色モノになっちゃうわけで、、、
要はそのバランスですよね
そして、
このアニメもまた「普通のことをやらない」アニメであり、
尚且つきちんと女の子の可愛さも描けている・・・そういう作品になってるんじゃないか?と感じる訳です。





とはいえ、
何もかもが早々上手く行く訳でもない
前半はたえちゃんが色々な意味で足を引っ張ったり、
後半は一見活躍した。。と思いきや、まさかの失敗もあったり(笑
幾重にも張り巡らされた無駄な伏線の数々が逆に見事にコメディに繋がっていてその意味で素敵な話数でしたね。

でも、次に繋がるのは間違いなくたえちゃんの存在でもあるでしょう
メンバーの中で一番「普通じゃない」彼女、
彼女の奇行のお陰で「気付いた」人もいる
結局のところ、
何も行動を起こさなければ何も返ってはこない
地道でダサい仕事であっても、目に触れる機会を作る・・・という意味合いでは有意義な参加でもあったんでしょうね。





しかし、この回は「シンプルに面白い」話数でもありました
ただ何も考えずぬぼーっと観ててゲラゲラ笑えるような、、、
そういう力強くシュールな作劇が際立っていて、このシンプルさが逆に今は新鮮な気もしましたね
なんでしょうね、入口こそゾンビ×アイドルで変わり種っちゃあ変わり種だと思うんですけど、
やってる事は昔ながらのテイストも含むただただ楽しいコメディ、っていうか・・・
その小細工の無さが個人的には響いた5話目でもありましたね
元来、アニメはこういう風に観るもんだ。っていうか、
まあこれも一つの新しい引き出しみたいなもので「こういうのも出来るのか!」と感心したものです
感心したって言い方だと偉そうで嫌なんですけど、まあ嬉しかったんでしょうね
お決まりの演出の後に、
大して上手く行かない相様を描く。。っていう、
奇天烈な設定の割に妙に現実的な結果を重ねていくリアリティが面白かった(笑

まあ正直、気合だけ入れてもね・・・。ああいう風に空回っちゃうのが「普通」なんですよね
でも、地道にコツコツ積み重ねていけばチャンスは必ず回って来る。
その努力が実る時を今から楽しみにしています。












しかし巽さん、
観てるだけで面白い(笑
この人の尽力は相当のもんがあると思う。
あんま何考えてるか読めないトコも好き。




コメント