超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

syrup16g全曲レビューその66「明日を落としても」

2016-07-22 22:20:55 | Syrup16g全曲レビュー











明日を落としても            「Free Throw」
                    「delayedead」収録













たまに、この世のどこにも自分の居場所がないような感覚に陥る時があります
誰にも通じず、誰にも伝わらず、誰とも分かり合えない
それは(肌で)知りたくなかった事実、
だけど、確かにそこにある現実・・・。
取り繕えば、波風立てないように頑張れば、そこそこマシな日常が得られますけど
本当の自分すら必死に隠して我慢しなきゃいけないような人生って何なの?って思う時があります

正直に書けば、
彼のような感覚が欲しかった
彼女のようなセンスが欲しかった
そう思ってしまう時もあります
なんで自分だけここまで他人に怯えて過ごさなきゃいけないのか、なんて間違った事を思ってしまう時もあります

自分の限界を知る、、、という事は想像以上に残酷で悲しい事です
頑張れば頑張っただけ都合の良い様に利用されて
頑張らなければ勿論何も無い
あの時、
誠意を尽くした結果が「これ?」っていう、どうしようもない事実が目の前に、意識の中に転がってると
もうどうしようもなく悲しい、、、やり切れない気分になって涙がポロポロと零れて止まらないんです。

一度や二度の失敗で~とは言いますけど、
人生には「これを逃したらダメ」ってチャンスがあるんです
それを逃してしまった、不条理に奪われてしまった・・・と思うと
中々立ち上がる気力も
もう一度頑張ろうって気持ちも沸いてこない
そんな時に最大限に作用してくれるのがこの「明日を落としても」なんですね。



つらい事ばかりで
心も枯れて
あきらめるのにも慣れて

したいことも無くて
する気も無いなら
無理して生きてる事も無い




本当は誰もが辛いことなんて分かってる
だけど、それで自分の辛さが不意になるなんてことはない
なぜなら、
この痛みも、
この悲しみも、
きっと他人には分からない
あなたには分からない
自分だけのものだから
自分だけの痛みだから
それを他人と比べて「まだ自分は恵まれてるな~」で済む方がおかしいと思う

神様は手を抜かない、って言葉には「なるほど。」とは思うけど、
せめて頑張った時だけは、
誠意を見せてる時だけは、
後押ししてくれたっていいじゃないですか?
そんな事もついつい考えてしまう
なぜ自分だけ?
そう考える事は愚かな事だとはっきりと思います
だけど、理屈としては分かってても、周りが上手く行って
自分だけ不条理で不意になってる現実があったらそりゃ泣きたくなりますよ
踊らされっぱなし、騙されっぱなし、後だしジャンケンされまくりでもうどうしたらいいのかも分からない
こんなに辛いことや嫌なことでめいっぱい包囲されてしまうなら、その上で成り立っている「生」にどのくらいの価値があるのか?って話ですよね

このまま無理して我慢して生きたとして、一体何が幸せなのか
取り繕って、偽って、それで得た日常に一体何の価値があるのか
もう完全に分からない
どう仕様もない
だけど、はっきり言ってそういう人間になってしまった
鼻クソや路傍の雑草みたいに思われる人間になってしまった・・・という事なんですよ
頑張れば頑張るだけむしろ幸せから遠ざかって行く気がして、それを考えるとこういう気持ちにもなるよね、、、って個人的には思います。


泣きたい時には泣けばいいし、
悲しければめいっぱい悲しめばいい
なぜ、
つらい時に笑わせる?
つらい時に前を向かせる?
それで救われるか・・・って言ったら俺は救われない
せめて、悲しい時は悲しいままに
泣きたい時はポロポロと泣いていたい
マイナスにぶつけるプラスは不意になるだけ
ならば、マイナスにマイナスをぶつけてこんな気持ちを完全に昇華したい。って思う(そういえば昇華Tシャツありましたね)
そういう気持ちにさせてくれるのがこの曲です、という事なんですよね。つまりは。

自分の限界を知る、というのは
もう人間のセンスの問題ですから
素直に生きていれば、自分のダメなトコロなんてボロボロ出て来ます
愛せない理由も愛されない理由もそりゃもう山ほど出て来ます
だとしたら、そんな自分に見切りを付けて身投げしたっていい
そんな気分の時に聴くと最大限に作用してくれる、
自分にとってはそういう曲でもあります。
もう何もかもを諦めて、
遠い世界へ―――。
限界まで追い詰められたら、それも一つの手だと思うんですよね。
時折そういう気持ちに本気でなったりもするので、その意味でも沁みついて離れない、聴き手の心に最大限に響いてくれる名曲なのではないかな。と
この曲に関してそう・・・はっきりと思います。



アコースティックギターがバンドアンサンブルに気持ち良く絡むアレンジが小気味良くて聴いてて単純に美しさを感じる曲でもあります
歌詞は重たいけど、メロディと演奏はとてもポップで、聴き心地がよくて、だからこそスッと心に入って来る良さがある
純粋に「良い曲」だからこそ、素直に歌詞が頭に入って来る、というのもあると思うんです
この曲はsyrup16gの楽曲の中でも特にそれを強く感じる楽曲の一つです

そして、間奏の泣きのギターソロがまた素晴らしい
悲しみという根源的な感情の美しさを
これでもか、とまで表現しているサウンドは聴けば聴くほど堪らない気分になってきます
音で感情を表現する、という部分にまで踏み込んでいる楽曲なのでセンセーショナルな歌詞も重要ですが
それ以外の部分にもまた注目して聴いて欲しい一曲になっている、と思います。


ただ、どうしたって
どう言い訳したって、
結局誰がどうしてくれるもんじゃない
最終的には、自分で明日を拾うしかない。
そういう事も(間接的に)示唆してくれるような、
そんな一曲でもある・・・とも個人的には思っています。
逆説的には、ある意味どん底からの再起を促す様な楽曲でもあると感じる。
それもまた(いちファンとして)非常にsyrup16gらしくて素敵かと。













どうしようもなく悲しい気分になって、
どうしようもなくこの曲が聴きたくなったので、
久々に書きました。
また、そういう気分の時には全曲レビュー書くと思うので
気が向いたら見てやって下さい。

人間はどこまでも無責任で、冷たくなれる。
ゲームをリセットする感覚で人間関係も不意に出来る。そんな残酷な現実は・・・忘れないで下さい。それだけはどうしても伝えたかった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Syrup16g全曲レビューその65「Honolulu★Rock」

2015-09-28 13:45:51 | Syrup16g全曲レビュー








6周年の雑記を書いたばかりですが、約1年ぶりにこの企画を更新します。
この企画はここで始まったものなのであくまでここで完遂したい・・・という気持ちからです。
と言う訳で久々のSyrup16g全曲レビュー、です。














Honolulu★Rock            ミニアルバム「Free Throw」収録















この曲を初めて聴いたのは中学生の時かな?
先に「COPY」を聴いていた為「すごく明るくてポップな曲だなあ。」って当時は単純に感じていて
そんなライトな感覚もこれはこれで悪くない、良い曲だね。なんて思ってたりしてました

実際アレンジはとっても軽快で疾走感もあって、サクサク聴ける小気味良いロックンロールになっています
ちょっと音質は懐かしさを感じますけど、それはそれで良い意味でフレッシュさを感じられて素敵であります
口ずさみやすいメロディや跳ねるようなリズム感も手伝って、
シロップの中でも随一にポップなナンバーに仕上がっているとは今でも感じます
要するに際立って聴きやすい一曲・・・という事ですね。


ただ、当時は未だ経験が浅く、
この曲が持つ「本当の意味」までは感じられてなかった、とは今聴くとしみじみ思いますね。



冷たい人だねって君は背中向けた
僕はむしろ君の太陽になろうとしてたのに


赤の他人が如何に相手を想いやるか
その戦いにおいても僕は敗者だった



・・・当時はライト感覚で聴いてた曲が、今ではちょっと泣きそうになりながら聴いている、
っていうのもよくよく考えれば面白いですよね その、年齢や経験で感じ方も変わって来る~というのが
表現に於いて最も楽しくて愉快な部分なのかも、なんて思える好例ですね(自分の中で)

正直な話、どんなに強く想っても届かない、遠くに感じる事も多々あります
いや、振り返ればそんな経験ばっか大人になってからして来た気すらしています
だけど、世の中をふと見渡すと絶対にそんな人ばかりではなくて
そこで初めて

「ああ、俺は敗者だったんだな」

と、強く感じて、ふと泣きそうな気持ちになってしまう
この曲はそういう感情をスッと誘発させるような効果を持っていて
でもそれも楽曲自体が軽快なアレンジでかつ口ずさみやすいメロディラインだからこそ、
自然に聴き手の中に入って来るんだと思うし、
そういう意味では実は内省的な表現と相性の良い曲調でもあるのかもしれない・・・と
ここ数年は新たに感じたりもしてましたね

本当は太陽になりたかった、
でも気が付けば距離感を間違えて“熱さ”だけを感じさせてしまい
結果的に照らす事も温める事も出来ずに残したのは冷たい、薄情という印象のみ
一聴すればポップで軽快なシロップにしてはライト感覚のロックンロール、だと思う方もいるかもですが
歌詞の方は結構に沁みる出来栄えで、かつ歌に関しても水面下の感情が密かに伝わって来るような、
実は相当カタルシス満点の「空しさ」に満ちている楽曲だとも個人的には感じる一曲です。


多分心が通じ合うなんて
一生ないから


これが感覚的に、肌で分かってしまうと結構辛いですよね・・・。
「なんだか遠いな」「届かないな」って一度でも感じた事があるなら是非聴いてみて下さい。
そういう曲だとも思います。













余談ですが、武道館ライブの時にこの曲会場で流れててね、
あのでっかい会場でこの曲が掛ってるのはちょっと違和感がありつつも
でもなんかその違和感がすっごく良かったなあ・・・って思い出があります。
その時も明るさの中に漂っている空しさを感じていたのかもしません。
密かな名曲。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ6周年と軽いお知らせ

2015-02-24 02:26:50 | 雑記






このブログが「旧館」と化してから随分経ちましたが、
まあ2015年の2月18日をもってめでたく(?)6周年を迎えた訳です

正直、去年の夏の更新したくても精神的に更新出来なかった時期は本当にどん詰まりの心境で
別にブログ活動を辞めたいわけじゃないのに、
どうしても色々と考えてしまって結局更新が出来ず・・・という正に最悪の事態に陥っていました
今でもその時のトラウマに近い感情は幾つも残っています

ただ、別に誰かのせいにしたいという気持ちはなく
最終的には自分が未熟だった、というだけの話だと思います
本当に強靭な意志があるのならばああいう状態にはなっていなかったはずです
だから、それすらもう自分の中では「過去の出来事」でもあるんでしょうね


凄く嬉しかったのは、
新しい場所でも変わらず読んでくれる方が沢山いたこと
「救われた」なんて言葉は使用すればするほど陳腐になっていきますけど、
それでも敢えて今使わせて下さい。そういう方々のお陰で自分はめちゃくちゃ救われました。
完全に無意味なものじゃなかったんだ。という実感を強く得る事が出来ました。
それが、今の自分の最大の支えであります
(勿論新しく出会ってくれた方々にも感謝、です。)

振り返ると「いいことばっか」とは程遠いほろ苦さと失敗にまみれた長年のブログ生活ではありますが
それでも、確かに「残っているもの」もあるのが、繰り返しますが自分の最大の喜びであります。
これまでも、
これからも、
自分が伝えたいのは「好き」って気持ち“だけ”です
それ以外はしたくないっていう極端な方向性ではありますが
引き続きこれからもよろしくお願いします・・・という事で。マイペースですけどね(笑
ちなみに新館にはブックマークの所から飛べるのでご興味があれば、是非。


あと、この機能は昔はなかったんですが
「ブログ検索」なるものが出来たのをちょっと前に発見したので
かなーり今更ではありますが(笑
当ブログにも設置しました。
6年間で結構色々書いてるのでお暇な時にでも再読してやって下さい。
ここはあくまで「旧館」という立ち位置ですが自分は件の「更新してないと出て来る広告」、
あれを絶対に避けたいと思っているので、ちょくちょく管理はしていきます。
それでは7年目もよろしく、です!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。2015!

2015-01-01 08:06:02 | 日記








2014年も閲覧のほど心から感謝、でした。
更新してない時期でも沢山アクセスがありとてもありがたかった&書いた甲斐があったな、と思いました。
数々のコメントを下さった皆様にも感謝しつつ、
2015年は復活したばかりのシロップ16gの全曲レビューを完成させる為に邁進していく予定です。
出来れば月1~2曲程度はUPしたいなあ。つーわけで、今年もよろしくお願いします。


去年、苦しみながらここで書いた記事の数々は自分にとってはいとおしくて仕方のないものでした。
一本一本「これで最後だ」って気持ちで書いてました。
でも、その「これで最後だ」って気持ちもまた大切なのかもしれないですね。
余力を残さず、今持ちうるパワーを総て使い切って、それならば燃え尽きてもいいじゃないか。
そんな風に今は思っています。この場所には大人になってからの「青春」が滲むほどに詰まっています。
もしお暇な時がありましたら振り返って頂けると、とても嬉しく思います。
それでは、また。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

γ─ガンマ─ 5巻/荻野純

2014-11-04 18:04:28 | γ─ガンマ─












実は密かに「ガンマ」のカテゴリー作ったんですよ夏ごろに。
そこから今までの各話感想だったり単行本の感想が一気に読めるので、
もし好きな方がいれば是非チェックしてみて下さい。で、これが恐らく最後の今作の記事になるの・・・かな。













まず、あとがきで今作は最後まで人気を保てたまま終われた~って記述に安心しました
雑誌では最後の方は最後尾掲載になってたのでちょっと不安だったんですが単純に終わるから、
プッシュの必要がなくなったからああいう位置だったんだなあ、とホッとしましたね
それを実際に作家本人の文章から分かれて本当に良かったです
元々早々と完結に向かってる事は明言されてましたが、
やっぱり確証が欲しかったですし、それによって自分がやって来た事・・・
例えばアンケだったりファンレターだったり感想での呼びかけが決して無駄ではなかった
ファンとしての意思表示がちょっとでもこの作品の、彼の力の一部になれてたのならとても嬉しいですね

ぶっちゃけ週刊の方のジャンプでは応援している作品がことごとく終わるという苦渋ばっかりだったので(笑
ようやくこの作品でリベンジ出来たのかなあ・・・って今ちょっとだけ感じています
何にせよ、作者が本当に描きたいところまで描けてファンとしても幸せですね
きちんと各々の「復讐」も果たせましたし、
それによるカタルシスも大きなものでしたし、
複線もちゃんと消化してますしこの世界に関してもユリの行く末に関しても「最後」まで描き切る事が出来た
割と誰が読んでもスッキリ出来る消化具合になってるんじゃないかなあ~とか感じつつ
展開的な意味合いだけでなく荻野純さん的にもやり切った感触のある最終巻になっていたかと。

「荻野純さん的」というのはこの作品特有の個性であったシリアスな中にも百合描写を入れる、ということ
でもこの巻ではそれらがサービスやおまけ的要素に留まらず完全に本編に溶け込んでいます
今まで小出しにしてた分、完全にリミッター外してど真ん中の百合展開やってます
でも、ちゃんとヒーロー展開の中に百合展開があり、
百合展開のお陰でヒーロー展開が際立つ・・・というきちんと百合もヒーローも両立出来てるのがいいなと
扉絵も官能的な百合カット全開で最後の最後で荻野純さん的な部分を出しっぱなしにしてきた印象

でも、そこからは本気で百合展開を愛している
自分はこれが好きなんだ!って気持ちが往々にして伝わって来て
その辺の「らしさ」に関してはブレずに最後まで貫き通した「潔さ」があったと思います
男女の恋人同士が普通に性行為に精を出すのと同じように、
女同士の恋人であれば同じように行為に励むのもまた道理が通っていると個人的には思う
そんな主張があったのかなかったのかは正直分かりませんが、でも決して彼らしさを曲げなかった事は事実
そのど真ん中の百合シーンもこれまでの積み重ねや複線あってのものなので、
これまで百合描写「も」楽しんで来た読者はきっとジーンと来るはず
特にマリーナ隊長の本当の想いは初めて明かされたので、
初めて読んだ時はクライマックスの興奮も手伝って余計にドラマチックだなあ・・・と感動してしまいました
全体を通してヒーローは守りたい人、果たしたい想いの為ならいくらだってその身を削って
強くなれる、何度だって立ちあがる事が出来るんだ。っていう
そういうテーマが水面下で漂ってた風にも思えました
何にせよヒーローコミック的な意味合いでも、百合漫画的な意味合いでもスカッと出来る盤石の最終巻だと
今改めて単行本で一気読みしてみてそんな風に思えたのもやはり嬉しかったですね。

ちなみに、この巻でユリの状況、心情的に一区切りを迎えます
それもまた初期から読んで来た身としてはある種のやり切った感、
最後までユリはユリらしく、ユリを貫いて今のユリに辿りついたんだなあ・・・って感じで
ちょっと、いや、かなり感慨深く読めたのも大きかったですね
ユリはきっとナチュラルボーンヒーローだった、
そんな彼女の生き様を描くのが本作だったんでは、と今になってみるとそうとも思えますね
普段戦えなくても地球の為に尽力して、いざという時には身を滅ぼす覚悟で残された力を使おうとする
そして、ああいった結果になった今でもまだその「尽力」は続けている

一区切りは付いたけど、
まだまだユリの、ユリたちの戦いが終わったわけじゃない。
そんな風に「これから」も期待させるエンディングが実に見事だったなと
正に何もかもを解消して終わった感覚で後腐れもなく次回作に期待出来る、私にとってはそういう内容でした。
ここまで読者を楽しませ感動させてくれた事に、心から感謝をしたいです。ありがとうございました!



さて、単行本ならではのおまけに関してですが
乳首解禁しちゃってますね(笑 ミカちゃんとミユキとヒカリのか。
後者二人は本編に於ける描き足しページで堂々と、しかも結構良い乳首です(笑
前者はおまけページで1P丸々の描き下ろしカットにて、なんですが最後に堂々とサービスして来ましたね
流石に性行為の漫画とかはありませんが、それを想起させるカットは何枚もあるのでそっちでも楽しめると思う
ていうか今回のおまけページはほぼほぼそういう官能的なカットオンリーな感じで正直凄かったです
ラストの描き下ろしカラーイラストではマリーナ隊長がユリを縛り付けて行為にいそしむ様子が描かれてたり
「どうした!?」って感じつつ、それはそれでまた官能的でよろしかったと思います(笑

あとがきではまだまだ連載案がたくさんあること、
今すぐにでも次回作を描きたいくらい意欲があるらしいので
今作がきちんと人気を保てたまま終われたという事実も手伝って
案外近いうちに次回作を拝めそうで非常に楽しみです

(出来れば官能的な部分は残しで!残しで!・・・なんて 笑)














なんだか凄い長い期間この漫画の感想を書いてた気がしますが、
振り返るとたった1年半程度の出来ごとだったんですね
でもそうとは思えないくらい濃ゆい漫画でありました
これまでこの感想を読んで下さった皆様に感謝しつつ、
ガンマは最後まで面白くてスカッとする漫画だったよ。と断言してこの記事を終えたいと思います

共にアンケを出してくれた方、応援してくれた方に心より感謝を。
本当にありがとうございました!!


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加