ようこそ私の庭へ 

季節を忘れずに咲く花、大きくなる木、きまぐれ猫、その他もろもろ日々の綴りです。

城址公園足助城

2021年06月03日 | おでかけ

足助城・戦国の山城

香嵐渓でササ百合が咲いていると聞き、さっそくお出かけすることに決めました。

 

一輪見つけた香嵐渓のササ百合、奥におなじみの赤い橋が見える。

橋の上から見た宿舎。子供が小学校の頃かな?新品の檜風呂に入って、囲炉裏を囲んで一晩泊まった。遠い日の思い出。

香嵐渓では思ったほどササ百合は咲いていなく、車で10分ほどの足助城に咲いているという情報を得て行ってみることに。

 

 

LINK : 足助城(高櫓・長屋・物見矢倉・厨(くりや))

「発掘調査成果に基づく戦国時代の山城の復元」

 

 

戦国初期は天守とは言わず 高櫓と呼んでいた。

 

物見ヤ倉                     厨(くりや)

 

 

展望台から見た遥か足助の町並み

 

    

ササ百合は咲いていました。山城を支える雑草茂る崖のあちこちにササ百合の花が・・

ササ百合の香りが時々風に乗って鼻先をかすめる。

 

 

 

 

  

 

 

ササ百合の花より、さらに香っていたのがマタタビの木の花の香でした。漂ってくる甘い香りに

何の香だろうかと崖を探っていると、マタタビの木の枝の間に咲いている小さなお茶の花に似た白い花。

猫がスリスリして喜ぶマタタビです。早速一枝頂いて、お留守番しているチョコとボンのお土産にすることに。

    

葉が白く変化するため、容易にマタタビの木であることが判断できます。

LINK : 猫のマタタビ反応(Wikipedia)

 

去年からのさんざんのコロナ自粛、緊急事態宣言6月20日まで?、、イヤイヤ延長されるでしょうね?

オリンピックが終わるまで?あれもこれも活動禁止に、入場禁止。付き合ってくれているのはパソコンだけ

月2回の講座はテレビとPCを繋いでZOOM講座に、パソコンファイターズ仲間とはラインとZOOMで交流しています。

コメント (2)

五月の庭

2021年05月24日 | 私の庭

五月の庭

アヤメの花、咲き揃いました。

 

 

家の前を1m幅ほどの用水が流れていた頃、その用水と家の敷地の間の狭い場所に植えてあったアヤメ

ベルサウオーク完成後、用水に蓋をして道路幅が拡張された訳ですが、わずか残っていたその

アヤメの根っこを家の庭にお引っ越し、そこから数年後ここまで増えたのです。

 

 

 

米津のおばーちゃんに貰った睡蓮の花、今年は一輪

 

 

 

ヤマボウシの花満開、たくさん咲きました。

 

母の日プレゼント2鉢、嬉しいです

コメント (2)

海を渡った古伊万里

2021年05月09日 | つれづれに

海を渡った古伊万里

伊万里焼(いまりやき)は、有田(佐賀県の有田)を中心として生産された磁器の総称で、

製品の主な積み出し港が伊万里であったことから、消費地では「伊万里焼」と呼ばれた。

佐賀藩(鍋島藩)が豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592年-1598年)に参加したことをきっかけに、朝鮮から

多くの陶工が佐賀へ渡った。これらの陶工によって有田における磁器製造が開始された。

 

左:破壊された古伊万里  右:日本の技術により破片を修復した作品

 

 

*海を渡った古伊万里の悲しい歴史: オーストリア、ウイーン郊外の古城には、日本の古伊万里を中心とした

陶磁器が多く所蔵され、城内を飾っていましたが、第二次世界大戦終結の混乱期に、ロシア兵によって破壊された。

 

城主ピアッテイ家は残された大量の破片を廃棄しないで、現在まで保管し、一般公開してきた(Wikipedia)

    

学芸員さんの分かりやすい説明に、複雑な歴史の波を乗り越えて現存する古伊万里の価値を実感しました。

 

美しい古伊万里焼を見ることができる情報を得て、瀬戸市愛知県陶磁美術館へ行って来ました。

愛知万博記念公園の前を通り過ぎてしばらく行くと自然豊かな地、山地を切り開いた場所の美術館にたどり着きました。

 

愛知県陶磁美術館

コメント

今年の連休

2021年05月03日 | 私の庭

2021年_寂しい5月の連休

「せめて花を植えて気持ちを切り替える」

 

カーマホームセンターで4鉢がセットになった赤と白の超お値打ちベゴニアを買ってきました。

暑い夏、葉が肉厚で丈夫な水切れ不安の少ないベゴニアは、我が家の夏の庭には不可欠の花。

 

  

連休初日の1日、きっと混んでるだろ~なと思いながら行った憩いの農園、やっぱりです!

タイミング良く駐車して、でも、手提げ籠が無い!それほど超満員でした。

憩いの農園いっぱいに咲き誇る花々の中から、目についた可愛らしい赤、白、黄色の「リトルシャンデリア」を買う。

去年は7月の長雨で、例年植えていたペチュニアが無残な姿になったため、今年はペチュニアは買わないと

決めていました・・・が、この「リトルシャンデリア」も花びらが薄い、ミスったかな~?

でも、可愛いし気に入ったので買わないわけにはいかない!どう雨の季節を乗り越えるかが問題です。

    

花いっぱい、人いっぱいの連休の「憩いの農園」風景

 

 

中庭のアヤメが咲き始めました。

去年剪定に失敗してとうとう花を見なかった柏葉アジサイ、今年は大丈夫そうです。

 

 

何処へも行けない寂しい連休、夕方宮崎の海岸を散歩する。オ~~イカモ君たち行かないで~~

 

コメント (2)

ミツマタの花の群生地

2021年04月19日 | おでかけ

新城ミツマタの花群生地

 

ミツマタって、和紙の原料になるミツマタのこと・・小学校何年生だったか習ったよね!

こんなに可愛らしい花が咲くなんて、ついぞ知らなかった。(3月14日中日新聞情報)で・・お天気も良いし、

桜も咲いてそうだし、さっそくお出かけすることにしました。山の中だから密になる心配もない。

 

小さな川の流れに沿って山道を登って行くと、ミツマタの群生地を一望できる場所がある。

次に人の背丈ほどのミツマタの木々の崖を降りて行く、手摺付の通路が作ってあり、根元が

踏み荒らされないように配慮してある。地元の人々がこの群生地を大切に思っていることが分る。

 

開花すると黄色い花になる。  

  

名前の由来通り枝は三又になっているのが分る。うつむいて咲く花。 

 

 

白い花のお花畑です。

 

  

ナビに導かれながらのくねくねした細い山道が不安になって「つくで手作り村」で休憩しながら道を聞く。

山の野菜を買ってお土産も出来ました。

 

 

 

途中立ち寄った新城市乗本旧黄柳橋。橋のア―チが美しい。勢いよく流れる水。木々の新芽。

苔むした岩。山桜が咲く崖。新城は自然豊かな良い所です。一日良いドライブをしました。

コメント (2)

四月の庭

2021年04月11日 | 私の庭

四 月 の 庭

 

四月に入って気温も上がり、庭の緑が鮮やかになり花が咲き始めました。

 

門扉前の木蓮の花、例年に比べ少し遅い開花の気がするけれど・・

 

 

     四月1日の牡丹の蕾                今日、11日に開いた牡丹の花

 美しい女性を形容する慣用句にも使われているボタン、座れば牡丹ですね。香りも良いです。

門から庭先に入って来ると香りがふわりと鼻先をかすめる。イイです~~~

牡丹を見ると、父を思う。父が植えて可愛がっていた牡丹の花。笑顔がよみがえる。

 

 

 

何年も前にお友達から頂いたアジュガの花、強い植物です。根分けすれば必ず根付いて翌年の春の庭を飾る。 

花には色々な思い出があるものです。その庭の片隅のアジュガを鍬でこいで分けていただいた友はもういない。

 

 

駐車場をL字形に囲むドウダンツツジと芝桜の花。「今年は花がたくさん咲いて綺麗だね」庭先でのつかの間の親子の会話。

 

 

やはりお友達から根分けして頂いたジャーマンアイリス、色が鮮やかで目を引く。 

憩いの農園で買った小手毬の木、小さな木だったけれど東の庭に移し替えてから

ドンドン枝を伸ばしてたくさんの花が付くようになった。

 

コメント (2)

春を呼ぶ雨

2021年03月08日 | 私の庭

春を呼ぶ雨

 

また雨です!やさしい雨、春を呼ぶ雨です。庭の緑がかすかに鮮やかになってきています。

たくさん蕾が付いたボケの花、いつも我が家の庭で春一番に目覚める。

 

 

牡丹の蕾が四つ。             その牡丹の根元で咲いている赤いボケの花。

 

 

にぎやかに咲いたパンジーと、雨の中うつ向いて咲く水仙の花

 

 

ヘメロカリスの新芽が去年より増えている~夏の初めに鮮やかなオレンジ色の花が咲きます。

剪定の仕方を間違えて2年咲かなかった柏葉アジサイ、今年は咲いてほしいです。

 

コメント (2)

春を感じたくて!

2021年02月14日 | おでかけ

春を感じたくて

 

突然、Google.com から ”“ Google アカウントでご利用中のストレージの使用容量が11.94 GB( 15 GB、 中79%

になりましたので、お知らせいたします“” のメールが投げ込まれてきました。エ~!私そんなに容量使ってんの?いつの間に?

ドライブを開いてみると、どうやらNIAホームページ用の写真や原稿で驚きの莫大な数のやり取りでパンパン状態。こんなに

ボランティアでお手伝いしてたのに、ずいぶんな終焉を迎えて、、もういいです、結構です!てな状態の今日この頃です。

 

そんな訳で、午前中はji-jiの入れるコーヒーとお菓子と韓流テレビ。

午後はひたすら写真のバックアップと原稿資料や写真、古いメール削除してます。

現在9G以下になったはず~まだまだ断捨離します。

 

 

そんなわけで、いい加減PCにかじりついているのも疲れてきて、幸田の道の駅でお買い物+お昼ご飯に決めた帰り道、

久しぶりに”西尾生き物ふれあいの里”に立ち寄りウオーキングしてきました。子供と来たままだと思うから何年振り?

 

 

家の周りのどこでも見ることのできた野の花、イヌフグリとホトケノザ。

懐かしさを感じて写真しました。私の住環境はすっかりアスファルトジャングルになってしまって。

 

 

水辺に降りてみると何やら獣の足跡の大、小が点々と・・子ずれらしい、犬じゃないと思う。

爪が鋭い、タヌキ?・・ここはまだまだ冬景色の枯草ばかり、緑の春になったらまた来たい。

コメント

ストレスな日々

2021年01月23日 | つれづれに

ウンザリ、ストレスな日々

   

春の自粛の日々を思い出すのもイヤなのに、再び家に閉こめられてしまった・・・18日。

うんざりして、身の置き場がない! で、また西尾城址公園まで歩くことに決めて出発。

お堀のカモたちを追って~逃げないで~と呟きながら写真を撮って、櫓の周りをグルっと回って、八幡さんにお参りして、戻って来ました。

去年竣工した櫓と土塀は立派だけれど、何となく絵にならないな~やはりお堀に映る櫓の姿が好きです。

 

スマホの歩数計:6150歩、4km、160キロカロリー、54分

風のない日、すっかり汗をかいて気分スッキリしました。

 

 

  

大寒に入った朝、睡蓮鉢に厚い氷が張った。チョコとボンも暖かい朝陽を浴びて気持ちよさそう~!

(おデブのボン、6kgある。膝に乗ってくると足が痺れる  チョコは半分も無いです。)

コメント (1)

初詣巡り

2021年01月10日 | 

  初 詣 巡 り 

1月3日(日)

伊文神社

例年、年の明けた一日に家族そろって伊文神社に初詣なのですが、何しろ蜜を避けなければならない今年、

相談の結果、3日にお参りをすることにしました。やはり参拝者は少なく、お札と破魔矢もガラス越しに購入。

 

 

 

1月4日(月)

豊川稲荷神社

 

お狐さんが神社をお守りしている。父はここからズ~と山地の方角へ行った千両町(ちぎりちょう)の生まれ。

子供の時から一番よく来たところです。電車に乗って、夏休みはほとんど毎年のように来ていた山・川の思い出いっぱいの地です。

お参りの後、神社の門を出た所で稲荷寿司(お狐さんの好物)を買ってお昼ご飯にしました。美味しかったです。

 

 

 

1月5日(火)

八幡神社松平東照宮(松平郷)

   

豊田市の松平東照宮に現存する水濠や石垣は、関ケ原の合戦のあと築かれ、八幡宮と称して松平家の屋敷神でした。

「すなわちここは、家康のご先祖さん、松平家の発祥地」、交通安全のお守りを購入。

毎年2月、松平東照宮で奉納される「天下祭、裸の厄男」は、天下泰平を祈願した祭りなのですが、今年は中止のようです。

 

高月院

   

東照宮さんから、山々を眺めながら、清水の流れに沿ってしばし坂を上っていくと

高月院(家康のお母さんの菩提寺)があって、しばし休憩。この散歩道が大好きです。

途中に菖蒲池もあるので、菖蒲の咲くころにまた来たいです。

 

コメント

2021年の空

2021年01月04日 | 

2021年の空

2月21日(日曜日)

 

幡豆寺部海岸の夕日を見る     はるか向こう岸は吉良海岸

 

春休みに帰ってきた孫と夕日を見ながら砂浜を散歩する幸せなひととき 

 

 

釣り人一人、2月6日 吉良海岸の夕日

家族連、友達仲間、釣り人、楽器を弾く人等、皆さん吉良海岸の夕日を楽しんでいました。 

 

令和3年の新年は例年のごとく、家族11人ですき焼きとおせち料理でお腹がいっぱいに・・・

おせちの中身はもっぱら、昆布巻き、黒豆、玉子焼き・数の子等ほとんど出来合いをお店で購入。

作ったのはレンコン・大根・人参・椎茸・アブラゲの煮ず和えのみ→3段の重箱へ並べて飾る。

皆が帰った2日、食べてテレビばかりの新年に飽いて、夕陽の写真を撮りに行きました。

 

夕陽が低い雲を赤く染めながら沈んでいく・・・

冷たい風の吹く中堤防をランニングする人、遠くに火力発電所の煙が見える。

 

2日、碧南矢作川堤防から

 

 

3日、一色味浜堤防から海に沈む夕日、今年も良い年でありますようにと願う!

   

はるか遠くに碧南火力発電所の煙が見える。

コメント

庭の紅葉

2021年01月04日 | 私の庭

庭の紅葉と山茶花

 

グルっと家の周りに植えた山茶花も家と共に30年を超しました。毎年大きくなる木々の剪定もなかなか

大変ですが、寒い冬の庭に元気よく咲く山茶花の花を見ると嬉しくなります。

 

 

 

玄関前、中庭のドウダンツツジとモミジの紅葉

 

コメント

デンパークのクリスマスイルミネーション

2020年12月20日 | 

 デンパークのウインターフェスティバル 

30万球のイルミネーションが綺麗でした~

 

 

 可愛い中学生が二人仲良く写真を撮りあっていました。

 

 

大温室内のクリスマスツリーのイルミネーション、ポインセチァの赤い色が引き立つ

   

 

今年リニューアルした花の大温室内フローラルプレイスで可愛いサンタクロース発見!

お願いして写真を撮らせて頂きました。フォトスポットですね❣

  

 

高さ8mの大ツリーを中心に、大小18本のツリーが囲む温室内

   

 

北欧デンマークの街並みをイメージディスプレーされた温室内

    

    すっかり暗くなった8:30分からは噴水広場で「花火ショー」が始まりました。

今夏、全国であるはずだった花火大会、何処もキャンセルされて寂しい限りでしたが、年の終わりに

ほんの数十分でしたが、シューシューと勢いよく天に吹き上げる花火を見ることができて嬉しかった。

コメント

寸又峡(秋編)

2020年12月14日 | おでかけ

寸 又 峡(秋編) 11月15日

 

2015年、5年前の春、ジージ(いつも何処かへ遊びに行くことを考えている人)の思い付きで寸又峡へ行きました。

その様子をFacebookに載せたところ、「秋もいいですよ、ゼヒ!」とお勧めされて今回のドライブになりました。

左写真*タイミング次第で大井川を渡るトロッコ列車を見ることができる。

右写真*千頭駅では祭り太鼓の演奏披露をする街の人々が・・

  

 

国道473号線のすぐ隣を走る蒸気機関車(南アルプスあぷとライン)

  

 

車を降りて寸又峡のけっこうな人出の温泉街を通り抜け、紅葉を愛でながら山道を歩くこと30分くらい・・ナカナカです~

  

 

5年前に見た覚えのある神秘的な大井川の水の色が見えてきたー

  

 

きっと人出は少ないだろうと思って来たのに、とんでもない!密にならないように並んで吊り橋を渡るのを待つ。

皆、紅葉を愛でたいし、家に閉じこもていたくないよね~!お出かけしたいよね~!

吊り橋を渡る時の人数は限られているので、ジッと順番を待つ。

    

雨の日が続いた今夏、あちこちに崖崩れの形跡と土砂に埋まってしまった川の様子がありました。

 

 

 

2015年の春に行った寸又峡

5年前の春は今回ほどの混雑も無く吊り橋を渡ることができましたが、橋を渡り切った所からの崖道を登るのは大変でした。

あれから5年経っているし、ということは5才年取っているということだから、日も短く、暗くなりかけの薄暗い

あの崖路を登るのには不安もあったし、途中で引き返したことに悔いはないよなと諦めることができました・・年取ったワー!

けっこう大雨の降った今夏、いたるところに崖崩れの形跡と土砂に埋まった川の様子が見られました。

 

コメント

紅葉狩り

2020年12月05日 | おでかけ

紅葉狩り(11月22日)

 

毎年、紅葉を楽しむためにドライブする豊田市セントクリークGCへの山道、紅葉が綺麗なんです。

途中の山道の崖には、南天や赤い木の実があって、クリスマス用やお正月用に頂いて来ます。

 

 

到着地はトイレタイムも兼ねて、カラ松の綺麗なセントクリークGC

チョット来るのが遅かったようです。金色に光るカラ松はほとんど葉が落ちていたし、空も曇り空で、

光が届かないためか写真にとっても冴えないですね!例のコロナのせいで、ドライブに出遅れた感じが・・

  

 

セントクリークGC、ジージの知人の設計という話ですが、私は”幽霊屋敷みたい”とこき下ろす!

バブルの頃に出来た、壁面が総砂岩で出来た重厚なゴルフクラブ。多くはないプレイヤー達が楽しんでいました。

  

 

コメント (2)