二日目は大雨の中ボートダイブ3本 ④

2010-11-30 10:40:19 | ★ 海
ダイビングの強みは風邪さえなければ雨は問題なし。
どうせ濡れるんだから。伊豆だと黒いや雨は海の中が暗くなるのですが屋久島は明るくて驚きました。

一本目 ポイント:おつ瀬
水温23度 気温18度
entry 10:00 exit 10:42 visibility 30m deep26.3m
5ミリウエット+フードベスト水中は快適でした。
上がってから直ぐ着替えないと寒かったです。
水着を沢山持っていって正解でした。何せ冷えは禁物ですから。
ボート下で待っている間に1.5m弱?シマウミヘビ横を通過、
トノサマダイ、モラサメモンガラ、カモハラギンポ他
アジアコショウダイ①

アジアコショウダイ② 柄違い黄色っぽい

シテンヤッコ

モンガラカワハジ



二本目 ポイント タンク下南ブイ
水温23度 entry 12:45 exit 13:32 visibility15m deep18.7m
ホシゴンベ、ロクセンスズメダイ、
タテジマキンチャクダイ

フタスジリュキュウスズメダイ

カスミチョウチョウウオ

フタスジタマガシラ

コクテンフグ

アブラヤッコとカガミチョウチョウウオ

キリンミノカサゴ


3本目  ポイント タンク下北ブイ
水温21度  ent15:18 exi16:09 visibility12m deep 11.5m
岩穴を覗いたら、いきなりバレーボールにピンポン玉2個の目玉
これには驚きました。自分だけ写真に収めバディに慌てて教えたけどバディが来た時にはもう奥へ引っ込んじゃって、申し訳なかったです。
イシガキフグ?かな?とにかくデッカイ

ツノハタタテダイ

オオモンハゲブダイ

屋久島では何度となくアカウミガメにヒットでした。
ラストダイブでは、この至近距離でまったりさせていただきました。










10分程度はランデブーできたので、最終ダイブは予定超過。
今回のログブックには、書け切れない魚の名前が挙がりました。
なんとなく、こんな感じ?と言う魚が多い事。
亀と泳ぎたくてダイバーになられた方がいて、上がってから
感動して泣かれていました。思い出に残る屋久島ダイブでした。
さて次は陸上です。














コメント (4)

元浦・クレーン下 in 屋久島 ③

2010-11-27 15:57:18 | ★ 海





まず目立ったのがカマスの群れです。
通過するもの漂っているもの色々です。

 
オイランヨウジウオ


人間贅沢な物で至る所にいるクマノミには目もくれません。


みぞれフグを追いかけ


やっと、お顔は拝見



ハリセンボンて目が青いのですね




とにかく明るい海なので砂地もとても綺麗でした。

水温23度 透明度15m,水深15m 
平均震度 8メートル
潜水時間76分

ヒレナガスズメダイ、ホウセキキントキ、ホウセキキントキ,モンツキアカヒメジ、スミツキハギ。アケボノチョウチョウウオ他














コメント (6)

屋久島ダイビング記  ②

2010-11-26 14:44:59 | ★ 海
11/20午後便飛行機で鹿児島入り、夕食は自己紹介兼ねて
黒豚、牛シャブシャブ食べ放題。沢山いただきました。
翌11/21朝、屋久島へ着いたら直ぐ潜るとのことで水着を下に既に着て出発。
種子島経由してフェリーで2時間40分経て屋久島到着。
お迎えにきていた現地ショップサンの案内で、着いた先が昨日アップした写真の所です。
砂浜の先にはトイレや休息する駐車場があります。
今回は参加者は女性6名と引率イントラさん、現地ショップさん、宿泊所を提供してくださったオーナーさん、男性3名です。
《潜ったのは前者7名のみ》
皆さんとっても気さくで楽しい方ばかりで、楽しいダイビングになりそうだと初日からワクワクしました。
エントリー(写真は友人から頂きました。)





初日は晴れてくれたので、海に差し込む太陽がまぶしかったです。



コメント (6)

海は独り占め ①

2010-11-25 10:40:47 | ★ マナティの独り言
ただいまぁ120%堪能してきました。
屋久島の海は最高でした。
山があれだけすごいのですから海の中も?と思っていましたが
予想通り海も山も素晴らしかったです。

帰りの便が機械整備不備のため欠航してしまい、
一日余計にお休みを頂く事になってしまいました。
またゆっくりご報告させていただきます。










コメント (6)

ブログお仲間からです。

2010-11-19 15:55:13 | ★Friendly
マナティさん
ブログの友人の愛犬が亡くなりました。
その話を書いてある記事にあった海を見ている犬の姿が、心に残りましたので、ご紹介します。
http://blog.yaeyama.cc/paikaji/219870-msg.html
愛されて、幸せなワンコ人生だったと思います。
最後の写真にも、ホロリとさせられました・・・

                 森のどんぐり屋

森のどんぐり屋さんありがとうございました。
優しい飼い主さんに飼われて幸せなワンコちゃんでしたね。
最後の写真が前代犬ペペにそっくりで、私も泣けてしまいました。


コメント (4)

屋久島ダイビング

2010-11-19 14:27:09 | ★ 海
兼ねてから一度行きたかった屋久島へ行ってきます。

屋久島杉で山は有名ですが海は??まだ施設もあまり

整っていないとのこと。

港のトイレで着替えと通達が着ました。

山が素晴らしいのだから、きっと海の中もと期待は

膨らむのですが、、、さてどうなるでしょう。

写真も上手く取れたらアップさせて頂きますが

最近取り込みが上手くいかなくて心配です。

皆様も良い週末をお過ごしください。
コメント (4)

食べ残す人が多いけど。。。。

2010-11-18 17:12:44 | ヘルシー
必要ないと思うものに、『刺身についている大根』
と挙げられていました。
ええ・・もったいない。絶対必要。絶対食べた方がいいです。
確かに刺身の赤色がついて気持ちが悪いかもしれないですが、
TVで紹介されていたバターで痛めて明太子であえる食べ方などせずそのまま召し上がって頂きたいです。
刺身は色々な種類の魚が乗るので、口に残った味を消す意味で大根を魚と交互に食べるといいと説明されていましたが、
大根にはジアスターゼ《アミラーゼともいう消化酵素》が含まれています。
胃もたれ等を緩和してくれる働きがあると聞いた事があります。
特に刺身は酒の肴になりますから、二日酔いにもなりにくいので是非不要などの仰らずに召し上がってください。

鰹にはショウが、マグロにはワサビ、味の塩焼きには大根おろしなども
きっと絶妙な組み合わせで意味があるんだと思います。
コメント (4)

ノーリーシュ反対

2010-11-17 11:45:30 | ★ マナティの独り言
今朝、空がブルドックに襲われそうになった。
もうノーリードだから、あったまきた!!
ものすごい勢いで突進してきてガブガブって唸り声上げて来た。
空も例の高い声で応戦しそうになったから私は
空に覆いかぶさった、ブルドックが私に急接近
ブルは手を差し出さないと人間をかまないとか聞いた事あるから
無防備ならいいかなって思って。。。とっさの行動だった。
慌てて飼い主が来て詫びたけど間一髪やばかった。
そのブルちゃんは何時もお母さんが散歩していて、リードはちゃんとしているのね。
大人しい弱気のブルちゃんなの。空が何時もその子に吠えていたから、覚えていたんだろうね。今日はお父さんに連れられていたから、強気。なおかつノーリード。
ブルが悪いんじゃない。犬は自分でリードはずさないもの。
自分家のワンコがやられるのも、やるのもみたくないのは同じはず。お互い気をつけましょう。

コメント (2)

数字を翻訳解読

2010-11-13 16:40:52 | 心相鑑定 ALOHAメンタルライフ
最近ブログ仲間とのつながりを読む機会に恵まれ
誰と誰を介して誰とご縁ができた等など、とても面白い勉強を
させて頂いています。特に国外に住んでいる方などとは
接触するきっかけがないのにどうして??と思ったのですが
伝書鳩のようにそこで行き来される方が、繫ぎとめるんです 。
まさしくメッセンジャー的存在がいらっしゃいます。
直接お会いしてなくても、やり取りをしているうちにご縁が誰経由で生まれたか分ってきます。
ここで出会ってご夫婦になられている方もいらっしゃいますし。
計算機能としてはもちろんですが、翻訳機能として解読すると
数字の持つキャラが分り、大変興味深いです。
同じ周波数上《同じ思い》にいる時にはシンクロすることが,
多々あります。
自然界に存続する法則ってウム言う間なく完璧です。
そのバランスを崩しちゃうのが人間なんですが、バランスを取り戻すことができるのも人間だけなんでしょうね。
この日曜日、私にとって色々な方をご縁付け下さるメッセンジャー、キーパーソンとGirls Talk に明け暮れました。
楽しかったですぅ。私自身もしかり、その方の行動そのものが証明してくださるのです。
いままでゆっくりお話できなかったので、大変有意義な充実した時間を過ごさせていただきました。
《若干寝不足でしたが》






素敵な景色に目を奪われつつ話しに夢中になりました。
帰りの新幹線の中で湧いた話で互いの娘同士も、縁が出てくる奇遇にまたビックリ。
自然界の法則と数字の持つ法則を証明した宮城悟先生の、ご研究の成果は本当にすごい事だと敬服いたします。
全てがタイムリー、必要な時に必要なことが自然発生します。
全てオープンになっているのでご興味がある方はどうぞ。
http://www.tanjyoubi.info/rule02.html














コメント (2)

イルカの赤ちゃん

2010-11-12 12:48:32 | ★ 犬・猫・生き物
http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=443707

これだけ小さいイルカは見たことがありません。

網にかかって死にかっている所を救助されたそうで

早く元気になって欲しいです。

それにしてもめちゃくちゃ可愛い

よくハワイ島のドルフィンスイムで、母親イルカの横で

小さな赤ちゃんイルカがジャンプの練習をしているのを

見かけます。その様子が目に浮かんじゃって、

どうしてもお母さんのことが気になってしまいます。

どこかでお母さんはこの子を探しているのかしら?

そう思うとちょっと切ないです。
コメント (8)