makoto's daily handmades

暮らし、散歩、読書、映画、時々ハンドメイド
写真の二次使用は許可しませんので悪しからず

パート 8月8日目

2018-08-17 18:51:22 | お仕事気づきノート
今日は涼しくなったせいか、意外にも多くの方が来館したようです。
資料室にもそれなりに多くいらっしゃいました。
そろそろ夏休みも終わりですから、夏休みの終わりの思い出に立ち寄る方も多いのかな?と思います。

今日は久しぶりにお見かけしたお客様がいらっしゃいました。
以前、仕事帰りに偶然お会いした方でした。
思わず「お久しぶりです、お元気でしたか?」とお声がけました。
お客様も私のことを覚えてくださっていらっしゃいました。
これは本当に嬉しいことです。
お客様によると、夏は暑くて通うのが大変だから来ていなかったんだ、とのことでした。
そういえば、最後にお見かけしたのは5月くらいでしたから、本当に暑いシーズンを避けていたようです。

これから少し涼しくなってきたら、また来てくださるのかな?
酷暑も落ち着いて来たので、少しお客様が増えてくれるといいな、と思っています。


コメント

パート 8月7回目

2018-08-16 18:29:23 | お仕事気づきノート
今日は資料室の整理日でした。
資料の入れ替えがあったのですが、これがかなり手間がかかりまして時間が取られてしまいました。
やりたかった作業の半分しかできず…という状態でした。
それにしても紙の資料はどうしてこんなにも重いのでしょうねぇ。

私が社会人になった頃は盛んに「これからの時代はペーパーレス」と言われていました。
Windows95の普及で、盛んにそう言われていたのですが…。
あれから20年以上経つのに、まだまだ文化施設の資料は紙ですねぇ、残念です。
各企画展の図録も、普通は製本された本で、DVDやCD-ROMだけで発行することは珍しいですから、仕方がありませんね。
近年は、図録を発行しない代わりに写真OKの施設も増えてきましたから、資料室の資料公開の方法も、この先、随分と変わって来るのでしょうか?

今日は細かい手先の作業も多かったです。
資料の属性シールをひたすら作っていました。
一度にこんなに作ったのは初めてかも。
普段はこんなにたくさん取り扱わない作業だったので、貴重な体験になりました。
コメント (4)

パート 8月6回目

2018-08-14 18:27:34 | お仕事気づきノート
今日も暑い中たくさんの方がいらっしゃいました。
資料室が混み合うなんてあまりないのですが、今日は混雑です。
展示室に来たついでに立ち寄られる他に、夏休みの課題で訪れている子どもさん達、そして受験勉強に来ている人たちもチラホラ。

席数は少ないのですが、近くの図書館よりは席が確保しやすいのかな?
でもねぇ、閲覧席で寝ている子もいました。
図書館と違って席数が少ないので、寝るのは困るのです。
寝るなら、ソファ席(机がなく腰掛けるだけの席)で寝るなら注意しないで済むのに…。
先輩パートさんに「閲覧席で寝ている子に声をかけた方がいいですか?」と尋ねたところ、先輩パートさんが声をかけてくれました。

そうか、こういうときはこうやって声をかけるのか、と勉強になりました。

まだまだ暑い日が続きますが、文化施設は比較的涼しく過ごせるので、ぜひ足を運んでみてください。
コメント (2)

パート 8月5回目

2018-08-10 18:15:01 | お仕事気づきノート
今日は思ったよりも混みませんでした。
おそらくお盆休み前をで、その準備かな?と。

思い起こせば、去年展示室担当だった時に、やはりお盆は少しお客様が少なめだったな、と。
資料閲覧の方も少ないので、少し書架整理をしました。
思ったよりも、本が全然違うところに収まっていて驚きました。
毎回少しずつ整理していますが、なぜこの本がここに?という状態でした。

この小さな資料室でもこんな状態なのですから、図書館はもっとスゴいことになっているのだろうな…という状態です。

そして今日は先週までの酷暑からほんの2〜3度低い気温になりました。
そうすると、なんとなくですが資料室のクーラーの効きが良くなったように思います。
人も少なめだし、そのおかげなのかもしれません。

それにしてもこの暑い中にやってきてくださるお客様には本当に感謝です。
この暑さの中、どうぞ水分や塩分の補給をお忘れなく!
コメント

パート 8月4回目

2018-08-08 18:04:52 | お仕事気づきノート
台風デーです。
この台風の中、訪れてくださるお客様もそれなりにいらっしゃいました。
ありがたいことですが、この雨の中に訪れるにはびしょ濡れですよね、風邪ひかないでくださいね…という気持ちでいっぱいです。

今日は奥の作業部屋で入力作業ばかりでした。
入力作業も好きなのですが、接客が殆どできず悶々としていました。
資料の閲覧では申込書を書いていただくことがあります。
そのためいつの間にかリピーターの方は名前を覚えたりします。

その中で、後輩パートさんがお客様を呼び捨てしていることに悶々としました。
先輩パートさんがその人を呼び捨てしているからなのですが、私は内心「呼び捨てを真似することないのに…」と。

そのお客様も、ちょっとゴリ押しするところがある方なのですが、根っからの悪人ではありません。

だからこそお客様を呼び捨てにすることはサービス業として言語道断。

あまり悶々とせず、次回もは楽しく仕事がしたいです。
コメント

パート 8月3回目

2018-08-04 22:53:38 | お仕事気づきノート
今日もとても暑く、そのせいか資料室のお客様は思ったよりも多くありませんでした。

それと以前から少しずつ衰えて来たなぁと感じるお客様から衝撃のお言葉がありました。
「わたし、今日は、どの資料を見たらいいのかしら?」
と発されました。

資料室の資料はお好きなものを閲覧できるのですが、どれを手に取ればいいか分からないそうです。
そこで私は「この前はこちらをご覧になっていましたよ、同じシリーズでお選びになりますか?」とお声がけをしました。
すると「あなたが選んで」とおっしゃるのです。

以前なら「あなたが選んで」なんて言葉はおっしゃらなかったのに…。
そのうち私の顔も分からなくなってしまったり、帰り道が分からなくなるのかもしれない…ととても心配になってきました。

判断力の衰えては仕方がないのかもしれません。
せめて資料室にいらっしゃった時は、楽しく過ごしていますいただきたいです。
衰えによって好きなことができなくなるのはおつらいことでしょうし、少しの介助で豊かな気持ちを満たせるのであれば、そのお手伝いをしたいとも思います。

今日、帰り道で「あのお客様はいつまで私の顔を覚えてくださっているだろうか」と思いました。
私が資料室勤務になってから、初めて「新しい人ね、お名前はなんていうの?」と尋ねてくださった方です。
もう私の名前なんて忘れているでしょうけれど、会えば笑顔で話しかけてくださる方なので私もお会いできるのを楽しみにしています。
通ってくださる限り、いつまでもお元気でいてくださるといいな、と思っています。
コメント (2)

パート 8月2回目

2018-08-03 18:53:22 | お仕事気づきノート
今日は8月からの新しい体制での勤務でした。
これまで週1回勤務だった後輩パートさんが週3回勤務に変更になりました。
そのため改めて後輩パートさんが研修期間となりました。

この後輩パートさんには私自身、手を焼いていました。
それは他の先輩パートさん達も同じご意見だそうです。
具体例は割愛しますが、大変真面目な方なのですが仕事ができない人と言うことです。
しかし後輩パートさんの特性に気づいたら気の毒になってきました。
たぶん後輩パートさんはこれまでの人生でたくさんの誤解をされたことでしょう。
そう思うと、私は同情と憐れみの気持ちしか持てなくなったのです。
自分にこんな感情があったのかと、今は驚きと戸惑いを抱いて困惑しました。
それと同時に、もう私は後輩パートさんにイライラすることはないでしょう。

こんな感情の吐露はこれで終わりにしよう。
お客様に心からの笑顔を向けられなくなるなら、この仕事は終わりです。
文化施設で働くには何よりも笑顔、挨拶、キビキビとした働く姿が大切です。
お客様が快適に過ごしていただける空間にしたいので、次回の出勤日もしっかり勤めたいと思います。
コメント (3)

パート 8月1回目

2018-08-01 17:34:08 | お仕事気づきノート
今日も暑いです。
そして昨年末で退職された元先輩パートさんが遊びに来てくれました。
この元先輩さんは、現在他の文化施設にお勤めです。
私は展示室担当だった時にお世話になった方でした。
詳しくは書けませんが、この方がお辞めになった頃は次々に先輩パートさん達がお辞めになり、今後はどのようになっていくのか不安になる一幕もありました。

久々にお会いした元先輩さんは、現在本当にお元気そうで生き生きしているので、職場を変えて成功した例と言えそうです。
私?去年上半期に勤務していた文化施設よりは元気に過ごしています。

さて今日もこの暑い中、通ってくださる常連のお客様もいらっしゃいました。
ご高齢者の方には「水分補給してくださいね、休憩スペースはあちらですよ」とご案内します。
中には時間を忘れて資料をずっとご覧になっている方もいらっしゃるので、熱中症にならないか本当にやきもきします。
お願い!水分を摂ってくださいッ!と内心思いつつ、様子見をしています。

たまに資料室の席で寝ている方も見かけますが、思わず「生きてますよね?寝ているだけ?気を失ってる?」と不安になることも…。
いっそのこと、イビキをかいてくださる方が寝ていると判断できるのに…と。
※病状によってはイビキをかきながら気を失っていることがありますが…。

私自身、以前熱中症で目を開けていられないくらいのだるさを感じたことがあるので、本当にいろいろ心配になります。

さて今日、先輩パートさんから私が批判されていることを聞かされました。
ある先輩さんから「makotoさんは気が回りすぎてイヤだ」と言われているそうです。
えー、マジかッ!!
これまでの社会人生活や私生活では「ボーっとしている」とか「気が回らない」「気配りが足りない」と陰口を言われることが多かったので、意外過ぎる批判です。

それに「愛想が良すぎる」なんだってさッ!
私からすれば、文化施設に勤務していて、愛想が悪いスタッフなんてお客様に失礼だろッ!と感じるし、会社側からは「笑顔とマナー」をしつこく指導されているのだから、感じよく笑顔は当たり前でしょ?と思うのだけれど。
しかもそれを自然体でやってのける私の態度が嫌だそうです。

ああ、もう、面倒くさいッ!

お客様第一に考えたら、笑顔も気配りも当たり前でしょ?
と言い返したいが、先輩に言い返したところで、根本的解決にはなりませんからね、黙っておきましょう。

結局、先輩の嫉妬なのでしょう。
先輩ご自身も愛想よくお客様と接して楽しく会話して、リピーターづくりに貢献していると自覚があればそんな気持ちは生まれません。
ここで私が笑顔での接客を止めたら、お客様からクレームが来るかもしれません。
だから私はお客様にこれからも、笑顔で接客していきます。
コメント (4)

パート 7月12回目

2018-07-29 17:41:44 | お仕事気づきノート
今日はとても混雑しました。
たぶん昨日は台風12号関連で、お客様が少なかったので、その分多かったのかな?と。
先週辺りの信じられないくらい暑い日々ほどではありませんが、今日も暑かったのですがたくさんの方にお出でいただいたのはありがたいことです。

今日は入力作業が多かったのですが、入力作業がなかなかはかどりません。
これは春のシステム以降のせいもありますが、それ以外の理由もチラホラ。
これはこれであまり書きたくないので割愛。

来月からは後輩パートさんの出勤日数が増えるのですが、後輩パートさんとうまくやって行けるかな?
ちょっと心配もあります。

この仕事、好きなんだけれどなんとなく人間関係が面倒になりつつあります。
コメント (2)

パート 7月11回目

2018-07-26 20:07:36 | お仕事気づきノート
暑いですが、3日くらい前の災害レベルの暑さではなくなりました。
台風が関東に向かっているので、こちらでは風向きが変わって31度くらいに下がりました。
31度で涼しくなったと感じるのですから、いかにこれまでが暑かったことやら。

お客様にも「涼しくなった気分ですが、まだまだ30度超えですから水分補給をしてくださいね」とお声がけしました。
また今日は車椅子の方がお見えになりました。
お飲み物をお持ちで、車椅子は自分で動かすことができず、介助者もご一緒でした。
そのため「資料室はご飲食禁止とさせていただいています。車椅子でお一人でドリンクコーナーをご利用できますか?」と確認しました。
そして「お一人でドリンクコーナーに行けないのでしたら、お飲み物をこの場で飲んでいただいても結構です。でも、他のお客様の目もありますから、こっそり隠れて飲んでくださいね」

そして介助者の方には「恐れ入りますが、介助者の方が飲まれる場合はドリンクコーナーをご利用ください」とお願いしました。

合わせて、ご利用になっている机の上にドリンクを置くと目立つので、テーブル代わりに使ってくださいと低めの椅子に飲み物を置くようにおすすめしました。

ところが介助者がその低い椅子をオットマン代わりに足を乗せたり、机の上にも足を上げていたり、飲み物も堂々とグビグビのみ始めました。
私は車椅子の人に言ったのに…。
参ったなぁ、どうしよう…と思ったら、先輩パートさんがその介助者に注意したのです。

車椅子の方と介助者の方と先輩パートさんが言い合いのようになってしまい、結局お客様達が怒って帰ってしまいました。
先輩パートさんは「いいのよ、あんな客、お出入り禁止にした方がいいのっ!」と。

私はとても困ってしまいました。
たぶん、もっと分かりわすく丁寧に説明すれば、お客様達は怒ることはなかったと思います。
でも介助者の方は、私の説明したことを理解してくれたと、思ったのですが、私の言葉足らずだったところがあったのかもしれません。

こういったシチュエーションでは、どのように応対すればいいのか、本当に迷いつつ接客をしています。
個人的には、資料室で飲み物を一口飲んだからと言って、資料が破損する訳ではないと思っています。
しかしながら、その入れ物がきちんとキャップが閉まらなければ、倒れて資料を汚すことがあります。
ドリンクがOKなら、お菓子もいいでしょ?と思うかもしれませんし、素手でお菓子を触った手でそのまま資料を触れば、資料に取り返しのつかない汚れが付くことになります。
そのため、文化施設の展示室や資料室、図書館などは飲食禁止になっています。

それに汚れや水分は、カビやダニの大好物。
資料が傷む原因になってしまいます。
本当に悩ましい事柄です。

これにめげず、次回からも明るく笑顔で接客できるように、言葉遣いやご案内に工夫をしたいと思います。
コメント (2)