makoto's daily handmades

暮らし、散歩、読書、映画、時々ハンドメイド
写真の二次使用は許可しませんので悪しからず

寝てませんよ

2018-06-26 19:29:25 | セキセイインコ
うちのインコちゃんズは、ケージから出してしばらくすると、うたた寝をします。
じぃさんズ(はくとれも)は仕方ないにせよ、一番若いるびもうたた寝。

ところがカメラを向けると「寝てませんよ」アピールがスゴいのです。

わか(左・5歳7か月)とるび(1歳3か月)。


れも(6歳5か月)。


はく(6歳5か月)。

この4羽は全員オス。
れもとはくは、じぃさんの域になりつつあります。
ついでわかは、おじさんの域で、はくの息子。
るびは、若者(ヨメさんが欲しいくらいの年齢)です。
るびから見たら、他の3羽は「おやっサン」に見えるのでしょう。
るびの血気盛んな若さには、他の3羽の対応が冷たいこと…。
とくにれも辺りは「そういう若気はもういいよ、俺は経験済みだ」という対応をすることがあります。

最近は、はく&るびのホワイトフェイス、れも&わかのイエローフェイスのチーム分けができていることも多いです。
元々はくはリーダー気質なので、面倒見がいいのかもしれません。
いつまでも仲良く、と思っています。

なお唯一のメス、かいは今やばぁちゃんになりつつありますが元気です。
コメント (2)

インコちゃんズのケンカ

2018-04-25 21:05:39 | セキセイインコ
昨日、帰宅したらMIFさんが「れもがケガしている」というのです。
最近、かいちゃん(唯一のメス)を巡って、れもとはく(いずれもオス)がちょっと絡んでケンカすることがありましたが、昨日はれもがちょっとですが流血したそうです。

さすがにケンカで流血ははじめてのことだったので驚きました。

れも、はく、かいの3羽はこの春で、ともに6歳です。(人間で言うと50代前半)
さすがにこの年齢で繁殖はしんどいだろうと思っていましたが、オス同士の闘争心は健在だったワケです。

普段は仲良くしているし、これまではこんなに激しくケンカしたことなかったのになぁ。
元々1羽ずつケージを用意しているので、放鳥時しか争うことはありません。
これが「キレる中高年か…」と呑気に眺めているわけにもいきません。

今日は時間差で放鳥しようとしたら、片方が納得するわけもなく、激しく抗議。
仕方なくオスだけを放鳥して、かいちゃんのケージにカバーをかけて見えなくしました。

もう年が年だけに、ケガが命取りになりかねないので、しばらくはこの方法しかないな…と思った次第です。
コメント (4)

保守的な味覚

2018-02-13 16:29:07 | セキセイインコ
人間はいくら味覚が保守的と言っても、食べるものがなければ多少我慢して食べるという選択肢があります。

でもうちのセキセイインコちゃんズは、その選択肢が皆無なようです。
先日買い物に行ったら、いつもの豆苗が売り切れでした。
豆苗はマメ科の植物。
小松菜も食べますが、こちらはアブラナ科。
でもうちのセキセイインコ、小松菜は芽が出てすぐのうろ抜きしか食べないです。
同じアブラナ科だから…とカイワレ菜を買いました。
でもねぇ、食べなかったのです。
好奇心旺盛な、わかちゃんは少しかじりましたが、他のコはプイッとそっぽを向くくらいお気に召さないようです。

それでは…と今日、駅前のスーパーマーケットを巡ってみました。
いつもは岐阜県の会社なのですが、同じ会社の豆苗がありません。
仕方がなく山梨県の会社の製品を買いました。

今度は同じ豆苗だからいいかな?と思ったら、こちらも食べないのです。

そういえばいつもの会社の豆苗を食べない時があったので、生産方法を変えたかどうか電話して聞いたことがあったっけ。
その時は、豆苗の豆の産地が変わったことがありました。
確か、カナダ産からアメリカ産?その程度の違いでもインコちゃんズは豆苗を食べなかったのです。

そりゃあ、会社が違うと食べないか…。
うちのセキセイインコたちをグルメ舌で育てた覚えはありませんが、結果的にグルメ舌。
そして私は貧乏舌。
その微妙な違いが分からない私には、ちょっとだけインコちゃんズに対してイラッとしました。
大人げない私。

ご近所にインコの餌を売っているお店があるのですが、いつものお店で買っている餌とはメーカーが違いました。
いざとなったらご近所のこの餌で…と思っていましたが、食べてくれないかもしれません。
そう思ったら、餌を切らすことは絶対にできませんね。
そんなことにはならないように気を使っていますが。
コメント (2)

寂しがり屋?

2017-10-03 22:50:30 | セキセイインコ
インコを飼っていると時々困るのが「呼び鳴き」。
人間でいうと「おーい!」と呼ぶことと同じように「チュルン!チュルン!」と鳴き叫ぶのです。



今日は、わかちゃんが呼び鳴きを連発。
ふだんは、はくが呼び鳴きを連発するのに…。
私が「ハイハイ、分かりましたよ~」と言っても全然やめず、たぶん5分以上続けていました。
わかちゃん、本当に「どうしたの?」という状態でした。
コメント (4)

かいちゃん絶好調

2017-08-08 13:43:36 | セキセイインコ
久々にインコネタです。
かいちゃんはわが家で唯一のオンナノコです。
いや、もう5歳半なので人間で言うと40代後半なので、オバチャンの域なのですが(汗)

かいちゃん、先月1日に産卵しました。
セキセイインコは無精卵を産んでしまうことがあるので、今回も無精卵です。
その後4個まで産みました。
無精卵は産卵後18日くらいはそのままにしておかないと、どんどん産卵して母体が疲弊してしまいます。
だから、母鳥が飽きるまで抱卵させてその後卵を取り除きます。

かいちゃんは、若い頃に産卵してもなかなか通常サイズの卵が形成されませんでした。
セキセイインコの卵は通常ビー玉よりも一回り小さいサイズなのですが、かいちゃんは7ミリくらいの真珠玉みたいなサイズの産卵が多かったです。
そのため何度か繁殖を試みても、まともに育ちそうもない大きさの卵が殆どでした。

ところが今回は4個とも通常サイズ。
なぜこの年齢になってまともな大きさを産めるようになったの?と疑問がいっぱいです。
でも、もう年齢的に繁殖させるのは少し怖いくらいです。

さて、先月1日に生み始めて4個目を産んだのは11日。
通常なら7月30日くらいには抱卵を止めるはずです。
ところが、8月7日になっても抱卵を止めません。
MIFさんが見かねて卵を取り出すと、中身が蒸発してカラカラだったそうです。
当然、そんな卵は処分です。

ところが、かいちゃんは卵を取り除いてもいつもの定位置にしゃがみ込んでいます。
あららら、もはや抱卵というよりも習慣になっているようです。

抱卵期間中は、放鳥してもケージからほぼ出てきません。
今日は放鳥したら久しぶりに長時間ケージ外に出てきました。
やっと抱卵しなくていいことに気が付いたようです。

かいちゃんは、とても穏やかな性格で、私が放鳥時間を終わらせたいときは、指に乗せてケージの入口に誘導すればそのまま帰るようなインコです。
今日は何がどうお気に召さないのか、なかなかケージに戻ってくれません。

入口付近まで連れていくと、部屋の中を一周飛んで、お気に入りの場所に止まります。
これを4回繰り返して、最後は自分で勝手にケージに帰って行きました。

抱卵というお仕事がなくなったかいちゃん。
なんだか人間が振り回される行動に、かいちゃんの絶好調を感じました。
コメント (2)

今日のるびちゃん

2017-06-13 19:28:37 | セキセイインコ
今日はとても珍しくるびちゃんが接写をお許しになった。



最近MIFさんがしきりに「るびたんがオトコノコっぽくなってきた」と言う。
※彼はるびちゃんを「るびたん」と呼ぶ。

接写して気が付いたが、るびちゃんの鼻がオンナノコに見えるのはどうしてだ??

とは言え、はく(オス、ハルクイン)も、鼻の様子からオンナノコかと思っていたら、オスで今じゃあ女たらしだからなぁ。
るびちゃん、君の性別は?
コメント (2)

寝るなら帰ればいいのに

2017-05-29 20:03:42 | セキセイインコ
カメラを向けたら起きてしまったが、この直前まで3羽揃って寝ていた。


そんなに眠いならケージに帰ればいいのに…私がカメラを向けた途端「寝てませんよ?」アピールする3羽。
もう、帰りな。
コメント (4)

るびちゃんに着色

2017-05-11 19:23:14 | セキセイインコ
るびちゃんは、お口の周りに何やら色が着いてきた。

分かるかな?
くちばしの周りがちょっと茶系。
どうやらみんなと一緒に豆苗をいつばんで、その着色汚れのようだ。

ちなみに背中にも緑色のシミがある。
どうやったら、白い羽に緑色の汁を1.5センチも付けられるのかよく分からない。

最近のるびちゃんは、わかと連むことが多い。
わかは、ウチで生まれた子なので、ちょっと傍若無人というか、ワガママ放題なのだが仲良しならよしとしよう。
わが家のオスどもは、放鳥時に互いのケージの餌箱漁りをするのだが、今日、初めてるびちゃんがはくの餌箱漁りをしていたのを目撃。

こうやって仲良くなってくれたらいいな。
コメント (2)

るびちゃん

2017-05-01 09:53:45 | セキセイインコ
昨日お迎えしたセキセイインコの紹介。

名前は「るび」。
品種はアルビノなのだが、尻尾や尾脂腺(びしせん)辺りはうっすらと青系の色があり、全体的には真っ白というよりもうっすらとクリームいろがある。
セキセイインコのアルビノには、本当に真っ白な個体と、るびちゃんのようなアルビノがいるらしい。
写真では分かりにくいけれど、目は真っ赤でアルビノの特長だ。

そしてるびちゃんは、先住のれもと同じく、梵天崩れ。
まだ性別は微妙に分かっていないので、これからの成長が楽しみだ。

名前の由来は「アルビノ」と目の色がルビーのように赤いから。
MIFさんが命名した。
コメント (2)

どういうことだろう?

2017-04-30 18:08:40 | セキセイインコ
パート中にはケータイは見ないのだけれど、さっき見たら、MIFさんからメールが来ていた。
すると写真が添付されていた。

そこに映るのは、見たことがないセキセイインコ。
タイトルは「ニューフェイス」。

私ね、ゴールデンウィーク中はシフトがけっこう入っているのに対して、MIFさんは9連休くらいなんだ。
だから「今ならおヒナちゃんをお迎えできるね」なんて言っていたんだ。
今いるインコちゃんズのさし餌は私がしたので、MIFさんはあまり関わらなかったんだ。
私はからかい半分で言ってみただけなのに。

昨日、パートから帰っても全然そんな気配がなかったので、やっぱり育てないだろうな、この人は…と思っていたところだ。

写真はたま今度アップするが、どうなることやら。
お世話大好きのれもが先輩風を吹かすか、傍若無人のワガママわかがどう反応するか、等々。
コメント (2)