makoto's daily handmades

日々暮らすだけの生き方
写真の二次使用は許可しませんので悪しからず

骨折395日目

2015-08-31 23:03:19 | 左足外果骨折治療
今日もMIFさんの出勤時間に目が覚めたので、玄関先で見送る。
これではいけない…と思い6時半から20分ほど近くを散歩してくる。
が、先週からの低温・曇天・小雨の気候で今日も左足の傷口周りがピリピリと痛む。

もし仕事を続けていたら、そろそろ職場復帰していただろうけれど、まだこんなにピリピリ感と痺れがあるとなると出勤時間は早めにしていただろうな…と想像してみた。

さて、今日はせっかくきれいになったベランダから掃除をはじめる。
網戸は先日も洗ったが、今日ももう一度洗う。
それでも納得できないのでしばらくは日課の掃除になりそうだ。

ベランダに溜まった水を排水溝に流しながらデッキブラシでちょこちょここする。
先日ベランダクリーナーでMIFさんにきれいにしてもらったものの、所々細かいところに土汚れが溜まっているためだ。
そして少々の断捨離と水回りの掃除をしたら飽きてしまった。

それと今日は室内干しの洗濯物を効率よく乾かす実験をしてみた。
浴室乾燥機の場合、4~5時間くらいかかることは分かっている。
そのため今日はタオル類のみ洗濯乾燥機で半分くらい乾燥させ、乾燥機にかけられないものをエアコン(冷房25度)、除湿器(室内干し乾燥モード)、扇風機(強)、換気扇(強)を使った。
シャツは、濡れている間にいったんアイロンでしわ伸ばしをしてから風に当てた。

4時間ほどですべて乾燥できたが、一体電気代がいくらかかっているのだろう。

ついでだからと、MIFさんのワイシャツにアイロンをかける。
仕事をしていたときはMIFさん自身にアイロンをかけてもらっていたが、現状は私がアイロンをかければいいのでは?と思ったから。
でも衣装持ちの彼はワイシャツがたくさんある。
今日は12枚ほどアイロンをかけて残りは明日以降にすることにした。

これから2ヶ月くらいはこんな調子らしい。
もし仕事をしていたら、毎日毎日室内干しに頭を抱えていることになっていただろう。
私、そういうことがいちいち気になるタイプだからなぁ。

今日はタブレットなどをいじっていたため、気がついたら14時45分。
2円切手を買いに行きたいと思っていたんだっけ…と思い出しつつ、月末なのを思い出して金融機関で記帳してきた。
私は以前からの習慣で月末に通帳記帳をしていたので、今後も続けようと思ったのだ。

その後少々お店を見て回るものの、何をみても「欲しい」という感覚がない。
現状に満足しているというか、今あるモノを上手に利用したいとしか思わないのだ。

今日は、午後ちょっと出かけたが、最近全然外に出ていないことに気がついた。
ごみ捨てくらいならちゃんと家を出るのだけれど、これはちょっと運動不足だろう。
運動しないと腓骨に空いている穴がふさいだとしても、骨密度が心配だ。

そんなことを考えていたら、廃棄しようと思ってつぶした段ボールの箱をたたんだだけでごみ置き場に置いてくるのを忘れていた。
MIFさんの部屋に段ボールを積んだだけになってしまった。
すまないMIFさん、明日捨てに行ってくる。

仕事を辞めて1ヶ月、なんだかしっかりしてそうで、しっかりできていない生活が続いている。
来月はもう少ししっかりしたいものだ。
コメント

今日の断捨離 2015年8月31日

2015-08-31 22:43:36 | 断捨離
今日も少しだけ断捨離。

・スリップ     1枚
・秋冬カーディガン 1枚
・フットカバー  13組
・ハイソックス   1組
・自室のカレンダー 1つ



下着類を捨てるときの基準は「事故に遭ったときに恥ずかしくない下着」と心得ている。スリップは十分に着古したものだ。

カーディガンはもう10年以上着用、変形デザイン、先日新しいカーディガン(ベーシックデザイン)を購入したので手放した。

フットカバーはべーシックデザインだが、今年5本指フットカバーを初めて購入したら5本指をヘビロテして、従来のフットカバーは全然使っていないので処分。

ハイソックスは、ゴムの部分が弱くなってずり落ちてくるので処分。

自室のカレンダーは、絵柄があまり好みでない、リビングのカレンダーで事足りることに気がついて処分。
コメント

「白暮のクロニクル」6巻を読む

2015-08-31 10:21:23 | 読書
ゆうきまさみ著。

このシリーズは、オキナガという不老不死の種族が存在する世界観なので、オキナガの生態が理解できないと読んでいてもちんぷんかんぷんだろう。
ストーリー展開とともに、オキナガの生態をじっくりと説明していく感じだ。
今回はオキナガの生態を説明する部分がなくなった。

ということで、ストーリーをじっくり展開していく流れになってきた。
今回の見所は、女性雑誌記者の行動だ。
主人公の出自に関する内容がすでに公になってしまって、伏線としてもう少し引っ張るのかと思っていたので驚きの展開だ。

今回のストーリー展開で少し分かりづらかったのは、登場人物の「寝ている間の夢展開」の部分。
誰の寝ている間の夢なのか、これが現実のストーリー展開なのか夢展開なのかが分かりずづらかった。

それ以外は本当にストーリー展開がよかった。
今後のストーリー展開が楽しみだ。
 


コメント

知らなかった!美白効果の真相

2015-08-31 08:14:20 | 日記
MIFさんから聞いた話。

* * * * *

よくさぁ、テレビとかで「右手の甲に○○クリームを塗ってから拭き取ると、何もしていなかった左手の甲と比べて真っ白になりました」ってやってるじゃん?
あれって、クリームを塗った方の手の甲は、クリームで冷やされて血管が収縮しちゃうんだってさ。
だからクリームをティッシュでぬぐうと、手の甲が白く見えるんだって。
ただ単に血の気が引いているだけなんだよ。

でもそういうのはテレビ的には「ほら真っ白」って言うけど、数分もすれば血管に血が通って元通りの色なんだって。

美容部員とかに同じように手の甲に美白クリームを塗られて、左右の手の甲を比較して、商品を勧められたら「それって皮膚が冷やされて血管が収縮しているだけですよね?」って言い返すと、もうそれ以上勧めないらしいよ。

* * * * *

いい話を聞いた~!
以前、テレビで手の甲を美白石けんで洗うと明らかに左右の手の色が変わったんだよね。
私はテレビ上の演出だろうとは思っていたが、その理由がよく分からなかった。
そうか、血管の収縮か~。

私も朝、洗顔後に鏡で自分の顔を見るとそこそこ色白なのに、外出から帰って鏡を見るとちょっと赤ら顔になっていたなぁ。
それこそ血流が関係していたんだ。
長年の謎を解いてくれて、MIFさんありがとう。
コメント

「高嶺と花」1・2巻を読む

2015-08-31 07:49:01 | 読書
師走ゆき著。

いつものMIFさんおすすめ漫画。
財閥の御曹司と庶民の女子高校生のラブコメ。
御曹司は常に明後日の方向を見て不器用に恋愛していて、女子高校生は地に足をつけて生きて居る感じだ。

ヒロインは女子高校生で、かわいいところがあるけれどまだ高校生でこんなに堂々と社会人である御曹司と渡り歩いているところにふてぶてしさを感じる。

MIFさんは超おすすめだったらしいが、私はややおすすめくらいかな。
ストーリー設定がちょっと陳腐な感じがする。
映画「プリティー・ウーマン」をはじめ「花より男子」などでも見られる組み合わせだ。
でもこういう「玉の輿設定」は受けるんだろうな…女子には。

でもね、大人になればすぐに分かるのだけれど、玉の輿なんてものに乗れる人はもともとの出自がそこそこいい。
世の中自分が思っているよりも「出自」「家柄」というものがモノを言う。

そう思うと、そんなに驚くほどすごい設定ではないが、共感しやすい言葉使いが親しみやすいのでおもしろいと感じられるのだろう。
今後の展開が楽しみだ。
コメント

今日の断捨離 2015年8月30日

2015-08-30 23:12:53 | 断捨離
今日はとても少量。

MIFさんがベランダクリーナーでベランダをきれいにするというので、彼がやってくれた。
なおベランダストッカー2つの中身はMIFさんの持ち物なので彼が整理をした。
おかげでほぼむき出し状態で放置されていたベランダクリーナーをストッカーに収納することができた。
MIFさんに感謝。

・プランター1つ
 最後のプランター。解体もMIFさんがやってくれたが、途中で電動のこぎりの歯が折れて近くのホームセンターまで買いに行った。

《要検討事項》
包装容器プラ用ごみ箱。3年ほど使用
もう何年も使っていない分別ごみ箱。購入は15年くらい前。
室内使用をしてきたのでほとんど傷なし。臭いの定着もない。でも本当にこんなに大きなごみ箱が必要なのかは疑問。
1ヶ月ほど様子見をしてから使用することがなければ処分する。

ごみの取り扱いは、今まで共働きで多忙&疲労を理由にこまめにゴミ出しをしてこなかった。
しかし現在は状況が変わったので、家の中にため込む必要がないのだ。
ちなみにほぼ私一人が使うキッチンのごみ箱は現在存在しない。
コンビニ袋を扉に引っかけて使っているが、毎日(多いときは1日2回)ごみ置き場に出しているのでごみ箱をキッチンに置く必要がない。
コメント

骨折394日目

2015-08-30 22:50:07 | 左足外果骨折治療
今日も低温&小雨のためか足がこわばったり、痺れたり…。
でも、今日は今月の手術後初めて傷口を保護せずにお風呂に入り、傷口をボディーソープで洗った。

まだ白テープ3枚は残っているものの、もういいやって。
去年は8月29日(骨折28日目、術後18日目)からシャワーで傷口を洗って良くなったとの記述を見つけたので、今年はすでに術後20日目なのでいいだろう…と。

そう一昨日の診察の時にいつから傷口を洗っていいか聞き忘れちゃったんだよね…。
今年は去年と違って何事も「想定通り」に進んでいるから、もう自己判断でいいと自分で納得した。


今日は、午前8時過ぎにいつものスーパーマーケットへ。
仕事をしていたときは、食材を余らせたり、使い切れなくて食材が傷むことがたびたびあって、それがとてもストレスだった。
今は、食材を使い切ることに快感を覚えつつある。

「1週間分まとめ買いをするのだから、次の買い物日まではスーパーマーケットに行かない」と思って生活している。
すると、本当に行かなくてもどうにか生活できてしまうのだ。
それだけ効率よく回転することができているので、自分でも驚くばかりなのだが。

ちなみに買い物は昨日に引き続き横浜市内の店なので、プレミアム商品券で購入。
じつはこのスーパーマーケットは、横浜市プレミアム商品券は1,000円券のみの使用可能店舗なのだが、1回に5,000円以上の買い物をすると地域の名産品をくれるのだ。
先週も今週もその企画をやっていて、2週連続崎陽軒の真空パックシウマイをいただいている。
1箱590円の商品をタダでもらえるのだから、すでに1,180円分の商品を無料で手に入れたことになる。

プレミアムが1万円あたり2,000円。これだけでも16%のお得をしているというのに、2食分の主菜も手に入れられて、私はなんてラッキーなんだろう。

ちなみにこの店独自のイベントなのか、それとも他の店でも同様のサービスがあるかは私は知らない。
こんなにお得なプレミアム商品券、本当に本当に嬉しい。
私が住んでいる川崎市のプレミアム商品券も申し込んでいるが、川崎市の場合は使用制限(横浜市のように商店街加盟店限定等)はない。
地域経済の活性という意味では使用制限は必要かもしれない。
しかし使い勝手としては、制限なしの方がありがたいとも言える。

ただし、横浜市のプレミアム商品券のように加盟店リストを見比べながら「何をどこで買ったらいいんだろう…」という楽しみはないだろう。
何しろ、加盟店リストを必死で読み込むことで、市内のどこにどんな店があるのかを知るきっかけにはなるのだから。
コメント

「大人」の定義が理解できなくなる

2015-08-29 22:41:38 | 日記
最近、私が全然理解できない言葉に「大人(おとな)」がある。

私は、20歳を過ぎたらみんな等しく「大人」だと思っていたし、それは今も変わらない。
ところが、「大人かわいい」「大人のファッション」「大人の飲み方」等、一体何歳を対象にしているのか分からない言葉があふれているのだ。

ネット上で検索すると、こんな意味になるらしい。
大人かわいい…30代以降の女性が「かわいい」の要素を取り入れること。
大人のファッション…40代・50代くらいの人の洗練されたファッションのこと。
大人の飲み方…40代以降くらいで格好いい飲み方のこと。

私から見ると「何ふざけているの?」と思う。
20歳になったらみんな等しく大人なんだから、年相応の精神性を持つべきだ。
そもそも「大人の飲み方」って何だよ!未成年で飲んでいいわけないだろって思うわけ。

年齢に応じて精神的に成熟するべきだし、今の20歳くらいの若者が「大人はもっと年上の世代」だなんて勘違いしていないだろうか。
30歳成人説なんてものもあるらしいが、そんなものに胡座をかいている若者がいるとしたら大間違いだ。

昭和30年の女性の平均寿命は67歳くらい。当時も20歳が成人だったので、未成年の時代は、人生の約30%くらいになる。
現代の女性の平均寿命は86歳くらい。すると未成年の時代は、人生の約23%くらいになる。人生の30%が未成年するのなら、25.8歳くらいで成人となる計算だ。

しかしながら現代の日本の「成人=大人」ではない文化ってなんだかおかしくないだろうか?
「成人としての責任は取らされるけれど、まだ精神的に大人になっていません」と甘えたことを言っているように感じる。

だからマスコミやさまざまなツールで「大人かわいい」「大人のファッション」「大人の飲み方」等と使われると、なんだか大人をバカにしているように思えてならない。
大人になりきれない甘ったれな考え方を肯定する風潮がおかしいと思うべき。
コメント

骨折393日目

2015-08-29 22:41:38 | 左足外果骨折治療
昨日、主治医に貼ってもらった防水シートだが、汚れていて気持ち悪いので、夜になってついはがしてしまった。
すると、白テープ1枚も一緒にはがれるし、自分の皮膚も防水シートと同じくらいの厚さでペロッとむけてしまった。

やばい、これ、たぶんまずい…。
でもいいや。診察は3週間後なので、今更焦っても3週間後の帳尻が合えばいい。
最近、そんな風にしか考えなくなってしまった。

さて、今日は、横浜市のプレミアム商品券のうち商店街使用分を使いに港北東急へ行く。
この商品券は1万円で購入し、1万2千円分使えるが、うち1千円分は商店街加盟店舗での使用という条件付き。
うちは日々の食料品・日用品は横浜市鶴見区で購入しているので使い勝手がよいが、商店街はほとんど利用したことがない。
困ったなぁ…と思っていたら、東急百貨店の港北東急の専門店街は商店街を形成しているので、使えるという。

専門店を調べてみると、なんとユニクロでも使えるという。
ということで、この秋から春先まで着る服3点を購入。
昼食もプレミアム商品券が使えるBUCKETで食べる。

仕事を辞めてから食事を購入して食べることが少なくなったせいか、外食すると味付けが濃く感じる。
とくにチーズ味のパンとドレッシングがやけに塩っぱく、野菜ジュースは甘すぎるくらいだ。
以前はおいしいと思えたのに、味が濃いからのどが渇くなぁ…という印象だ。

ということは、私が作る食事、MIFさんには病院食のように感じるのだろうか?
そうだとしたら、本当に申し訳ない。
でも塩っぱい料理は作りたくない。たぶん自分でもおいしいとは思えないだろう。

帰宅時に「都筑まもる君」という地域の名物ゴリラオブジェの前を通りかかった。
この場所に設置されて10年、その前の10年以上をあちこちたらい回しにされていた「まもる君」。
まるで収監されたかのような姿が痛々しかった。
すぐにタブレットで調べたら、補修工事をしていたらしくつい先日までシートで囲われていたらしい。
「まもる君」がまた他に移転するのかと勘違いしそうだった…。

今日は午後は自宅で過ごしたので、あまり歩いたことにはならなかった。
でも夕方、痺れと痛みが出てきた。外を見ると小雨。
足首天気予報ができそうだ。

港北東急はたぶん5年ぶりくらいに行ったのだけれど、駐車場は全体的に坂道なのと、駐車場階と建物階が微妙にずれているので、階段かスロープを使って建物移動が必要だ。
私は、今回の骨折をするまで階段がダメなら、スロープがあるじゃないかと思っていた。
ところがくるぶしを骨折して初めて知った。
「スロープを歩くくらいなら、階段を歩いた方がまし」という状況があるのだ。

水平方向への移動で楽な順は次の通り。
エレベータ(上り・下り)>エスカレータ(上り)>エスカレータ(下り)>>>>階段(上り)>>階段(下り)>>点字ブロック(平地)>石畳(平地)>>>>>>>>>>スロープ(上り)>坂道(上り)>>>>>>>>>スロープ(下り)>>>>>坂道(下り)

信じられないだろうけれど、本当の話。
登山用杖を使って上記の順番。杖なしだと、点字ブロック・石畳がもう少しランクが下がる。
スロープって車いすの人のためにあるので、私のように足首をうまく動かせずに痺れや痛みがあって杖をついている人には役立たない。
コメント

今日の断捨離 2015年8月29日

2015-08-29 22:17:36 | 断捨離
今日はベランダに置いていたガーデニング素材のうち金属製品をMIFさんに解体してもらう。
先日私が電動のこぎりで解体しようと思ったら、思うように電動のこぎりが使えなかったためにお願いした次第だ。

《捨てたモノ》
・プランター用台2つ⇒電動のこぎりで解体し小物金属で廃棄
・プランター用壁掛け金具2つ⇒電動のこぎりで解体し小物金属で廃棄
・ヒートファクト3枚⇒普通ごみ
・手芸用品の半端物少々⇒普通ごみ

《購入したモノ》
・ユニクロ エクストラファインコットンブロードTシャツ(7分袖)の白
・ユニクロ エクストラファインメリノVネックカーディガンのぶどう色(タグ表記はRed)
・ユニクロ ストレッチストレートパンツの黒

捨てたモノが少ないのに、購入したモノがちょっと多い…。
これは今年の春に秋冬ものを収納する際にかなり捨ててしまったので、実はこの秋冬の防寒対策が少しだけ心許ない。
そのため、秋冬の衣料品として購入した。
あとは、もしかしたらフリースを1枚くらい買うかもしれないが基本的に来春までは購入するつもりがない。たぶん。
コメント