makoto's daily handmades

日々暮らすだけの生き方
写真の二次使用は許可しませんので悪しからず

バス回数券の損益分岐点を探す

2017-08-17 20:28:29 | マネープラン
私は通勤費の圧縮を考えるのが好きです。
以前、横浜に通勤していた時は、私鉄とJRの回数券を使い分けて、通勤が苦痛にならないように工夫していました。
本来は私鉄だけで通勤申請をしていたのですが、朝の私鉄は混雑し過ぎていて、私には気分が悪くなることがあったので、朝はなるべくJRで通っていました。

今はバス中心の通勤です。
川崎市営バスは回数券があります。
私が住む地域の路線は、一路線210円均一です。
これはバス停1つ乗っても210円、始点から終点まで乗っても210円で、私が物心ついた頃からずっと均一料金と記憶しています。
同じ県内でもMIFさんの出身地では、均一料金ではなく加算料金なので、均一料金はとても損をしている気分になると言っていました。

さて、回数券は昨年春に実質値上げがあり、5,000円で210円券28枚綴りなので、1枚約178.6円です。
このエリアではIC乗車券によるバス特というシステムがあります。
バスに乗る回数(支払い料金)に応じて、ポイントが付与されて、そのポイントから料金がお得になるシステムです。
ここで注意したいのは、付与されるポイント基準は毎月リセットされてしまいます。
この辺りは、バス特のサイトでご確認をいただきたいです。
月末になると、少し損した気分になるシステムなので、もう少しどうにかならないかな、と個人的に感じる部分でもあります。

私の働き方は、月12~16日勤務くらいです。バスは最大32回くらい利用することになります。
しかも帰宅時は、都合がよい時間帯のバスに乗り遅れたら、時々全行程を徒歩で帰宅することがあります。
路線は、市バスと私鉄バスがあります。
駅前と勤務先までは両社のバスが行きますが、私にとって便利な路線は私鉄バスです。
ところがこの私鉄バス、朝の通勤に都合がいい時間帯の運行本数が極端に少ないのです。

そのため、私は都合がよい時間帯のバスに乗るため、両社のバスを利用することになります。
そこで損益分岐点を探るため、一覧表を作ってみました。
バス特は、加盟バス会社ならどこでも共通ポイントが加算されますが、今の生活では通勤以外にバスには殆ど乗りません。

結果、市バス回数券を使うと28回目の乗車までは、回数券の方がお得になります。
29回目、30回目、31回目、32回目の乗車でバス特の方がお得になりますが、33回目と34回目で再び回数券がお得になります。
35回目で再びバス特がお得になります。

さて前述のように私は毎月最大32回程しかバスに乗りません。
しかも何度かは歩いて帰宅しますし、バスは市バスか私鉄バスかは決めていません。
そうなると、断然市バス回数券とIC乗車券の併用がお得になります。

市バス回数券は28枚綴りで、しかも私は有期雇用です。
余ったらもったいない?確かにそうです。
ところが私の場合、実家に行くとき、友達に会うときなど、年間ほんの数回ですが市バスに乗ります。
だから余っても使い道があるのです。
こうやって損益分岐点を探ることが好きって、自分はとてもケチっぽいなぁ、と感じることではあります。
でも計算をしているとき、イキイキとした気分になるので、ケチって言われてもいいかな?とも思えます。






コメント (2)

年金保険の支払いと手続きあれこれ

2017-03-13 13:42:37 | マネープラン
先週契約した年金保険の支払いを午前中に済ませた。
これで今後数年間、年1度の引き落としが発生する。
ここでちょっと面倒だな、と思うのはメインに使っている口座からの引き落としではなく、サブ口座からの引き落としとなること。
サブ口座は、交際費などの人生で避けられないけれどいつ発生するか分からない出費のための口座だ。
手続き上、この口座からの引き落としにしてしまったのだ。
メイン口座、意外と使えないシステムの上に乗っかった金融機関だから仕方がない。

さて昼過ぎ、保険外交員の方がいらっしゃった。
この前修正した設計書の正式な物を持ってきてくださった。
振込を午前中に済ませていることなどを伝えた。

何よりも私にとっては、今後の資産運用をどうしたモノかと思っていただけにちょうど興味の方向性か合った金融商品を紹介してもらったので助かった!
だから「いい商品を紹介していただいてありがとうございました」と伝えた。
私は前職でお客様から「いい商品を紹介してもらって助かったよ」と言われたときに、内心ではイヤイヤ、ノルマだからこちらこそ契約してもらって助かった、と思っていた。
だが、顧客側としても自然とこういった言葉がでてくるものなんだな、と改めて知った。

そして保険外交員さんがなにやらアンケートに答えてと言うので、記入した。
どうやら私の働き方についてだったようだ。
そういえば以前、MIFさんを通じて「働いてみませんか?」とチラシをいただいたんだった。
確かまだ無職時代で、え?スカウト?と当時はビックリ!
保険外交員も大変だけれどやりがいはある仕事とは聞いている。
たまにそういった正社員でしっかり働きたいかな?と思うこともあるのだが、多分気持ちがついて行かないことを想像出来てしまう。
今日お会いした保険外交員の方は「え?9時から17時過ぎまで働いているの?」と驚いていた。
私は「ええ、残業もたまにあります。月うちの働いている日数が少ないだけなんです」と答える。

また改めて証書を持ってきてくださるとか。
今後しっかり働かないと!と思わせてくれた契約だった。
コメント (2)

年金保険を契約

2017-03-09 16:43:25 | マネープラン
今日、年金保険を契約した。
前から興味はあったのだけれど、若いときに契約した年金保険があった。
でもちょっと心許なかった。
今回の契約は今月16日までの締結ならかなりお得な年金保険とのこと。
ちょっと支払額がお高いが、しっかりした保障内容なので思い切って契約。

今回は元々MIFさんが契約している保険会社の方からお話があって、彼は「資料はポストに入れておいて」と伝えたらしい。
その資料を読んだらなかなか良い内容だったので、私にも声をかけてくれたのだ。
保険外交員の方にしてみれば、思わぬ契約成立だった様子。
年金保険をもらえるまで長生きしなければならないか、とも思ってしまった。
コメント (4)

怖くて確認できない

2016-06-24 21:02:16 | マネープラン
少ないながら投資をしている身としては、イギリス!何してくれるんだ!と言いたい。

もうさ、スコットランドだけでも独立してEUにとどまってくれないかな?
とかとか。

じつは午前中は株価の動向を見守る気がしたんだ。
でも、BBCの速報で離脱優勢と報道されて諦めた。
もう株価の動向が怖くて見れない。

MIFさんは「含み益が吹っ飛んだー!!」と言っていた。
そんなこと聞いたら自分の保有株式なんて確認したくなくなった。
怖くて仕方がないもの。
キャメロン首相も匙を投げちゃったし、今後EUもイギリスもどうなるのだろう?

そんな中で、韓国では日本経済の沈没を喜ぶ報道も。
ヒトのことはいいから自国経済の心配だけしていてくれと言いたい。

それよりも日本経済、どうなっちゃうのだろう?
1か月前にG7で、安倍晋三首相が世界経済の減速を共同宣言に盛り込もうとしたら、キャメロン首相が反対していたんだよね。
結局、キャメロン首相のお膝元で世界経済の失速。
結果として盛り込んでおいて良かったのでは?

世界経済の失速や難民・移民流入が、次期大戦のトリガーにならないか?それが心配。
コメント

保険の見直し

2016-04-05 12:31:46 | マネープラン
懸案だった生命保険の見直しをしてきた。
災害時の特約を全カット。
死亡保険金も減額。
これで年払で約1万8,000円掛金を減らした。

お得感はなくなったけれど、子なし夫婦だからこれでいいやって。
MIFさんと私、どっちが先に死ぬのかなんて分からない。
私は曾祖父が長生きだったので、長生きリスクも十分に理解しているつもり。
だから他人より長生きしたいとは思っていない。
終わりのその日まで、できれば自分の足で歩きトイレに行きたい。

たぶんそんなことは今の状況ではムリだろうけれど。
コメント

保険の見直し

2016-03-23 12:53:06 | マネープラン
先日保険の引き落としのお知らせはがきが到来した。
あ、保険の受取人、変えなきゃ…。
社会人になってすぐに加入した生命保険、受取人を自分自身にしていてそのままほったらかしにしていた。
いつか変えようとそのまま。

ついでに今は無職で何もしていないので、プランも変えちゃおう(掛け金減額の方向で)。

とりあえず証書とハンコと身分証を持っていく。

受取人はMIFさんにする。
これをしておかないと、私が死んだ時に遺産分割協議の対象になってしまうのだ。
法定相続人のとおりに分割することになれば、私が死んだ時の保険金はMIFさんが半分、残りの半分は私の両親。
なにせうちは子供がいないから。
私よりも親が先に死んでいる場合は、代襲相続で兄が相続し、兄も死んでいたら、兄の子供たちに相続権がある。

しかし受取人をMIFさんにしておけば、MIFさんが先に死なない限り全額MIFさんのモノとなる。

子供がいないと言うことは、とどのつまりそういった手続きも先読みしてやる必要があるのだなぁ、と感じるこの頃。
ちなみに受取人変更は、上記の証書とハンコと身分証があればすぐに書類はできあがる。

プラン変更はまた次回…だそうだ。
コメント

アラフォーのマネープラン その21 最高の逸品探し

2015-11-15 23:10:31 | マネープラン
最高の逸品とはなにか?
それは高価なものでなくても、自分が納得して本当に欲しかった機能とデザインがあって、なおかつ自分にとってお値打ち品だったと気がついた時、きっとそれが最高の逸品。

私は電子マネーカードをいくつか使っている。
でもオートチャージ機能はつけていない。
鉄道系が1枚、買い物用が2枚。
鉄道系は、100単位でチャージできる機械で利用しているので、常に残高は200円未満にしている。
買い物用1枚は、すでに残高0、ポイントも一桁くらい。このカードは私用。
もう1枚の買い物用は最高5000円くらいのチャージ額で、これは家計費からの支出で使うことにしている。

私は基本的に購入する場所で支払い方法を変えている。
個人商店とコンビニは基本的に現金。
百貨店とショッピングモール、ドラッグストア、医療関係はクレカ。
とある2つのグループ企業のみ前述の電子マネー。

すると買い物をすることに制約がかかる。
その条件に当てはまって、なおかつ本当にほしいものを見極めようとすると、実は全然ほしいものが見つからない。

今は以前と違って買い物にじっくり時間をかけられる。
少ない費用で最大の効果を感じられる私にとってのベストパートナーになりうる逸品を探し当てたいと思うようになった。

だから最高の逸品となるものを探すにはまずネットで良さそうなものを見つけて、そのレビューを参考にいくつかの候補を見つけて、実店舗で手にとって納得したら購入。
大事な要素として一部破損したときにどうやってスペアを手に入れるか、リペアは可能か、破損したときに諦められるかの3点。

この中で一番大事なのは意外と諦められることだったりする。
なぜなら、諦めないと破損したときに使えないのにいつまでも保持することになるから。
要は身の丈以上のモノは持たないことだ。

身の丈に合った生活をすれば、常に最高の逸品に出会うチャンスが多くなるし、満足度が高ければコレクションする必要がない。

モノをじっくりと選ぶ時間は本当に楽しい時間だ。
ふだん物欲があまりない私だが、モノを選ぶ時間は至福の時間だと思っている。
コメント

郵政3兄弟

2015-11-04 20:55:04 | マネープラン
郵政3兄弟が東証一部上場。
IPOに1単元ずつ申し込んで、かんぽのみ落選。
郵政、ゆうちょ2兄弟のみ購入していたが、やはりかんぽはストップ高。

MIFさんは「郵政は売るんだろ?」と聞いてきたが、売らない。
この不器用な私が売り逃げなんて芸当ができるだなんて考えていない。
とりあえずどんな動きをするのかだけは見ておこうかなぁ。
コメント

【当選】くじ券で現金とQUOカード

2015-11-02 15:14:06 | マネープラン
今日、定期預金を作ったら抽選くじ券をもらった。
現金やQUOカードが当たるとのことだが、10%の確率だという。
今回は6本引いて、現金千円が1本、QUOカード500円分が2本当選。
確率50%だった。

こんなこと、ありえるの??
今日はたまたま良かったのだろう。
この先の人生の運を使い果たしたかも…と唖然する結果となった。

現金は即座に普通預金に入金。
QUOカードは、コンビニにほとんど行かなくなって久しいので、いつか使おう…くらいかな。
あと、粗品でキャラクターのお弁当箱をもらったのだけど、ヤフオクで500円くらいらしい。
使い道がないのでオークションに出してもいいのだけど、面倒なので姪っ子にあげようかなぁ…。
コメント

アラフォーのマネープラン その20 契約はシンプルに

2015-11-02 13:16:04 | マネープラン
今、自分名義の契約をなるべくシンプルにしようと手続きをしている。
じつは私が金融機関と契約しているものの中で、同じ金融機関なのにその支店に行かないと変更手続きが出来ない企業がある。
そういうところに限って、複数の支店で契約してしまっているため、今、最寄りの支店に変更手続きをしている。

少しずつしか手続きが出来ないので面倒だけれど、やるしかない。
と言うのも、自分が死んだときに面倒な手続きがあるからだ。
この金融機関、死んだ後に相続手続きの際に、支店ごとの残高証明書を出すと言う。
そのときに支店ごとに手数料がかかるそうで、証明書発行までの時間がそれぞれかかるという。

と言うことは1つの支店に契約をまとめた方がいいってことではないか?
そう思ったら、満期ごとに少しずつ1か所に契約をまとめた方が絶対楽だ。
将来この金融機関は、もっと利便性が向上するとは思うが、それがいつかは不明。

この金融機関、そんなに不便なら使わなきゃいい…と思うかもしれないが、じつは実家でも契約を持っている。
私の場合、相続するのはMIFさんか実家の人たちだ。
子供がいない私には次世代に資産をリレーする必要がない。
MIFさんなら、ある程度頑張って手続きをしてくれるだろうけれど、実家の人たちはそうも行かない。
順当なら、私の死後は両親などの尊属の死後だろうから、兄または卑属となるはず。
そうなると自分の将来、死後にまで迷惑はかけたくないと思っている。

だからなるべくシンプルに。
さすがにすべての契約を1つの企業にまとめるのは難しいが、資産家ではない私では、3つくらいで十分。

ちなみにペイオフを考慮すれば、複数にした方がいい。
また、ATMの運用時間や利便性からも複数がいい。
コンビニによって運用時間および手数料が異なるからだ。

ちなみに、外国人旅行者の不満は日本のATMが24時間営業が少なく、手数料がかかることだという。
そうなるとTPPのこともあるので、将来は24時間手数料無料が当たり前の社会になるのかもしれない…と期待してみる。
コメント