makoto's daily handmades

暮らし、散歩、読書、映画、時々ハンドメイド
写真の二次使用は許可しませんので悪しからず

がんばらないダイエット その25 献血の検査成績

2013-07-28 14:19:07 | 健康&美容
7月20日に行った献血の検査成績が届きました。
私が最後に献血をした17年前は封書で届いていたと思いますが、
今ははがきなんですね、知りませんでした。

さてコレステロール値は…212mg/dl
思ったよりも下がっていない(T_T)

まぁ、下がってはいるけれどね。
そしてこの検査では総コレステロール値のみだけ。
そして、献血の標準値表では、コレステロール値が110~250となっているわけでして…。
う~ん、これは検査機関が違うから仕方がないか。

それにしても、この2か月、がんばらないとはいえども、随分食生活は変わったと思っていたので、
200以下を期待していたのだけれど、そこまでは変化無しってことですね。残念です。
それでも、これまでかたくなに220以上だった数値が少し下がっているので、
これまで通り食物繊維を摂取することは有効かもしれませんね。
めげずにがんばります。

なお、今回の献血では、すべての検査項目で基準値の範囲内でした。
私が献血した全血400mlはどこかで誰かの役に立ったのかもしれません。
(誰に輸血されたのかは献血者には知らされないし、研究用に回ったのかも分かりませんけれど)

こういう身体に戻った自分に感慨深いです。

献血は善意によって成り立っていると言われています。
でもこれから先、献血する人が減っていくということです。
人口減少局面においては当たり前の話ですね。
だとすれば、若い人への啓蒙も大切だけれど、同時に
以前献血していたけれど、今は献血していない人にも啓蒙した方がよいのでは?と思います。
私のように「献血できる身体になりたい」ということが1つの目標となって
健康を取り戻したいというモチベーションにもなるわけですから。

これから先、私はどれだけの回数ができるのか分かりませんが、
できるだけ献血できればと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なすそうめんを作る

2013-07-27 19:12:25 | 食べ物&飲み物
MIFさんに「なすをたくさんもらったから、なすそうめんにするけどいい?」と聞くと
興味なさげな返事。
2年くらい前に作ったことがあるんだけれどな~と思いつつ、
「なすそうめんって、そうめんと違うからね。でも作るからね」と念を押す。

今回つくったなすそうめんは、このレシピ(伯方の塩のサイト)
http://www.hakatanoshio.co.jp/contents/recommended-recipe/page_999.html

そして…MIFさんからは「これ主食じゃねぇな」とのこと。
だから念を押したんだけれどなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花ふきんをつくる

2013-07-27 12:37:34 | ハンドメイド
このブログ、「makoto's daily handmades」という名称なのに
最近ハンドメイドしていないなぁ~と思っていたところ、なんだか手縫いが妙に下手になったような…。
このところ、ボタン付けくらいしかしていなかったせいかと…。
というわけで、先日、手芸屋さんで刺し子の花ふきん布と買ってきました。

オリンパス製糸(株)
http://www.olympus-thread.com/lineup/sashiko_kogin/hanahukin_pack/tradition/4971451317039.html/

小学生の時、運針の一環なのか刺し子の花ふきんを作ったことがあるのですが、
そのとき以上に無心に刺し子をする自分…。縫い物って大好き♪

今回の図柄は七宝つなぎ。見た目よりもずっと簡単で、ただただ無心でチクチク。

さてこの花ふきんは自分では使いません。
実家の祖母にあげるつもりです。ばあちゃん喜ぶかな?

ちなみに、オリンパスの花ふきんは、さらし布に図案がプリントしてあります。
縫い終わったら水洗いすると図案が消えるという優れものです。
そのため、あとは針と糸を用意するだけ。
針は、刺しゅう用の太針を代用しても大丈夫。
糸は、単色とグラデーションの2種類あり、好みの色で刺せば良いのです。

かんたん手芸なので、並縫いさえできるのであれば、小学生の夏休みの工作代わりにもなります。
また、柄は吉祥文様のものが多いので、その図案の由来調べや、
実際にふきんとして使ってみて、使い心地やその工夫点・改善点などをレポートにすれば、
自由研究にも発展できます。

どうです?やってみたくなりませんか?

と、makotoは提案をしてみます。(みさか妹風でお願いします)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豆乳教の布教

2013-07-25 22:09:27 | 食べ物&飲み物
私は牛乳が苦手なので、かわりに豆乳を飲むようにしています。
なかでも紀文の豆乳(キッコーマンソイフーズなんだけれど)は
種類が豊富でおすすめ。

http://www.k-tounyu.jp/03_lineup/index.html

毎日会社でとる昼食時に飲んで居ます。
私のおすすめは「マンゴー」「健康ラムネ」「フルーツミックス」。
逆におすすめしないのは「ゆず」。

毎日飲んで居ると同僚から
「それ豆乳なの?」と言われます。
そして「そんなに豆乳好きなの?」と。

牛乳を飲まないということは、カルシウムが不足しやすいことになります。
だから「カルシウムが多い豆乳飲料」もおすすめです。
それとこれは公言していないのだけれど、大豆イソフラボンを摂取することで
健康を意識しようというのもあります。

私は以前から生理が重い方なので、「命の母」を飲むことがありました。
現在は「命の母」は飲んで居ませんが、豆乳をよく飲むようになってから、
生理痛がだいぶ緩和してきているのです。これは大きいのです。

そして、周りには「豆乳美味しいよ~。健康ラムネはおすすめだよ~」
って言いながら毎日飲んで居ると、やっぱり影響される人が出てくるモノです。

昨日、同僚ちゃんの1人が
「マンゴー買ってみました!」と昼食時に飲んで居ました。
彼女は豆乳が苦手らしいのですが、とても美味しかったとのこと。
そして今日、「健康ラムネ、見つけました~」とまた飲んで居ました。
そして健康ラムネの味に驚きつつ「おいし~」とのこと。

おお、じわじわ来ていますね~!

ところが今日私が昼食時に飲んで居たのは「特濃」。
これを見たくだんの同僚ちゃんは「私にはむり~」とのこと。

「特濃」、これも美味しいのだけれどなぁ~。

なにしろ、自分の周りに豆乳好きを増やして、コンビニでもスーパーマーケットでも、
いろいろな種類の豆乳が置かれるようになって、
いつでも気軽に買えるようになるといいなって思うからこそ、
毎日会社で豆乳を飲んでいるのです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梨を贈る

2013-07-24 22:11:06 | 忘れ得ぬ人々
今年は梨の収穫が早い。
私が実家に居た頃は、8月に入ってから収穫されたものだけれど、
今年は桜が早く咲いたこともあって、こういう年はたいてい梨の収穫が早くなる。

そこで、学生時代の友人Kちゃん、職場の元同僚Mちゃん、同じく元同僚マー姐さん、同じく元同僚でフリーカメラマンのMさんに梨を贈ってみた。
Kちゃんは夏になるとプールのバイトに行っていて今年も真っ黒に日焼けする予定だとか。
Mちゃんは3人の子どもちゃん達が夏休みに入って、毎日疲れ果てているらしい。
マー姐さんは、旦那ちゃんが食欲減退気味だけれど梨だけは別腹らしい。
Mさんはフリーランスで働くことの厳しさに打ちのめされそうだけれど頑張って仕事をしているから子作りなんて言っていられないらしい。
それぞれの近況を聞かせてもらって、みんな元気そうで何よりだなぁと。

え?私?一千万円や二千万円の札束を見て、触って、運んでもびびらない
図太い神経を身につけました。去年の私とはそんなところが違います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京樽の茶巾ずし

2013-07-24 21:53:46 | 食べ物&飲み物
今日は、会社の後輩ちゃんと話していたところ、京樽の太巻きが食べたくなりました。
そういえばMIFさん、京樽の茶巾ずしが好きと言っていたなぁと思い出しました。
これは、会社帰りに京樽いかなきゃ!です。

お店に着くと、アルバイトのお姉さんが声を張っているのです。
でもね、ちょっとおばさんには邪魔なところにいて、商品が見えにくいのです。
残念。
でも購入するモノが決まっていたから、迷わずゲット。

私が生まれて初めて京樽の茶巾ずしを食べたのは、小学1年生のとき。
実家の近くにあったお店で購入したのだけれど、
じつはこのとき、全く食べられなかったのです。
薄焼き卵の味とごはんの味が何しろ気持ち悪かったのです。
なぜそんなに強烈に覚えているのか、というと、
四国に住む叔母が独身の頃、うちにボーイフレンドを連れてきたときに食べたものだから。
そのボーイフレンドは、私の叔父になったのだけれど。

そして今日、4年ぶりくらいに食べたのだけれど、
おいしくいただきました。
ごはんがおいしいこと、これ、とても大事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「三四郎」を読む

2013-07-24 21:16:39 | 読書
夏目漱石「三四郎」を読んだ。
通勤時に先日購入したKindle fire HDで読書をしている。
Kindleといってもメールはやらないし、買い物もしない。
もっぱら読書だけという贅沢な使い方なのだ。

で、三四郎。
初めて読んだのは小学5年生のとき。
当時はほぼ内容は分からなかったと思う。
「ハンケチ」という単語に、ハンカチの間違いだ~くらいにしか思わなかった。
とくに主人公の小川三四郎を熊本出身だとばかり思っていたくらいだから。

そういえば、いまは夏休み。読書感想文の宿題でネットに掲載されている感想文が引用されることが多いと聞く。
でも、ぜひこの「三四郎」は、小学生にはちょっと早いけれど、中・高校生にはぜひ読んでもらいたいし、
大学生で行く方の漠然とした将来をいうものを考えている人にも読んでもらいたい作品。
このアラフォーおばさんはそう思う。

福岡の田舎出身の三四郎が、熊本の高校(はっきりとした記述はないけれど旧制五高のこと)を卒業して
帝大に進学するために上京する汽車の中から話は始まる。
この汽車で出会った女(この人とは名古屋で一緒に宿泊することになるのだけれど男女の関係にはならず)や
水蜜桃を一緒に食べた男(この人とはその後の学生生活で再会する)とのエピソードが後に起こる事象に関わってくる。

なぜ小学生のときに気がつかなかったのだろうということがある。
学校の新学期に間に合うように上京してきているのに、なぜ「水蜜桃」を食べているのか…。
水蜜桃は今で言う白桃のことなのだけれど、白桃が3月や4月に収穫できるはずもない。
そう、当時の大学は9月に始まっているのです。

そして三四郎は、福岡や熊本では出会わないような人々と出会い、大学生活で起こるさまざまなことを経験する。
借金もすれば、美しい女性たちとの出会い、友人・先生との交流などなど。

なかでも美禰子という美しい女性への淡い恋はほんとうに淡雪・風花というべきでしょう。

小学生だった私には三四郎の真面目で少し引っ込み思案のような性格は、
とても好感が持てたのだけれど、一方で煮え切らない男だと感じた。

ところが今の私には三四郎の性格をもっと深く感じることができ、
彼のそれぞれのライフステージのなかで、この東京での生活はとても特別なことで
かけがえのない青春の日々であり、それが「光陰矢のごとし」と感じるのは、
もっともっと年老いたときなのだろうと。
そしてこのキラキラとした日々を思い出すたびに、彼は成長した自分を感じることができるのだろうと。

いまの私だからこの感想を持てるのだろう。
大学生の時にこの本を読んでいたら、また違った感想を持ったのかもしれないなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安否確認システムに登録

2013-07-23 21:26:40 | 日記
遅ればせながら我が職場にも安否確認システムが導入されることになりました。
まぁ、身近な端末といえば自分の携帯電話なので、ケータイメールで登録することに。

いやはや、これまで迷惑メールでいろいろと困っていたので、
いろいろと迷惑メール防止機能を駆使していたせいで、
これの解除がややこしいことに…。

でもがんばっていろいろ解除したら、安否確認システムに無事に登録できました。
やれやれです。

そこで思ったのですが…。
世の中のお父さんたちは、こういうときちゃんと登録できるのでしょうか?
うちの部署のドンは、「俺、できないみたい…」と諦めていたからなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手ぬぐい洗顔 その後

2013-07-22 23:00:39 | 健康&美容
手ぬぐい洗顔を始めて2週間。
これがなかなかよいのです。

私は顔の皮膚だけはどういうわけかあまりトラブルがありません。
顔以外の皮膚はじんましんやアレルギーなどでいつもどこかが痒い状態なのですが…。

手ぬぐい洗顔のおかげか、顔がかなりつるつるしっとりの肌触りです。
いままでこれに似た感触といえば、つやの玉(こんにゃくスポンジ)くらいでは?
下手したらつやの玉よりもさっぱり感が強いかも。

それと身体の洗浄でも使っています。
これまで20年近くほとんど手だけで洗っていました。
だから身体を手以外のものでこするだなんてあまり考えたことがなかったけれど、これもかなりさっぱりです。

それと洗顔や身体洗いで使っている手ぬぐいがかなり柔らかくなってきました。
普段汗ふきに使っている手ぬぐは、1枚の手ぬぐいを連続して使って居るわけではないので、
ここまで柔らかくなるためにはかなり使い込む必要があります。

手ぬぐいでこんなに美容に役立つだなんて思ってもいなかったけれど、
このさっぱりつるつる感なら、これからもずっと続けて行けそうです。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

土用の丑の日 うなぎを食べる

2013-07-22 19:48:57 | 食べ物&飲み物
会社の昼食に業者さんがうなぎを差し入れてくれました。
ローソンの鹿児島産うなぎ蒲焼重、1,980円なり。
業者さん、たいへんだなぁ。

そして私。
うなぎが苦手です。
理由は食べると胃もたれしやすくなるから。
胃もたれすると、げっぷというか、川魚特有の生臭さが胃から上がってくるので
ますます嫌な気持ち悪い感じがします。
というわけで、食べるには食べたけれど、うなぎ半分は残してしまいました。

私はいままでにお店でもウナギを食べたことがありますが、
たいてい苦手です。
でも、京都の京極かねよ(http://www.kyogokukaneyo.co.jp/)のきんし丼だけは
おいしいと感じました。

初めて食べたのは、もう17年も前だけれど京都に行くと食べたくなるんですよね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加